カイワレ成長記

きゃるんさんのブログになります。批評空間で好きなことを好きなだけ呟けなくなったのでこちらでやりたい放題やっていこうと思います。同人ゲーム・エロゲ・エロCG集の紹介&感想を気ままに書いていく。

同人ゲーム・エロゲ・エロCG集の紹介&感想を気ままにやってくブログ

どうも、きゃるんです。

今回は僕がプレイした2017年上半期のエロゲーについて語っていきます!


以下今年に入ってプレイしたラインナップ。

 

5

鉄と裸

星ノ音サンクチュアリ

いろは ~秋の夕日に影ふみを~

初恋*シンドローム

 

4

ふれあい ~傷だらけの少女を甘やかす~

はるるみなもに!

Theガッツ! -マキシマム・マタニティ-

しろくまベルスターズ

催眠学園3年生

甘夏アドゥレセンス

 

3

フルキス

神頼みしすぎて俺の未来がヤバい。

Filnansis

ハヤシ迷作劇場

QUINTUPLESPLASH

しゅがてん! -sugarfull tempering-

 

2

彼女と俺の恋愛日常
Bradyon Veda

 

1

アッパレーション ~最期の初恋はバッドエンド~

瑠璃の檻 DOMINATIONGAME

残念な姉との幸福論

魔法少女が全裸で土下座! ~屈辱に濡れるごめんなさい~

乱れ雪月華シリーズ

ラブレプリカ

竜騎士Bloody†Saga

略奪者の淫宴

ネコっかわいがり! -クレインイヌネコ病院診察中-



今年は結構ハイペースで消化してるんだなぁ...。
一応このラインナップを見ていただけると分かりますが地雷から傑作まで、幅広くプレイしているつもりです。
その中でもオススメの作品だけピックアップして紹介していきます。



瑠璃の檻 DOMINATION GAME
scfbht_0007pl

ソレイユシリーズであまりパッとしないSkyFishの新作。知名度的には低いほうだと思います。
これを新作で買った人は少ないんじゃないかな。僕の中でこの作品の立ち位置は、抜きゲーの皮を被ったシナリオゲーです。

ジャンルは近年では珍しい伝奇物、一応ダークミステリーADVと銘打ってます。プレイした感じではミステリーというよりホラー要素の方が強い印象でした。
そこかしこからチープな匂いが漂っているためか期待値は滅茶苦茶低かったです。それに反してか意外と芯のあるシナリオで予想外に良い買い物をしたと思ってます。(当たり障りのない感想)






Bradyon Veda
BradyonVeda1


ハッキリ言います。




滅茶苦茶面白いです


「効果音をやたらと多用する」薄っぺらい戦闘描写をよく目にするわけですが、ノベル形式のゲームでそれをやられるとお門違いと言いたくなるんですよね。
せっかくなら「言葉」を武器に使ってほしいわけです。


10

戦闘描写を効果音だけで表現しようとする作品はもう飽き飽き。









第5形態

何という演算能力

この重厚な言葉の殴り合い。

僕はこれを求めていたんだ...。

とにかく言葉で殴って殴って殴り倒す。効果音なんて安易な武器に頼らず、できる限り言葉で表現しようとする重厚な戦闘描写を眼前で繰り広げてくれます。僕は凄く好きです。
ただ人によっては眩暈がしそうな分量と専門用語なのは否めませんが...。






神頼みしすぎて俺の未来がヤバい。
cuffs_0016pl

ヤバいシリーズ第3弾。
ユーザーにとっては股間と精子が持たなくてヤバいシリーズで有名ですが今回も本当にヤバかったです。

とにかくキャラが可愛いんだよなぁ...。いやホントに。

花夜ちゃん4

はぁ...花夜ちゃん♡





おまけ

以下地雷シリーズになります。場合によっては不快な画像等ございますのでご了承下さい。


Filnansis
何という

はい。凄まじいクソゲーでした。

一見普通に見えるんですけどやれば分かります。「ユーザーを愉しませようとする」気概を全く感じさせません。

・・・は?

このゲームがクソである所以は、このキャプチャに集約されているかと思います。要するにこの画像がフィルナンシスの本体です。
表示された15カ所の選択肢の中からヒロインがいるであろう一カ所を選ぶ苦行を強いられます。
この時点で既に攻略させる気力をゴリゴリ削がれます。
さらに、1日に3回行動できるため、この画面を3回見る羽目になるわけです。クソめんどくせぇ...。
またイベントは行動回数によって変化するという死体蹴り。つまり15の3乗通りの選択肢から正解を1つ選ばなくては先に進めないわけです。

頭悪いな



苦労して正解を探し当てて進めたシナリオは何の面白さも見出すことができず、感情という感情が死にます。

どうですか?フィルナンシス。貴方もこの地獄を味わってみませんか?







以下閲覧注意!!!!!!!


不快指数が跳ね上がるため一般人の方は閲覧の方、ご遠慮願います。


ちゃんと注意しましたからね...?





Theガッツ! -マキシマム・マタニティ-
russ_0109pl

エロゲ歴7年。遂にマッシヴの門を叩いてしまいました。
選ばれた人間しか手に取らないパッケージ。既に我々は試されている

この狭き門をくぐった先に広がっていた景色、それは...





地獄だった。


SnapCrab_NoName_2017-5-21_23-33-0_No-00

SnapCrab_NoName_2017-5-21_23-53-19_No-00

避けて通れない肉の塊。まだ、死にたくない...死にたくないよ!!!!!!!!





SnapCrab_NoName_2017-4-22_14-53-37_No-00

序盤からあられもない姿で強引に迫り、工事現場で鍛え上げられた肉体をご褒美と言わんばかりに見せつけるタカさんの姿が...!?!?!?!?!?


これが...人体の神秘ッ!?


常人なら、既に3度は発狂している。



しかし筋肉だけだと流石に花がないと思った制作陣
Theガッツにも救いの手が...
SnapCrab_NoName_2017-4-22_15-0-33_No-00

滅茶苦茶かわいい...!?

このロリがとにかく抜ける。予想外の刺客に股間もたじたじ。
正直な話、この子目当てに買ったとしても損はないと思う。パッケージの圧倒的肉塊の存在感に騙されてはいけない。



それ以外だと

まず起動して思ったのがコンフィグ項目の少なさだ。
SnapCrab_NoName_2017-5-21_23-44-44_No-00
流石THEガッツ。全てが漢仕様過ぎる...。


せーぶ

セーブデータ数も20とかなりの漢仕様だ。
「漢なら後ろを振り返るな」とでも言いたいのか...?


SnapCrab_NoName_2017-5-21_23-59-56_No-00
唐突に始まる謎のミニゲーム



パッケージの筋肉量見て敬遠するユーザーが大半だと思う。しかし蓋を開けてみると割と普通だし意外と面白い。あんなヒロイン?が見れるのはガッツだけ。ただ一つ残念なのが、あの筋肉量を持ってしても中盤には日常風景の一部になってしまうことだ。悲しいかな...。




予想以上にTHEガッツに時間をかけ過ぎて今回はこれでお開き!次は...未定!

どうも、きゃるんです。
このどうもって入り方あんまり好きじゃないんですが、これ以外思い浮かばないので思いつく間は「どうも」でいきます。

どうでもいい話はさておき、今回は「エロ漫画」をテーマにした記事になります。


エロ漫画と言えば「紙媒体」or「電子書籍」の2パターンに分かれるわけですが、僕は電子書籍派です。
理由は簡単、両手が塞がるからです。読みながら両手が塞がると困る行為...察して下さい。


下事情はさておき、最近は良質なエロ漫画が非常に多いです。
「あまとろドロップ」にしろ、「学校でイこう!」にしろ「下校時刻にヤりました」にしろ。
これ以上良質なおかずを出され続けると、精子が持ちません体力が持ちません。


で、この記事は一体何をしたいのかといいますと、

「エロ漫画の新刊と既刊作品を紹介」していく記事になります。





まずは新刊()から
51r9jILMGmL__SX355_BO1,204,203,200_


<<内容紹介>>

『COMIC快楽天』の極製・40010試作型(しまんとしさくがた)の初単行本!

まだまだこれからなネンネちゃんをじっくり股間をかけて仕上げていく改良短編集です。
彼氏と彼チンが大好物な方言ギャルや眉一つ動かさずに尊厳と男根を踏みにじる冷コク少女ほか、ムッシュをムラムラさせるマドモアゼルを乱開発する全11作。
清らかな泉に濁流を流し込む1冊です。

<<

3月18日に発売されたプロトタイプマドモアゼルですが、僕が今一番熱い40010試作型先生の初単行本で「なんで今まで単行本を出さなかったのか」と思わざるを得ないほど、どの作品もレベルが高いです。
プロトタイプマドモアゼルには収録されていませんでしたが「姉弟っていいよね」なんて滅茶苦茶レベル高いです。僕が一番抜いた作品がソレです。


もう素晴らしく抜ける以外の感想を書きようがないんですが、一つだけ言わせていただくと



40010先生の描くビッチは滅茶苦茶エロい。



ビッチ描きの天才だと思ってます。プロトタイプマドモアゼルに収録されている「ユイユルイ」のユイちゃんに40010先生の才覚が全て詰まっている。フェラで見せる「舌の動き」から「唇の形と艶」、「恍惚とした表情」そして何といっても「程よい陰毛」。










「童貞百人食えるかな~♪なんて」

















excellent ! ! ! ! ! !




続いて既刊作品はこちら
51Po2YMv+gL__SX345_BO1,204,203,200_

柚木N'先生の「ずっと好きだった」

<<概要>>
何も知らなかったわたしの体は
責められ、弄ばれ、開発されてゆく…
私の夢は、大好きな銀ちゃんのお嫁さんになることだったの…

幼馴染の銀太に秘かに想いを寄せる雪菜だったが、
水泳部の顧問の教師に弱みを握られ、体を許してしまう…。
自分の意思とは反対に快楽に溺れていってしまう雪菜。
そんな中、銀太に親友の桃萌が告白をする所を見てしまうのだった…。

<<

柚木N’先生と言えば「姉キュン!」や「椎葉さんのウラの顔」で愚息が大変お世話になったわけですが、今回はそれらと毛色の違うNTRモノで攻めてきました。


NTRモノにおいて重要な要素と言えば
「過程」と「間男役(竿)」 (主観100%)

だと思っているわけですが、皆さんはどうでしょうか?

間男役は大抵の場合、救いようのない屑か好意を持てない人間のどちらかに当てはまるケースが多いわけですが、今回は後者。いきなり前者でハードNTRを展開されても今までの柚木N’先生を知る人からすればショックでそのまま昇天なさるかもしれません。
この作品は「後悔」がテーマな様で、幼馴染との発展しない関係に諦めかけていたところに間男との関係を持ってしまうと言った感じです。柚木N’先生と言えば「エロいけど結局何がしたいのか分からない」と言った印象があったのですが、この作品は割と軸がしっかりしていました。


間男とのイケナイ関係をじっくりねっとり全7話で展開。過程がしっかりした良質なNTRでした。




本当はまだまだ紹介するつもりでしたが、とりあえず2冊だけ。第二弾はまた後日にでも!



(おまけ)
次の記事はこのお方が登場するかも...。
頭悪いな


どうも、きゃるんです。今回の記事は僕が今までプレイ中で好きな同人ゲーをランキングにしてみました。

プレイ数自体は商業ゲーに比べて圧倒的に少なく、歴戦同人ゲーマー様方のお眼鏡に適うか如何か不安ですが、暖かい目で見てやってください。

とは言え、ジャンルが違えば比較基準も変わってきますので、ジャンル別にして紹介したいと思います。(今回はシナリオ重視系のみ)



「シナリオ重視系」


第3位
「ローズガンズデイズ」
rgd_jak


実は07thゲーをプレイするのが初めてだったのでファーストインパクトがとにかく凄まじかった。印象深い作品です。
ローガンについてよくこんな話を耳にします。

「序盤がつまらない」
「人殺しがなんだとか言ってるけどそこまで殺伐とした世界観でもないし、茶番臭い」
「話がなかなか進まない」
「天丼が多い」

みたいな。

甘い、甘すぎるよ...。全部プレイして果たして同じことが言えるのだろうか...。
でも確かに、確かに僕も感じました。「Season1退屈だ...」って。だから気持ちは分かるんですよね。

こればかりは「気合いで乗り切ってくれ」としか言えません。
そしてこれは確実に言えます。



「その後、絶対面白くなるから!!!!」



特にSeason2の醤油戦争辺りが激熱です。僕はSeason2が一番好きです。

シナリオに関して言うと、とにかく話の構成が巧い。非常に巧いです。醤油戦争にしろ、「互助精神の欠如」という日本人の弱点を穿ち、巧く話に組み込んでます。合理的で損得勘定をしたがる傾向にある、と言われると「あぁ、確かにそうだわ...。」と何度も納得させられました。

そして読み手を手のひら上で転がすのが得意です。僕なんて最後までコロコロ転がってましたもの。ええ。
さらに言えば「キャラクター」を創造することに於いて右に出る者はいないと言っても過言ではないほど魅力的なキャラクターが揃ってます。オールスターです。

僕が一番好きな女性キャラはメリルちゃん。

メリル

滅茶苦茶カッコイイスチル。この作品は何といってもスチルが映えるんですよね...。

そしてそして、ローガンを語る上で此奴の存在は切っても切れないでしょう。そう、憎きアイツです。






SnapCrab_NoName_2017-5-20_20-27-34_No-00

ガブリエル・鏑谷」



思わず負の感情がだだ漏れになりそうです。本当に憎い。憎くて憎くてしょうがない。
実際にプレイしたのは随分前になりますが、此奴に向けた拳は未だに振り下ろされていませんからね。

憎悪は継続中です。はい。いつかガブリエル・鏑谷」についての記事でも書きたいと思ってます。思うだけならタダなので。


今何とベスト版が出ているそうで、お安くお買い求めいただけるらしいです。この機会に是非お手に取ってみてはいかがでしょうか?



第2位
灰瞳に機す」
RJ168257_img_main

あぁ^~ヒロちゃん。

はい。知る人ぞ知るゲームです。これだけは最初に言っておきます。


「個人差の激しい作品です」

田舎を舞台にオフ会をテーマした殉愛ビュジュアルノベル。
愛ではなく、愛です。何やら意味深ですね。

「物語は、常に二者択一を求める」

とあるように読み手に二つの選択肢を突き付けてきます。

SnapCrab_NoName_2017-5-20_20-39-56_No-00


僕が言えることは一つだけ、深読みせず素直に選んで下さい。そして結末を知って驚愕してください。



話は戻りまして「オフ会がテーマ」であると書きましたが、プレイするとオフ会の楽しさが実感できると思います。同じ趣味趣向を持ったメンバーと初対面にもかかわらず気兼ねなく話せる。あぁ、オフ会って素晴らしいんだなぁ...。勿論、現実のオフ会はもう少しややこしいですけどね。でもこの作品をプレイすると無性にオフ会に参加してみたくなります。

サバイバル卓球

ジョニーXが面白すぎるんだよなぁ...。




第1位
1人殺すのも2人殺すのも同じことだと思うから
81p8zGUSICL



「あぁ、やっぱりか」と思ったそこの貴方。僕のことをよく知ってるじゃないか(恍惚

こちらの作品は一言や二言では語り尽くせません。ですが無理矢理、私がこの作品を一言で表すなら

「エンターテインメント」

これに尽きます。

とにかく「発想」が常人を逸脱しすぎて凄い。全てはみすず様の御蔭。みすず様万歳!
短編12本で1作品になりますが1本ごとに1度は「度肝を抜かれる」シーンが用意されています。
特に凄まじいのが8月編、9月編。プレイした方なら「あぁ、あのシーンか!」自ずと分かるはずです。

主人公「陰暦弥鈴」を中心に「不可解な事件」が次々と起こるわけですが、はっきり言います。

犯人は全て彼女です。


え、これ言っていいの?って話なんですが大丈夫です。それを知った上で楽しんでください。
この作品の何が楽しいって、シリアルキラーでサイコパスな弥鈴の行動一つ一つを見るのが何よりも面白いので。一言にサイコパスと言っても大体が「予想の範疇」にあるサイコパスなんですよね。肩透かしと言いますか。


彼女はそれらと格が違います。本物です、ホンモノ。


彼女は幼少期に起きたとある出来事により「嘘が見抜ける」能力に目覚めるわけですが、これがまた彼女の「サイコパス度」を爆上げするわけです。

タイトルにある通り人をバッサバサと殺していく彼女ですが、ただ快楽を求めて殺すシリアルキラーな一面を見せると思えば、彼女たちへの愛情を「殺し」という形で表現したという、これまた奇怪な行動原理だったり、はたまたその時の気分で殺した、こうすればより「面白い展開になるから殺した」と言った二面、三面といろんな顔を持つわけです。これがまた常人には理解できない不可解なものに昇華させた要因だと僕は思ってます。

とにかく「予想外」が当たり前なこの作品。何とフリーゲームです。無料です。
この記事を見て少しでも興味を持たれた方はURLを張り付けておきますので是非DLしてプレイしてみてください。

http://groneko.web.fc2.com/12/index.html


以上、三位から一位でした。いかがだったでしょうか?今回はシナリオ重視系のみの記事になりますが(体力の...限界!)次回は...次回は何にしようかな。未定です。

このページのトップヘ