2019年03月18日

春の作品展を開催します

1903kokutimss2019年3月1日に5年いた、熊本県八代市から大阪市へ戻ってきました。私事の事情によるものですが、車がないとどこにも行けなかった田舎の暮らしに比べてホームセンターと大型電気店まで徒歩3分の立地が夢のように便利です。

暮らしの細々を整えるのに時間を取られて、いつものように告知が大幅に遅れましたが、弟の銀細工師「伽楽」との春の作品展をお彼岸の休日を挟んだ3月20日(水)〜24日(日)まで東京自由が丘の「ギャラリーコア自由が丘」で開催いたします。

2019年版美人画カレンダーの原画を中心に昨年11月の秋の作品展と似た内容になっておりますが、見ていただけなかった方はぜひお彼岸の外出ついでにお立ち寄りください。

◆◆今回は少し異質な植物画を1点展示します。
よく美人画やその他のカレンダーの原画制作の合間にスケッチを元にした植物画を描いています。美人画や童女画と違いなかなか結論が出ないと言うか?どこまで描いたらいいかわからないところがあって、完成作が少ないのですが「朱夏」と名付けたこの作品は一応完成作。
5年前まで住んでいた大阪郊外のマンション1階の部屋に日当たりの悪い小さな庭があって、金網で仕切られた御隣の庭には日当たりを求めて上へ上へと伸びて茂った楠の木やひょろひょろと丈だけ3mほどに伸びた南天があって林のなかにいるような環境でした。

夏になると、窓辺のソファに寝転んで広い窓の外を見上げると楠の木漏れ日の中から長いつるを下げ鮮やかな若緑の葉を背景にしたノウゼンカズラの房咲きの朱の花が、たくさん風にゆれていて・・・夢のような光景でした。美しさを再現できなくてもどかしいまま仕舞い込んだ作品ですが、、、引越し整理中に出てきた懐かしさから展示してみます。


syuka-moto3sss
bi19hyaku-hpb
bi19hanani-dmb
bi19sode-dmb
bi19hitaru-hpb
bi19nusubi-hpb
biennoato-s
18taanem-s







kishol3 at 22:03|PermalinkComments(0)

2018年12月27日

新年1月10日まで旧作美人画半額セール中です。

1901sale-img

秋の作品展をきっかけに新作美人画の販売ページが増えて華やかになり、原画の保存箱の中の制作年の古い作品のこと気がかりになっていた矢先・・
11月からこの年末にかけて2014年制作の作品を立て続けにお買い上げいただき、ご縁を感じるお客様のお手元へ届けることがでしました。

忙しさにかまけて今年はセールを見送る予定でしたが
やはりかわいい作品達に良縁が来るよう、こんな娘もいたんだと見直していただける機会を作ろうと思い直し、お正月セールを開催いたします。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
新年1月10日まで
2016年以前に制作した江戸風俗美人画を、希望販売価格の半額で販売いたします。(SHOP美人画コーナーですでに値下げした税込み価格で表示しております。)

※大きいサイズ(大全紙版)の作品は箱のみ通常の差し箱に替わり平箱となります。その他は通常通りの額装でご購入日より1週間ほどで発送いたします。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

この機会に
お正月の炬燵の中ででも、ぜひゆっくりご覧いただければ幸いです。

喜翔おひめさまSHOPトップページはこちら→

喜翔おひめさまSHOP美人画コーナーはこちら→

bi18sidare
bi18hata
biennoato-s
bi18komati
17aoba-m
bi17doku-m
bi18koibumi





kishol3 at 00:53|PermalinkComments(0)

2018年12月11日

村崎修三著「昭和懐古 思い出の少女雑誌物語」

omoide-hyousi

熊本喜翔きぬえ教室の元メンバーであり、熊本県菊池市、菊陽町図書館の少女雑誌コーナー担当者である村崎修三氏が3冊目の本「思い出の少女雑誌物語」を出版されました。


村崎氏の膨大な少女雑誌個人コレクション(現在は菊陽町図書館に寄贈)を構成する、少女倶楽部・白鳥・ひまわり・青空・・・から少女の友にいたる雑誌の成り立ちや編集者、作家、画家の紹介、内容の変遷や経営状態まで、詳細な戦後少女雑誌史であり研究書と言える内容の力作です。

それに加え、小学生の頃の少女雑誌との出会い、コレクションにまつわるエピソードが味わい深い文章で添えられ、何といっても、昭和20年代に少女であった世代を魅了してやまないカラー図版がたくさん差しはさまれ(私は昭和30年生まれで少女漫画誌初期世代ではありますが)とても魅力的な本になっています。

口絵の「少女の友」の松本昌美さんのパッチリ開いた瞳の着物の少女画は、この本で初めて出会いましたが、乙女という言葉にまつわるすべてが入ったような素敵な絵で、大正時代?の高島屋百貨店ポスター公募で日本画家の北野恒富が1等賞をとったかわいらしいつぶらな瞳とリアルに描きこまれた着物の質感がモダンな舞妓図の流れを感じます。

たくさんの方に読んでいただきたい思いばかりでうまく紹介できないのがもどかしいのですが・・
興味のある方はぜひ直接村崎氏にご連絡ください。

代金2300円+税のみで送料無料でお送りいただけるそうです。

◆村崎修三氏 メールアドレス viresan@hotmail.com

◆菊陽町図書館HP https://www.kikuyo-lib.jp/?page_id=119

omoide-ura
kutie1
kutie2
mokuzi1
mokuzi2

村崎氏の許可を得て画像を掲載しました。

kishol3 at 01:33|PermalinkComments(0)

2018年11月23日

秋の作品展のお知らせ

taanemone-mbb

春に引き続き、東京自由が丘で本日11/23(金)から12/2(日)まで作品展を開催いたします。

2019年版美人画カレンダー「喜翔」の初公開原画6点の他に・・
2020年版カレンダーの原画制作真最中のため干支のネズミを描いたりの合間に制作し、なんとかかんとか搬入のための発送前日に仕上がったのが大正浪漫「アネモネ」です。

※裏打ちなしでの展示なので予約のみ受け付けています。

一昨年からベランダや庭で育てているアネモネ。かなり寒い早春に咲く青い花が気に入って描きたいとずっと思っていて、たしかギリシャ神話の美少年にまつわる話があったと検索するととても面白い・・というか呪われたというかアドニスが複雑な経緯の近親相姦により生まれた話やら、例によってエロスのしでかしでアフロディテが美しい少年の虜になってしまう話、冥界の王の妻が絡んだ三角関係やら素敵な話がいろいろ。

でもアフロディテの忠告に耳を貸さず奔放に振る舞う少年が、嫉妬した軍神アレスの放った猪に刺されて死んだ血の海から咲いたのは赤花で・・・私が描きたいのは青花で・・はらりと落ちる花びらの風情から風の花と呼ばれてるとか、、あれこれ取り留めなく空想したり困ったりしながらできた絵はそのままの取り留めなさがでてしまった感じです。

まとめあげる集中力がなかった??・・そんなものは必要ないのかもとこの頃思っていて・・。
いつも下図の勢いや面白さが本画で失われてしまうのはきれいな印刷上りを求められる広告のイラストレーターとして生きてきたことの弊害かもしれません。今回最初に描いた落書きの顔から印象が離れてしまったのは反省点です。

絹に描き始めて「浪漫画」と名付けたのはこんな取り留めのない空想から絵が生まれるからで、アネモネの写真を撮ってみたり蕾がおもしろいと軽くスケッチしてみたり、百均のスケッチブックに楽描きしていてたまたま「なんか引っかかる顔」ができて、、それに合う線をたくさん引いていたら、どこも見ていない顔に風に舞う赤い花びらのイメージがくっついて・・

なんやかや迷いながらも私のアネモネになりました。今回漏れてしまった(空想の)きれっぱしはしまっておいていつか美少年アドニスを描きたいものです。

2017年に制作したカレンダーの美人画の方も少しロマンチックな仕上がりです。
絹の傷が原因でかなり値引きした作品もあります。

bi19hyaku-hpb
bi19hanani-dmb
bi19sode-dmb
bi19hitaru-hpb
bi19nusubi-hpb
bi19sitate-hpb



紅葉の季節に重なってしまいましたが、ぜひ画廊へもお立ち寄りください。

DMラフm
DM宛名面



kishol3 at 03:31|PermalinkComments(0)

2018年10月14日

倒れても・・コスモスは満開です

cos7

今年は台風が多くて、大きい被害は無かったものの、
毎年こぼれ種で庭や畑中に広がっているコスモスは根が浅く、そのたびに倒れそのたびに杭を打ったり紐でくくって引き起こし・・10月に入って来た24号まではなんとか頑張って起こしたもの、1週間後の25号ではすっかり諦めてしまい・・・結果倒れたまま今満開を迎えています。

倒れてもきれいな花を咲かせる強靭さには驚くばかりですが、立ち枯れて種が乾くのを待ち、場所によってはその場に倒すだけの手間いらずの例年に比べ、花後の片付けはやや面倒です。

cos9
24号直後
cos3
cos2cos4
cos6
畑の柔らかい土の所は昨年の2mには及ばないものの150cm越えで倒れやすくなっていたため手が付けられない状態です
susuki1
冬の地面凍結対策に萱葉が欲しくて川の土手から移植したススキは無肥料なのに株も穂も巨大化してこれ以上増えたら困るまでに
nogi1
5月の連休前から夏まで咲いて花殻を根本で切ったら新葉を出してまた花をつけた野菊。花が大きく花色が濃くなりました
kaeru1
バッタやコオロギが多いのでアマガエル、アオガエルもたくさんいて、それを狙った蛇も見かけます。青大将は慣れているけれどこの夏から黒い蛇がいてたぶんシマヘビの黒化したカラス蛇?とは思いながらヤマカガシだとやっかいなようなので夕方はすこしビビって(ガサゴソ音をたてながら)作業しています。

kishol3 at 16:44|PermalinkComments(0)