2004年06月11日

少し安心しました

前に、カールさんに教えていただいた掲示板から、
患者の家族をサポートするHPを見つけることができました。
そこは同じような悩みを持つ方がたくさんいて、
見ていて私一人じゃないんだと、涙が止まりませんでした。
もっと早く見つけてたら、と思いました。
きっかけを作っていただいたカールさん、
ありがとうございました!

それでは当直に行ってきます。

kirinchild at 17:32│Comments(3)TrackBack(1)

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 【うつ病の夫支援HP】「我が家のウツオ君」  [ ガンジス川のほとり〜ガンジーblog ]   2004年06月14日 11:11
【うつ病の夫支援HP】「我が家のウツオ君」 ひさびさに,うつ病関連のサイトの紹介です。 ・我が家のウツオ君 うつ病とともにのkirinchildさんに教えていただきました。(kirinchildさんありがとうございます!) 今回のサイトは「うつ病者」のサイトではな

この記事へのコメント

1. Posted by dragon   2004年06月11日 17:54
まだ数回分の投稿しか読んでいませんがコメントさせていただきます。

わたしは以前うつでした。
病院に通い投薬治療をしました。
そのときの記憶はほとんどないです。
でもパートナーに支えてもらった事は忘れません。
命の恩人だと思っています。
彼がいなければ治す事も、今こうしていられる事も無かったはずです。

今は「なぜ私がこんな事を?」と思ったり
報われないと考えてしまうかも知れません。
でもどうか支えてあげてください。
ご自分が参らない程度でかまいません。

旦那様は今はまだそこまで頭が回らない時期でも、
いずれ必ず、あなたに助けられた事を感謝なさるときがきます。

うつは当人よりも支える人間の方がつらい病気だと思っています。
私が経験した事をお話して、
少しでも肩の力が抜ければと思いコメントさせていただきました。
初めてのくせに長々とすみませんでした。


2. Posted by ガンジー   2004年06月11日 21:03
ここのところずっとネガティブな投稿が続いていて,心配していたのですが,
今日はなにかひとつ壁を越えられたようで,よかったです。

ぜひその「患者の家族をサポートするHP」のURLを教えてください。
情報をshareさせてください☆
3. Posted by 管理人   2004年06月13日 00:12
dragonさん、ありがとうございます!
私も、夫がそのように思ってくれればよいのですが、
今はまだそのような状態ではないですし、
目の前の事を必死に乗り越えてるっていう感じです。
共倒れしない程度にサポートしていきたいと思います。
dragonさんのように必ず治ると信じて・・・。

ガンジーさん、参考になるか分かりませんが、
ここは、うつ病の夫を持つ妻の事を扱ってます。
私と同じ状況の人がいるんだと
夫への対応の仕方などで私自身は大変参考になりました。
名前のところから行ってみてください。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔