霧島ジオパーク スタッフBlog


霧島ジオパーク事務局のスタッフブログです。
霧島ジオパークの見どころやお得な情報を随時アップします。

先日、霧島市立陵南中学校の1年生が行う、えびの高原池めぐり・ジュニアジオガイドツアーに同行してきました。

生徒さんたちはこの日のために、ジオガイドさん達と協力をしながら事前に現地を下見して自分が解説したいもの・親に教えたいものを選び、自分たちでいろいろと調べて準備をしてきました。
DSC03880

DSC03954

当日の天気は雨の予報でしたが、生徒さんたちの気持ちに応えて雨雲も去ってくれました(^^)
DSC03973

生徒さんも「知識をただ伝えることだけでなく、分かりやすく、楽しく伝えることが大変だった」、「移動中における注意点など説明以外にも気を配ることが多く、ガイドさんの大変さが分かった」などと色々と勉強になることも多かったようです。
親御さんたちも楽しく、興味深くガイドを受けてくださり、子ども達が現場で感じることはやはり大切にしていきたい、とのコメントもありました。
DSC03979

DSC04001

生徒のみなさん、今回の学習を通していろいろな「気付き」を得られたことだと思います。今後の学生生活、また大人になってからでも必ず生きてくるものだと思いますので、その気付きを大切にしてくださいね。
また、私たち大人も、子供たちのまっすぐな目、気持ちを大事に育んでいかなければ、と改めて思いました!

4/22、曽於市~都城市間の約12kmを歩く「霧島ジオパーク・ウォーキング」が開催されました。
約60名の参加をいただき、天候にも恵まれ春の霧島路を満喫してきました~(^^)
DSC03170
火山と水が気の遠くなるような時間をかけて創る大地、そのうえに生きる植物・動物、そして我々人間の生活とのつながり。

ふだん何気なく見ている景色にそれらは溶け込んでいます。気付けばやっぱり面白い☆

DSC03187

KIMG1056

DSC03211
曽於市⇒都城市でガイドさんがバトンタッチ!ガイドの皆様方ありがとうございました(^^)
鹿児島県と宮崎県を超えて、曽於市と都城市を超えて、やはり地域がつながるのはうれしいな~、と改めて感じたところでした。

主催していただいた曽於市、都城市の各関係者の皆様、ありがとうございました☆

DSC03176

KIMG1061

KIMG1067

DSC03208

KIMG1068

DSC03223

3月12日、霧島ジオパークの教育拠点施設である宮崎県御池青少年自然の家において「霧ジオ防災フェスタ」が開催されました。
目の前には高千穂峰をのぞみ、すぐそばには霧島山最大の噴火の記憶を残す火口湖・御池が静かに水をたたえる最高のロケーションです。
御池上空
※画像はイベント当日のものではありません。御池青少年自然の家は画像左下。

天気も良く、多くのお客様に来ていただき楽しいイベントになりました。
DSC02984

今回は「遊びながら防災を学ぼう!」というテーマで、たくさんの遊んで学べる企画が出されていました。
DSC03043
DSC03036

もちろん、消防車、救急車、パトカーや白バイ、赤十字車、防災ヘリなどの充実した車両等展示もありましたよ!
この地で暮らす私たちの生命財産などを日頃から守ってくれている消防団や消防署員、警察の方、赤十字の方などの活動についても知る機会となりました。心強いですね~。かっこいいですね~。いつもありがとうございます。
DSC03033
DSC03031
DSC03023
DSC03058

災害が起こった時にどう避難したり、対処していくか?ということはもちろん大事です。
しかしイザというその時にただやみくもに逃げるのではなく、事前に自分の地域に起こる可能性のある災害、それがどのようにして起こるのか、規模の差はあれ起こったらどうなるのかを理解することで、その後の行動にも違いが出て、減災にもつながってくるのではないでしょうか。
今回、霧島ジオパークでは炭酸飲料を使用した火山噴火の仕組みについての実験と、霧島山立体模型を使ったココア溶岩流の実験をおこないました。
DSC03009
事前に噴火の仕組みをやさしい言葉で解説中~
DSC03015
噴煙はどっちに流れていく??
DSC03041
噴火した時は自分の地域はどうなる?霧島山の立体模型にココア溶岩流を流し、ハザードマップで確認だ。
DSC03019
ジオサイトスタンプラリーも楽しんでいただけたでしょうか?
IMG_1355
総合司会の宮田若奈さん(花ふぶき一座)には最後まで会場を盛り上げてくださいました!

参加された皆様、関係者の皆様、ありがとうございました。
また来年も来てくださいね~~☆

このページのトップヘ