2010年09月21日

昨今の生存情報

twilogと同等のものだったら
1日で作れるやと思ってたら
ナカナカやる踏ん切りがつかず。
結局大手に流れることに。。
ほんとはこっちに自動ポストくらいしたかったんだけどなー。

http://twilog.org/kiri_ringo
  
Posted by kiriringo at 17:34Comments(0)TrackBack(0)

2010年04月15日

遅まきながら

つ、ツイッターなるものを始めてみてます。
Webアプリ屋さんなんだから、
もっと早くに始めておけよという
心の中からの突っ込みはおいておきますが、
面白さはそのうち分かってくるのだろうか。  
Posted by kiriringo at 21:58Comments(0)TrackBack(0)雑感 

スキーひと段落

今シーズンのスキー、
ゴールデンウィークどうするのかは置いておいて、
ひとまず終了に近い状態になりました。
相変わらず、シーズンは短いもので。。

今シーズンの収穫は、
何といってもコイちゃん30kg減、、、
じゃなくて、
K連の賞状3枚だにゃぁ。

やっぱ、uさんから板買って、
解放しない!という安心が出たのが大きいかな。
あとは、ずらしていいんだと思うことで
ターン終盤に力がかかりすぎることが少なくなったのもある。

上国GS一本目は、死ぬほど緊張したし、
シーズン通してやたら外通るようになっちゃってたけど、
それでもある程度の結果が出ていたのは
今後の励みです。

GW、練習できるといいなぁ。
雪、もつよね、きっと。うん。

  
Posted by kiriringo at 21:55Comments(0)TrackBack(0)スキー 

トミー君負傷原因

いや、すっかり間が空いてしまいましたが、
その後トミー君は同じ症状をぶり返し、
再びロードサービスにお世話になった後
東京の日産に入院して元気になりました。

結局、クラッチのマスターシリンダーが駄目だったんだろうという結論。
要は、足でクラッチを踏んだ圧が注射器みたいなのを押して
クラッチ液に力が伝わるはずが、
その注射器部分(=マスターシリンダー)で圧力漏れがあって
クラッチが切れなかったってことだそうです。

一応、シリンダを丸とっかえして、
元気になったぽい。
でも、これからあんまり走らない季節になるから、
次にのるとき心配、かなぁ。
忘れてるかもしれないけれど。  
Posted by kiriringo at 20:13Comments(0)TrackBack(0)モノ 

2010年03月17日

トミーくん負傷退場−3

コーチが去った後まつことしばし。
レッカー車がやってきました。
あ、ちなみに、事故発生が18時前、
レッカーきたのが18時15分くらい。

いままでまじまじとレッカー作業なんて見たことなかったけど、
基本的には前輪の下に板をすべり込ませて浮かせてから
運んで行く仕組みらしい。
ってことで、
動かないトミーくんをレッカー作業の人と3人で押して
前輪を固定しようとしたら、、、
なんと前部の車高が低すぎて板が入らず。
(TДT)

持ってきたレッカーじゃどうしようもないってことで、
レッカー車のおかわりすることに。
一旦、来てくれたレッカー車は帰って行きました。
ちなみにこの時点で18:30くらい。
ここでさっくり車をレッカーできてたら問題なかったんだけど、
実は、日産のお店とかレンタカー屋さんは
営業が20時まで。

ここでおかわりしちゃったことで
ぐぐっとタイムリミットが迫ってきます。
だって、レンタカー借りれないと帰れないんだもの。

まあでも、ここでじたばたしてもしょうがないので
ぼんやり待っていると、
やってきました。大型のヤツが。

これ、もうレッカーというより、
トレーラー?に近いような。
トミーくんの後ろについているフックにウインチからのワイヤーをかけて
ぐいぐい引きずりあげていきました。
(前にはフックがないので引き揚げられなかった)

自分の車が輸送される姿、
面白いんで写真撮ろうかと思ったけど、
暗いのと、ここでレッカーされてるほうが楽しんでるのも
なんだかまずいよね、と自粛。

しかし、この状況、
高速上だったら本気でまずかったなと内心思いながら
トミーくんが納まったレッカー車に作業の人と乗り込んで日産のお店へ。
ここで時間は19:10くらい。

のんびりしているとレンタカー借りれなくなるってことで
トミーくんを捨ててレッカー車に同乗し、
すぐにレンタカー屋さんへ。
で、レッカー屋さんとはここでお別れです。

そんな感じでレンタカーを借りれたのが19:30。
その後、トミーくんに載ってる大量の荷物を引き取りに日産のお店へ。
荷物を入れ替え、修理の依頼を出して
レンタカーで日産を出発したのが20:00。
ぎりぎり間に合った。ふぅ。

あとはおうちに帰るだけ。
もう、高速に乗るのも疲れちゃったんで、
下道でのんびり帰って23時前、とかに家についたかな。

これでようやく怒涛の日曜日が終了しました。
はー疲れた。  
Posted by kiriringo at 14:08Comments(0)TrackBack(0)スキー 

2010年03月11日

トミーくん負傷退場−2

さて、吉井の出口でETCを止まりそうになりながら
ひーひー言いながら脱出してハザード出してすぐ停車。

もう一回動けるかと思ったら、
やっぱりクラッチ蹴飛ばしてもウンスン。
まー、とにかく高速上で故障車になることだけは避けられました。
いや、でもまじギリギリの勝負だった気がする。
一回でも止まってたらもうアウトだったってことだからね。
あ、でもエンジン停止から半クラでエンジン動かせばよかったのかな?

とにかく、もうどうにも動かないもんで
ロードサービス付きのソニー損保にTEL。
その時点では何をしてくれるのかは知らなかったけど
JAFみたいなもんろうということで。

そしたらとりあえずレッカー呼んで日産のお店に行き、
そこからタクシーで駅行って新幹線で帰ってよいとのこと。
そして、直った車の陸送費用も全額補償。
なんか、至れり尽くせりで、いいんですか?ってくらい。

でも、ふと後部座席を見てみると、
GS板3本、ストック、スキー靴にスキーバッグ。
これ、一人じゃ持って帰れない、、。
と、ソニー損保の女神さま(すっかりそう見えている)
に事情をお話しすると
レンタカー使って帰って東京で乗り捨てでもよい、とか。

じゃ、それで!ってことで
レンタカーを待つことしばし。
高速出口でまってると後ろからクラクションが。

レッカーはまだだし、そもそも高速からは降りてこないはず…
と思って後ろを見てみると、
そこにはなんとひげ坊主コーチが。。
どうも、渋滞を抜けて下道で帰ろうと思って高速降りたら
トミーがポツンと止まってるのを見つけたらしい。

で、こちらの状況をかくかくしかじか話す羽目に。
ほんとは、一人ひっそり事故対応するつもりが
あえなく露見。

だけど、ここで待っててもらって傷をなめあっても
トミーくんが復活するわけでもないので、
さっさとコーチとはさようなら。
コーチは下道でぽてぽて帰って行きました。

その後の救出作業劇は、、
次回へ続く!  
Posted by kiriringo at 15:13Comments(0)TrackBack(0)スキー 

2010年03月10日

トミーくん負傷退場−1

先週末は某ギョーカイのスキー大会。
まあ今年は滑りが落ち着いてないので遅いだろうとは思っていたものの
三本滑って一番手応えなかったのが一番結果がでていて
まあ感覚とタイムがずれるもんだなあと
一人で思っていたわけでした。

さて、そんなことはさておき、
今回のスキーの目玉は帰り道。
まず始めは、なんか行きの上信越道くらいで
ふと気付いたらクラッチのつながる位置がやたら奥になっていて
半クラまでの遊びが普段の1/5くらいに。
街中で発進するときには
自分の車なのにエンストする始末。
まあ何とか東京まで帰れるだろうとタカをくくっていたら
帰り道にはわずかに残っていたクラッチの遊びがますます無くなっていくようで若干冷や汗がでてきます。

そのまま帰りの高速に入ると
ついにまともにクラッチが切れなくなって
ついにはダブルクラッチでやっとこさつながる状況に。
うちの車、80年台のトラックとかじゃないんだけどな〜とか
思いながら走ってると
いよいよトリプルクラッチだろうがクワトロクラッチだろうが
何回バンバン踏んでもクラッチ切れず。

しょうがないから回転合わせてからノークラッチで強引にギアチェンジ。
やばすぎるっすと思ってたら
高速の電光掲示板に本庄児玉〜吉井まで渋滞12kmとの表示が…
普段ケチケチ高速のってるけど
さすがにコレは無理デショーってことで
吉井インターで高速脱出!
ってとこで
会社帰りに携帯で書いたら疲れたなと。
次回に続く。  
Posted by kiriringo at 23:22Comments(0)TrackBack(0)スキー 

2010年02月25日

ずらした結果

先々週の練習を受けて
先週末スノーパークに行ったわけですが、
タイムを測った結果といえば…





…。







……。
















かわんねぇ……。
(/TДT)/




ん〜
緩斜でタイムとったからかなあ。
まあ、まだ滑りが染み着いてないっちゅうのも
大きい気がするけどね。
でも、Cコースで撮ったビデオ見ると
ちょいちょい踵で曲がり始めてて、
お尻が落ちてきているのは確か
(ちなみにお尻が落ちても悪いということではない)

そして、ちょっと斜面があってスピードが出た時の安定感は
バツグンな気がする。
ま、コーチには、
突っ込みが甘いと言われ続けたけど…
なんか、攻める滑りができなくなってるみたい。
どしたらいいんだべか。
たしかに、どのセットも余裕のよっちゃんイカなんだよね。

あ、ちなみに日曜の帰り道は
こいちゃんお勧めのPRIMO第二回。
6人で攻めてたので待ち行列になるかと思いきや
店のど真ん中に6人席が奇跡的にポッカリと。

ご一緒したマス北野さん、青豆さん、河本さん
ご三方ともよろこんで頂けたようで。
こいちゃんありがとう〜

とくにマスさんは入る前はご飯に対するテンションが低すぎて
max25さんと私、注文の品数をぐぐっと抑えたのですが
思いのほか好評で。
あれだったらあと二品か三品頼んでもよかったなー。

ま、またこんどってことで。  
Posted by kiriringo at 19:23Comments(2)TrackBack(0)スキー 

2010年02月15日

10年前の宿題の答え

この週末で、初の車山に行ってきました。
max25さんに紹介してもらったミキコ先生のレーキャンに土日で参加。
max25さんはなんと木曜日から単身赴任で山籠り。

土曜日朝は3時起きで
ふらふらしながら車山についたのですが、
まず驚いたのはホテルの綺麗さ。
(@車山スカイパークホテル)

1泊2日リフト付き宿泊付きコーチング付きで27000エンだったので
正直、宿はまったく期待してなかったのですが
なんとなんとすごく綺麗かつ後で食べたご飯もおいしかった。
普通に泊っても1泊2食リフト1日付き11000エンとからしいので、
今度個人的に使いたい感じ。

早速部屋で着替えてゲレンデへ行き、講習開始。
土曜はGS、日曜はam:GS/pm:SL。
今回、2日かけて教わったのは、
とにかく「かかとに乗る」こと。

ちなみに「かかとに乗る」ってのは、
かれこれ10年以上前、max25さんと野辺山に行き
そこでミキコ先生に言われたことと実は同じ。

その時は一言アドバイスだったので
何のことやらわからずじまいでしたが、
今回は2日かけたおかげで
目指すべき道の片鱗を見れたような気がします。
個人的な感覚としては
「うまい地ガキ」を目指す、と理解しました。

地ガキはプルークで、ずるずるずれているのに
何故か高速で谷に落下していく。
それは、ターン後半に横方向の移動が少なく
ブレーキング要素がないから。

じゃあ、どうやって地ガキは曲がってるのかというと
板の後ろ寄り(=かかと)に体重をかけ、
トップの操作をしやすくした状態で
板をずらしながら方向づけをして、後は落ちていくだけという考え方。

なので、よく言われる、「拇指球」に重心を置くのではなくて
かかとに重心を落としてみようというお話です。
ただ、かかととはいえ、足首ロックは忘れずに、
決して後傾姿勢は作らずに滑ります。

そんなイメージで滑ってみると、
たしかにターン後半で無理にエッジングしなくても
前半で十分に方向付けが終わっているので楽に滑れる。

いままでの滑りが
ターン後半に板をしならせて解放する、
ばねの伸び縮みを使った運動だとすると、
この滑りはだらだら上から落ちていくような感じ。

実際はこれこそが失敗が少なく速い滑りなのだそうだけど、
滑ってる本人としてみるといまいち実感湧かず。
タイム計測をして、確認してみるのが楽しみです。

【本日のマイ練習メモ】
・ポール脇でずらして戻してまたずらす
・地ガキプルーク
・プロペラターン
・クロスオーバーで立ち上がらない
・腹筋の1番2番を意識して肩甲骨間を広げる感じ(でっちりじゃない)
・スラロームは腕立て伏せ
・(SL)ノーストックで雪面触りながらショートターン
・(GS)ストック半分の位置をもち、ストック付きながらターン
・ポール中でシュテムターンを活用
・スタート前には骨盤周りの筋肉伸ばしてから滑ること  
Posted by kiriringo at 13:02Comments(4)TrackBack(0)スキー 

2010年02月05日

スノーパーク×2の2

はい。
次は先週のスノーパーク。

先週は、前の会社の同期たちとの
年一回の恒例スキー。
今まで八方、ハンタマ、嬬恋、と色々さまよった結果、
去年スノーパークに行ったらここでいいじゃんと
2年連続スノーパークとなりました。

みんな、年に1,2回しかスキー/スノボにいかないので
そこそこ気合いいれて
7時前には家をでたけど高速で事故。。
東松山2時間以上だったので
あきらめて下道でのろのろ進んでみました。

結果、下道も充分に込んでいて
あーあと思っていたところに一本の電話が。
なんとKスキークラブの人がほぼ同じ時間に高速に乗っていたらしく
状況確認がありました。

しかも、うまく会えたらリフトのタダ券をくれるとか。
こりゃ、頑張るしかありません。
といっても、頑張りようがないですが。

だけど、嵐山小川で高速にのって
ブンブン軽井沢に移動し、18号にあたるところで
ちょうどKスキークラブ車にばったり。
仲良く一緒にスキー場について
8枚もリフト券もらっちゃいました。わーい。

結論としては、
高速2時間以上の渋滞で、下道が勝負になるかならないか
くらいってことですね。はい。

あ、今回のスノーパークは、
前回とはチュービングのコースががらっと一変。
トンネルは破壊され、カーブが増えてました。
そしてDコース大会用のスタート台も設置。
一週間でみんながんばってるんだね。

宿はこれまた北軽井沢のホテル併設のコテージに。
人数が10人オーバーなので
騒げるように別棟にしているそうで。
なかなかに快適なコテージでした。

でも、食費(自炊)含め一泊8200円と考えると、
うーん。
まあでも、みんなでわいわいごはんの準備するのも
旅の一つなんだよね。きっと。
毎週スキーしてると、
そこらへんの感度がやっぱみんなと違うんだろうなとしみじみ。

みんな、年取るにつれてだんだん腰が重くなってきてる気がするけれど
いつまでスキーツアーあるかなー。  
Posted by kiriringo at 01:20Comments(0)TrackBack(0)スキー