がんばれ国際線スッチー!              よっしーの日替わりブレンド♪

ママさんCA(キャビンアテンダント)のフライト&プライベート小話。
仕事と育児に奮闘しながら楽しむ日々の生活をマイペースで綴ります♪

★★★人気ブログランキングに参加中!★★★

Google

イベント

大学生のパワーをもらって☆

760c9b00.

昨日は私が敬愛してやまない通訳の恩師、
浅野輝子先生のお招きで
名古屋外国語大学の講義に
ゲスト講師として
参加させていただきました。

大学を訪れるのは久しぶり


ゲスト講師をするのは今回で2度目ですが、
大学のキャンパスを訪れるたびに、あの
何ともいえない爽やかな空気にパワーをもらいます。

思わず深呼吸したくなる幸せな瞬間です

今回参加させていただいたのは、
浅野先生の担当する3回生、4回生の通訳ゼミクラスと
スキルアップに意欲的な有志が集まって毎週行われている
通訳研究会の勉強会、ぜんぶで3コマです。

楽しかった

皆さんそれぞれの感性と素敵な個性の持ち主。
外国語や異文化に関心を持ち、通訳の訓練を通じて
自分を高めようと努力されている熱心な学生さんたちでした。

通訳、翻訳の経験談や外資系エアラインの乗務員としての
仕事ややりがいなどについてお話させていただきましたが
皆さん、熱心に耳を傾けてくださってどうもありがとう!

それにしても、話しながら思わず、
10数年(?)前の自分の姿を投影してしまいました。

ちょうど就活真っ只中の4回生の皆さん。
中にはもう就職先が決まった方もいらっしゃれば
これから自分のやりたいことを模索したい、という
方もいらっしゃいました。
それぞれのペースを尊重している姿が印象的でした。

思い起こせば私も大学3年生の冬、
はじめて仕事について考え始めた頃を思い出しました。
それまで就職なんて漠然としか考えていなかった
呑気な学生でしたが、初めて就職指導室を訪れ
そこで読んだ先輩の合格体験記がそんな意識を
180度ひっくり返しました

それはJALの客室乗務員に合格された先輩の
就職活動体験記。その内容に感動し、

「こんな面白そうな仕事があったんだ

と一気にエアラインに開眼してしまったのです
そして、その横にこれまた示し合わせたように
置いてあった客室乗務員の仕事紹介ビデオ。
それを見て、完全にハートを射抜かれてしまいました

それまでスチュワーデスになる、という選択枝自体
私の中にはなかったのですが、その瞬間からもう
心は空に飛んでいた??というほど、
ピンっときてしまったのです(^^)

学生さんたちのキラキラした純粋な目を見ながら、思わず
自分の学生時代にタイムスリップしてしまいました(^0^;)

ところで色々なお話をする中で、何人かの学生さんから、

「まだ自分が何をしたいのかわかりません。」

という言葉が聞かれました。

そうなんですよね、思い出します。
私もそうでした。

学生時代って自分という存在に真正面から向きあって
悩んだり、迷ったり、わからなくなったり。。。
進みたくても進む方向がわからない。。。
そんな複雑な時代なのかもしれません。

でもきっと、
初めからやりたいことが見えている人なんて
何万人にひとりしかいないのではないでしょうか。

そして、学生時代の就職活動って
そんな自分と1対1で闘わなくてはならない
かなりキツイ時期でもあったような気がします。

でもがんばってくださいね!

きっと人は、迷える自分と向き合いながら、
それでも日々、まわりの人々と関わりながら、
自分に与えられた小さなチャンスを活かそうと
少しずつ歩いていくうちに、だんだんと自分の
進むべき道に気づいていく。。。
そんな気がします。

それは厚い雲の向こうに隠れた太陽の光を探すのに
似ているような気がします

偉そうに言っているこんな私も、まだまだこれから。
社会人13年目にしてやっと、
太陽の光が一筋見えてきたかな、と言う感じです(^^)

でも、
そんなふうにまわり道しながら、色んな人にめぐり合い
たくさんの刺激を受けながら本当の自分を発見できたら
人生はとても楽しいものになること間違いなし

学生さんたちの姿を見ながらなんとなく、そんなことを
考えていました。

授業の中で私の経歴ストーリーを通訳くださった皆さん、
お疲れ様でした。皆さんの素敵な通訳のお陰で
自分の人生が少しだけドラマチックに聞こえました

無限の可能性を秘めた、若いエネルギーいっぱい
学生さんとの出会いが私に大きなパワーをくれました。

どうか素敵な学生生活をお送りくださいね!
心から応援しています♪

人気ブログランキング♪

多国籍の町づくり

明日からのフライトを前に、オフのしめくくりにふさわしく
今日は私の住む町主催の市民会議に参加させていただきました。

題して「多文化が響き合う魅力ある町づくりへ」

そんな壮大なテーマを掲げ、10名のパネリストが
円卓を囲んでデイスカッションし、それを市民の皆さんが聞き
それぞれに意見を交わす、というラウンドテーブル会議です。

ファシリテータ−にはニュース番組でお馴染みの内田忠男さんが
生出演!実際にプロのニュースキャスターの方と円卓を囲める
光栄にあずかり、本当に実り多い体験でした(*^^*)

工業都市として発展してきた私のふるさとの町には、
特にここ最近、海外からの移住者が多く、なんと今では
世界70ヶ国から1万人以上の外国籍の方々が住んでいます。

中国、韓国などの近隣諸国をはじめ、アメリカ、カナダ、
ヨーロッパなど西洋諸国、そして最近ではブラジルやペルーなど
の南米から主に労働を目的に移り住んでくる方が後をたちません。

そんな中、異なる文化や言語、価値観を持つ様々な人たちが
どうやったら共生していけるか、そのあたりを話し合う、
というのが今回のラウンドテーブルの主旨でした。

参加者は実に多彩♪

学者として来日したものの、今ではなんとこちらでアメリカスタイルの
バーをオープン!町の小さな異文化交流場を経営するアメリカ人。

ブラジルに移住して、現地で30年以上にわたって診療してこられた
お医者様。

中近東や香港、オセアニアに駐在の経験を持つ、国際派エンジニア。

地元で日本人学校を経営する方や、ボランテイアで外国人の方たちに
毎週日本語のレッスンをされている日本語教師の女性など。

役不足ながら私もパネリストの一人として参加依頼をいただき
海外と日本を結ぶ国際路線で働くクルーの立場から、
そして、ブラジル人を夫に持つ市民のひとりとして、
素直な気持ちを発言させていただきました。

外資系のエアラインで乗務する日本人クルーの役割が
日本人のお客さまの「もしも」のときのお助け役である、ということ。
どんなに海外旅行がお好きで、英語にも自信のおありな方でも
やはり機内で体の具合が悪くなったり、何か不安や不満があるときには
やっぱり同じ日本人の乗務員と話したい、とおっしゃる現実。

それは、日本で言葉や文化の違いに苦労しながら生活する外国人の
皆さんにも言える事なのではないか、と。

皆さんそれぞれに色んなご経験やご意見をお持ちで
会議は持ち時間がぜんぜん足りない程に盛り上がりました。

それにしても、異文化共生って大きなテーマです。
明日のフライトでも色んなヒントが見つかりそうです。

おモチのように伸びやかに・・・

70e67fe5.JPG今朝、NHKのお正月番組で松田聖子さんのインタビュー
をやってました。

実は何を隠そうこの私、お恥ずかしながら
自他ともに認める25年来の大☆聖子ファン。
デビュー以来、出したアルバムの曲はすべて
歌詞を見ないで歌えます・・・

って、そんなことはどうでも良いのですが、
色々とあった彼女の人生を鑑みるにつけ、
数知れないバッシングや社会の嫌がらせを受けても
すべてを栄養にしてエネルギーに変えていく
あの底抜けに明るいキャラは何よりの魅力だと思います。

きっと彼女は心の中に、マイナスをプラスに転換する
変換プラントを持っているに違いない!
そんなふうに思ってインタビューを聞いていました。

そんな聖子ちゃんが今年の抱負として挙げた言葉は

「挑戦」

え、まだ挑戦するんですか?
とはとっさに出た司会者の言葉。
これ以上、何を望むのですか、、、とも言いたげな一言(?)

でも、人生のチャレンジってきっとエンドレス。

今の自分で終わらない、常に違う自分に出会うには
やっぱり何か新しいことに挑戦したり、同じものでも
新しい角度からアプローチしたりする気持ちを
いつまでも忘れずにいたいものですね。

そんな私の今年の抱負も実は、

「柔軟な気持ちで何事にもチャレンジする」

これまでも割と柔軟な方だとは思っていますが(^^;)
今年はさらに冒険心を持って。

いつまでも自分の中の

「あ、こんな私もいたんだな

っていうドキドキ感を味わえる自分でいたいな、と。

お餅月 1強いて言えば“つきたてのおモチ”のような。

お餅つき 2真っ白で柔らかくってあったかくて、
どんな大きさにも自由自在、
どんな味付けにも美味しさを発揮できる・・・

そんな自分であれるように

正月、お餅月大会に参加しながらそんな風に
心を新たにした私でした。

ロシアンたこ焼き!

359625c8.JPGもうすぐ娘の一歳の誕生日。

今日はその前祝いにと、近所の楽しい親子で
集まった「イネイト・ベビーの会」で
バースディパーティをしていただきました

さすがに一晩眠って仕事モードを脱ぎ去った私(笑)
今日はすっかり母親モードに戻って、娘とベッタリ。
娘がこの世に生まれて一年という時間の重みと
元気に成長してくれていることに心から感謝し
4日間の空白を埋めるかのように、一日中
腕が痛くなるほど抱っこしてました(^^;)

イネイトベビー会こうして私が好きな仕事を続けられるのも
皆さんと楽しい時間を持てるのも
すべて、我が子が元気にスクスクと育って
くれているからなんだなあ。。。

そんなことを考えていたら
つかまり立ちしてはしゃぐ娘の姿に思わず涙

 命が育って行くって、それだけで感動的です。

今日はベビー会の主催者である素敵なママさん宅で
“ロシアンたこ焼き”なるものをいただきました!

 美味しかった〜

たこ焼きタコの代わりにチーズやハム、お餅、コーンなど
変わり種を入れて、色んな味を楽しむユニークな
タコ焼きは楽しくて温かい、素朴な美味しさです。

そしてたこ焼き作りに活躍してくれたのは
祥さんのおばあちゃん!

おばあちゃんたこ焼き熟練の手さばきでどんどん出来上がっていく
まあるくてキレイなタコ焼きに
「日本人で良かった〜」
なんて幸せをかみ締める私でした

フライト先で買ってきたお土産のチーズを
おつまみに、しゃべって笑って本当に
楽しいランチタイムでした

パワフル社長の熱い言葉!

f6bfd35a.JPG
昨日は私が10年以上愛用している
イオン化粧品の地区セミナーなるものに参加しました。
 
定期的に行われているこのセミナーですが
私にとっては10年ぶり。
ためになる美肌の話なども聞けるとあって、
友人に誘われてちょっと参加してみました。
 
この化粧品のテーマは
 
“美しく生きてほしい・・・”
 
創業以来約30年、このテーマを掲げて
女性がキラキラ輝く社会を目指して頑張って
いるそうです。だからここに来てる女性は
老いも若きもみんな元気いっぱい。
女性は元来 太陽だった・・・
ということを改めて気づかされるような。
 
イオンセミナーこのデジタル社会を見事なまでに裏切った
手作り感覚100%のセミナーには、
熱い女性たちの思いがひしひしと
伝わってきて、すごかった・・・。
 
商品が好きでただ使っていただけの私は
何だかこの雰囲気に飲まれそうでしたが。。。
 
そして一番すごいのが、イオン化粧品名物社長
河端 進氏の名物スピーチ!
 
イオン社長
 
人間力バリバリの川端社長。
 
10年経った今もそのパワーは衰えるところを
知りませんでした(^○^) 
いやあ、元気もらいました!
人懐っこい関西弁と、
くるくるした少年のような目、
ニコニコの笑顔と派手なアクション。
体全体を駆使して力いっぱいに話す社長の姿は
無邪気な少年のようです。
聞いているうちに思わず引き込まれました。
 
社長の言葉で一番響いたのは
 
「人に、物に、事に、いちいち“心”を3倍集中して接してください。
 人生の価値も面白さも一気に変わるんですから・・・」
 
心を集中か。。。なるほど。
 
ついつい忙しくて、心散漫になってしまう毎日。
でも忙しいからこそ、目の前の出会いや人とのつながり、
ものや、体験、情報、すべてにおいて
できるだけ “心”を集中させること、大切ですよね。
 
バタバタと出発準備に追われる私の心に
かなり響いた言葉でした。
 
そしてそれこそまさに、接客の基本。
いざ、サービス業への復帰に心が震える一日でした(^0^)

ネイティブ・アメリカンとお点前を・・・

昨夜はスペシャル・ディナーにご招待いただきました!
 
何がスペシャルか、というと・・・・
なんと、ネイティブアメリカンのダンサーたちと
本格日本懐石をいただく、という楽しいお食事会♪
 
ホストは夫の姉夫妻。
旦那様のCraigは“超日本通”のアメリカ人と来ています。
スペシャルゲストに思いっきり日本を堪能してもらおうと
二人とも浴衣などバッチリ着込んで、日本人顔負けの
和のおもてなしぶりでした(^^)
入り口 
インディアンと食事素敵な日本庭園を
しつらえた純和風の
料亭でいただく、
超本格的な
懐石ディナー。
 
 
それにしても、
Craig の完璧なまでの日本文化への知識には
頭が下がる思いです。私も見習わなくては(^^;)
 
と、ここでせっかくなので懐石料理の説明を・・・
 
懐石料理。 英語では tea ceremony dishes 。
 
とても贅沢なイメージのある懐石料理ですが、実は
あくまでも脇役で、主役はその後のお茶席!
あんな手の込んだお料理の数々も、その後で
お抹茶を美味しくいただくための心使い、
いわば“前座”として創られたんですね。
 
というわけで、お料理の量も至って慎ましやか!
ネイティブアメリカンの皆さんには、
どうやら too small だったみたい。でも、
 
"We have to save some space in the stomack for tea ceremony."
 (お茶席のためにちょっとお腹を空けとくんですよ。)
 
この説明をしたら納得いただけたようでした(^^)
 
宴も盛り上がってくると、ファミリーの話題に。日本人ゲストのひとり
男性ダンサーのAndyさん(70歳!)はなんとお孫さんが23人も
いるのだとか!
そこですかさず、イタズラ紳士のShojiさんが、
思わぬ質問を投げかけました。
 
"How many wives do you have??"
  (奥さんは何人いるの?)
 
おいおい(^^;) 何を聞くのよ〜!
・・・と思いきや、さすが長老の(?)Andyさん、
たじろぎもせずにこう一言!
 
"Well, I have only one wife now, but this is my second marriage.
  and my first marriage was .... actually a "shotgun marriage."
  (今は妻は一人だけど、結婚は2回目だよ。それに
   最初の妻とは・・・実は、できちゃった結婚でねえ。。。)
 
え〜〜〜!!初対面の私たちにすごい赤裸々な告白。
ネイティブアメリカンのおじいちゃんのあまりのオープンぶりに
その場は一気に和んでしまったのでした。
 
それにしても
「できちゃった結婚」は英語で shotgun marriage
・・・ はい、勉強になりました(^^;)
 
食後、素敵な和庭園を通ってお茶室へ。
なんとにじり口のある本格的なお茶室でした。
 
お茶室ろうそくの炎だけで照らされた6畳ほどの茶室に、老若男女12名がひしめき合って座り
お茶席丁寧な茶事でおもてなしいただきました。
 
 
それにしても こういう
“侘び、寂び”な場面に、
 
ネイティブアメリカンの皆さんのナチュラルな
雰囲気が絶妙にマッチして、何だか素敵な
異文化の交流でした。
 
はじめて触れた超日本的なおもてなしに
ダンサーの皆さんはご満悦のご様子。
楽しい夜は更けていきました・・・
 
 
プロフィール

よっしー

みんなの感想ありがとう!!
過去の日替わりブレンド♪
楽天市場
  • ライブドアブログ