IMG_4423
「ママのフライトしてるとこが見たいなあ・・・」

そんなふうに娘が言い出したのは
ここ半年くらいでしょうか。

私が飛び始めた頃にはまだ1歳に満たなかった娘。

私が留守にしている理由すら理解していなかった
そんな小さな娘が、
やがて「フライト」という言葉を覚え、
その意味を理解するようになりました。

そして今では、そのフライトで
私が一体どんな仕事をしているのかに
とても興味を覚えているようでした。

いつか連れて行ってあげたいな、、、、

そう思いながらも、なかなか実現することのないまま
時間が過ぎてしまい、気づけばもう5年

突然の告白になってしまいますが、
実はこのたび、会社との契約が満了し、
来月でフライト生活に終止符を打つことになりました。

ええ〜〜〜〜とびっくりされた方、すみません。

近しい友人の皆さんには以前からお伝えしていましたが、
なかなかきっかけがなく、ブログに書くのは初めてですよね。

そんなわけで、
残すところフライトは後2回となりました。

焦った私は、前回のフライトで強行突破!
夫の仕事を無理やり調整してもらい
夫と娘を私の乗務便にて連れて行って参りました。

さすがに今回は勤務とあって、
1歳半の息子を連れて行く勇気はなく
泣く泣く息子はお留守番。

久しぶりに親子3人での旅です

そしてなんと、夫にとっては意外や意外!
生まれて初めてのヨーロッパ旅行です。

5歳になる娘には、

「ママはフライト中はお仕事しなきゃいけないから
 何かあってもママ〜!って呼んじゃダメだよ!」

と何度も言い聞かせ、
ドキドキしながらの乗務でしたが、
さすが年長さん♪
何とか立派に「お客さん」してくれてました(^^)

ほっ

それでも機内で、

「すみませ〜ん!」

って娘に声をかけられたときには
思わず吹き出してしまいましたが

気のいいキャプテンのおかげで
コックピットにも入れてもらえたふたり
客席の窓から眺める景色とは一味違った空の世界に
言葉を失っていた夫と娘でした

日本を出発して11時間

猛暑の日本がウソのように
ヨーロッパは摂氏18度でもうすでに秋の気配で
涼しいどころか夜はコートが必要なくらいの寒さにはびっくり!

それでも緑豊かな町並み。
ホテルのすぐ近くの公園で見つけた白鳥の親子。
娘はフライトの疲れも忘れて大興奮!
IMG_4431


IMG_4519


IMG_4517


ステイ先では、プリンセス好きの娘のリクエストで
町から近いところにある小さな古城へ

IMG_4474



シンデレラ城ほどのきらびやかさはありませんでしたが
中世の香り漂う可愛いお城に大満足の娘でした

IMG_4507



IMG_4493



お昼は中央広場の賑やかなカフェで
タパスランチ

IMG_4524


この季節、ヨーロッパの町は人々の顔も穏やかで
思わずカフェに長居してしまうような
とても居心地の良い雰囲気です

夫も娘も初めて来た町とは思えないほど
リラックスして楽しんでいるようでした。

IMG_4522



それにしても、
さすがに幼児には時差はテキメンで
夜中の2時から元気に飛び起きられたのは
少々つらかったですが
それでも無事に楽しいステイ時間を過ごし
帰りもスムーズなフライトで帰国しました♪

日本に着いてから娘に、

「ママって、頑張ってるんだね〜!」

と言われ、
これで何とか私が“本当に”働いていることが
理解してもらえたかな〜、と安心したりして(^^;)

いつもフライトのときは空港近くに前泊しているので
制服も着ない普段着で家を出る私。

働く様子など想像もできない出で立ちで出かけて行く母の後ろ姿を、
娘は一体どんな思いで見送っていたんだろう。。。
と今更ながら考えてしまいました。

遠足や夏祭り。。。
保育園の行事に私のフライトが入ってしまい
娘にさびしい思いをさせてしまったことも何度かありました。

もちろんおばあちゃんである母の助けが多きかったですが
どんなに寂しいときも、ぐっとこらえて、

「がんばって待ってるからママもがんばって!」

と笑顔で見送ってくれる娘の優しさに、
何度助けられたことでしょう。

こうして無事に5年間の乗務生活を終えることができるのも
温かく見守り、頑張ってくれた夫、母、子供たちのお蔭です

つくづくこの仕事は、ひとりの力でできるものでは
なかったな〜、と感じます。
そして、
この仕事を通して家族が助け合い、感謝し合いながら
繋がりを深められたような気もしている今日この頃です(^^)

いろんな思い出と経験をくれたこの仕事に感謝しつつ
残り2回のトリップを楽しみたいと思いま〜す!

さて、
次の便では姉と義姉を連れて行く予定
またのレポート楽しみにしていてくださ〜い♪