Facebook

名古屋城の築城工事で、400年も前から食べられていたというきしめん。食べる文化財といっていい麺なのに、地元の人たちが食べることが少なくなり、出張や観光で名古屋に来た人が食べる名古屋名物になってしまいました。

でも、一度食べたら、きしめんという麺の良さはわかってもらえるはずです。薄く伸ばした麺なのに、讃岐うどんのに負けないコシ。そのコシも、シコシコ、モチモチに分かれ、麺肌がツルツル、ザラザラ、さらに幅が狭いきしめん、幅が4センチくらいのきしめんなど、ひと口にきしめんといっても店によって違います。

きしめんを食べたことがない人が知らないだけで、讃岐うどんなど他県の麺に負けないおいしい麺であることを知ってほしくて、きしめんに特化した「きしめんスタンプラリー」を開催することにしました。
今年はきしめん普及委員会の積極的なPR活動や、東麺類組合が中心になっきしころスタンプラリーが開催されました。
「きしめんスタンプラリー」は今年をきしめんイヤーと決定づけるイベントとして、きしめんを盛り上げたいと思っています。

きしめんは茶色いツユに鰹節がのったものだけではありません。いろんな食感のきしめん、いろんな食べ方のきしめん、多彩なきしめんをこの機会に知ってもらえるとうれしいです。 

※スタンプ用紙は、下記リンクからプリントするか、参加店で受け取ってください。 


きしスタ参加店

スタンプラリーのルール

スタンプ用紙


うまく印刷できない場合は、PDF画像をパソコンに保存してから、印刷してください。それでもダメな場合はお店でスタンプ用紙をもらってください。

実行委員のブログ