1日夜から2日未明にかけて関東甲信地方に降った雪の影響で各地の交通機関が乱れ、スリップ事故や転倒でけが人が相次いだ。

【積雪の東京を写真で見る】

 東海道新幹線は、降雪の影響を確認するため、2日午前6時の始発から品川-小田原駅間で時速120~170キロに速度を落として運転。下り4本が最大で16分遅れ、約2800人に影響した。

 JR青梅線では午前5時過ぎ、東京都羽村市の羽村-小作間の架線が凍結。電車への送電ができなくなり、奥多摩発立川行き普通電車など計30本が運休し、約1万5000人に影響があった。

 東武野田線は午前4時40分、千葉県柏市の高柳駅で架線トラブルが発生し、上下線計19本が運休し、約1万人に影響。東京都荒川区と足立区を結ぶ日暮里・舎人ライナーでは、軌道上に積もった雪のためゴムタイヤがスリップし、午前7時25分ごろから約1時間20分運転を見合わせ、約9300人に影響した。

 また、日本道路交通情報センターによると、首都高速道路の▽11号台場線▽埼玉大宮線▽埼玉新都心線--の上下線が雪により一時通行止めとなった。

 一方、宇都宮市石井町の国道新4号で、2日午前2時25分ごろ、保冷車が中央分離帯を乗り越えて大型トラックと衝突し、保冷車の運転手(40)が死亡した。栃木県警宇都宮東署はスリップした可能性もあるとみている。

 このほかにも、消防などのまとめでは、少なくとも、▽埼玉県88人▽東京都38人▽神奈川県22人▽千葉県20人--の負傷者が出た。

 東京消防庁によると、杉並区内で女性(75)が自宅の庭で足を滑らせて左腕を骨折。江戸川区内では女性(72)がタクシーから降りる際に転倒し腕の骨を折ったという。

【関連ニュース】
<こっちも心配>花粉:飛散、1週間ほど早く…東・北日本 環境省予測
<こっちも心配>黄砂:飛来情報のHP 環境省が開設
<北半球の異常低温>「北極振動」が原因 気象庁分析
<3カ月予報>2~4月 暖かい春になる見込み 気象庁発表

普天間移設 日米関係、危機的状況ではない 米国防次官補(毎日新聞)
新株予約巡り「時事評論家」増田氏事務所など捜索(読売新聞)
接種と死亡、専門家は関連認めず―新型ワクチン(医療介護CBニュース)
川に乗用車転落、車内に男女2人の遺体(読売新聞)
<ハイブリッド車>接近知らせる装置でガイドライン…国交省(毎日新聞)