「メディアが変えた世界」(森達也さんのお話から・その1)6月22日、田原総一朗さんトークセッションのお知らせ 6/16update!

2008年06月08日

「治安が悪い方が都合がよい人たち」(森さんのお話から・その2)

2adca492.gif3月1日に開催した、森達也さんと辻元清美さんとのトークセッション。森さんのお話はとってもわかりやすく目からウロコ話がいっぱいだったんで、ちょっとだけ紹介します。

「これだけニュースで殺人事件ばかりやっていると、日本中で人が殺しあっているかのような気分になってしまう。ちなみに、去年、この国の殺人事件の認知件数は1199件で史上最低でした。でもほとんど報道されていない。警察もアナウンスしない。治安が悪いと皆が思っていたほうが都合がいいということなのかな。政治家にとっては、社会の不安や恐怖は管理や統治をしやすくする潤滑油です。ナチスがいい例ですね。データを見るという基本すらおろそかにされている。そこへまず立ち返るべき、メディアもそうですね。皆さんもそれに気づいてください。」



kirakiranet at 17:32│Comments(0)TrackBack(0)森達也 | 講演

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「メディアが変えた世界」(森達也さんのお話から・その1)6月22日、田原総一朗さんトークセッションのお知らせ 6/16update!