お久しぶりです!

秋ですねえ

何かとイベントの多いこの時期。
皆さんはいかがお過ごしでしょうか。
IMG_0168











こちらはお蔭様でラストフライトを終え
先月で退職いたしました。

(毎度ながらご報告が遅くなってごめんなさい

写真はラストフライトで仲間からいただいた
たくさんのプレゼントたち。

思い出のいっぱいつまったグッズばかりです。

今の気分・・・

やっぱりどこか寂しいような、
でも、何となくホッとしたような
複雑な気持ちです。

大好きな飛行機で働くことや
大好きなヨーロッパの街並みに会えない寂しさ半分。

家族を離れるときの一瞬の胸の痛みや
フライト帰りのあの乾涸びるような疲労感
(すみません、壮絶な表現で
から解放されることへの安堵感が半分(^^;)

でも、何はともあれ
無事に5年間の契約を満了したという
清々しい達成感が一番大きいかな

とにもかくにも、
たくさんの素敵な思い出や
素晴らしい仲間たちを与えてくれたこの仕事に
心から感謝の気持ちでいっぱい

私にとって一生の宝ものです。

この場をお借りしてありがとう!!

そしてラストフライト
本当に良い思い出になりました。

前回のブログでちらっとお伝えしたとおり
過去何度かは親戚や家族と一緒だったのですが
今回は久々にひとりのステイ。

秋の風が気持ち良い季節でもあり
のんびりとステイ先をあちこち歩いて巡り、
ゆったりと緑豊かなヨーロッパの空気を
楽しんでまいりました
IMG_0017











いつもは同期との楽しいおしゃべりや
頼まれものの買い出しに追われて
あっという間の2泊3日のステイ。

今回は時の流れを少しでもゆったりと感じたくて
あえて町の隅々を歩いてみることにしたのです。

どこもかしこも絵になってしまう街並み。
蜘蛛の巣に光る朝露さえこんなにアートです!
IMG_0022












私、もともと歩くのは大好きです

妊娠中など、毎日2〜3時間の道のりを
鼻歌など歌いながら散歩していたほどですが
最近では時間に追われてなかなかそうも行きません。

ステイ先は唯一、
そんな自分に戻れる場所でもありました。

今回は、
私が最後にステイ先をテクテク巡った奇跡を
これでもかっとばかり
写真でご紹介したいと思います(^^)
(ちょっと長いですがお時間の
 許す方はお付き合いください!)

それでは
秋のヨーロッパの街並みをお楽しみください

朝 ホテルを出発。
ここは近所の並木通りです。
まだ霧の濃い朝です。
IMG_0021











余談ですが、
この国では自転車が重要な交通手段。
学生さんはもちろんのこと、
スーツ姿のサラリーマンやOLさんたちも
颯爽と自転車に乗って通勤します。
(ちなみに1時間くらいなら自転車圏内だそうです!)

こんなふうに
IMG_0085










そのため
自転車レーンがしっかり整備されていて
うっかり歩行者が入ると怒られてしまいます
こんな標識を見たら要注意!!
IMG_0018













さて、テクテク歩きながら
久しぶりに中央駅にやってきました。

IMG_0025











この中央駅は日本の東京駅のモデルになった
という説もあるほど、雰囲気がよく似ています。

赤レンガの趣ある重厚な駅の姿。

IMG_0034












なんとな〜く今から電車に飛び乗って
遠くの町に旅したくなる衝動を抑えながら
その近くにある町の人気ポイント、
シティライブラリーへ♪

IMG_0040











あ、図書館のとなりの、なんと!工事現場で
こんな可愛い白鳥の家族(?)に会いました。



IMG_0041











雑然とした鉄鋼のにおいの中でも
優雅なお姿にちょっと感動。
たくましいヨーロッパの白鳥たちです

入り口にはここんな心躍る配色の
おしゃれなカフェも併設されています。


IMG_0044












思わず寄り道したくなりますが・・・
ちょっと抑えていざ、館内へ!


IMG_0047











この図書館、すごいんですよ!

内装もとてもおしゃれで
コンテンポラリーアートの美術館さながらです!



IMG_0048











さらにすごいことに、
各階にはインターネットフリーのパソコンがずらり!
ざっと100台近くはあったでしょうか。

IMG_0060











真っ白なインテリア。
i Macシリーズの階もありました。

IMG_0058











ここでは皆さん、並ぶこともなく
優雅にインターネット検索を楽しんでいる様子。
勉強中の学生さんたちの横顔にも
どことなく余裕の雰囲気

明るい図書館ってなんだかいいですね〜。
図書館好きな私にとっては感動ものです。
日本の図書館にも見習っていただきたい
遊び心がいっぱいです♪

屋上階には屋台式のおしゃれなカフェレストラン
IMG_0051











バイキングをもう一歩進化させたようなスタイルで
ショーゥインドウにずらりと並んだ食材から
好きなものを選び、
調理法も指定して料理してもらうシステムです。

IMG_0050











この日 私がいただいたのは
フレッシュサーモンのグリル
スキンポテトのフライに
ほうれん草のソテー。

IMG_0052












このボリュームで6ユーロ也。
お安い!!


今日は大好きなワインはやめにして
100%のりんごジュースをチョイス!
町を一望する屋外のテーブルを陣取って
それではいただきま〜す
IMG_0053












ちなみにこの場所。
会社のマネージャーから教えていただきました。

私がラストフライトでは町を一望したいので
町で一番高い教会に登るつもりだと
話していたところ、

「教会に登るなんて、そんな大変な思いをしなくても
 文明の利器、エレベータを使って
 町を一望できる場所があるわよ!!」

と。
おっしゃるとおり、本当に素晴らしい景色。
図書館の屋上からこんな町の絶景が
一望できるなんて、素敵だと思いませんか?

IMG_0054














IMG_0056














IMG_0057












さて、
お腹も心も満足したところで
またお散歩スタートです。

中央駅を後にして今度は町の中心広場へ。

ここはいつ来ても観光客でにぎわう
町のメインスポットです。

IMG_0063















この日は平日だったからか
いつもよりもちょっと静か。

カフェに立ち寄りたい気分ではありましたが
まだまだ先があるので前進です!

IMG_0064


















こちらは市民の足、とっても便利なトラムです。
ステイ中、本当にお世話になりました。

IMG_0067















IMG_0066












重厚な教会を横切って
町のショッピングストリートを通り
お次はもう一つの観光名所、
運河沿いの花市場です。


IMG_0071













ここは今日も人がいっぱい。
チューリップの球根が50個1000円という
お値段で手に入るのも魅力ですが

IMG_0072














個人的にはここを通るだけで
センス良くアレンジされた色鮮やかな花たちと
そのうっとりするような香りに癒されたくて
ここに足を運んだものです。

IMG_0073











今日も素敵なお花がいっぱい。
幸せな気分で花市場を後にしました

道すがら、最後の買い物を済ませたりするうちに
そろそろ夕方ちかくになりました。

ようやくここでひとやすみ・・・

と、ちょうど良いタイミングで
運河沿いに居心地のよさそうなカフェを発見!

IMG_0080












ちょっと混んでいそうですが、
お席は空いているかしら。。。

IMG_0077











何が何でも運河の見える外のテーブルがいいなあ。。。
と思って立ち止まっていたら
感じの良いウェイターのお兄さんが
こちらへどうぞ、と案内してくれました。

やった!
運河沿いのお席ゲットです

平日の3時過ぎというのに
このたくさんの人。
見たところ、観光客ばかりでもなさそうです。

IMG_0083











昼間から優雅にビールグラスを傾ける紳士たち。
日本ではあまり見ない光景です(^^)

つられて私も思わずシャンパンを注文
そろそろ歩く速度を緩める時間です♪

見上げるとまだまだ太陽は高く・・・

IMG_0081











そう、秋の初めのヨーロッパはまだまだ夜9時まで
真昼間の明るさなのです

清々しい夕方の風に吹かれながら
シャンパンで気分もふんわりいい感じ

ゆったりとした気分でカフェを後にしました。
そろそろ町にもさよならを言う時間です。

見慣れた景色にもう会えなくなると思うと
なんとも言えない寂しさがこみ上げます

これまで無意識に通り過ぎていた
お店や待ちゆく人々の風景までもが
とても恋しい存在に思えてきます。

IMG_0070












IMG_0084











たくさんの思い出をくれたこの町に
またいつか戻ってくることを自分に誓って
ホテルへと向かいました。

最後のフライト準備もパッキングも
何となく実感が湧かないものの、

「でも、これで最後なんだなあ。。。」

と思うと不思議な気分でした。

制服を揃えて、機内シューズを磨き
PAマニュアルとID、そしてパスポートを確かめて
腕時計は・・・

今では考えなくても手が勝手に動いてしまうほど
フライト準備は体に染みついています(^^;)

お蔭様で
プライベートではうっかり忘れものの多い、
本当にドジな私ですが
仕事では遅刻や忘れ物はほとんどなく
12年のフライト生活を過ごすことができました。

(あ、最初の頃はちょくちょくありましたが

これは日本発の便で一緒に飛んだクルーたちが
みんなで作ってくれたメッセージカードの首飾りです。

IMG_0093











オレンジ色は機内で働いたことのある方なら
ピンと来るはず!

そう。セキュリティ上の理由で
機内のコンテナをロックするのに使うシールです

これをつなげて首飾りにしたんですね〜。
いや〜、クリエイティブ!

同僚のアイデアに思わず感動でした

最後のフライトも無事に終わりますように・・・
そうお祈りしながら、最後の夜です。

翌朝、目を覚まして窓の外を見上げると
なんと、
飛行機雲で空にこんな模様が描かれていました!

IMG_0098











バツがふたつ・・・のようにも見えますが
ここはポジティブにキスふたつ!ということで
(よく英語の手紙の最後に×××と書きますがこれ、kissesの意味♪)

お蔭様でラストフライトは
大先輩おふたりがデッドヘッドでご搭乗され
なんと♪同期のMahoちゃんが偶然にも乗っていて
楽しいおしゃべりに花が咲き
仲間のクルーにも恵まれて
本当に思い出に残る楽しいフライトになりまいた。

キャプテンのご厚意で
離着陸時にはコックピットに乗せていただきました。
IMG_0136














IMG_0121














空からヨーロッパに最後のお別れです。


IMG_0124












聞くところによるとふつうラストフライトでは
皆さん、感動のあまり涙、涙になるそうなのですが
なぜか私の場合、
最初から最後まで笑顔と笑いの絶えない
涙知らずのラストフライトとなりました(^^;)

それでも最後に飛行機を降りる瞬間は
やはり胸にグッと迫るものがありました。

大好きな空の仕事に携われた10年とちょっと
私の人生は、この仕事なしには語れません。

この仕事のお蔭で体験できた様々なこと。

住んだり、ステイしたりできた様々な国や町。

出会うことのできたたくさんの人々。

今はすべての経験にただただ感謝の気持ちです

この仕事を前向きに楽しんで続けて来られたのは
いつもポジティブで冒険心いっぱいのクルー仲間、
プライベートで親身に話を聞いてくれた友人たち、
そして、
陰でいつも私を支えてくれた家族のお蔭です。

この仕事をしていなかったら
気づくことができなかったかも知れない
人の優しさ、思いやりを
これからも忘れないでいたいと思います。

最後になりましたが・・・

私はこれをもってCAのお仕事を後にします。

“スッチー”ではなくなってしまうので
残念ながら、このブログもこのあたりで
そろそろ幕を下ろすことになりました。

今までブログを読んでくださった皆さま。
本当にありがとうございました。

知人、友人はもちろん、
今まで一度もお目にかかったことのない方々までも
いつも温かいコメントをくださることで
ずっと仲良くしているような感覚で
お付き合いさせていただきました。

心から感謝しています。

自称“アナログ人間”の私ですが
このブログと、そして仲間と作ったサイト

「私たちのクルーカフェ」

を通して何となくデジタルの世界の楽しさにも
足を踏み入れることができました

1995年から航空業界に仲間入りし
アメリカ系1社
ヨーロッパ系3社の合計4社のエアラインに
お世話になりました。

大好きな空の仕事を通して
一期一会のはかなさを痛感しつつ、
「だからこそできることは何か?」を追求しながら
私なりにサービスの世界を生きてきました。

ここで学んだ

「たった一言の大切さ」

「一瞬の表情が語ることの重さ」

「ファーストインプレッションの大きさ」

をこれからの人生にも活かしながら
人とのかかわりを何より大切に
私らしく人生を楽しんでいきたいと思います!

フライト生活を終えた今後は
相変わらず子育てや家事に奮闘しながら
そして夫の仕事を手伝いながらも
次なる目標に向けてシフトチェンジです。

次なる目標が定まった暁には
また皆さんにご挨拶できるといいな、と思っています
(何年先になるかは不明ですが・・・)

その時まで、どうか皆さん、お元気で!
5年間にわたってお付き合いいただき
本当に、本当にありがとうございました

よっしーより