2011年09月12日 17:16

ブルキナにもどる!!

4月。

私たち協力隊員は、ブルキナから帰国しました。

政治のバランスの崩れから、軍隊の暴走が原因でした。

でも、幸いにもみな大事にはいたらず帰ってきました。

 

「生きて帰ろう協力隊」。

協力隊のモットー。

ほんとに何もなくてよかった。

実際に危険な地域は一部だったかもしれないけど、やっぱり命が一番大切。

またブルキナに戻ってくることを前提とした、一時帰国でした。

 

そして、9月。

また協力隊員がブルキナに戻れることになりました。

主格となった軍人は解雇され刑事判決がくだされ、今ブルキナに平和を取り戻しつつあります。

 

ただし、戻れる地域は限定されました。

 

私たち協力隊員はブルキナ国内でばらばらに住み、活動していました。

住んでいた任地(活動地域)が電気も水もない村落でソーラーパネルを使って生活していた隊員。反対に、ブルキナでは比較的発展した町に住み、大豪邸のようなきれいで大きな家に住んでいた隊員。とさまざまでした。

私はその中間くらいの家に住んでいて、電気や水は出るけど、毎日朝から夜まで断水と一番使いたい時間帯に計画断水、たまに停電しました。

日本ではあり得ないところで住んでいたころが、もう懐かしいです。

 

今回、任地に駐屯地がある隊員は戻ることができません。

一般のブルキナベはもう落ち着いた、何も危険はないと言っているようですが、まだこれからなにが起こるかわかりません。JICAは軍隊の近くを避けたのです。

 

先週、私の同期も数人、ブルキナに帰りました。

任期は変わらず9月末まで。残りあと一ヶ月弱です。

同じ時期にブルキナ行きそこを知り、同じ時間そこにいた彼ら、彼らがまたあそこに戻ることを考えると、自分が行く訳ではないですがなんだかドキドキします。

短い滞在時間ですが、日本で溜め込んだパワーを爆発させて帰ってくることでしょう。。

 

しかし私も、ブルキナに帰ったような気持ちになれた一日がありました。
9
7日、幼稚園でのJICA出前講座。
出前@しょうとく出前@しょうとく5


この日、園児
35歳を相手にブルキナのことについてのお話会をしました。

 

話をする前には、園児たちの心をつかもうアフリカンダンスを踊りました。

出前@しょうとく3
 

ブルキナで実際に習って踊っていたダンスでした。

ブルキナに行って一番やりたいことがダンスでした。それを園児たちに伝えました。

ダンサー、ミュージシャンとして海外でも活躍しているブルキナベ、カリム・コナテさん。

私にアフリカダンスを教えてくれた先生です。

 

お話会の終盤に、そのアフリカンダンスの一部を園児たちと一緒に踊りました。

カリム、、あなたのダンスを日本のこんなにちっちゃい子たちも踊っていますよ~~~

Karim, regardez, au Japon votre danse est dansée par les enfants si petits.

出前@しょうとく2
 

結局、ダンスメインのお話会となりました。。



トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by Houndé   2011年09月16日 06:43
Houndéに着いたけど、やる気がイマイチ出てきてなくダラダラと1日を過ごしているわ…。学校が始まるまでは、こんな感じかも。博幸は今日最終報告が終わり、明日はノリ。月曜がシキ。同期が各自の活動を着々と終わらせていますよ!有ちゃんは日本で次のステップに進んでるんだね。幼稚園での出前出張はどうだった?

有ちゃんの真面目さが、にじみ出てる感じが強く感じました!ブルキナの人たちは首を長くして待っていると思います。時間を作って会いに行ってみてはどうでしょうか!?

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
プロフィール

kirikou_bf

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ