2019年01月01日

あけましておめでとうございます

新しい年が始まりました。おめでとうございます。

大雪が降って大変な所もあるのに、東京は本当に穏やかな天気。今、こうして書いていて、窓の向こうを見れば本当に雲一つない青空で、さっきから太陽を受けて暑くなって1枚セーターを脱ぎました。
さっきポストに年賀状を出すのにちょっと外に出ましたが、近くの神社の周りには人が多いものの基本的に元旦の朝は人も少なく穏やかで静か。本当に元日らしい陽気となっている東京です。

今日のこの気候のように穏やかな平和のうちにこの1年が過ぎて行くといいのですが、どうでしょうか。何となく不安な感じはしてしまいます。ま、1日目からそんな悲観的な事を言わず にただただ「良い年になりますように」と祈りましょう。  
Posted by kishiko1 at 11:30Comments(0)

2018年12月24日

Merry Christmas

昨日は日曜日のクリスマス礼拝。礼拝の後、うちの教会では皆さん持ち寄りのお食事会。そして、今日は午後5時からクリスマスキャンドルライト礼拝と続く。クリスマスは普段教会に来られない方々もいらっしゃるし、その分こちらもソワソワして何かテンションが上がってる。

今日のキャンドル礼拝でも初めての方が、「すごく良かった」と言って下さり何より。「クリスマスは教会へ」と思うもののなかなか教会の敷居は高いようだし、実際来てみて「なんだかなぁ」と思われたのでは困るので、「良かったぁ」と言われると物凄く嬉しい。そして「礼拝は毎日曜日やってますからね、また来てくださいね」と伝える事も忘れない。

キャンドル礼拝。イエス様の誕生そのものが光なんだなぁ、と嬉しくなる。
Merry Christmas!!  
Posted by kishiko1 at 23:08Comments(0)

2018年12月12日

幼稚園でのコンサート

友人から彼女が行く教会の付属幼稚園で歌ってくれない?との打診があり、「え?子供対象だったら私の歌は喜んでもらえないよ」と言ったら、「いやいや、保護者対象だから」って事で、実は今日そのクリスマスコンサートに行ってきました。朝の10時にはもう歌っていた。(こんなに早い時間のコンサートは初めて!!)

そして来ている保護者の方々を見て自分の子育ての時を思い出しました。初めてのCD{Amazing Grace} のレコーディングの時に娘は今日の方々と同じで幼稚園。息子はまだ赤ん坊で彼を抱っこしながら歌の練習してたな、と。スタジオにも二人連れて行った事もあったな、と。「子育てって大変なんですよねぇ」と歌の合間に話しましたが、これはほんとに本心。全てがなかなか思い通りに行かないし、いや、本当に大変。

そんなお母様方に多少でもリラックスできる時間が提供できたなら嬉しい事。 昼前には全て終わっていました!! ハヤっ!  
Posted by kishiko1 at 17:14Comments(0)

2018年12月10日

どうしても書けない

今日インフルエンザ予防接種をする。私は去年からこの予防接種を近くの整形外科病院でやっている。整形外科なので、待合室は風邪で咳き込んでいます、というような患者さんは余りいない。この時期は予防接種に行って本当のインフルエンザにうつってしまう事さえありそうで、一応マスクはしていくけど、それでも内科病院よりはずっとその辺の気持ちは楽。ちょっと時期的に遅くなりましたがとにかく予防接種しました。

で、病院のカルテでいつもいつもどうして書けないんだ?と思う漢字があって。私は潰瘍性大腸炎という持病があるのだが、それを書く時、その 潰瘍性のカイヨウって漢字がとにかく書けないんだ。本当になんでなんだ?って自分でも不思議で仕方ないし、第一 平仮名で「かいよう性」って書く事がすごーく恥ずかしいんですけど、でも、書けない。何も難しい字でもないのに、あーあ、いつも書けない。今日もまた、平仮名で書きました。 「かいよう性大腸炎」と.... 恥ずかしぃ.........  
Posted by kishiko1 at 21:52Comments(0)

2018年12月06日

一味違う!

例年やっています 渋谷JZBratでのクリスマスライブは先日4日に無事終わりました。

今年も満席のお客様をお迎えして。何と言っても今年はアレンジにパーカッショニストの海沼正利さんをお願いしていたので、例年の音とは一味も二味も違うライブになりました。その日は何だか生暖かくてコートもいらないような夜でしたが、まさに南国のクリスマスみたいなラテンっぽいリズム満載で。

海沼正利マリンバ、山崎ふみこビブラフォン、Christopher Hardyパーカッション、上野山英里ピアノ、という編成で、どの方もとてもユニークで楽しくて楽屋も何だか訳のわからない?愉快な話が飛び交っておりました。

私は今回は結構フロントで立ちで歌う事が沢山。これもいつもとは違う形。立って歌うから緊張するかと思いもしましたが、それもなくラテンのリズムに身体が揺れてしまうって感じ。それでも何曲かピアノ弾き語りもやりましたが、やはりピアノに座ると「はい、ここは私の場所」という感じで落ち着きます。

今までにも良く歌った歌を海沼さんのアレンジでまた全然別物に。音楽は楽しければジャンルは関係ない、と思っているので、違うアレンジもとても楽しく歌えました。「きよしこの夜」を毎年歌っていますが、一昨年は落ち着いた雰囲気で綺麗に歌い、去年はロックンロールアレンジで歌い、そして、今年はすごくメルヘンチックで映像が浮かぶアレンジで歌いました。色々です!!  
Posted by kishiko1 at 11:37Comments(0)

2018年11月16日

クリスマスライブ

今年も 12月4日に渋谷にある東急セルリアンタワーの中のライブハウス JZbratでクリスマスライブをやります。

この何年かこの場所でやっていますが、例年いつも満席になるという本当に嬉しい悲鳴をあげています。 今年もまた満席になったとのお店からの連絡。締め切った後から「どうにかなりませんか」と言われる事も例年あるのですが、このライブハウスは立ち見という事が許されないので 席がなければどうしようもない。 本当に申し訳なく思いますし、とても残念だといつも思います。

今年のライブは例年とは違い、パーカション奏者でアレンジャーでもある海沼正利氏によるアレンジによるもの。また、例年と違う所は私がピアノ弾き語りをするよりも、むしろセンターに立って歌手として歌う事が多い、という事です。色々と違うのです! 来られる方には是非楽しんで頂きたいと思ってます。そして、私達演奏者も勿論楽しみます!  
Posted by kishiko1 at 23:45Comments(0)

2018年11月06日

土井一郎さん

私のピアノの師匠である土井一郎氏が昨日逝去されました。本当に繊細な美しいピアノを弾くジャズピアニストで数々のアルバムも出されており、私の音楽に本当に多くの影響を与えて下さった方。音一つにも凄くこだわりのある演奏で。

私はピアノの実技だけでなく、ジャズ理論もあれこれと教えて貰っていたが、ある時から自分自身の歌の伴奏の形なども教えて貰う事になった。そんな時に、「うん、ちょっと僕が弾いてみるから歌ってみたら」と言われて、まぁ、その伴奏で歌った時の気持ちの良かった事! それがきっかけで超勿体ない程だったが、土井一郎ピアノ伴奏で、歌手Kishikoとしてのジャズライブを始めた。

実はその時はもう土井氏はすい臓がんのステージ4.もう長くはないな、と言いつつも、とても前向きな姿勢で、私とのジャズライブも3度こなして頂いた。いつもとてもいいステージを持つことが出来て本当に楽しかった。

その土井氏がこの夏の終わりに、「一緒にアルバム作ろうか?」と言われて急遽、ジャズアルバムを作る事に。ピアノ:土井一郎、ベース:山村隆一、ドラム:マイク・レズニコフ そして歌は私と。この音録りもとにかく痛み止めを飲みながらではあるが、本当に素晴らしいものに終わったところ。「命を懸けてやるよ」と言われていたが、本当に魂に響く演奏をしてもらった。ただ、音は録り終わったもののCDとしての形になる前に逝かれてしまった。 本当に本当に残念。

ただ最期はとても辛かったそうで、今はそこからは解放されているんだろうと。
ありがとうございました。
  
Posted by kishiko1 at 20:42Comments(0)

2018年11月01日

合同コーラスCDmixing

私が関わる3つのコーラスグループでCDを制作という話は前にしました。で、その為の歌入れは既に終わっていましたが、昨日、それのmixingの作業をやりました。

スタジオのエンジニアの方と一緒に1曲1曲を聞きながらアレコレバランスだの手直しだのをやる仕事。これがなかなか細かい作業ではあってなが〜〜い間スタジオにいました。スタジオの前にセブンがあるので、昼ご飯も夜ご飯もそこで買って食べました。でも、終わるとそれはそれでとってもいい気持ち。無から作り上げたものが形になる。終わった曲を全てスタジオで聞きましたが、全てゴスペル曲、賛美歌なんで聞いているうちには何だか心が温かく恵まれて。疲れたけどいい疲れとなりました。

とりあえず音源は完成。素人コーラスの面々による歌ではありますが、なかなかいい物が出来上がったので、早くそのメンバー皆さんにも聞いて貰いたいと思ってます。待ち遠しい!

  
Posted by kishiko1 at 21:16Comments(0)

2018年10月19日

三好3吉さんと

先日、10月15日に高円寺の老舗ライブハウスJIROKICHIでギターの三好3吉さんと共演。

実は30年前1988年、私のデビューアルバムで{AmazingA Grace}、2枚目{In His Love} の中でギターを弾いてくれていたギタリストがこの三好さん。 去年、久米小百合さん、本田路津子さんとのアルバムを作った時に何と30年ぶりに再会し、久米さんたちとの目黒ブルースアレイでのライブの時も彼はギターで参加してくれて。「今度DUOでライブしよう」と言っていたのが、何と先日現実となった訳で。

30年を経て、また一緒に音楽するというのは何とも不思議な感じがする。お互いに見た目はしっかり30年が経ちましたね!という感じだけど、でも、演奏していると本当にジワジワと嬉しい感じがして。本当に素敵な音楽をお客様に届ける事が出来たと思う。終わってから二人して「またやろうね」と話しましたが、ほんと、きっとまたライブやると思います。楽しかった!

そして、eventにupしましたが、今年も12月のクリスマスライブが渋谷JZBratであります。どうぞ早目に予約をされて是非聞きに来てください。  
Posted by kishiko1 at 19:51Comments(0)

2018年10月11日

録音スタジオ

9月位から進めてきたジャズアルバム。昨日はそのうちの何曲かの歌を録音するために初めてのスタジオを訪れる。

先日コーラスグループの録音をしたスタジオはかなり大きくて、それこそ総勢40人いても大丈夫という程の天井も高い、広いスタジオだったが、昨日のスタジオは何と外から見たらただの一軒家。しかも成城学園にあるとっても閑静な住宅街の中。ちょっとびっくり。中に入ると、これがまたとても雰囲気が良く落ち着く。スタジオって大体閉鎖的で、昼でも夜でも電気つけて、が殆どだったけど、そこは明るくて。開放的な窓もあって。勿論、録音の為のブースはそうもいかないけど。こんなスタジオもあるんだなぁ、とちょっと感動。

で、そこでしっかりと歌ってきました。まだこれからも1,2度そのスタジオに通います!  
Posted by kishiko1 at 22:25Comments(0)

2018年10月08日

合同コーラス

6日の日に私の関わる3つのコーラスグループが揃ってオリジナルゴスペル曲、祈りの曲などを録音しました。それぞれのコーラス団の持ち歌を1曲、そして全員、総勢40名での曲が7曲と全部で10曲。

録音して、CDにして売る? のではなくて、あくまで素人さんですし、自分達の記念。とは言え、全てがメッセージを持っている歌なので、なんなら友人なんかにも聞いて貰いたい、ってな感じ。ただ人に聞いて貰いたいならある程度のqualityは必要ですし、手抜きはしたくない。1曲以外は全部私のオリジナルなので、私が編曲もし、私がずっとピアノ伴奏。いやぁ、緊張と集中力を切らさない中でのピアノ伴奏。相当に疲れましたよ。 でも、10曲やり切りました!!

歌入れの後はギターだのフルートだのも入れたので、朝から晩まで12時間以上スタジオにいました。でも、とにかく終わってほっとしましたし、なかなかいい感じで皆さんも歌えたのでほっとしてます。

出来上がってメンバー皆さんに「ほら、出来ましたよ」と、そして、初めて自分達の声をCDで聴いてもらう時に、皆さんがどんな反応をするか今から楽しみです。早くできないかなぁ、と思います。とにかくヤレヤレ!!終わったぁ!

でも、今週は自分のジャズレコーディングの続きがあります。まだまだ気は抜けない。来週はライブもあるし。もうしばらく気を抜けない。

  
Posted by kishiko1 at 13:56Comments(0)

2018年09月15日

涼しさ

本当に長い事登場しませんでした。ごめんなさい。

前に書いた時は暑くて暑くて、と、それが今はかなり涼しくなって。ベッドに入るのが楽しみになってきましたねぇ。暑い時は「今夜はクーラーをして寝るのか、はたまた途中までつけてるのか、さもなきゃ 窓を開け放していれば何とか過ごせるか」とか、とにかくそんな事で煩わしくて決して眠る事が楽しくなかったし、眠りも浅かった。

この所の涼しさでやっと眠りも深くなってきたし、何よりクーラー、いる?いらない?って考えなくて済むのがありがたい。眠りが浅いのは年のせい?って思ったりもしたけど、暑くてきっと寝苦しかったんですね、よく寝てます、この頃。

で、この所とても忙しくしていますが、その辺の事はまた次回に。
  
Posted by kishiko1 at 23:28Comments(0)

2018年08月19日

眠れる!

この所東京は涼しい。あんなに暑いのが続いて一体この夏は終わるのかしら、と思ってたけど、とにかく何日間か涼しい。8月中旬のこの涼しさはこれはこれで異常気候ではあるだろうけど。

そして、涼しいと外に出るのも気楽だし、何と言ってもよく眠れる。「今日はクーラーつけっ放しで寝るしかない」とクーラーをつけてる日が本当に多くて。でも、クーラーの設定温度はどうしようか、とか考えるのがまたすごーく面倒で。でも、この涼しさ、そんな事を思い悩む事もなく、ただ、少し窓を開けてそのまま スーーーーっと寝床につける! 最高!  そして、この所、起きるのが遅い。涼しいから眠れるのですねぇ。今日も教会に行くのに寝過ごしそうになった。 ま、このまま秋になる訳はないけど。  
Posted by kishiko1 at 23:06Comments(0)

2018年08月09日

Count Basie のライブ

昨日は台風が関東に上陸する、なんて中、夜の9時からジャズビッグバンドのCount Basie 楽団を聞きに行く。 テレビのニュース映像みたいに、風に負けない様に傘を傾け、暑いけどレインコートも一応着て出かける。(こんな風雨の中のお出かけは初めてだと思う)

ただ会場に着くとそこは別世界。皆さん普段よりも早目にいらしたんだと思う。開演時間のかなり前からほぼ席は埋まっていた。そして、こういうライブ会場ってやはり面白いのはステージと凄く近い事。特に、今回はビッグバンドで〈20名位?)バンドメンバーは始まる前からすでに自分の演奏場所に座っていて、ピアノの人は楽譜を揃えたり、なんて事をやっているのが良く見えて。そろそろ始まるかなぁ、という時間になると、客席照明が落とされて、何の前触れもなく突然に「バーーン!!」と強烈なビートと音で1曲目が始まる。これは凄かった。そして、そのまま彼らの凄いリズム感と音の波に飲み込まれていくって感じ。最後まで。

聞いているお客さんはそのノリノリの音楽に圧倒され楽しいのだが、演奏している本人たちがまたとっても楽しそうで。終始ニコニコしているメンバーもいて。それを見ているとまたまたこちらも楽しくなってくる。本当に音楽って楽しむものなんだな、音楽って素敵だなぁ、と改めて感じられた。

そんな素晴らしい、脱日常!の時を過ごして、外に出ると風雨は更にひどく。ただ、おかげで電車が驚く程空いていました。  
Posted by kishiko1 at 22:22Comments(0)

2018年07月19日

暑い

久しぶりに書きます。

って暑い。 別に暑いから書かなかったわけでもなくただただ時間が過ぎてしまったというだけですが、それにしても本当に暑い。梅雨が6月中には明けてしまい、一体どうしたんだと思っていたら、あっと言う間にこの暑さ。暑さによりフットワークがやけに遅い。重たい。 普段はさっさか歩く私だが、今はダメ。だから電車に乗る時は普段よりも早目に家を出ます。歩きが遅いから。

家の掃除も普段よりも熱心さに欠けるし。勿論、料理はもっと熱心さに欠けるし。街に毎日の熱が段々とこもってくるように、自分の体にも段々と暑さによるだるさ、というか重さ、というか、気力のなさ、と言うか。そんな物が蓄積されてきているように思う。一体どうなるんでしょう。まだ、しばらく続くという。(っていうかまだ7月なんです) 皆様 お身体気を付けて。  
Posted by kishiko1 at 22:15Comments(0)

2018年06月22日

happy!

今日はFEBCの収録があったのですが、無事に終わり自宅に向かう途中、何だかフワフワと幸せ感が漂って。なんでかしらと思うに、ま、一つ仕事が終わってヤレヤレって事もあるかもしれないけど、それよりも何よりもお天気のせいみたい。 今日は梅雨の晴れ間で暑いけれど、でも、風もそよそよ吹いたりと、それで何だか気分が良くなったのかしらと思うのです。

そんな思いでちょっと梅酒を飲みながら夕食を一人で食べていたら(今日はいつも一緒に食べる家の面々の帰宅が遅かったので)これまた 「何だかhappyだなぁ」と感じられ。と思ってたら、母からラインが来て、「天気だとやっぱりいいわね」と同じような事を書いてきた。

人ってこんなにも天気に左右されるんだなぁ。Happy を感じる1日でした。  
Posted by kishiko1 at 23:20Comments(0)

2018年06月17日

jazz live

昨日はジャズのライブ。満席のお客さんにも楽しんで頂いたようで無事に終わりました。

いつもはピアノの弾き語りをする私ですが、昨日はピアノは弾かずに歌だけ。立ち歌。ヴォーカリストとして歌うというのはこれがまた気持ち良い。ピアノは土井一郎さん、ベースは酒井一郎さん、とそのお二人の素敵な演奏に合わせて歌うのですが、何と言ってもその場でその演奏がどの様になるのか解らない。ただそれを聞いて、それに合わせて歌う、そしてそれが一つの曲としてその場で仕上がっていくわけで。これがジャズの面白さ。「あ、伴奏そう来るのですねぇ」とそれを感じて乗りながら歌っていく。緊張感もあるけどやはりとても楽しいものです。 終わったばかりですけど、早くも「あぁ、また次もやりたい!」と思っております。


  
Posted by kishiko1 at 06:47Comments(0)

2018年06月10日

コンサート

今日は本当に超久しぶりにきちんとしたホールでのコンサートを聞きに行く。娘MARICOのライブでお世話になった大藤桂子さんのcello! 素敵でした。

きちんとしたホールって言う言い方はおかしいかもしれないけど、この頃はライブハウスに行く事が多くて「イエーイ「」と掛け声かけてノリノリになる音楽を聴きに行く事ばかり。 で、今日は拍手以外は基本静かにしていますっていうコンサートだった訳です。途中で隣に座る夫がプログラムを落とした音がやけに大きくて冷やっとしたという程。

座り心地のいい椅子に座り、しっかりと音楽を聴ける、というのもこれもまたいいもんですね。大藤さんのcelloの落ち着いた響きの中 幸せな気分を貰いました。外は台風の雨.........でしたが。

  
Posted by kishiko1 at 22:24Comments(0)

2018年05月28日

ヴォーカリスト!

私は普段ピアノの弾き語りがほとんど。誰かに伴奏してもらって、ピアノから離れて立って歌うという事はとても稀な事。そんな私が去年9月、今年2月、とジャズスタンダードを歌うというライブをやっていますが、それは土井一郎先生のピアノ伴奏で私はピアノは弾かない! 自分でピアノを弾きつつというのはそれはそれなりに勿論凄く気持ちはいいのですが、でも、人が伴奏してくれて自分は歌だけ、というこれはまたまたとても楽しい。

そのライブがリピーターの方もおられるという感じでかなり好評なんで、来月6月にまたやる事にしました。(満員御礼となりました) で、今日はその為の曲決め、曲順などを決めるために土井先生と打合せ兼練習。ピアノから離れて立って歌うというのは何だか足がグラグラするようだ、と始めの頃は思ってましたけど、この頃はそれにも慣れてヴォーカリストに徹する事の楽しさをすごく感じています。6月16日の本番までしっかりとしつこい程に練習しようと思ってます!いらっしゃる方、どうぞ楽しみにして下さい。  
Posted by kishiko1 at 20:21Comments(0)

2018年05月26日

大腸内視鏡

今日は恒例の大腸内視鏡検査。私は腸の病気持ちなので毎年これをやらなくてはならないのです。

皆さんはこの検査をされた事があるでしょうか。検査に至る前に腸の中をスッキリ綺麗にするためにポカリスエットみたいな薬を2リットル飲むのです。以前はこれを飲む事はさほど苦にならなかったのですが、去年あたりから結構苦しくなってきて。去年は飲んでいる途中で顔色真っ白になって吐いたし、今年はその記憶があるのでかなり注意深く飲んで、吐く事はなかったけど、でも、その一歩手前までは行った。本当にいやなもんなんですね。ナースに聞いたら年齢は関係あるかも、だそうで。私は毎年やらなくてはならないのに、年を経る度に辛さが増すのかしら? あぁ、いやだ。

そして、その2リットを飲んでしまえばあとの検査そのものは楽なんだ!と思いきや、今回はその検査もかなり痛みがあって。ショック。 あーぁ、色々と大変な1日でした。ま、今は終わってホッとしてるけど、また来年かぁ、と今から憂鬱。 


  
Posted by kishiko1 at 22:29Comments(0)