アメリカ株サバイバル投資実践記

糞投資家が糞情報を垂れ流す糞ブログ。経済的自由を求め、アメリカ株投資を2008年から実践中。

株式投資の未来

おはよう、霧末だ。
すでに俺は三大ネット証券に、ネスレ取り扱い要望メールをしておいたぜ。
やるべきことはしたので、あとは期待せずに天命を待つことにしよう。
ネスレを買いたい奴は要望メールを出すんだぞ、分かったな?

さて、本題に入ろう。
先の記事で、

Welcome to performance.morningstar.com

Yahoo Finance - Business Finance, Stock Market, Quotes, News

【NYダウ30銘柄ほか】主要米国株のベータ値ランキング

の3つの便利サイトを紹介したわけだが、ここにまた1つ、優秀なサイトを紹介することにする。

今回は銘柄のファンダメンタル分析(財務諸表、健全性、経営、競争優位性、競合相手、市場などの分析)に役立つものだ。

それはこのサイトだ。
Grow Rich Slowly シーゲル流米国株投資で億万長者になる!

このブログはHiroさんと言う方が書いていて、彼もまたシーゲルに影響を受けた1人である。
彼は公認会計士であり、その視点から書かれた銘柄分析は非常に丁寧で分かりやすい。
アメリカ株ブログ中最強の銘柄分析サイトだと思う。
当然Hiroさん個人の意見も含まれているので、鵜呑みにしてはいけないが、俺もよく利用させてもらっている。

さて、肝心の銘柄分析の記事だが、サイトの上の方に表示されている米国株銘柄分析をクリックすると出てくるぞ。
スマホで見る場合は、右上のMENUを押してから米国株銘柄分析を押せばいい。
いくつもの銘柄分析記事が見られるはずだ。

ファンダメンタル分析の基礎知識が無くても、見ているだけで楽しめると思う。
ただ、最低限の知識を押さえておくともっと楽しめるので、

マーケットハック

や、

ふぁんだめんたる

を読んでおくことを勧める。

あと、俺は便利サイトを紹介する記事を投資テクニックカテゴリーに入れてみているんだが、まあ便利サイトで調査するのも1つの投資テクニックかなと思うので、しばらく様子を見よう。
調査も立派なテクニックだろう、多分。



ネスカフェ

食品・飲料部門世界一の時価総額を誇るスイス株の首領、ネスレ。
世界のネスレ。
キットカットのネスレ。
ネスカフェのネスレ。
コーヒーマシンを無料で貸し出してコーヒーを定期購入させるネスレ。
お菓子を販売しながら、糖尿病治療薬まで作って無限ループさせようとするネスレ。
高配当銘柄のネスレ。
投資すればスイスへの分散投資ができるネスレ。
yahoo finance usで調べると、コカ・コーラやペプシコよりもリターンがいいネスレ。

こんな最強のネスレなのに、なぜか三大ネット証券のsbi、楽天、マネックス証券では、スイス株のネスレを扱っていないのだ!
これはおかしい!
ベルギー株のアンハイザー・ブッシュ・インベブはあるのに。

ネスレの弱点をしいて言えばスイス株の配当税率の高さだ。
例えばアメリカ株は配当金の10%をアメリカ現地で課税されて、そのあと残り90%の内からさらに20%を日本で課税される。
これが外国株配当金二重課税問題だ。
しかしこれは確定申告すればアメリカ現地課税分(10%)のいくらかは税控除される。
同様にスイス株でも確定申告すればいくらは税控除されるだろうが、どうやらスイス株は現地課税が35%と高いようなので、税控除しても影響はありそうだ。

しかし前述した魅力を眺めていると、その弱点すらも大したことではないように思えてしまう。もともと高配当だから、課税分もカバーできるだろうし。

そのネスレであるが、大和証券では扱っているらしい。
ますますおかしい!

大和証券が取り扱っていて、ネット証券がこんなメジャー銘柄を放っておくなんて。

大和証券などの店舗型証券会社では、ネットが使えない高齢者でも電話や店舗で株取引ができる代わりに、手数料は高い傾向にある。
だから我々には向いていない。

そもそもネスレのためだけに大和証券に口座開くのも何か嫌じゃねぇか。

ならば俺にできることは1つ。

三大ネット証券に、ネスレを扱ってもらえるようにメールでお願いすることだ。
当然このブログのような偉そうな態度ではなく、地面に頭をこすりつけるような卑屈さでお願いしてみるつもりだ。

俺の経験上、ポジティブな要望なら言わないより言った方がいい。
相手にされなくてもともとだし、聞いてもらえたら儲けものだ。

俺はそうやって今までダメもとのポジティブな要望を企業や個人に言ってきた。
その結果、意外にもその要望が聞き入れられたことも多いのだ。
たまたまそうなっただけで、俺の要望が聞き入れられたのではないのかも知れない。
でも結果は変わらないのだから、関係ない。

相手を不快にするクレームを入れるような奴は糞だ。
しかし、お互いにとってよりよい方向にいくのではないかという要望であれば、積極的にするべきだ。
今はネット証券がネスレを取り扱うというのがそれに当たる。

さあ、俺は一足先に頭をこすりつけてお願いしてくるぜ。
君もネスレを買いたければ、頭をこすりつけに来い。
数は多ければ多い方がいい。
アメリカ株ブログ界全体を挙げて、三大ネット証券ネスレ取り扱い要望運動を開始しようではないか!
みんなにこの運動を広めてくれ。

ベジータ

β(ベータ)とは、株の値動きの大きさを表す。
βが1より大きければ値動きの激しい景気敏感株、1より小さければ値動きの小さいディフェンシブ株を表す。
βは市場平均を1とした時の値動きの大きさを表しているのだ。

それで、主要アメリカ株のβを一目で知りたければ、ここに行け。
【NYダウ30銘柄ほか】主要米国株のベータ値ランキング

岩波慶さんと言う方がまとめてくれたものだ。
データが少し前のものだが、βはすぐに急激に変わるものではないから、参考にはなるだろう。
最新のβが知りたければ、yahoo finance usのBetaの数値を確認するが良い。

↑このページのトップヘ