2011年05月10日

アカムとかユニクロクエとか

ネタがないなら動画を撮ればいいじゃない
というわけで貫通装備でアカム

近めのほうが避けやすいというけど足下くぐるの苦手なのよねー

というわけで回避距離で軸ずらし

もう一個は2分割でユニクロクエ

単品で10分針ぎりなのにこれ10分針とかムリデスカラー

数少ない通常弾で最大数生産が欲しくなるクエ
ぐだぐだの前半


まだ見れる後半


アカムとウカムといい前半と黒ティガ単品といいサムネが地味に被るのう

kisaragi_ro at 00:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年05月02日

動画追加

距離があると一気に楽になる黒ティガさん

実は慣れると大咆哮がボーナスタイムという。

突進回避が難しいと大人気の黒ディアさん


P2Gだと突進のホーミングが強く、最初の軸合わせは早めに完了してたのに対して
P3は突進のホーミングはほとんどなく、うなり声の終わり際まで軸合わせをしてくるので早く回避するとあっさり轢かれるという。

kisaragi_ro at 12:51|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2011年04月25日

ウカムとかティガとかガンキンとか

動画撮ってみたので一応公開
ウカム


ネコがいないと全部位破壊が無理すぎた。

ティガ


水平撃ちがそこそこの命中度。回避性能付けてるのに咆哮避けがないってどういうことなのさ。

主任


主任(笑)と思って行ったら意外とリテイクの回数が多かったです。
さすが主任だ。

kisaragi_ro at 00:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年03月08日

月下の夜会

天地狩猟ノ覇紋も取れたので大体後は勲章埋めと武器専用装備、特定モンス専用装備を作っております。

ヘビィ用の防具しか作ってないのにマイセット枠がそろそろ埋まりそうdddd

装備作ってると色々足りなくなるわけでー

特に火竜の紅玉が足りないと言うことで通常報酬でも玉の出る月下の夜会を回してきました。

しかし、なんでこのクエ通常報酬に金火竜の上棘がないんだ

神撃がいつまでたっても作れないじゃないかヽ(`Д´)ノ

舞台は渓流、相手は金銀夫婦ということでこやし玉必須です。

原種同様に「麻痺」「めまい」「罠」「閃光」「転倒」「尻尾切断」が決まると相方がどこにいてもすっ飛んできます。

しかも高火力な希少種ということで実にうざいです。

原種の場合、基本的に頭を狙って行けば特に呼ばれる条件を満たすことはないわけですがー

希少種では弱点が足ということで嫌でも転倒が入ります。

というわけで基本的に1転びごとに肥やしでエリア移動という地味にだるい勝負になります。

パターンとしては転倒させて足側にいたら追加で1〜2発撃って納銃して肥やし

背中側なら即肥やしで相方と入れ違いにさせることが出来ます。

で、さらに狙い目なのが渓流4番のエリア

だだっ広くて朽ちた小屋のあるあのエリアですが、ここで地味に分断できます。

自分はレイアから落とすのでレウスからの場合でも出来るかは知りませんが

このエリアに来たらマップ左上、エリア5の入り口側でひたすら戦うと

召還されたレウスは右下から下を通って左へ移動し気づかないまま飛び去って行きます。

猫をひたすらサインで呼び戻し続ければオトモ有りでもレウスに見つかることは無いと思います。

片方を落とせば後はもう片方を普通に狩るのみ

この分断が出来れば多少は楽になるかと思います。

kisaragi_ro at 16:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年02月11日

選ばれし者とは

ギガン=バールを作ろうとしたら赤熱した硬胸殻が必要だということで

まだ終わらせてないアグナの出るクエを探したら「選ばれし者とは」があるじゃないですかー

ということで終わらせてきました。

ロアルドロス亜種、ギギネブラ亜種、アグナコトル、ボルボロス亜種の4体のクエなんですが

☆8の大連続最後(隠し除く)にも関わらずアグナ以外☆7までにでてきてるんですよねー

下位最後の大連続にも似たような感じのがあったよね

というわけで案の定2体ずつ2連戦となっております。

正直後半は終焉よりきついんじゃなかろうか。

まあ攻撃力は低めなので何とかなるかと思います。

というかまたしても隠密大活躍です。

道具に関してはもどり玉が調合分まであれば回復Gもってかなくてもいいかと思います。

さて前半はロアル亜種とギギ亜種ということで

装備がシルソルナルガの痛撃通常強化装備だったこともあり

・雷球の範囲が地味に広い
・装備の雷耐性が絶望的

ということでギギ亜種を先に倒すこととなりました。

たまに横から飛んでくる毒ブレスに当たって毒ったりするので

解毒薬か漢方薬があると安心できるかと思います。

ついでにオトモは毒無効があると長時間生きていていい感じ。

ギギ亜種の雷球はロアルを突き抜けてくるので地道に避けるしかないですが

毒吐き突進は毒球をギギ亜種に当てて逃げると楽に逃げられるかと思います。

ただ結構当ててたのにギギ亜種が毒らなかったので毒化に関しては期待しない方が良さげです。

後半はアグナとボルボ亜種という凶悪コンビ。

ただ、初っぱなにアグナ咆哮→ボルボ咆哮→動けないままアグナビーム直撃というコンボを食らったものの

体力は半分近く残っていたので攻撃力はかなり抑えてありそうです。

こちらの方は

・なぎ払いビームが怖い
・突進のホーミングがアグナ>ボルボ亜種
・バセカムだったので水冷弾が撃てる
・ヘビィで属性弾なので硬化しても問題ない

というわけで先にアグナを倒すことになりました。

ボルボ亜種は暴走突進以外は比較的直線で突っ込んでくるので

動いていれ大体避けれます。

後はアグナ単品と思って対処すればOK。

疲労すれば攻撃の激しさも弱まるのできついと思ったらひとまず疲労まで逃げるのも手かもしれません。

後は体力に余裕を持ってもどり玉を使えば勝てるかと思います。

これが終わらせれれば残りのクエは楽勝かと。

kisaragi_ro at 17:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年02月07日

MHP3マイセット装備

正直MHP3の装備ってお守り依存が高いので晒して意味があるかと言われると微妙な気がしないでもないですがー

まあせっかくなので

下位中盤から上位序盤用
防御中、通常弾UP、ブレ抑制+1
頭 ボロスキャップ 点射珠1
胴 ボロスレジスト 
腕 リノプロガード 空き1
腰 ボロスコート  空き1
足 アシラレギンス
護 なし

ユクモ一式→ジャギィ一式ときてそろそろ複合装備が欲しくなって作った装備。最終的には腕をガンキン+防御珠【2】と足をラングロにするとスロットが1減るものの防御力は上位序盤でも通じる程度になる。また、上位入ってすぐにアシラSレギンスを作れば、さらに上がる。空きスロとお守りを使って何かしら後1スキルぐらいは付けたいところ。

上位中盤用
回避距離、見切り+1、回復速度+1、隠密
頭 ベリオUキャップ 達人珠1
胴 ジャギィSレジスト 達人珠1
腕 ナルガSガード   忍脚珠1
腰 ジャギィSコート  空き1
足 ジャギィSレギンス 空き1
護 回避距離+6

武器に達人珠【2】を入れて空きに達人珠を入れることで見切り+2まで発動可能。回避距離と隠密は頭と腕、お守りだけで発動のため胴、腰、足と頭スロット1で色々取り替えも可能。とりあえず中盤の繋ぎに使った装備。

上位汎用
回避距離、痛撃、最大数弾生産、隠密
頭 ベリオUキャップ 弾製珠1
胴 レウスSレジスト 痛撃珠*2
腕 ナルガSガード   忍脚珠1
腰 チェーンSコート  弾製珠*1 空き1
足 アシラSレギンス 胴倍加
護 回避距離+6 調合数+3

空きスロ1とお守りで回避距離+6調合数+3が出来れば作れる装備。
武器スロも使えばさらに楽なはず。耐性も雷が−5な以外0か+のため色々と使いやすい。チェーンSが入るため少々防御に難が出るが終焉もこれで十分にいけるはず。

上位通常強化
攻撃小、痛撃、通常弾UP、回避距離UP、隠密、体力-10
頭 Sソルキャップ
胴 Sソルレジスト 痛撃珠 跳躍珠
腕 ナルガSガード 忍足珠
腰 Sソルコート  忍足珠 忍足珠
足 Sソルレギンズ 跳躍珠【3】
護石 城塞(回避距離+6)

いまのところ最も出番の多い装備。武器スロ2か回避距離+5スロ3のお守りがあれば体力-10を消すことも可能。

上位反動軽減
反動軽減+3、回避距離、隠密
頭 ベリオUキャップ 跳躍珠1
胴 ディアブロUレジスト 抑反珠【3】
腕 ナルガSガード   忍脚珠1
腰 ベリオUコート  抑反珠【3】
足 ドボルSレギンス 跳躍珠1
護 反動+5 回避距離+3

凶刻で無反動麻痺弾しゃがみをしたいがために作った装備。今のところもっぱら海造砲【灰燼】で拡散弾を撃つための装備になったが、そもそも拡散弾が欲しい相手がいない。

対ジンオウガ用散弾特化
装填速度+2、痛撃、散弾UP、反動軽減+1
頭 ブナハSキャップ 痛撃珠1*2
胴 ディアブロUレジスト 痛撃珠【3】
腕 ディアブロUガード   抑反珠1
腰 インゴットコート  
足 ガンキンUレギンス 痛撃珠【3】
護 散弾強化+5 反動+3

散弾Lv3を最速装填しつつ無反動で撃つための装備。ジンオウガ用に作ったものの、出番はもっぱらドス鳥竜用になりつつある。

対アマツ、アルバトリオン用散弾特化
回避距離、最大数弾生産、調合率20%UP、反動軽減、装填速度+1
頭 ディアブロUキャップ 跳躍珠1
胴 ディアブロUレジスト 跳躍珠【3】
腕 ディアブロUガード   博士珠1
腰 チェーンSコート  弾製珠*2
足 ナルガSレギンス 博士珠*2
護 回避距離+6 調合数+3

比較的体力が高く、かつ散弾がよく効く相手用。調合+20%が付いているので調合書1があれば散弾Lv3を100%で作れる。攻撃系のスキルはないため、やや長期戦になるが、最大数弾生産のおかげで弾不足とは無縁。

対ジエン用
砲術王、最大数弾生産、高速収集、通常弾全Lv追加、貫通弾UP。
頭 ディアブロSキャップ 砲術珠*2
胴 ドングリSレジスト 貫通珠1
腕 ディアブロSガード   速集珠*2
腰 ガンキンSコート  速集珠*3
足 ディアブロSレギンス 砲術珠*2
護 調合数+10

とりあえずジエンに欲しいスキルを寄せ集めた装備。砲術6調合数8のお守りがあれば烈風砲【裏黒風】のスロ1と合わせて納刀術も発動できるはず。通常弾追加はディアセットのおまけで付いてくる程度だが、ジエンに有効な通常Lv3が撃てない烈風砲に通常Lv3を追加できるのは地味に魅力。これとバリスタ強化お供がいればまずクエ失敗は無いはず。

二段属性強化
属性強化、各種属性強化+2、回避距離、最大数弾生産
頭 エスカドラサジェス
胴 ジンオウSレジスト 属攻珠1弾製珠*2
腕 エスカドラアルマ   各種属性強化珠【2】
腰 エスカドラフォルス  跳躍珠1各種属性強化珠【2】
足 エスカドラスクレ 弾製珠*3
護 各種属性強化+9(雷は+8でOK)

対応属性を1.44倍まで強化できる装備。お守りと装飾品付け替えで各種属性に対応可能。正直ヘビィよりはライトで速射+1と共に使いたいがせっかくなので作製。他属性+3をお守りか武器スロから調達して最大数弾生産を捨てれば、もう1属性+1することも可能。ヘビィでも龍属性二段強化+バセカムルバスでガンキン+ガンキン亜種クエに行ったところ、水冷と滅龍の調合分と通常弾Lv2を10発で討伐完了なぐらいには使える。

炭坑夫
武 メテオキャノン 耐暑珠*3
頭 ルドロスSキャップ 耐暑珠*2
胴 レザーSレジスト 採取珠1
腕 レザーSガード   速集珠1
腰 レザーSコート  採取珠1
足 レザーSレギンス 祝福珠1
護 スタミナ+4スロ2 強走珠*2

珠付け替えで凍土にも対応できる装備。姫竜砲【神撃】でもいいが、作製難易度的にメテオのほうが楽。ちなみにメテオ以上の攻撃力ならば通常弾Lv2でクリ距離メラルー1確。お守りはスタミナ+6相当ならば何でも良し。また、単純にこのスキルの組み合わせだけならば他のネブラU辺りの混成でお守りの難易度は多少下がる。

とりあえず現在作ったのはこれぐらい。まあ属性特化はまだ雷と氷ができてないですがねー。

kisaragi_ro at 15:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年02月06日

ヘビィ簡易攻略続き4

さすがにGEBのごとくDLCでモンスター追加はないだろうから

古龍で全部完了かな?

一応リンク鳥竜、牙獣、飛竜飛竜続き海竜、牙竜獣竜、アカムウカム

・ジエン・モーラン
狙うは口>ヒビ(背中)>腕。口と背中は狙えるときが限られるので基本は腕を狙えばよい。さらに言えば大砲とバリスタを存分に使うべし。大砲とバリスタは20発ほど採取できるのに加えてバリスタは支給品分もあるので、これらのダメージを底上げできる砲術系スキルと素早く採取するための高速採取スキルがあると格段に楽になる。猫がいる場合は猫にも高速採取とバリスタ術を付けておくとなおよし。各種攻撃はバリスタ用拘束弾と大銅鑼でキャンセルさせられるが、船の左舷に移った直後ののしかかりは大銅鑼のみのためバリスタ用拘束弾を優先して使って大銅鑼はのしかかり用に温存しておくと良い。バリスタ、砲弾を使い切って正面の撃龍槍で刺してちょっと攻撃したら決戦場に移動になるはず。決戦場に移動したらまた採取のバリスタと砲弾が補給されるので、遠い間はバリスタを、近寄ったら砲弾を使う。また、のしかかりに合わせて大銅鑼を使うと転倒するので転んだら口へまわって攻撃すること。武器は貫通弾Lv2と3がしゃがめる烈風砲【裏黒風】がお勧め。

・アルバトリオン
狙うは頭。刺々しいリーゼントが特徴のスネ夫。弱点の頭はよく動いて狙いにくいため散弾推奨。また、攻撃が無駄に範囲が広いため回避距離UPがあると安定する。地上戦メインの赤黒モードと空中戦メインの青白モードがあるが、基本的に攻撃は赤黒モードに行い、青白モードで空中にいる間は納銃して逃げる方が安定する。散弾は主に地上時の振り向きに合わせて一発撃つとちょうど当たる。それ以外の場合はアルバトリオンの頭が高いため上に照準を向けて撃つと良い。また、赤黒モードでは氷属性の通りが良いため、翼破壊を狙う場合は睡眠爆破で一回翼に爆風を当て、その後氷結弾で狙うと楽に壊せる。ガンナーで主に怖い攻撃はカーブ突進だが、突進の前動作の足踏みが終了時に横にずれたらそちらへカーブ、しなければそのまま真正面となるので、前動作の足に注目しておくと楽に避けられる。それ以外では攻撃の範囲が地味に広いことを念頭に置き、大きめに避けることを心がけると良い。青白モードで空中にいる場合は閃光玉でたたき落とすか、全画面氷柱攻撃の後に降りてくるので、そこを狙う。なお、閃光玉で落とした場合、二回目以降はもがき状態から復帰したらすでに閃光玉の効果は切れていることに注意すること。バセカムルバスに最大数弾生産、反動+1、回避距離で散弾Lv2、散弾Lv3(調合分込み)と氷結弾少々に大樽G2個で大体討伐可能。

・アマツマガツチ
狙うは頭>>翼。ある程度ダメージを与えると本気モードになり、攻撃が激しくなるが頭はさらに柔くなる。龍属性は頭以外には火と変わらない程度しかダメージが入らないためわざわざ滅龍弾を準備するほどではない。よく動く頭に当てるためにこちらも散弾推奨。序盤は動きも緩やかなため、頭以外の部位破壊を本気モード前に終わらせておくと楽。なお、翼は左右別々に報酬があるので両方壊そう。アイテムとしては間近で大竜巻が始まったときのためのもどり玉とブレスを食らったときのためのうちけしの実があると安心できる。本気モードの上空ブレスは縦横縦に順に来るので、こちらは横、縦、横と走れば避けられる。苦手ならばもどり玉もあり。他に避けにくい攻撃は水弾と本気モードの回り込みタックルぐらいだが、水弾はぎりぎりまで向きを合わせてくるため発射寸前で横回避、回り込みタックルは回り込みが来た瞬間、元アマツがいた方向へ一回回避、その後アマツから横向きに歩きつつ、タックルの溜めが見えたら即もう1回回避で避けられるはず。タイミングは地味に難しい。単発式拘束弾が手に入るが拘束時間の都合上まともに使えるのは2回まででアマツが風をまとっていない時限定で拘束できる。突進に合わせて使えるのが理想だろう。通常のバリスタを使いたい場合は閃光玉で黙らせると楽。

とりあえずこれで全部いけたはず。

得手不得手はあれど、一応どれもヘビィで倒せますよということで。

kisaragi_ro at 18:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年02月03日

ヘビィ簡易攻略続き3

前回からだいぶ間が空きましたがその3ということで

・ボルボロス
狙うは尻尾=前足。尻尾はよく動くため少々当たり判定は小さいが前足を狙う方が安定するだろう。泥の有無で有効な属性が変化する特性を持った獣竜。泥有りの部位には水がよく効き、火が全く効かない。泥無しの部位には火がよく効き、水が全く効かない、と火と水の属性耐性が逆転するので属性弾を使う際には要注意。また、属性は頭部に効きやすいため属性弾は頭部に、無属性弾は前足か尻尾を狙うようにすると良い。突進は終わり際に向かって左側へ尻尾を振り抜くため、右側へ回避すると安全。また、疲労時の突進は遅くなる分ホーミングがきつくなるため、走り始めた直後ぐらいで回避すると良い。

・ボルボロス亜種
狙うは尻尾>前足。今作のヘビーキラーその3。原種同様前足を狙っても良いが肉質が40であるため痛撃が発動しない点に注意。原種ほど属性耐性は変化しないが雪を被っている状態の方がよく火が通る。雪を外しても火>雷は変わらないが火の耐性がやや上がり、雷の耐性はやや落ちる。火は雪剥がしに使い、再び雪をまとうまでは雷で押すのが良いだろう。注意すべきは暴走突進で普通の突進とほぼ区別が付かない上に非常に回避しづらい。いっそ真横ぐらいにすぐ移れるように思い切り近接戦闘した方が良いかもしれない。また、雪玉飛ばしはちょうど回避距離UPの回避距離で隣の雪玉が来るようになっているため、回避にはそのまま横に歩くか斜めへ回避する必要がある。

・ウラガンキン
狙うは腹>破壊後の顎。全体的に硬く、時間がかかるのだが、毒にやたらと弱かったり属性の通りが良かったりするため滅龍弾が撃てるボウガンで行くとあっという間に終わる。序盤ならブルームスター系列、最終的には水冷弾も撃てるバセカムルバス辺りをがお勧め。水冷弾は顎破壊後に頭部の水耐性が上がるため、破壊後は腹か尻尾の先端の溶岩が付いている部分を狙うと良い。滅龍弾は反動から使いにくく思えるが、ウラガンキンと距離を取った後、行動が回転突進ならば回避、近寄ってきたらスタンプなのでそのまま滅龍弾をぶっぱなす。反動で下がりスタンプの2発目まではスカるので焦らず後ろを向いて回避して距離を取れば3発目以降も回避できる。焦って横向きに回避したり、発射が早すぎるor遅すぎるとスタンプに当たるので要注意。また、突進は最終地点でカーブすることがあるので回避は斜め前へ回避すると良い。

・ウラガンキン亜種
基本的にはウラガンキンと同じ。属性で攻めるも良し、状態異常で攻めるも良し。

・ドボルベルク
狙うは瘤>尻尾。角には属性が通りやすいので角破壊には属性弾を使うと良い。一回目の睡眠耐性がやたらと低く、睡眠弾Lv2なら二発で眠る。これを利用して大回転時に転倒させることもできるが、あらかじめ装填された状態でもないと間に合わないのが残念なところ。運良く装填していたら試してみよう。背中の瘤は斬属性が非常によく通るため斬裂弾を使うと案外あっさりと破壊できる。破壊後の斬属性の通りも非常に良いため調合分まで持ち込むのも有りだろう。攻撃に関しては後ろにいても安心できないため頭か尻尾がこちらを向いたら警戒しておくこと。尻尾スタンプはドボルベルクから遠ざかるように避けるよりは足下に飛び込んだ方が安定して避けられる。大回転は最後がタックルの場合、抜銃状態では避けにくいため、安定を取るのであれば納銃しておきたい。


・イビルジョー
狙うは通常時が頭>腹、怒り時が腹>頭。サイズにより戦いやすさが格段に変わってくるのが特徴。大型になってくると左右への攻撃範囲が非常に広くなるため「終焉を喰らう者」対策にも股下へ確実に抜けれるようにしておきたい。基本的に噛み付き系の攻撃は口周辺にしか当たり判定が無いためジョー側へ回避することで大体避けることが出来る。避けた後は腹への攻撃チャンス。ブレスに関しても踏み込みブレスは股下に、下がりながらのブレスはそのままで対処できる。捕食攻撃は非常にダメージが大きく、ガンナーではまず抜け出せないためこやし玉はきっちりと持っていくとよい。

・アカムトルム
狙うは頭>尻尾。近距離では突進のホーミング性能が下がった一方で遠距離では相変わらず強ホーミングが健在。ただし、開始直後は威嚇固定となっているようなので威嚇している間にさっさと距離を詰めておこう。時計回りではしゃくり上げが、反時計回りでは尻尾なぎ払いが怖いため、自分が対処しやすい方向で回ると良い。頭は弱点ではあるが、ガンナーの距離では突進を誘発してしまい当てにくいため、いっそ近寄ってしまうのも有り。また、定位置に移動後のソニックブラストは通常のものに加えて、なぎ払いソニックブラストというえげつないものが追加されているため、定位置に出たらすばやく納銃して走ること。

・ウカムルバス
狙うは頭>後足。頭の方が肉質がやわいので積極的に頭を狙っていきたいところ。向かって左側はしゃくり上げやなぎ払いブレスの終わり際が来るため出来れば反時計回りで戦いたいところ。顔の横やや離れ目にいれば大抵の攻撃は避けられるはず。咆哮は天井から雪玉が降ってくるがおよそウカムを中心に一定の円周上に降るため、数個の落下を見れば落下範囲は大体予測がつくはず。潜行突進は潜り切った時点でキャラがいた位置辺りを狙ってくるため、回避距離があれば潜り切った時点で移動すれば十分に抜銃状態でも避けきれる。ただし距離が遠いとかなりホーミングするため出来るだけ近場で避けること。

とりあえずこの辺で後は古龍関連ですかね

kisaragi_ro at 21:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年01月27日

弾性能簡易まとめ

よく考えたらP2Gから弾の性能が地味に変わっているようなのでよく使う辺りを簡単にまとめ

ダメージ式
物理
(弾威力(%)x攻撃力x会心補正xスキルによる補正x飛距離補正x1.48(ヘビィのダメージ補正)×肉質(%))
属性
(属性威力(%)x攻撃力xスキルによる補正x肉質(%))

注意点としては属性ダメージには会心と武器ダメージ補正(ヘビィ1.48ライト1.3)が乗らないので属性弾を撃つ分にはとかく素の威力を重視するとよい。

装填速度
最速>極速>速い>やや速い>普通>やや遅い>遅い>極遅>極々遅
スキル装填速度は+1毎に段階を一つ上げる。(+3まで)

反動
最小>極小>小>やや小>中>やや大>大>極大>最大
スキル反動軽減は+1毎に反動を一つ上げる。(+3まで)

通常弾Lv1 威力6
撃ち放題。ただし威力はお察しください。
序盤のお供、弾切れの保険程度
最速装填「遅い」
普通装填「極々遅」
反動無し「全て」

通常弾Lv2 威力12 調合 カラの実+ハリの実 1~3個 調合書1
弱点狙撃に適したヘビィのメインとなる弾丸。
P2Gに比べて調合数が減っているので長丁場が予想されるときは通常弾Lv3も準備しておくと良い。
最速装填「やや遅い」
普通装填「遅い」
反動無し「大」
反動中 「最大」

通常弾Lv3 威力10*跳弾 調合 カラの実+はじけイワシ 2~4個 調合書1
通常弾Lv2より威力に劣るがクリティカル距離の幅が非常に長く、遠距離狙撃も可能。また、安定こそしないが跳弾が発生し複数回ヒットするためサイズと跳弾の当たり具合次第ではLv2より強力。なお、Lv2の調合期待値2、Lv3の期待値3とするとカラの実40個辺り(イワシ持ち込み分)のダメージ期待値はいっさい跳弾が起きないと仮定してもLv2が2*40*12=960でLv3が3*40*10=1200となるため今作では地味に重要な弾である。ちなみに装填速度「普通」で最速装填となるが、今作では装填速度「普通」のヘビィが少ないのが少々残念である。
最速装填「普通」
普通装填「極遅」
反動無し「大」
反動中 「最大」


貫通弾Lv1 威力9*3Hit 調合 カラの実+ツラヌキの実 1~2個 調合書2まで
P2Gから威力は下がるわ、調合数は下がるわ、素材の持ち込み数は下がるわ、ヒット間隔は広くなるわでかなり使いにくくなってしまった弾。3ヒットは大型モンスターでかつ長軸をきっちり合わせる必要があり実質2ヒットぐらいで考えておいた方が良い。また、クリティカル距離はやや離れ目から始まり、2ヒット分を入れようとすると難しいためどちらか片方をクリティカル距離に入れるようにしたいところ。
最速装填「普通」
普通装填「極遅」
反動無し「中」
反動中 「最大」

貫通弾Lv2 威力8*4Hit? 調合 カラ骨+鳥竜種の牙 1~2個 調合書4まで
P2Gより威力こそ落ちたもののヒット間隔は改善されており、撃てる銃であれば十分に実用的。ただし、反動無しで撃つためには反動「やや小」であることが必要になるため専用装備を作るか夜砲系列で使っていきたいところ。
最速装填「やや速い」
普通装填「遅い」
反動無し「やや小」
反動中 「大」

貫通弾Lv3 威力8*5Hit? 調合 カラ骨+ハリマグロ 1~3個 調合書4まで
威力は据え置きでHit数が上がっている上に調合数まで上がっている。ただし最速装填に必要な装填速度は「速い」に上がっていることに注意。
最速装填「速い」
普通装填「やや遅い」
反動無し「やや小」
反動中 「大」

散弾Lv1 威力?*?Hit 調合 カラの実+はじけクルミ 1~3個 調合書2まで
今作では散弾が特定部位に集中して当たるようになっているためLv1でもそれなりにダメージ源になれる。横の範囲はそれなりにあるものの上下の範囲は意外と狭く、坂や段差があるような場所で使う場合はしっかり相手を狙っておくこと。クリティカル距離は存在しないようだがHit数が最大になる地点はLv毎に設定されており敵から半〜1回避辺りで最大Hitとなる。
最速装填「やや遅い」
普通装填「遅い」
反動無し「中」
反動中 「最大」

散弾Lv2 威力?*?Hit 調合 カラの実+竜の牙 1~2個 調合書4まで
基本は散弾Lv1と同じだが最大Hit距離が大体回避2回分辺り。そこそこに威力があり、距離もとりやすく反動「中」で撃てるため散弾を使う際の主力になる弾。
最速装填「普通」
普通装填「極遅」
反動無し「中」
反動中 「最大」

散弾Lv3 威力?*?Hit 調合 カラ骨+竜の牙 1~2個 調合書4まで
こちらも基本は散弾Lv1と同じだが、最大Hit距離はおよそ回避3~4回分とかなり遠めから撃つ必要がある。距離をきっちり取らないと散弾Lv2にHit数で劣り、さらに無反動には反動「やや小」が必要なためなかなか扱いにくい。しかし、きっちり扱えればその威力は非常に高い。
最速装填「やや速い」
普通装填「遅い」
反動無し「やや小」
反動中 「大」

4属性弾 威力 弾7+属性45 調合 カラの実+火炎草(火炎弾)orキレアジ(水冷弾)or光蟲(電撃弾)or霜ふり草(氷結弾) 1~2個(電撃弾は2~4個) 調合書3まで
各種属性を持った弾で通常弾Lv1程度ではあるが弾属性ダメージもある。ダメージの大半を占める属性部分は会心の概念がないためマイナス会心の武器でも難なく扱える。また、クリティカル距離も存在しないが射程距離は短めなので遠距離狙撃には向かない。今作では4属性弾は全て1ヒット型になっており、相手の弱点を狙ってきっちり当てていく必要がある。
最速装填「普通」
普通装填「極遅」
反動無し「大」
反動中 「最大」

滅龍弾 威力 弾1+属性40*? 調合 カラ骨+龍殺しの実 1個 調合書3まで
4属性弾とは異なりこちらは貫通ヒットする。所持数3と調合分20発しか持ち込めないが、かなりヒットする上に龍属性値40と龍属性に弱い相手には驚異的なダメージとなる。例えばウラガンキン辺りならばこれだけで討伐もしくは瀕死まで持っていけるほどである。他の属性弾に比べて射程が長く弾速が遅い。またヒットすると弾が弧を描いて落ちていくが、当たるまでは直進するので狙う際には頭の上半分辺りを狙うと良い。
最速装填「極速」
普通装填「普通」
反動無し「極小」
反動中 「やや小」

斬裂弾 威力 弾1+斬8*3 調合 カラの実+砥石 1~2個 調合書2まで
ついに銃で尻尾が切れる!と喜ぶのもつかの間、ほぼ外すこと無く調合分まで持ち込んでようやく切れるか切れないかの瀬戸際となるため尻尾切りには余り向かない。しかしヘビィの威力で斬属性8*3を一点にぶち込める弾と考えると斬属性弱点部位ではかなりの高威力を発揮する。斬属性部分の計算は正直どうなっているかよくわからないが、相手が動いてもきっちり判定が付いていくためうまく当てれば撃ち落としやアルマジロの回転妨害にも使える。
最速装填「やや速い」
普通装填「遅い」
反動無し「中」
反動中 「最大」

減気弾Lv1 威力15 調合 カラの実+くたびれタケ 1~2個 調合書2まで
減気効果のある弾で頭に当てればスタンも蓄積できるがスタンに関してはあまり数値は大きくない様子。弾が弧を描いて落ちていくため、長距離飛ばすには上に向かって撃つ必要があると言うめんどくさい仕様があるが、射程そのものは長め。また、意外と威力もありきっちりと弱点に当てていきたいところである。ただし無反動で撃つには反動「やや小」が必要となる。
最速装填「やや速い」
普通装填「遅い」
反動無し「やや小」
反動中 「大」

減気弾Lv2 威力20 調合 カラ骨+しんどイワシ 1~2個 調合書4まで
Lv1の強化型。効果と威力が上がったがこちらは無反動に反動「小」が必要となるためやや扱いづらい。
最速装填「速い」
普通装填「やや遅い」
反動無し「小」
反動中 「中」

状態異常弾Lv1 威力10(睡眠弾はダメージ無し?) 蓄積値25 調合 カラの実+毒テングタケ(毒弾)orマヒダケ(麻痺弾)or眠り草(睡眠弾) 1~2個(睡眠弾は1個) 調合書2まで
状態異常を与える弾。今作では反動「小」でないと無反動にならない点に注意。
最速装填「速い」(毒弾のみ「やや速い」)
普通装填「やや遅い」(毒弾のみ「遅い」)
反動無し「小」
反動中 「中」

状態異常弾Lv2 威力? 蓄積値50 調合 カラ骨+フロギィの毒牙(毒弾)or飛甲虫の麻痺針(麻痺弾)or眠魚(睡眠弾) 1個 調合書4まで
蓄積値の上昇した状態異常弾。恐らくダメージも上がっているはず。Lv1に比べて蓄積値が倍で調合素材を大量に持ち込める(睡眠弾を除く)ため状態異常を乱射するのであればこちらを使うのが一般的。今作ではスキル「反動軽減」の効果が下がっているためヘビィでは元々反動「やや小」の銃でないと無反動に出来ないことに注意。
最速装填「極速」
普通装填「普通」
反動無し「最小」
反動中 「小」

とりあえずメインで使うのはこの辺りかね?

kisaragi_ro at 23:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年01月24日

ディアブロ砲

なにやらディア砲が人気?なようなのでちょいと性能を見てみようかなということで

簡単に他と比較してみましょう

まずディア砲ことバズディアーカとネロディアーカの基本性能

バズディアーカ
攻撃期待値 251.25
装填速度  やや速い
反動    やや小
ブレ    左/大
装填可能弾 通常Lv1~3各3発
      貫通Lv1~3各3発
      減気弾Lv1~2各2発
しゃがみ  通常Lv2~3
      貫通Lv1~3

ネロディアーカ
攻撃期待値 272.03
装填速度  遅い
反動    やや小
ブレ    右/大
装填可能弾 通常Lv1~3各1発
      貫通Lv1~3でLv1が5発他4発
      散弾Lv1~3でLv1~2が2発、Lv3が3発
      減気弾Lv1~2各2発
しゃがみ  通常Lv1~3


どちらも豊富で使いやすいしゃがみ撃ちを誇り、攻撃期待値も低くはありませんが、そこはディア砲一般的な運用法では問題が出そうな装填数とブレです。

また、疲労状態にするための減気弾がありますが、Lv2は反動小まで下げないと無反動とはならないところを注意しましょう。

バズディアーカは攻撃力期待値251.25ということで攻撃力帯では

烈風砲【裏黒風】252

パッチペッカー255.23

妃竜砲【神撃】257

轟砲【虎頭】254.6

海造砲【灰燼】255.23

カオスウィング257

これだけ見るとちょい弱めですが痛撃を付けることで轟砲以外とは大体同じぐらいになります。

まあ他の値はこちらを参照に

また装填「やや早い」ですので貫通弾Lv3と減気弾Lv2が普通装填で他は最速装填できます

装填数が各3発ずつということで装填数UPを付けても正直通常弾を撃つには物足りない装填数になりますので基本は貫通弾を運用しつつ隙を見て通常弾をしゃがみ撃ちする感じになるかと思います。

また、痛撃を付けないと攻撃力でいまいち他の候補に勝てないと言う点を考慮するとブレ幅ダウンスキルを入れておきたいところ。

というわけでバズディアーカは最速装填できる貫通Lv2を主力にしつつ通常弾をしゃがむというスタイルがよろしいかと思います。

スキルとしてはブレ幅ダウン、痛撃、装填数UP辺りが相性が良いかと

ネロディアーカは完全にしゃがまない通常弾が死んでしまっているのでバズディアーカとはまた違った運用が必要になるかと思います。

まずは攻撃力期待値272.03

これと同じ辺りにいるのは

峯山龍砲【富国】268

ギガン=バール272.03

覇砲ユプカムトルム282.07

崩砲バセカムルバス278.43

凶刻【時雨】264.65

アカムウカム砲にはさすがに及びませんが十分に高い攻撃力であることは間違いないと言えます。

問題になりそうな装填速度「遅い」ですが

ネロディアーカでは通常Lv1が最速、貫通弾Lv3、減気Lv2が最遅、他が普通装填となります。

よって主力は5発装填の貫通弾Lv1、4発装填の貫通弾Lv2、3発装填の散弾Lv3辺りになります。

装填速度をどこまで上げるかに関しては+2で貫通弾Lv1と散弾Lv2が+3で散弾Lv3と貫通弾Lv2が最速となり、貫通弾Lv3に関しては+1以上であれば普通装填となります。

個人的には+1で貫通弾Lv3の運用を視野に入れるか+3まで上げるか、いっそそのまま運用すかの三択だと思います。

バズディアーカは攻撃力の都合上痛撃が欲しく、弱点に確実に当てることが必要なためブレ幅ダウンを使いましたが

ネロディアーカに関してはマイナス会心は見切りでキャンセルしてブレ大のままで運用する方が楽しいかもしれません。

というか普通に運用すると攻撃力に勝るアカム砲に食われます。

というわけでブレをもろともしない散弾Lv3をメインに据えてしゃがみではブレ大を活かせる通常Lv3を使うと言う方法です。

個人的な感想ですが、通常弾Lv3の跳弾はブレがある銃ほどよくモンスターに当たっている気がします。

まあ本当かどうか保証しません。あくまで体感です。

散弾で全身にダメージを蓄積させて通常弾Lv3の跳弾でひるみを連発させる

とか書くとなんか強そうに思えませんか?w

実際にこの方法を運用しているわけではないのでどこまで実現できるかはわかりませんが

まあ変な銃には変な使い方がよろしいのではないかなと。

ちなみにこの構成ではお勧めスキルとしては通常弾Lv3が大量に調合できる最大数弾生産とマイナス会心用の見切り

後は貫通弾Lv3を普通装填したり他の弾を最速装填する装填速度+1か3

散弾Lv2も運用するのであれば装填数UP辺りがよいかと思います。

kisaragi_ro at 20:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

ハンターイーター

メタルギアコラボのハンターイータークエ終わらせてきました。

無理ゲーではなかったですがクソゲーでした

ハンターイーターということで相手は口の大きさには定評のあるハプルさんです。

以下ネタばれ込みで









とりあえず場所は砂原で8番開始だったわけですがー

目の前にある見慣れない小高い丘

ハプルの砂山なわけですが明らかにサイズがおかしいです

でかいにも程があるというか、チートクエ状態というか

大体通常クエの最大金冠の倍のサイズが来ます

マガティガとかでかいのの相手は嫌いではないんですが

ハプルのホーミング性能と横幅のせいで非潜行状態からの突進が避けれない避けれない

正直いまのところ回避方法が想像もつきません

他のに関しては

潜行後は基本的に納銃。突進はダッシュか緊急回避というか緊急回避でないと避けられない場合が多いので潜行時は確実に納銃すること。

潜行からの突き上げはダッシュだけでは避けれないので真下に来たことを確認したうえで一拍おいて緊急回避。

ブレスは予備動作中に納銃しておくか真横まで移動できないと回避が絶望的なので深追いしないこと。

後はサイズの都合回り込み時等のスタミナ消費が激しいためスタミナをMAXに保つこととできれば猫の逃走術辺りを発動させておきたいところ。

突進誘導用に猫は防御特化高速回復のこざかしい辺りがいるとよいかと

突進の初段の回避は絶望的なため回復剤は多めにもって行きましょう。

体力自体はそれほど高くないので案外なんとかなるかと思います。

弾は身体がでかいので面白いほど跳弾する通常Lv3がおすすめ

氷結弾は射程の都合と距離感のつかみ難さから射程に慣れるまではちゃんと当たる様に気をつけましょう

さてこのクエ、男はスネーク装備、女はザ・ボス装備の素材がもらえます。

性能は
スネーク剣士
体術+2
集中
罠師
腹減り倍加【小】

スネークガンナー
ブレ抑制+2
装填数UP
罠師
腹減り倍化【小】

ザ・ボス剣士
自動マーキング
集中
隠密

ザ・ボスガンナー
装填数UP
自動マーキング
隠密
属性攻撃弱化

どちらも装填数UP装備に組み込めそうな感じですかね

まあフル装備でこそ楽しめる気がしないでもないですがねー。

kisaragi_ro at 02:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年01月22日

ヘビィ簡易攻略続き2

ネロディアーカのところにおら、しゃがめよって書いたらそれで検索に引っかかるようになっててわろたwww

・ロアルドロス
狙うは頭>首。ポンデライオンと言うにはもこもこ感が足りない気がしないでもない。破壊部位と弱点が被っているので撃つ場所には困らない。水吐き突進が地味に避けにくいがそれ以外はなんとかなるかと。

・ロアルドロス亜種
弱点は原種と一緒。狙う部位には困らないが全体的に攻撃のホーミング性能が上がっている感じがする。特に毒吐き突進の避けにくさが半端ない。本体に当たるのが一番ダメージがでかいため早めに斜め前に回避するか、毒覚悟でも横回避したいところ。解毒薬はお忘れなく。

・ハプルボッカ
狙うは口蓋垂>鰓>鼻。なのだが口蓋垂は突進時、鰓は疲労時ぐらいしか狙えないため基本的には鼻か背中狙い。爆弾を食べさせるか頭部へのダメージ蓄積で口を上に向けてばたつく状態になり、その際にはつり上げれる。ただし、納銃に時間がかかるためダメージ蓄積で起きた際には時間の都合上釣り上げにいかない方が無難。突進時の口は正確に当てられれば一回だけひるむため、その隙に横へ回避すれば十分に避けられるはず。また、潜行時にはきっちりと銃をしまっておくこと。

・アグナコトル
狙うは嘴>胸。やたらと破壊部位が多いが、基本的に背中、嘴、足一本、胸を破壊すればOK。また、滅龍弾、散弾の効きもよい。本作のヘビィキラーの筆頭であり、スライディング突進の避けられなさは異常。基本的には嘴突き刺しの一発目が当たらないぐらいの距離で反時計回りに立ち回る。ビームはなぎ払う際に微妙に向かって右側にも反れるためきっちり避けておく。未来位置予測に加えてホーミング性の強いく素早いスライディングはアグナが引き切るぎりぎりまで斜め前へ歩き、突進開始と同時に180度反対側へ回避でなんとか避けられる。ただし、サイズがでかくなるほど難しい。正直これだけを連発されてキャンプ送りになったときはPSP投げかけた。

・アグナコトル亜種
弱点は同じだが、原種が時間経過で硬化したのに対しこちらは時間経過で軟化する。また、潜りモーション中ならばいつでも音爆弾でキャンセルできる。原種に比べてビームを連射するようになったのでスライディングの頻度は落ちているように思える。

・ジンオウガ
狙うは頭。本作の顔でもあるモンスター。散弾が頭に収束するため散弾Lv2と3が撃てる銃を持っていくとかわいそうなことになる。超帯電モードは素早くなる反面、全体的に肉質が柔くなるためあえて充電の邪魔をしないのもありかもしれない。比較的避けにくい連続たたき付けは回避連発ではなく、一拍置いて回避するようにすれば楽に避けられる。個人的には回避距離はないほうがやりやすい相手。反動+1装填+2痛撃散弾強化バセカムの良い餌食。

残るは三界組と獣竜、古龍辺りですかねえ

kisaragi_ro at 23:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年01月18日

終焉を喰らう者

110118_024305


というわけで村最終がヘビィで無事に終わりました。

携帯でPSP直撮りなので画質等はお察しください。

残弾的には無事と言えるか微妙でしたが

まあ何とかなったと言うことで

スネ夫も倒したので一応これでヘビィ以外の武器も解禁となります。

集会所最終まではさすがに道が長過ぎるので・・・

とりあえず村最終の話でも

装備はこんな感じ
110118_024630


武器使用回数がこんな感じ
110118_024542


まあ500回越えのうち炭坑夫がかなりを占めるわけですがね

装備は写真ではわかりにくいので書き出すと
武器 崩砲バセカムルバス
頭  Sソルキャップ
胴  Sソルレジスト 痛撃珠 跳躍珠
腕  ナルガSガード 忍足珠
腰  Sソルコート  忍足珠 忍足珠
足  Sソルレギンズ 跳躍珠(3)
護石 城塞(回避距離+6)
で攻撃小、痛撃、通常弾UP、回避距離UP、隠密、体力-10

個人的には最大数弾生産も入れたかったんですが装備作り直すのも時間がかかるのでいつもの通常強化装備で

まあ回避距離さえあれば攻撃特化でも何とかなるもんです。

ちなみに回避5S3のお守りがあれば多少組み合わせを変えて体力-10を消せます。

武器は攻撃力に勝るウカム砲と装填可能弾の豊富なアマツ砲で迷ったのですが

どうせポーチに隙間がないということでごり押し用にウカム砲になりました。

正直アマツ砲に貫通Lv2かLv3を持っていった方が正解だったと思います。

実際使った弾は
通常弾Lv2、99発+カラハリ59個+支給品40発
通常弾Lv3、99発+カライワシ40個
斬裂弾   15発ぐらい

回復は前半はともかく後半はのんきに飲んでる暇はないのでもどり玉を調合分用意してベッドを使用。

このクエ前半はイビルジョー、後半がティガナルガの二頭同時なんですが

ジョーが苦手だったので前半の方がしんどかったです。

てか前半にブレスを避け損ねて1乙しました。

前半のジョーは最大銀冠固定ということでP2Gの最後の招待状の二頭目のごとくでかいです。

そのせいで踏み込み噛み付きがやたらと長射程だったり

尻尾振りを避けたつもりが吹っ飛んだりととかくやりづらいです。

特に捕食攻撃の範囲が地味に広いためこやし玉を持っていくと安心できるかと

ただ、各種攻撃は基本的に股抜けができるようなので

通常クエのジョーさんで股抜けの練習をしておくと楽かも。

まあ横避けでもかろうじて致命傷ぐらいですみました。

おおよそ15分針〜20分針を目安に倒せれば良いかと思います。

続いてティガナルガの同時。

どちらを先に倒すかは好みによりますが自分は

1.遠くに放置してもやばい攻撃が無い
2.攻撃力が低い
3.突進にダメージが無い
4.音で大体どんなことをしてるかわかる
5.単体時に痛撃発動部位だけを狙い撃てる

ということでナルガさんを放置しました。

基本的にティガ単体として扱いつつ、ナルガさんをちら見する感じで

隠密さえあれば猫が生きてる間は大体こっちには来ません。

隠密まじで大活躍です。

ティガさんは頭と後ろ足を狙いつつ怒ったら閃光玉で二頭同時にピヨらせると安心して打ち抜けるかと思います。

まあ二回ぐらいまでしかまともに効かないので自分はジョーさんに2回、ティガナルガで3回と言う感じに投げました。

ティガさんまで倒して残弾数が大体通常80発弱、斬裂弾30発。

支給品の貫通弾Lv1が30発の通常Lv1が無限発というわけで

正直ナルガさんは通常Lv1で打ち続けることになるかと思いましたが

頭部だけ狙い撃ちにしたところ通常弾打ち切りで斬裂弾15発ほど撃ったところでお亡くなりになりました。

斬裂弾やっぱつえーですよ。

弾属性1+斬属性値8*3なわけですが、1点集中なわけですよ。

貫通弾はLv1が弾属性9*3なもののヒット間隔が長いから2Hitぐらいしかしないし、Lv2以降は威力8*4~5ぐらいらしいですが、こっちも弱点集中とはいかないわけで、斬裂弾まじおすすめ。

というわけで3体討伐で大体30分針か35分針ぐらいだったかと思います。

捕獲してたらもうちょい楽にいけそうですね。

個人的にスキルとしてあると良いんじゃないかと思うのは

最大数弾生産、隠密、回避距離の3つ

ここから捕獲するのであれば捕獲の見極めを討伐なら痛撃辺りを組み込むといいんじゃないかなと思います

kisaragi_ro at 23:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年01月16日

ヘビィの使い勝手

とりあえず使ったことのある辺りをメインに

ユクモノ重弩
熊砲、兎砲、レイア砲に派生。撃てる弾種が少ないので微妙っぽいが序盤の弾が足りない頃の雑魚掃除に通常Lv1しゃがみ撃ちが便利。

青熊轟筒【川漁】
熊砲系列は同時期に作れる武器内では攻撃力が高め。地味に散弾Lv2が撃てるのも良し。ただししゃがみ撃ちはソロでは微妙。

ペングルスカイザー
氷結弾用だが少々攻撃力に難あり。貫通弾Lv2のしゃがみができるものの反動が中なため反動軽減が必要になるなど、いまいち残念。

妃竜砲【神撃】
属性しゃがみが使いやすい他にスロット3の割りに高い攻撃力が魅力。通常弾、火炎弾、毒弾辺りをメインに使いたいところ。難点は最終強化に必要な金火竜の上棘2個が地味にしんどいこと。なお、金レイア捕獲では出ないらしい。

パッチペッカー
貫通弾が撃てないが、今作ではLv2以降が撃てないと微妙なので問題なし。レイア砲には攻撃力で劣るが、最終的に雷弾も撃てる上に散弾Lv2、3が撃てるのが魅力。

潜砲ハープール
通常3と水冷弾がしゃがめる。見た目はよろしいが、攻撃力に少々難あり。装填数が多めだが、比較対照になりそうなサンドリヨンも装填数は多い。

サンドリヨン
通常3と睡眠弾がしゃがめる。装填数も多く、さらにスロット3である。性能ではハプル砲よりお勧めだが見た目は南瓜。

ミーティア
滅龍弾が3発装填、なのだが攻撃力が低めなのでいまいち使いにくい。雷撃弾用にこれか、ペッコ砲かジンオウ砲がほしいところ。作成時期、難易度的に下位はこちらの系列が楽か。

王牙砲【山雷】
作ってないので割愛。攻撃力は申し分ないが個人的に通常Lv3が撃てないのが地味に痛い。

ユクモ連山重弩
上位序盤からさくさく作れるのが魅力。通常弾Lv3がしゃがめるのも良い。攻撃力こそ低いが使い勝手は良い。

烈風砲【裏黒風】
貫通微妙化に伴い少々弱くなったもののデフォで反動やや小のため貫通弾を全弾無反動で使える。装填数の都合最終強化までしないと装填数に不満がでるのが痛いところ。

バズディアーカ
豊富なしゃがみを誇るが、攻撃期待値が少々低めなのが難点。ぶれ大は魔球として使うも良し、ぶれ補正で直すも良し。

ネロディアーカ
おら、しゃがめよ。

轟砲【虎頭】
通常弾Lv3でしゃがめる。反動やや小なので貫通Lv3や散弾Lv3も使えるのが魅力。

炎戈銃ブレイズヘル
凍戈銃アヴェルスヘル
アグナとか嘴も見たくない

海造砲【灰燼】
ヘビィで拡散弾を撃つならこの銃。反動軽減+3で無反動。

峯山龍砲【富国】
P2Gで言うところのラオ砲なのだが、反動中のため貫通弾と散弾Lv3が死んでいる。最終まで強化できれば火、水、雷が3発装填。

メテオキャノン
強化するとなぜか氷結弾の装填数が減るという謎仕様。スロ3でそこそこの攻撃力があるのが魅力。氷結弾は2発装填になってしまうためしゃがみで使いたいところ。

ギガン=バール
滅龍弾がしゃがめる。攻撃力も高く見た目もよろしいがぶれ大があることに注意。

覇砲ユプカムトルム
通常弾しゃがみが非常に強力。装填数そのものは決して多くないためいかにしゃがむかが勝負。攻撃力期待値ではネロディアーカをもしのぐ。

崩砲バセカムルバス
氷結弾でしゃがめる。通常装填数も多く相変わらずのディアブロスキラー。しゃがみこそ使いにくいが高い攻撃力を活かした氷結弾と滅龍弾が強力。また、痛撃との相性が非常に良い。

カオスウイング
他のLv7武器と比較すると控えめな攻撃力だがスロット2、全属性対応と非常に汎用性が高い。

凶刻【時雨】
アカム砲、ウカム砲に比べると少々攻撃力は控えめだが、通常の装填数が高く、貫通弾Lv3も撃てる。また、ぶれなしというのも使いやすい。反動やや小のため反動軽減+3が発動できれば麻痺弾Lv2を無反動でしゃがめる。

kisaragi_ro at 22:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年01月14日

ヘビィ性能比較

簡易攻略がまだ終わってませんがー

最近ヘビィを使っていて性能偏りすぎてね?

てかアカムウカム天津砲が他を食いすぎてね?

などと思ってしまったので期待値等出してみました

数値は上段がスロット、作成タイミング、下段が通常期待値、痛撃期待値となっております。

作成タイミング9は星8のジエン以降に作成可能になってくる武器です

青熊轟筒【川漁】
0 7
246 276.75
ペングルスカイザー
0 7
235.2 263.2
妃竜砲【神撃】
3 8
257 289.13
パッチペッカー
2 7
255.23 285.98
潜砲ハープール
1 7
235 264.38
サンドリヨン
3 7
235 264.38
ミーティア
2 7
235 264.38
王牙砲【山雷】
0 8
263.43 295.55
ユクモ連山重弩
3 6
224 252
烈風砲【裏黒風】
1 8
252 280
バズディアーカ
0 8
251.25 284.75
ネロディアーカ
0 8
272.03 306.9
轟砲【虎頭】
2 8
254.6 288.1
炎戈銃ブレイズヘル
0 8
235 264.38
凍戈銃アヴェルスヘル
0 8
235 264.38
海造砲【灰燼】
0 8
255.23 285.98
峯山龍砲【富国】
1 9
268 301.5
メテオキャノン
3 7
246 276.75
ギガン=バール
0 7
272.03 306.9
覇砲ユプカムトルム
0 9
282.7 314.83
崩砲バセカムルバス
0 9
278.43 316.05
カオスウイング
2 9
257 289.13
凶刻【時雨】
1 9
264.65 298.15

結果としては食い放題ですね。

正直威力がおかしなことになってます。

痛撃とかp2gの抜刀術を髣髴とさせる感じになってます。

まあ最終的にはジエン以降の武器を作っておけば良いということになりそうですがー

作成難易度、作成時期も考慮に入れていくと個人的にお勧めなのは

序盤からすぐ作れるユクモ連山系、中盤以降強化できるサンドリヨン、メテオキャノン、上位を通して使えるパッチペッカー系この辺りが比較的使いやすく、素材に凶悪なものも少ないので楽かと思います。

特にサンドリヨンは通常弾lv3と睡眠弾がしゃがみ撃ちでき、装填数も多いのが魅力。

他はお好みで使い分ける感じですかね。

しかしウサギ砲とジエン砲はなぜ反動やや小にしなかったと小一時間ほど問い詰めたいところですね。

kisaragi_ro at 12:08|Permalink

2011年01月06日

ヘビィ簡易攻略続き

・ディアブロス(亜種)
あんまり差がないので亜種も一緒に。狙うは尻尾>羽>腹。痛撃は羽まで発動可能。P2Gより効果が下がったとはいえ一応頭は氷が効く。角折りは音爆弾後に氷結弾しゃがみ撃ちすれば4セットほどで折れるはず。
暴君っぷりに拍車がかかりかなり荒ぶっている。レイア同様3連続突進などしてくる上に相変わらずの避けにくさなので回避距離辺りがあるとだいぶ楽になる。特に大きな変更点は潜行からの突上げの目標地点が潜り切った時点ではなく、移動開始の時点で決定されること。後は潜行からの飛びかかりが追加されたこと。これによってディアが潜ったらこちらも納銃しておかないといけなくなった。特に飛びかかりは未来位置予測がされているらしく移動する先をめがけて出てくるので、飛び出した瞬間にダイブするのが安全だろう。食事妨害もしにくく、ぶっちゃけ相手にしたくない。斬裂弾で尻尾を切っておくと尻尾先の硬い部分が消えるので多少は楽になるかも?

・ベリオロス
狙うは頭。なのだがまずは全力で腕破壊をすること。火炎弾か雷撃弾を使えば楽に壊せるはず。破壊すればステップ時に滑って隙が出来るため非常に戦闘が楽になる。タックル時に横を向いたのをタゲが変わったと誤認したり、飛びかかり前の歩きを移動と勘違いしたりすると思わぬダメージを食らうことになるのでタゲがどうなっているかはしっかり確認しておくこと。尻尾なぎ払いはナルガと違って回避性能なしでは少々きつい。きっちり間合いを開けておこう。

・ベリオロス亜種
狙うは頭。原種同様腕破壊でステップ時に滑るので破壊は最優先で行おう。こちらは弱点は氷>雷。基本的には原種と同じだがブレス後の竜巻がやたらと長く残るのが特徴。この残った竜巻は当たり判定があるうえにベリオ亜種が飛びかかりをする際の足場になる。ホーミング性と角度の都合上遠くなればなるほど避けにくくなるので竜巻の近くで戦い、影が真上に来たところで奥に向かって回転回避すれば避けられるはず。苦手な人はさっさと納銃してダイブの準備をしよう。

・ナルガクルガ
狙うは頭、背面からなら後ろ足もまずまず。雷属性はブレードに良く効く。そして弱点が雷>火に変更になっていることに地味に注意。相変わらず素早いが当たり判定がさらに一瞬になっているので今作では回避性能なしでもほとんど避けられる。回避性能有りならば言わずもがな。

・ナルガクルガ亜種
肉質は原種と変わらず。より飛び跳ねるようになっている。怒り咆哮のときのジャンプが2回になったり、連続ジャンプのタイミングをずらしてきたりと動きで翻弄する気満々な様子。基本的には原種が倒せれば問題ないはず。

・ティガレックス
狙うは頭。後ろを向いていることが多いのでその時は後ろ足。属性は雷>龍。P2Gでは避けられない突進でヘビィガンナーを恐怖のどん底に突き落としてくれたが今作では余裕で避けれるようになっている。前方に飛んで尻尾回転が地味に避けにくいがこれは前側の判定がやたらと強いため横に避ければ案外避けられる。

・ティガレックス亜種
対弾肉質は原種と同じ。属性は水>雷>龍。本作のヘビィガンナーキラーの一匹だが慣れればそれなりに安定する。個人的には回避距離推奨。大咆哮だが、バックステップ後の突進からキャンセルで使ってくるものさえ避けられればなんとかなる。かなり角度修正が来るが横方向へ逃げれば避けられないことはない。上半身を起こした突進から咆哮もあるが、ホーミング性の都合上横への回避が非常に困難。しかし、咆哮の判定が前側に集中しているため胴と腕の間から後ろ足方向へ抜けると案外楽に避けることが出来る。

とりあえずアカムウカム以外の飛竜もこれで終わりかな?

kisaragi_ro at 22:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年01月03日

とりあえず後1体までいったので

放置しっぱなしでしたがMHP3が残すところ後スネ夫だけになったので軽く書いておきますかね。

各種モンスターのヘビィ攻略ということで

・ドス鳥竜
狙うは頭。ただ、よく動いて狙いにくいし胴体も絶望的に硬いわけではないので
とりあえず当たるところに当てていけばおk。
手下呼びが地味にうざいのと散弾を頭方向に撃つと頭に収束するので
呼んだ手下ごと散弾でぶち抜くと楽。
攻撃に関してはドスバギィの睡眠がうざい程度で基本的に問題なく狩れるはず。
ただし、2段噛み付きだけは2段目が意外と方向修正してくるので注意。

・クルペッコ
狙うは胸(演奏時限定)>頭>胴なのだが、正面以外からは狙いにくいため、これらが狙えないときは足を撃つと良い。演奏は音爆弾か胸撃ちで止められるが、攻撃後に方向転換をせずに行われるため正面を取りにくく、くちばし破壊前は音爆弾による中断も絶望的なためさっさとくちばし破壊を済ませる必要がある。手っ取り早く破壊したいのなら散弾が楽。羽は硬めのため火打石破壊には睡眠爆破が楽だろう。とかく頻繁にモンスター呼びを行うため音爆弾とこやし玉は必須。なお集会所の入浴時に左ボタンを押すとたまにクルペッコ人形が出る。

・クルペッコ亜種
肉質は原種と変わらず。こちらは場所が場所のため呼び出されるのが黒ティガ、ジョー、レウスと非常にやっかい。原種以上にさっさとくちばしを破壊したいが、閃光からの呼び出しの場合それでも間に合わないことがあるので諦めるか、シールドか気絶無効がほしいところ。体感だが体力が減ってくると回復演奏を頻繁に行うようになるのできっちり防ぐか奪うかしておきたいところ。なお集会所の入浴時に左ボタンを押すと極たまにクルペッコ亜種人形が出る。

・アオアシラ
狙うは上半身。腕は見た目通り硬いので破壊を狙うなら火炎弾を用意しておくと楽。
クマー系骨格3体の中では一番ヘビィにはうざいんではないだろうか。
突進後の飛びかかりの方向修正と連続引っ掻きの移動距離の長さが地味にしんどい。

・ウルクスス
狙うは頭>上半身>尻。散弾が頭部に収束するためおまけで出てきた際にとりあえず破壊報酬だけせしめたい場合は散弾ぶっぱしておくと楽。突進の速度こそ早いが、方向転換しながら止まり、その際に頭が撃ち放題になるため相性はよい。特に危険な攻撃もなく楽に倒せるかと。

・ラングロトラ
狙うは頭>背中。見た目に反してあまり硬くないが、弱点の頭部が小さく狙いにくい。
舌攻撃は意外と範囲が広く、しかもラングロトラ側に引き寄せられるため追撃をもらいやすいのできっちりと射線は外しておくこと。

・ドスファンゴ
下位までは昔通りのドスファンゴ。上位からは非常にうざい。肉質は頭も胴体も柔いのでどちらを狙っても大差はない。一応頭>胴。相変わらず突進の方向決定が突進開始ぎりぎりなのできっちり引きつけてから回避すること。上位からは8の字を描くような突進が追加されるのだが、移動範囲が広過ぎて障害物に当たって軌道がずれることが多々あり、軌道を予測しづらい。とりあえずこれを一発もらっても耐えられる体力は維持しておくと安心。

・リオレウス
空の王者(笑)から低空の王者に昇格したもよう。狙うは頭>足。地上での行動はP2Gと大差がないが、低空では結構攻撃的。とかくブレスの方向決定が遅めなのでそこだけは注意。他は射線さえ外していれば食らうことはないはず。回避距離UPがあれば突進や滑空を側転で避けつつ攻撃できる。疲労時の閃光玉の効果時間が長いため捕食行動はできるだけ潰しておきたいところ。

・リオレウス希少種
狙うは足>>胴。よりメタリック感が増した銀レウス。相変わらず足以外が非常に硬いが頭と翼は雷属性の通りが良いため、部位破壊は属性弾で行い、残った通常弾で足を狙い撃つのが得策か。原種に比べてさらに低空好きのため非常に良く飛ぶ。さらに着弾地点で炸裂する火炎弾まで撃ってくる。この炸裂弾は結構範囲が広いため、避けにくいが一応鳴き声で判別できるらしい。後は突進後に悠々とリロードしていると巻込まれかける突進→バックジャンプブレスの連携が怖いぐらい。正直レイアよりは楽だと思う。

・リオレイア
狙うは頭>足。突進のホーミングは弱くなったようで回避距離があれば側転でも回避可能だが、3連突進だった場合、一発目に引っかかると大抵3発目にひっかかり、そのままスタンから追撃でキャンプ送りの憂き目をみることになるので安全に普通に回避するかはお好みで。3連ブレスに加えて炸裂ブレスが追加されているが、どちらも大きく避けることに変わりはないので問題ないはず。サマソはそのまま滞空状態に移行することが多く、追加でもう1サマソくることが多いがレウスと違ってすぐに降りてきてくれる。

・リオレイア希少種
狙うは足>>胴。ややくすんでしまった金レイア。旦那がメガフレアならこちらはベギラゴンを覚えたもよう。ベースはレイアだが、サマソからさらに滞空2連サマソに繋がったりするなどサマソ好きに拍車がかかっている様子。方向補正も原種よりきつくなっているようなのでできるだけサマソの範囲外で戦いたいところ。3連続突進や炸裂ブレスは普段から使ってくるのでそこも注意。怒り時には炸裂ブレスを3方向ブレスの要領で使ってくるが、一発ごとに後退するので反時計回りに動いていると避けやすい。また、この3発目はたまにサマソになるが、剣士ほど問題にはならないだろう。原種同様疲労時の閃光玉が良く効くので閃光で止めて足をめった打ちにするとよい。

・ギギネブラ
通常時は頭>腹、怒り時は尻尾>腹。火炎弾が使えると楽。頭と尻尾がそっくりな上に上位からは尻尾でも噛み付き?行動をしてくるためどちらが頭でどちらが尻尾かたまにわからなくなる。基本的に尻尾はほとんどこちらに向けてくれないため、向いている方が頭と思えばだいたい合っている。左右噛み付きは向かって右側の判定が広いため、時計回りに避けていれば問題なく避けれるはず。卵産みはギィギが非常にうざいためさっさと破壊しておくことを推奨。なお、上位からは毒が猛毒に変化するため、万が一食らった時用に解毒薬があると安心できる。

・ギギネブラ亜種
肉質は原種と同じだが、弱点は水。基本的な動きは原種と同じだが、雷ブレスは着弾点で終わりではなく、3方向に分岐するので遠距離にいるときは注意。

とりあえず疲れたのでここまで。
残りは気が向いた時にでも。
しかしアカムさんはあんなに戦いやすくなっていたのにウカムさんの鬼畜化っぷりはひどかった。
スネ夫ドラゴンはいつ戦えることやら。

kisaragi_ro at 20:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年04月29日

黒蔵

最近電車に乗ることも多かったのでその最中にG級グラビモス亜種など狩ってみました。
装備は
 リオソウルZキャップ   弾倉珠
 ディアブロZレジスト   名人珠
 アカムトノキリペ     弾穴珠
 フルフルZコート     達人珠 弾穴珠
 リオソウルZレギンス   弾穴珠 弾穴珠

増弾見切り高級耳栓装備です。
コルム=ダオラが出来てその試し撃ちというのもあるわけですがー

下位では遅いうえにビームも真正面のみでまさに的だったグラビも

G級ともなるとなぎ払いビームが追加されてヘビィにとっては結構怖い相手になってます

というかしばらくはグラビは弓にしてたぐらいに苦手だったわけですがー

せっかくダオラ砲が出来たのに撃たないのはもったいないということで

vs黒グラビ

なぎ払いビームは回避性能+2あれば余裕で避けれるらしいですが

それ以前に高級耳栓がないと咆哮から即死コンボが目に見えているので

高級耳栓を優先

そうすると回避+2と高級耳栓を両立している装備がないわけでー

それで上記装備となります

動きはまあビーム以外死因はないのでビームを全力で避ける

なぎ払いビームは向かって左側の判定は長く残るが

向かって右の出始め部分は当たり判定がないのでとにかく反時計回り

特に黒グラは固定砲台かというぐらいビームを連発するので

反時計回りに旋回しつつ右に余裕がなくなったら納銃して

右に余裕ができるようにダッシュ

この動きをしていればイーオスに蹴飛ばされたとかガミザミに突かれたとか

無い限りまず死なないかと

後面倒な攻撃としては歩いてきて尻尾振りorタックルがありますがー

あれは後ろ方向に二回ぐらい回避すれば大体避けれる

余裕が無い場合はいっそグラビの股下に潜り込んで

回転ならやり過ごす、タックルなら全力で股下から逃げると言う方法で助かるはず

まあ当たると地味に痛いです。

3回ほど倒して無事に黒鎧竜の天殻もゲット

耳栓装備が心もとなかったので新装備として

ミヅハ真【烏帽子】 防音珠
グラビドZレジスト 属襲珠
トヨタマ真【大袖】
クロムメタルコイル
トヨタマ真【具足】

高級耳栓+属性攻撃UP+5スロスキル

な装備が出来上がりました。

本来は増弾がいらないけど高級耳栓がほしい弓用だったりしますがー

黒で色を合わせたらなかなかの見栄えに

5スロスキルは捕獲の見極めか最大弾数生産ですかねえ

kisaragi_ro at 00:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)MHP2G 

2009年04月03日

vsウカムルバス

まったくもって死に放題だったウカムですがようやく倒せました。

防具の追加強化とGシリーズの武器が解禁です。

というわけでヘビィボウガンvsウカムルバス

とにかく火炎弾が撃てて、貫通が撃てて攻撃力の高いボウガンを使いたかったわけですが

そんな贅沢な品はない

というわけで荒神に貫通弾追加で挑んでみました

装備は以下のものを使用

vsウカム装備
武   荒神 燃風珠 燃風珠
頭 ギザミXキャップ ド根性珠
胴 ギザミXレジスト ド根性珠
腕 ギザミXガード 燃風珠 燃風珠
腰 修羅・真【腰巻】 加貫珠 燃風珠
脚 不動・真【具足】 加貫珠 加貫珠

発動スキル 寒さ(小)無効 貫通弾全レベル追加 根性 装填数+1

寒さ(小)無効でホットドリンクいらずに、根性でバタフライ回避失敗時の即死を予防、貫通弾追加で貫通の撃てない荒神でも貫通が撃てるように、でも追加される貫通弾は3発装填なので装填数アップで4発装填に。

とまあこんな感じ。

専用装備を作りたくなるぐらい嫌いな相手ということで

立ち回りのほうは

・基本
アカムより行動が遅いため周りを回ってられる間は特に問題なし。

後述のバタフライ回避のため左と後ろに十分な空間を開けることを心がける

また、クレバス方向にウカムが行かないように誘導する。

前足の横から前転1〜2回分の位置から足に向かって貫通弾or火炎弾を撃つべし

・尻尾振り
溜め動作を見たらウカム前方に向かって1〜2回回避で十分避けれる距離になるはず。

・ブレス+雪投げ
前足横で少し離れ目に位置していれば当たることはないはず

・バタフライ
慣れるまでが大変。ウカムが潜行し始めたらさっさと納銃する。

キャラのやや右側から出てくるため左に十分な距離があれば走って逃げれる。

そうでない場合ウカムに向かってダッシュし、ぎりぎりで斜め前へダイブ。

このとき後ろに余裕がないと壁に当たったウカムがずれてきてそのまま擦り潰される。

・ジャンプ
ガンナーならまったく問題なし。クレバスを越えられると間を詰めにくくめんどい。


・主な死因と対策
1バタフライ
回避に慣れる。もしくはガードできる武器で行っていっそガードする。

2遠距離からのブレス
自分の死因の第一位。
バタフライやジャンプでクレバスを越える→クレバス越しに低空雪玉ブレス→雪まみれになってその後の行動で死亡。
クレバスを越えたらとりあえず武器をしまっていつでも解氷剤使えるようにしておくとよい。遠距離からの低空雪玉は正直避け方がわからない。

ぶっちゃけガンナーならこれぐらいしか死因はないと思います。

アカムに比べて動きが遅く、避け方もはっきりしているものの、それを外れるとどうにも避けれない。
正直ウカムの強さの8割はあのマップじゃないかなと・・・。

ちなみに上記装備で2乙、回復剤使い果たし、残りHP1(根性で残ったもの)の40分針でなんとかなりました。

他の人の記録をみるともっと速いようなので攻撃がたりないんですかね。

正直もう戦いたくありませぬ

kisaragi_ro at 21:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)MHP2G 

2009年03月10日

近接用装備

最近また一個新しく作ったと言うことで近接用のマイセットを

1状態異常用
頭 コンガXヘルム 爆師珠 爆師珠
                
胴 コンガXメイル     爆師珠

腕 S・ソルZアーム 特襲珠

腰 ギザミXフォールド 攻撃珠 爆師珠
               
脚 夜叉・真【御足】 猛攻珠

武器  s1以上         爆師珠

発動スキル ボマー 心眼 状態異常強化 攻撃力UP小

主に睡眠爆殺用の装備。
のはずが爆弾置きつつロイヤルローズで毒毒させるのが楽しい装備。
心眼がついているので弾かれやすいの相手になかなかよい。

高級耳栓装備
頭 ディアブロZヘルム 絶音珠

胴 リオソウルZメイル 防音珠 加護珠
               
腕 リオソウルZアーム 斬空珠

腰 ディアブロZコイル 名人珠

脚 ディアブロZグリーヴ 名人珠

発動スキル 高級耳栓 業物 見切り+2

地味にs3が二カ所ある装備。
業物があるので斬れ味が落ちにくく、見切りで一応火力も望めるはず
汎用目的に。

属性攻撃装備
頭 グラビドZヘルム 属攻珠 属攻珠
               
胴 ギザミZメイル    匠珠 匠珠
               
腕 キリンXアームロング 斬鉄珠 属攻珠
               
腰 ギザミZフォールド 匠珠 匠珠
               
脚 ギザミZグリーヴ 斬鉄珠 斬鉄珠
               
武器  s2           堅守珠

発動スキル 斬れ味+1 業物 属性攻撃強化

武器がないと防御-20が発生する。
頭をギザミZで身体をグラビドZで珠をちょこちょこっと取り替えると
武器なしでもいけるが、鎧には鎧竜の天殻が必要なのでちょっとめんどい。
あと片手剣なら水属性武器以外はs2なので問題なく使える。
属性が通って、ヘビィで倒しにくくかつ咆哮のない相手ということでカニ用だったはずがそれを作るためにカニ狩りしていたような気がしないでも。

補助用
頭 リオハートZヘルム 友愛珠 防音珠
               
胴 フルフルZメイル 速食珠

腕 フルフルZアーム 速食珠

腰 フルフルZフォールド 絶音珠

脚 フルフルZグリーヴ 速食珠

武器  s3           迅食珠

発動スキル 広域化+2 高級耳栓 早食い

作製予定にして使われる可能性が限りなく未定な補助用装備。
高級耳栓を耳栓に落とせば武器フリーで広域化+2、耳栓、早食いが発動可能。
抜刀状態でアイテムを使える片手剣の利点を活かしつつ補助出来るかも?

とりあえずこんだけ

kisaragi_ro at 20:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)MHP2G