2012年11月05日

『下町ボブスレー』1号機完成レポート ≪その1≫

只今絶賛開催中「JIMTOF2012」(東京ビッグサイト)にて、
弊社製作協力しました「下町ボブスレー」が企画展示として初お披露目しております。
これは行かねば!ということで、11/4に見学してきました。

■その前に・・・
 『下町ボブスレーって何ぞや?』という方は、予備知識としてこちらをどうぞ!↓

 下町ボブスレーネットワークプロジェクト推進委員会
 ~ フェラーリに挑む モノづくり大田区の戦い ~
 https://www.facebook.com/#!/shitamachibobsleigh

NCM_0737

これがようやく完成した「1号機」。
見た目だけでめちゃくちゃ早そう!
NCM_0805

前から見るとこんな感じ。
NCM_0766

内部。
外見だけでなく、中も「赤」が効いててカッコイイのです。
ちなみに弊社が製作した部品は、この奥のハンドル内部に入ってしまって
フレームを組んだ時点で既に見えません。
NCM_0772


会場の壁面に大きく展示されている、実際のボブスレー競技の画像です。
これだけでもすごい迫力!
1号機が実際に滑って行く姿を想像しちゃいます.。゚+.(・∀・)゚+.゚
(会場では実際にボブスレーが滑ってる映像も流れています)
NCM_0800

この日は機械を見ながら見学…と思っていた矢先、

2日前に「製作側の方も出演してほしい」とのことで、
急きょクロストークショーに参加することとなりました(汗)
NCM_0761

今回の1号機製作にあたっては、大田区内20数社が製作協力していますが
実は部品製作はすべて「無償」・部品点数は200点弱・
納期は2週間という強行スケジュールでした。

トークショーでは、同じく部品製作に携わった大野精機・大野さん、
今回のプロジェクトの発案者である公益財団法人大田区産業振興協会・小杉さんとともに
部品製作を引き受けるいきさつや
製作にあたって苦労したところ、大田区モノづくり企業の強み、
ボブスレーの今後についてお話させて頂きました。

またこのトークショーに、なんと松原忠義・大田区長も急きょ来場!
(上の画像の中央に後ろ姿が映ってます)
ボブスレーの今後にかける思いはもちろんのこと、
大田区製造業の強みなど、熱っぽく語って下さいました。
NCM_0780

そしてJIMTOF開催中に、「下町ボブスレー」の存在を知った
ボブスレーの現役パイロット・川崎奈都美さんも、トークショーに参加して下さいました。
(上の画像の中央)
北海道で知らせを聞きつけ、速攻で飛行機に飛び乗ってきたという
素晴らしい!行動力の女性です。

マシン自体はウン千万するので、もちろん自分で所有できず
国内では作っておらず、海外チームの払い下げを使用しているとのこと、
また海外遠征では現地でマシンをレンタル(!)してるそうです。

レンタルしたマシンをメンテナンスしてレースして、
日本人と海外選手と「1秒半」もの差がつくのだとか。

その他、遠征にかかる費用や、マシンができた場合の輸送費など、
競技を続け、強化していくにはまだまだ沢山の問題があるそうです。

少しでも早く「下町ボブスレー」が、川崎選手を始め
ボブスレー競技の選手達の後押しになれれば・・・と
強く思った次第です。


委員長・マテリアル細貝社長も交えて 皆で最後に写真撮影
NCM_0785

まだ書き足りないので(笑)
⇒ ≪その2≫へ続く。



kishimotokogyo at 22:28│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字