2008年01月07日

◆例えば、エコ貯金〜環境に配慮したお金の使い方〜

環境や貧困問題を解決するには。。といった本を読んだり、実際に活動している方のお話を聞いたりするたびいつも「知らない」ってことはなんて罪なんだ・・と肩を落としてしまいたくなることが多くあります。

同時に、世界はつながっているんだと強く感じます。

例えば貯金。
戦争や環境破壊・貧困層の増加・生態系の破壊などの問題と金融はとても 深くつながっていて、実は私たちの貯金がこれらの問題を引き起こし、また助長しているのかもしれないのです。

例えばアメリカとイラクの戦争でアメリカの資金源は「アメリカ国債」。そのアメリカ国債を日本政府は大量に購入しており、日本政府が大量発行している日本国債を、大手銀行や郵貯が購入しているわけですがその資金元は私たちの貯金だそうです。

自分の貯金や投資が知らないうちに戦争や環境破壊の資金源になって、結果これらの問題を支援していることになっているかもしれないなんて。

そうならならないためにできることは、まずは私たちの預けたお金の流れ先を知ること。
そして銀行や投資先を選び、戦争や環境破壊に使われない貯金をすること。

私たち一人一人の口座と行動が変われば、社会を変えることもできます。

他にも、たった数百円とちょっとの行動から変えていけることもたくさんあります。
環境に配慮したお金の使い方は、節約や寄付など直接的なことだけではありませんね。

●エコ貯金について詳しくは:
エコ貯金ナビ(A SEED JAPAN) http://www.aseed.org/ecocho/ 
エコ貯金の情報が満載。WEBでエコ貯金宣言もできる。 

●おすすめ本:
yamamotobook
・「世界を変えるお金の使い方」(ダイヤモンド社)1260円 山本 良一、Think the Earth Project編
 http://tinyurl.com/2zphar



tanakabook
・「おカネで世界を変える30の方法」1,365円 田中 優, A SEED JAPANエコ貯金プロジェクト
 http://tinyurl.com/2dozvb


kirei_lohas at 14:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)本でキレイ 

2007年05月18日

◆眠っている衣料、寄付しませんか?

4月のオーガニックフェスタ・ボランティア仲間の方に教えていただいたイベントです。

もう着なくなった服、いただいたけど袖を通してないままの服など、クローゼットに眠っている服を寄付してみませんか!?

世界各地の難民や避難民、被災者などを対象に衣料品の寄贈を行っている「NPO法人日本救援衣料センター」では、下記の日程、会場で衣料収集キャンペーンを行なうそうです。

郵送しようと思いつつなかなか面倒で・・という方も、もし下記会場のお近くでしたら気軽に寄付できるチャンスです。
(通常は、郵送で受け付けているそうです)

●受け入れられるもの:

新品・・下着、靴下、パジャマ、タオル、タオルケット、 シーツ

洗濯済・・毛布、ズボン、ジーンズ、Tシャツ、ポロシャツ、 トレーナー、セーター、ブラウス、カーディガン、ジャンパー、オーバーコート
企業制服 ブラウス、カーディガン、作業着のみ受付

※ 子供服は身長80cm以上の上下分かれたものを受付。(品目は大人同様)
※ いずれも、シミや傷みの無い物。

●受け入れられないもの:

スーツのジャケット、ブレザージャケット、スカート、ワンピース、和服、ベビー服、ベビー用品、ふとん、 小物類(ネクタイ、ベルト、帽子、手袋、マフラー)、 くつ、かばん、 雑貨、文具、食品
 
その他詳細はNPO法人日本救援衣料センターのHPをご覧ください。
http://www.jrcc.or.jp/ 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆衣料収集キャンペーン

〔東 京〕丸井(国分寺店)5月19日(土)・20日(日)(10:30〜18:30)
     丸井(錦糸町店)5月19日(土)・20日(日)(11:00〜18:30)
〔神奈川〕丸井(川 崎 店)5月19日(土)・20日(日)(11:00〜18:30)
     丸井(海老名店)5月19日(土)・20日(日)(11:00〜18:30)

主催:認定NPO法人 日本救援衣料センター
後援:外務省・東京都・神奈川県・国分寺市・墨田区・川崎市・海老名市

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

〔愛 知〕ユニーアピタ千代田橋店、5月30日(水)(10:00〜16:00)

主催:認定NPO法人 日本救援衣料センター
後援:外務省・愛知県・名古屋市

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以前USに住んでいたとき、街にたくさんのドネーションボックスや救世軍など福祉団体が行っているリサイクルショップがあり、そこへ持ち込み気軽にドネーションしていましたが、とてもよいシステムだと思いました。

クリスマスなどの大きなイベントの時期になると、スーパーの前に巨大な箱が置かれ、服だけでなくメガネや子供用品などなど様々な寄付を募集しています。
(最近では携帯電話のドネーションボックスもあるとか・・?)

そして各団体のリサイクルショップでは、それらをキレイに手入れし販売しています。
その売り上げは寄付されますので、そこで買うことも一つの寄付行為です。
服から家具まで、何でも揃うほど品揃えは充実していました。

おもしろいのは、寄付する際に品名とおおよその各価格を記載するのですが、確定申告の際、それら寄付金が考慮され有利になるのです。
欧米人は日本人に比べ寄付や慈善行動が生活の中に根付いているそうですが、税金面でも配慮されているというのはさらに行動を促しますよね。
(日本でも寄付に対して税金が控除されるなど、個人でも利用できる工夫がもっとあるとよいのですが)

ま、そもそも不要なものを出さないようにするのが大事ではありますが(^^;
気軽に寄付できる制度がふえるとよいですね♪




kirei_lohas at 15:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)寄付、ボランティア 

2007年05月09日

◆日経ウーマン最新6月号「エコな暮らし*入門」

nikkeiwoman日経ウーマン最新6月号の「エコな暮らし*入門 」特集に、環境ジャーナリストの枝廣淳子さんと共にイデのコメントを載せていただいています。

内容:
◇ 地球温暖化が深刻化…環境を守るために、私たちにできることは何?
◇ お買い物編、暮らし改善編、省エネ編…エコな生活につながる21のヒント

日経ウーマンの美人編集者さんが大好きなもので、私もまた取材についていき(^^;、その際にうかがったのですが、環境問題にとても関心があり身近にできることを知りたい!という読者のご意見が非常に多いことを受けての企画だったそうです。

仕事にプライベートにと忙しくても、環境に配慮したライフスタイルを志向するビジネスウーマンが増えているのは本当に嬉しいことですね!

ぜひお近くの書店などで見かけたら手にとってみてください。

◆日経ウーマンネット・・http://www.nikkeiwoman.net/index_mokuji.htm

(それにしても書籍・雑誌とも出会う編集者さんは美女が多い・・)



kirei_lohas at 12:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)おすすめなモノ、コト、イベント 

2007年05月07日

◆「幸せレシピ」/和田裕美さんの新刊

ぐずぐずとした体調が続いていた約1ヶ月、普段頑丈なだけに心も体もなんだか重い感じでしたがやっとすっきりしてきました。
爽やかな5月を楽しむぞー

それにしても体がまいると気も滅入るものですね。
ぼーとする日々が続いてしまいました。

そんなときちょうど和田裕美さんから夫宛てに新刊が届きました。
”世界No2の営業ウーマン”という肩書きからバリキャリのイメージですが、実際の和田さんは女性から見ても守ってあげたくなってしまうような、ほんわかした可愛らしい方。

早速横取りして読んだところ、この本も暖かい人柄と飾らない体験談が満載で、とても元気をもらいました。
ぱらぱらとちょうど開いたページの話は、まさに今自分に必要なことで、タイミングのよさにもびっくり。。

いろいろな本が届いても見るときと見ないときがあり・・何事も偶然はないと言うけれど、このタイミングで届いたのも今必要なことを学ぶためかな、と感謝です。

それにしても本はいいですよね。
人のご苦労や気付きや幸せや様々な体験を、1000円程度でシェアしてもらえ、大きな勉強をさせてもらえるのですから・・♪

◆和田裕美の幸せレシピ―人に愛されるための36の扉
http://tinyurl.com/yqygb5
wadasan






kirei_lohas at 17:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)本でキレイ 

2007年04月09日

◆映画「ブラッド・ダイヤモンド」で考えたいこと

1990年代後半の西アフリカ・シエラレオネでのでの激しい内戦を描いた社会派アクション映画。地域紛争が激化する「ブラッド・ダイヤモンド」の現実問題に言及した内容について、米国務省が批判したことでも話題となった問題作です。

近年のアフリカの紛争を資金面で支えたのは紛争ダイヤモンド(コンフリクト・ダイヤモンド)と言われています。紛争中、ダイヤモンドの違法取引によって生じた莫大な利益は軍や武装勢力に流れ武器の購入などにも利用されていたのです。

映画の舞台となったシエラレオネでは1991年から2002年の間に5万人以上の人々が殺害され、200万人以上の人びとが国内避難民、難民となり、何千人もの人々が手足を切断されるなど残虐な争いが繰り広げられました。紛争が終結し復興に向かう一方で、紛争ダイヤモンドの問題はまだ完全には解決していません。

この映画の公開をきっかけに、ダイヤモンドが紛争の資源とならないよう、また、紛争ダイヤモンドが合法のダイヤモンド取引に入り込めないようなシステムを、政府や業界は強化すべきとの声がより高まっています。

私たちにできることは、まずは、この実情・現状を知ること、上記の声を実際の行動として活動するNGOや人権擁護団体などを通し署名や寄付、ボランティアなどでサポートすること、周囲の人にも伝えていくこと、そして、ディカプリオ氏もインタビューで話していましたが、購入時は 必ず証明書をもらい紛争ダイヤモンドでないことを確認する、紛争ダイヤはNOと意思表示する・・・などではないでしょうか。


みなさん、この問題について興味を持ってぜひ調べてみてください。
あえてここでは書きませんが、ネット検索でもたくさんの情報を知る事ができます。

根深い紛争ダイヤモンド問題について、またシエラレオネをはじめとする紛争から立ち直っていく国々について知るためにもぜひ見ておきたい映画です。

・4月7日から全国ロードショーです。
http://wwws.warnerbros.co.jp/blooddiamond/

・ご参考までに
キンバリー・プロセス認証制度(KPCS)・・紛争ダイヤモンドの取引きを
防ぐための国際認定制度
http://www.amnesty.or.jp/modules/wfsection/article.php?articleid=996

kirei_lohas at 10:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)おすすめなモノ、コト、イベント 

2007年04月08日

◆米国牛肉で精子減少!?

こんな記事がありました。
http://www.e-expo.net/contents/global/2007/04/post_148.html

http://www.msnbc.msn.com/id/17815402

記事によると、米ロチェスター大学医学部のShanna H. Swan産婦人科教授らの研究チームが1999年〜2005年にかけて、1949年〜1983年に米国で生まれた男性387人の精子の数を調査した結果、米国産の牛肉をたくさん食べた母親が出産した男子の精子の数が正常値よりも少ないことがの明らかになったそうです。

アメリカとカナダの食用牛肉には、肉質を良くしたり、成長を促進するために、天然ホルモン、合成ホルモンのうち6種類が使用することが許可されているそうで、これら成長ホルモンの摂取が影響しているとみられ、食べるのなら成長ホルモン未使用のオーガニックの牛肉を選択したほうがいい、とのこと。

いろいろ考えさせられますね。

供給側の良心も問いたくなります。
これからの経営は、どんな企業でも良心ある経営でないとなりたたないし、持続しない、そんな時代になると思います。
生産者も、「自分や家族が安心して食べられるもの」をつくり、市場に出してほしいものです。

消費者の選択いかんで、企業も生産者も変わるはず。
市場の支持がなければそれらは消えていきます。
買い物は投票ですね。消費者も責任を意識しなければならないと思います。

人間の都合による化学物質や過剰な栄養の投与をされ動物達も迷惑ですよね。

そもそもカラダのためにも環境のためにも肉の摂取は減らしたほうが良いと、私は思うのですが。。




kirei_lohas at 07:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)食でキレイ(玄米菜食、マクロビオティック) 

2007年03月16日

◆「LOHASな選択が人生を豊かにする」ロングインタビュー

新しい時代のための生き方や価値観について、スピリチュアルな時代を生きるためのメッセージを伝えるWebサイト「スピリチュアル・ボイジャーズ」。

昨年誕生したこの新しいサイトで、イデのロングインタビュー「LOHASな選択が人生を豊かにする」が掲載されています。

ロハスの本質、ロハス×ビジネスについても深く語っています。
ご興味のある方、ぜひご覧ください。
オーセンティックロハス、コンシャス・キャピタリズムについて知りたい方もぜひ。

●「スピリチュアル・ボイジャーズ」・・http://www.spiritualvoyagers.jp/  
・インタビュー・・http://www.spiritualvoyagers.jp/interview_vol004.html

intervew




主な内容:

 ◆ 「LOHAS」が生まれた背景

 ◆ 微妙に異なる「アメリカのロハス」と「日本のロハス」

 ◆ アメリカではロハスは一般にはほとんど知られていない!?

 ◆ そろそろ本質的なロハスを広めていく時期だ!

 ◆ ロハス×スピリチュアル=ライフスタイルの変化

 ◆ お金を使うことは投票行為である

 ◆ 環境アクティビストとロハスの層の違いとは

 ◆ 「ロハス×事業開発」「ロハス×ビジネスチャンス」

 ◆ これからは「二酸化炭素本位制」の時代!

 ◆ パラダイムを変えるキーワードは「分かち合い」

 ◆ アジアに広がるロハス

 ◆ すべてがつながっている〜WEB OF LIFE〜

 ◆ 今後のビジョン



kirei_lohas at 13:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)LOHAS 

2007年03月08日

◆【トゥルーフード・ガイド】もらってみましょう♪

turefoodguideグリーンピースジャパンが発行している「トゥルーフード・ガイド」をご存知ですか?
グリーンピースジャパンのHPより↓

※トゥルーフードとは・・
*遺伝子組み換え原料を使っていない食品です
*環境とわたしたちの健康をまもることにつながる食品です
*持続可能な農業を応援する食品です

トゥルーフード・ガイド」は、”日本の大手食品会社を中心に遺伝子組み換え原料を使用しているかどうかのアンケートを行った結果をまとめた、手軽に持ち運べる手のひらサイズの冊子”です。

遺伝子組み換え技術によって、自然界では絶対にありえない遺伝子の交配をさせ(例えば魚×イチゴなど)新しい生命体を作り出しているわけですが、それらはこれまでになかった毒素やタンパク質が含まれており、それによってアレルギーを引き起こすおそれがあるそうです。

また遺伝子が組み換えられた植物、動物、そして微生物がもともと自然界に存在していた種とひとたび交配すれば、無制限に増殖し、生態系のバランスが崩れてしまいます。

人体への影響はもちろん、生態系を変え、環境破壊にもつながるのですが、現段階では安全性審査はずさんで不確実でもあり、どれだけの悪影響を与えるか未知数です。

「遺伝子組み換えではありません」という表示があっても、表示義務の抜け穴をくぐり、実は遺伝子組み換え原料を使用した商品が多くでまわっており、知らない間に口にしていることがあります。

なるべくそのようなことは避けたいですよね。
そのためにはやはり知識が必要!

ただ、やみくもに不安に思ったり反対するのではなく、メリットもデメリットも知った上で自分の判断軸を持ち、選択したいですよね。


遺伝子組み換え原料を使っていない食品を選びに役立つ「トゥルーフード・ガイド」は無料で配布されています。
下記URLからお申込み可能です。
また、食品が遺伝子組み換え原料を使っているか、いないかチェックもできますのでぜひ見てみてください。

●グリーンピースジャパン「トゥルーフード・ガイド」申込み
http://www.greenpeace.or.jp/campaign/gm/truefood/

参考までに・・
●遺伝子組み換え食品いらないHP
http://www.no-gmo.org/



kirei_lohas at 07:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)本でキレイ 

2007年03月06日

◆賞品は三浦大根

4日の日曜日、三浦でのマラソン大会に出る夫の応援に
1泊で家族で行ってきました。

無事完走した賞品は「三浦大根」。
ずっしり重くて新鮮で、ホコリをかぶる記念品よりずっとイイ!
二日間は大根三昧です。

待ってる2時間の間は子供達と広く長い海岸で砂遊び。
同様にお父さんを待ってる母子チームもたくさんいて、ほのぼののんびりとした幸せな雰囲気でした。

練習する時間も取れなかったのに完走できたのはすごい。
そういえばずっと前からホノルルマラソンに出ると言い続けて
いたような。「ふーん」と聞き流していたけれど今年は実現できるかも?

私は障害物競走ならやる気まんまんになるのですが、「ただひたすら走る」のは大の苦手。
でも楽しそうな姿を見ているとやってみたくなってきました。

・・と思っていたらちょうどマラソン仲間もできて始めることに。
精神を鍛えるのにもよさそう。今年は頑張るか〜



kirei_lohas at 10:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)つれづれに 

2006年11月30日

歩き方を変えれば人生変わる!KIMIKO流成功の秘訣

479e07f4.jpg先日、「ウォーキングのカリスマ」として大人気のKIMIKO先生の「ポスチュアウォーク・レッスン」を受けてきました!

11月に出たばかりの著書「ポジティブ・スイッチ!」を読んで感動しましたが、KIMIKOさんは、専業主婦で育児におわれ「自分には何もない」と思っていた36歳のときにウォーキングに出会い、それから心も体も美しく変身、わずか4年ほどで「ウォーキングのカリスマ」と呼ばれるほどになったそうです。

他のウォーキング講座と違い、KIMIKOさんのレッスンの最大の特徴は、自分を肯定する「イメージワーク」を取り入れ心の姿勢までも美しくすることです。

ご自身がウォーキングで劇的な変化(全身整形効果とおっしゃってました・笑)を体験されただけあり、説得力のあるお話と濃い内容に、「予約が取れないほど大人気!」というウワサにも納得でした。

今回私は体験講座2時間に参加したのですが、たった1回でもぎゅっとたくさんの大切なポイントを教えていただき、歩き方がかなり変わりましたよ。でも一番変わったのは心の持ち方かも。

KIMIKOさんいわく、体の姿勢を整えれば心の姿勢も整うとのこと。確かにその通りですよね・・ 体と心の健康はつながっていると実感します。

今年はNYにもオフィスを創設し、国内外で大活躍・大人気、ピカピカに輝いているKIMIKOさんが、以前は「私なんて・・」と自分に自身がなかったなんて信じられないくらいです。
同じ主婦として、体と心を整えれば人生も変わるんだなと、とても元気と勇気とやる気が出ました!

そのKIMIKOさんの、ウォーキングに出会ってからの心と体の変遷を書いた本「ポジティブ・スイッチ!」、とてもオススメです♪

●「ポジティブ・スイッチ!」(講談社)
http://tinyurl.com/wajya

●KIMIKO「ポスチュア・ウォーク」HP
http://www.posture.co.jp/

kirei_lohas at 06:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)外面のキレイ 
Recent Comments
Recent TrackBacks
◆八ヶ岳のオーガニックカフェ「ごぱん」 (キレイを目指す☆LOHAS的な毎日〜ロハスな主婦のひとり言〜)
◆小淵沢の秋
Profile
miyuki
【LOHAS&エココンシャスライフ コーディネーター】

”LOHASでエココンシャスな暮らし”をテーマに、講座のコーディネート、情報発信のほか、企業のグリーンコンシューマーマーケティング支援などをしています。

暮らしの中から楽しみながらエコシフトするきっかけを広めたいと日々頑張っております!

今年の目標は「内面からのキレイを目指し、シンプルにナチュラルに心豊かに生きること」、そしてそれを「分かち合うこと」です。

家族は、私より10歳年上なのに私より若く見られる夫と6歳&4歳の女の子二人。
毎日玄米菜食を中心にした食事作りも頑張ってます♪

一見おとなしめに見れることが多い私ですが、次女を自宅で水中・自力出産、一人で取り上げてしまったツワモノです。
関西ノリが大好きで、常に”心地いいこと・体にいいこと・環境にいいこと”にアンテナが動きます。

予想外に作詞家デビューをしたり、予測不可能な波乱万丈人生、よく言えば展開型です。
女性としても母としても妻としても、仕事もプライベートも全部楽しむぞー!と欲張り中。

ブログでは、仕事やプライベートで日々出会う素敵な人・コト・モノ、そして感じたことを(なるべく)毎日書きたいと思っています。


*「いきいきロハスライフ!」(ゴマブックス)
 http://tinyurl.com/dcelu

*「いきいきロハスライフ!のすごし方」(ゴマブックス)
 http://tinyurl.com/s7s86

*「いきいきロハスライフ!」HP
 http://lohas-life.jp/
QRコード
QRコード