2017年05月24日

薔薇が満開です

bara1
bara5
bara4
新苗からベランダで育てて今年2年目のピエール・ド・ロンサールを手始めに・・
昨年ピエールを3苗、ピンクの小花がかわいいアンジェラを1苗追加購入して花後の6月初旬に地植えした薔薇が今満開を少し過ぎたところです。

地植え1年目としては上出来の花数?と自画自賛・・・ただし遠目には。

梅雨明けから九州の強い日差しを受けぐんぐん伸びるシュートをまとめて括り、からっからの8月は日に2回水やりし、葉っぱを食べるカタツムリや花芽を食べるバッタといったネット情報には出ていない害虫と(塩を入れたフリーザーバッグにゴメンナサイ!といいながらピンセットでつまんでぽいぽい投げ込む原始的な方法で)戦い・・、12月のクリスマス頃には、ブドウのハウスの枠を利用してワイヤーを張り、4日もかかってトゲで手を血だらけにしながら巨大化したシュートをすべて誘引し、そして向かえた春。
今年は寒くて虫が遅くてラッキー!と消毒に精を出し・・ちょうどつぼみが出てきたその矢先に2週間の緊急入院・・・

結果、母が頑張って水やりをしてくれたものの・・ベランダのピエールは水切れを起こして花芽を半分以上落としてしまい、地植えのピエールのつぼみにはバラゾウムシとスリップスが・・アンジェラの柔らかい葉はバラハキリバチによほど好かれたと見えて、コンパスで切り取られたような丸い穴が無数に・・。
bara6
ベランダのピエールは花数が少ないせいか、かえってピンクの色が濃い見事な花を咲かせています

でも・・まあ・・近所の方たちが散歩の行き返りに「きれいですね〜」と声をかけてくださるのに励まされ、毎朝摘花に精を出しています。思えばこの九州八代の暑すぎる夏と冬の夜の極寒と霜を乗り越えて見事に咲いてくれました。

せっかくなので秋の作品展に向けて思いっきり・・ひらひらのピンクの薔薇に彩られた乙女の絵を描こうかと考えています。
こちらはまったくの放置栽培で、毎年5月になったら畑をはみだしてあちこちですごみのある赤い花を咲かせているオリエンタルポピー(オニゲシ)。対照的な妖艶な女性の絵にしても面白いかも・・。
pop2


kishol3 at 15:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年05月09日

喜翔きぬ絵教室閉講のお知らせ

midori2popi

新緑がまぶしい季節。花壇も初夏の趣、つる薔薇もぽつぽつ咲き始めました。

脳腫瘍の父を3か月ほどの介護を経て、入院先の病院で穏やかに看取ったのが87才の誕生日直前の2月初旬。49日と納骨も済み母と二人の穏やかな日々が戻ったと思っていた矢先の4月18日朝、腰の激痛に加え両足のしびれから麻痺が始まり、自分で救急車を呼んで運ばれた病院でMRI検査を受けた結果、即入院安静の指示が出て83才の母を自宅に一人残してそのまま2週間の入院となりました。

幸い熊本市内の弟家族が駆けつけてくれたため、母のほうは心配せず血圧コントロールしながらただただよく眠り、1週間後のMRI検査で血腫が小さくなったためその後1週間で無事退院しました。
「脊椎硬膜外血腫」というのが病名らしく、なんらかの出血で背骨に沿って血の塊が点々と出来ていてそれが脊椎内?の足の神経を圧迫してしびれがおき麻痺につながりかねなかったとの事。通常は高いところから落ちたり自転車でこけて腰を強く打ってできるとのことですが、直近では心あたりがなく原因不明。自分では、急激に体が麻痺し車椅子から車のシートに移れなくなった父を人生最大の馬鹿力で抱え上げた時の後遺症ではないかと感じています。

今、生活は普通にできますが、腰に負担をかけるのはやや恐々です。

そして本題ですが、熊本地震後、会場建物の避難所化や会員の被災を理由に閉講して、その後父の介護から送り、遅れた仕事に追われるなど自身の事情が加わり再開できずにいた「喜翔きぬえ教室」をこのたび閉講することにいたしました。

■貸会場では道具類を預けておく設備がないため、絵に使う重い道具や材料・資料の車への積込みやカートで引いて運ぶ事に不安があること
■通常は元気でまだ要支援認定も受けられないけれど、不整脈のある高齢の母を一人にすることに不安が出てきたこと
■通常の依頼を受けての仕事以外に作品展に出品する自分らしい絵を描く時間を増やしたいこと
などが主な理由です。

とても味わい深く、慣れれば描きやすい「絹本着色の日本画」をたくさんの方に知っていただきたくて2000年頃から細々ながら楽しく続けてきた教室なのでとても残念で、、、思案の結果

どこかに20年前の私と同じように、この技法を試行錯誤して自分で学びたい方が少数いらっしゃることを想定して、また今までの会員の方向けの手助けだけでもできるように、
ホンニナル出版の販売サイト「CARGO-カーゴ-」で通販中の技法書「佃喜翔著 絵絹に描く美人画-きぬ絵(絹本着色日本画)の技法」を購入いただいた方を「きぬ絵NET教室会員」とかってに見做し(旧会員で購入済みの方はそのまま)、メールでの技法に関する質問や下図の添削等を受け付けます。
締め切りのあるカレンダーやイラストの仕事の合間のみの対応ですので、返信に時間がかかる場合もありますができる限り細かく答えたいと思っています。

■薄っぺらい体裁の割にお高い技法書を購入いただくのは自分で試行錯誤していただき、質問を具体的にするためです(著者はほぼ儲かりません)。
■「無料!」にするのはただただ面倒と言う理由です。他意はありませんのでどうかビビらず遠慮なくご質問ください。
■英語力がありませんので海外からの質問には対応できません。

喜翔きぬ絵NET教室の詳細はこちら→

技法書購入方法はこちら→

※初めての方はペンネームで結構ですので、画歴などが少し分かる程度の自己紹介を添えていただければ助かります。NET上で公開しているアドレスとはいえ、質問される方で名乗らない方が案外多いので・・




kishol3 at 00:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年03月06日

春の作品展のご案内

17kawazu3s


昨秋から脳腫瘍を患って認知症の症状と体の急激な麻痺に苦しんだ父が、87才目前の2月8日に幸いにもとても穏やかに亡くなり、明るさと静けさと華やかさが共存するこの早春は人がきれいさっぱり人生を終えるのににふさわしい季節だと感じます。

花好きの父が植えて畑の横で並木に育ったピンク色の河津桜が今満開をすぎて、樹の下を通ると小型の蜂の羽音がうるさいくらい・・。ヒヨドリやまだ鳴かないウグイスも毎朝やってきます。
本格的な春はもうすぐ。

絵を描く時間がとれなくてカレンダーの原画として描いた作品ばかりではありますが、春の作品展に新旧9点の四季折々の江戸風俗美人画を出品いたします。

タイミングが良ければ桜の花もちらほらのこの春の3連休に
国立市の画廊巡りはいかがでしょうか?

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 生活を飾る・彩る 創作家展 Vol.1

 ■会場 東京都国立市 アートスペース88
 ■会期 3月16日(木)〜21日(火)
 ■時間 11:00〜18:00(最終日16:00まで)

DMカラー面はこちら→
DM宛名面はこちら→

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

喜翔おひめさまSHOPはこちらです→ 





kishol3 at 17:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年11月26日

秋の作品展開催中です

ibara0m
せっかくの紅葉の季節もばたばたと慌ただしくしていてすっかり告知が遅れてしまいましたが、東京都国立市で作品展に出品中です。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

絹本着彩日本画 喜翔×伽楽 銀游飾師
+Atelier Lefas新鋭作家展

会期:11月24日(木)〜29日(火)12:00〜18:00※最終日17:00まで
会場:国立市アートスペース88
詳細はこちら→http://ohimesamashop.ocnk.net/data/ohimesamashop/image/tokusyu/16DM.jpg

追記◆12/6(火)まで佐藤ルイ展に追加展示中です◆SHOPとiichiでの販売は12/10からとなります

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

長々と気取ったタイトルになっておりますがその実態は・・
シルバーアクセサリー作家の弟「伽楽」と主催する彫金教室アトリエ ルフェの新鋭の作家さんたちの販売を兼ねた作品展に「壁面が空くから・・」という理由で、喜翔が参加するという企画です。

2016年の新作おひめさま「いばら姫」を中心に「囚われの王子」小品「アネモネ」他に美人画カレンダーの原画5点合わせて8点ほどの展示ですがこの土日、近郊の方は晩秋の国立市の散策をかねてぜひお立ち寄りくださいませ。

さて、いばら姫。
ずいぶん前から顔の下図だけできていて温めていたというか放置していたというか・・・
徐々に出来上がってきたイメージは、野茨絡まり生い茂る(中には姫を救おうと挑んだものの朽ちはてた王子たちの屍が・・怖)お城の塔のてっぺんの小部屋で棺(ひつぎ)のような黒い糸箱の中で眠る15歳のままの姫君。

お話は
長く子のなかった王と妃の元にカニのお告げで生まれた待望の姫君。
1歳の誕生日の祝いの席に金の食器が12枚しかなかったために一人だけ呼ばれなかった仙女(魔女?)がひがんで宴の終わりに放った呪いによって15歳の死を宣告されるも、12人の仙女のうち一人残っていた仙女の魔法の救済により死ぬのではなく100年眠ることに・・。
グリム童話に収録された昔話なのでいろいろつっこみどころは満載ですが、大好きなエロール・ル・カインの絵本を改めて開いてみると15年後、たったひとりお城を散策する姫が好奇心にかられのぼった塔のてっぺんの小部屋に麻糸を紡ぐ魔女がいて、糸車のくるくる回る錘(つむ)に指をさされてそこにあったベッドに倒れこんだ・・・ん?・・あ〜?やっぱりベッドが置いてあったのか〜・・・

ということで、出来上がっていた「紡いだ亜麻糸を保存する棺のような箱」のイメージを手放すかどうか散々まよったあげく、ま・いいか!ということで「糸箱の中のいばら姫」になってしまいました。

黒い糸箱の少し開いた蓋の隙間から金髪がのぞき、開けると中から遺体のように眠る15歳の姫君・・ちょうど100年めに訪れた王子の目の前でみるみるほほが桜色に色付き・・という妄想です。

いつもながら思い通りに仕上がったとはとても言い難いのですが・・。
ちなみにバレーシューズのような靴はエリザベス1世の寓意画の一枚からデザインを参考にしました。処女王と呼ばれたやや硬いイメージの彼女がフェミニンなかわいらしい靴(室内および庭履き?)を履いているのが意外で記憶に残っていたのです。

ouzi-gaku
geane
hshanafu3ss
kami3ss
dokusyo1s
bitatutahime-s
sira3ss囚われの王子
アネモネ
花ふぶき
洗い髪
読書
竜田姫
しらさぎ


kishol3 at 00:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年10月06日

台風一過

1610nizi

台風17号に続き18号が九州に接近した10月5日。

ここ八代は午前9時ごろやや強い風(風速10km前後)があったものの昼過ぎには通過。

そして台風一過の午後3時頃の空にはきれいな弧を描く虹が・・

グレーの曇り空をバックに稲刈り前後の田んぼに日がさして・・
いつも見ている仕事場窓からの景色とはまるで違ったメルヘンチックなムードが漂いました。

1610kumo
10/3夕方絵画のような空が
1610sora
10/4台風前日夕焼けに浮かぶ雲仙普賢岳
cosmo2
これから見頃だったコスモスだけが天候不順で伸びすぎていたせいか残念なことに

kishol3 at 23:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)