2010年06月11日

子供手当ては即刻廃止すべき5

子ども手当、満額支給は困難=現金1万3000円は維持−厚労相

 長妻昭厚生労働相は8日夜の初閣議後の記者会見で、2011年度の子ども手当について「財政問題も大きな問題なので、満額支給は非常に難しいのではないか」と述べ、民主党が09年衆院選マニフェスト(政権公約)に盛り込んだ1人当たり月2万6000円の支給は困難との認識を示した。
 直後に厚労省内で行った会見では「今年度現金で支給した1万3000円の水準を下回ることはない」と強調。来年度以降の上乗せ分を、現金支給または保育サービスなどの現物支給とするかは明言を避けた。また、所得制限による受給者の絞り込みは行わないとの意向も示した。 
 満額支給を断念する場合、昨夏の衆院選マニフェストの大幅な変更となるため、厚労相は「(政府の)方針が決まったら、国民の理解を得るための説明をする必要がある」と述べた。
 厚労相はこれまで月2万6000円の現金満額支給の修正には消極的だった。しかし、満額支給には約5兆4000億円の財源が必要とされ、政府・与党内からは満額見送りや一部を現物支給に切り替えるよう求める声が出ていた。
2010/06/09-01:50掲載 時事通信より引用
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
>長妻昭厚生労働相は8日夜の初閣議後の記者会見で、2011年度の子ども手当について「財政問題も大きな問題なので、満額支給は非常に難しいのではないか」と述べ、民主党が09年衆院選マニフェスト(政権公約)に盛り込んだ1人当たり月2万6000円の支給は困難との認識を示した。

満額支給が難しい事なんて支給決定を決めた委員会審議時点で理解できる筈じゃない。今頃気付いただの認識しただなんて大嘘だね。選挙目当てのバラマキであったと認めるべきであると思う。

しかし満額支給を諦めるのは簡単ですけど満額支給の為に扶養者控除と配偶者控除廃止するんじゃなかったの?その部分議論が全くされていないみたいだけどそれをまず廃止を取り消してからじゃないと全家庭が負担増になると思うんだけどその対策は良いの?

※『子供手当て1万3000円支給+現物支給』なんだけど控除廃止のままなら

(子供手当て1万3000円×12か月分)+現物支給−(配偶者控除+扶養控除)=?

となりますよね。さらに現物支給にお金がかかる状態ならば

(子供手当て1万3000円×12か月分)+(現物支給−費用負担)−(配偶者控除+扶養控除)=?

となり負担大幅増な訳です。

まぁ現物支給の費用負担は何処からも出ていない訳で私の勝手な予想ですがね。これだって可能性がゼロな訳ではないし財源不足を解消する上でやる可能性もある。民主党なら「設備増やしたんだから負担は国民だよ」ってしそうですよね・・・。

しかしこんな誰も得しない仕組みが誕生するんだけど民主党はこれで良いの?現民主党支持者はこれで良いの?

選挙前は臭いものには蓋して選挙に勝ってから批判必死の控除廃止継続をうたうのってどう考えたっておかしいだろうし、まずは配偶者控除の廃止などを取り止め等を早急に打つべきだと思う。

こんな問題山積でしかも当初の2万6000円満額支給出来ない時点で子供手当てを廃止すべきであるし厚生労働大臣である長妻大臣は退任すべきであると私は思います。

ワンクリック応援お願いします。
四葉のクローバー

kirinomasyu_ko1978 at 00:35│Comments(0)TrackBack(0)民主党関連 | 政治・経済

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字