鹿児島県阿久根市の竹原信一市長の意向で掲示された市職員給与総額の張り紙をはがし、懲戒免職処分を受けた男性職員(45)が、処分は裁量権の乱用で不当だと訴えた訴訟の判決が9日、鹿児島地裁であり、牧賢二裁判長は市の処分を取り消した。
 市側は答弁書で、「張り紙をはがす行為は、組織の秩序維持を阻害する行為に当たる」と主張。「免職より軽い処分で職務を続けた場合、市長の指揮監督権を侵害する行為が頻発することが予想される。免職処分は妥当だ」としていた。 

【関連ニュース】
阿久根市の免職訴訟できょう判決=給与張り紙はがし
未払い給与220万円受け取り=阿久根市職員、強制執行で
阿久根市長への告発状受理=給与不払い問題
阿久根市長を告発=職員給与未払いで
積立金1430万円を横領=海自事務官を免職

<掘り出しニュース>“まんが王国・土佐”をブランドに! 県が「まんが・コンテンツ課」新設(毎日新聞)
竹島ヘリポート 韓国が大規模改修 周辺に基地 日本の対応不明(産経新聞)
野口さん、物資コンテナ入室へ=山崎さんが搬送責任者(時事通信)
石原氏「民主党はみんな腰抜け」 新党旗揚げ会見(産経新聞)
<訃報>後藤悟さん81歳=立行司の第28代木村庄之助(毎日新聞)