2020年04月01日

4月作品展の延期と新作美人画SHOP販売開始のお知らせ

21binodafu-b
美人画 野田藤-のだふじ-

新型コロナウイルス感染拡大中で、桜も藤も楽しむことなく季節が移ろってしまいそうな気配ですね。喜翔おひめさまSHOPでも4月9日から14日まで東京国立市で出品を予定していたグループ展を2020年9月に延期いたします。秋のお彼岸の4連休に当たりますので平和な日常が戻って来廊いただける事を心から祈っております。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
創作グループ展「描く・吹く・形づく」Vol.2

■会場:東京都国立市 アートスペース88 
■日時:2020年9/17(木)〜9/22(火)
11:00〜18:00(最終日16:00まで)

出品作家
ギン〜gin〜(吹きガラス・オブジェ)
富沢麻子(a-wood/木工芸家)
marsa*(オリーブオブジェひとえだ・アクセサリー)
伽楽潤一(細密工芸細工・アクセサリー)
佃 喜翔(絹本着色美人画)
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

延期に伴い、予定が空いてSHOP更新の時間が取れましたので、出品予定の新作美人画を急遽アップしSHOPでの販売を開始しました。
ひやかし歓迎。自宅に引きこもる機会の多い皆様に、ゆっくりと作品を見ていただければ幸いです。

杉本カレンダー製2021年版名入れ美人画カレンダー「喜翔」原画
21bihakunbai-b
21bihanaarasi-b
21bitanabatasan-b
21bitatutagawa-b
21biyuagari-b

大正ロマンNEWシリーズ 凌霄花−のうぜんかずら−
20tanouzen-b

童女画・グリム幻想新作
20dohasuwo-b
20doabarano-b
20lihinagesi-b




喜翔おひめさまSHOPはこちら→

9月グループ展告知はこちら→




kishol3 at 18:54|PermalinkComments(0)

2019年09月09日

2019秋〜2020年1月作品展 追加開催が決定しました

今季は「佃 喜翔×佐藤るい×伽楽潤一 暮らしを彩る創作三人展」と題した美人画・モモンガアート・花蟲細工のコラボ展を国立市アートスペース88、鎌倉 極楽寺・稲村ガ崎アートフェスティバル、そして群馬県前橋市で開催いたします。

実弟の彫金アクセサリー作家「伽楽」に加え、作品展コーディネーターでもある佐藤るいさんが作家として参加し三人展の形になりました。

私、喜翔は7月末に出版した河出書房新社「やさしい大人の塗り絵シリーズ/なごみの美人画編」の出版記念として、掲載の美人画に加え、杉本カレンダー製「2020年版美人画カレンダー喜翔」の新作原画その他を出品。またサイン入り塗り絵本や美人画カレンダー/喜翔を用意して会場で販売予定です。

▼▼▼自由が丘展、3日だけの開催が決定しました▼▼

◆佃 喜翔×佐藤るい×伽楽潤一 暮らしを彩る創作三人展◆

◆自由が丘展
■会期:2020年1/23(木)〜1/25(土)※初日13:00−17:30 24・25日 12:00−17:30
■会場:ギャラリーコア自由が丘(〒152-0035 東京都目黒区自由が丘2-8-7 TEL03-3723-1152)


◆群馬県前橋市展
終了しました
■会期:12/7(土)〜12/22(日)
■会場:ギャラリーオーツー(〒371-0044 群馬県前橋市荒牧町2-15-10)

◆鎌倉 極楽寺・稲村ガ崎アートフェスティバル展
終了しました
■会期:10/11(金)〜10/20(日)
■会場:稲村ガ崎どんぐり工房エントランスおよび稲村ガ崎ミノムシハウスその他

◆国立市展
終了しました
■会期:10/3(木)〜10/8(火)11:00〜18:00最終日15:00まで
■会場:国立市アートスペース88


2001koa2



喜翔おひめさまSHOPはこちら→

ギャラリー喜翔ろまん館はこちら→

kishol3 at 22:06|PermalinkComments(0)

2019年08月18日

熊日チャリテイー知名士色紙展に出品します

19kumahasuhima-s

昨年からお声をかけていただいて参加している
熊本日日新聞社主催「令和元年 熊日チャリテイー知名士色紙展」に今年も出品します。

◆童女画色紙 「蓮をまとう」
◆昭和レトロ色紙 「ひまわり」
 
普段は絵絹に描いており、紙に描く機会が少ないので案外時間がかかってしまいましたが可愛い作品が出来ました。お近くの方は会場でご高覧いただければ幸いです。


熊本に関わりある著名な方の色紙や小品約160点を展示。購入希望の方は抽選券(1枚200円/5枚1組)で好きな作品に投票いただき公開抽選の上、額付き8000円でお買い求めいただけるそうです。
収益金は熊本地震の影響がまだ多方面で残る熊本の社会福祉に役立てられます。
残暑厳しい折ですが、ぜひお出かけください。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

平成30年熊本日日新聞主催「熊日チャリティ知名士色紙展」

【会期】 令和元年8月21日(水)〜25日(日)午前10時〜午後6時
【会場】 鶴屋(百貨店)ふれあいギャラリー(東館8階)
【申し込み】 会場で申込用紙(1枚200円)を購入。希望の作品番号、氏名、電話番号を記入して会場内の投票箱へ。最終日の25日は午後5時で締め切り。
【公開抽選会】 8月26日(月)午前10時半、会場で。
【発表】 8月27日(火)付の熊日朝刊
【価格】 1点8千円(額付き)
【作品渡し】 
8月26日(月)は午後2時〜同4時に会場で。
8月27、28日は午前10時〜午後6時まで熊日本社事業局(熊本市中央区世安町)で。
申込用紙の半券および代金と引き換え。

お問い合わせは
熊日サービス開発(株)事業センター
TEL. 096-361-3366 FAX. 096-361-3249
電話受付時間/平日 9:00 〜 17:00 土・日・祝・年末年始休業
〒860-0823 熊本市中央区世安町172

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

19kumahasu-s
19kuma2-s

kishol3 at 12:15|PermalinkComments(0)

2019年07月19日

佃 喜翔 やさしい大人の塗り絵/なごみの美人画編出版のお知らせ

19nurie-s
19nurieura-s

河出書房新社 「やさしい大人の塗り絵シリーズ」最新刊として、喜翔の江戸風俗美人画作品11点を収録した「なごみの美人画編」が発売されます。

Amazonでは(その他ネット通販も?)本日(2019 7/19金)販売開始、大型書店では7/22(月)販売開始予定です。

Amazon販売ページはこちら→

2019年2月末、熊本県八代市の実家から大阪市への引っ越し荷造り作業中、パソコンを梱包する直前にかかってきた担当の方からの電話をきっかけに始まった今回の出版のお話。
引っ越し後の多忙の中で、毎年原画を描いているカレンダーメーカー様や作品を提供しているデータレンタル会社様のご協力のおかげでとてもスムーズに進み・・発売日を迎えることができました。

編集デザインはもちろん、塗り絵の手順説明や線画制作の方々のプロ技が素晴らしく、私の方は原画データを提供したのみですが、元の絵にとらわれすぎず、それぞれのお好みの塗り絵作品に仕上げていただければ嬉しいです。

◆人気の塗り絵コンテストも毎年開催されています。

河出書房新社紹介ページはこちら→

ギャラリー喜翔ろまん館はこちら→

喜翔おひめさまSHOPはこちら→

★こちらはamazonで偶然見つけた水彩色鉛筆36セット。画材店のものよりずいぶんお手頃価格なので紹介します。(amazonのまわし者ではありません)

ファーバーカステル 水彩色鉛筆 平缶 36色セット TFC-WCP/36C販売ページはこちら→









kishol3 at 01:37|PermalinkComments(0)

2019年03月18日

春の作品展を開催します

1903kokutimss2019年3月1日に5年いた、熊本県八代市から大阪市へ戻ってきました。私事の事情によるものですが、車がないとどこにも行けなかった田舎の暮らしに比べてホームセンターと大型電気店まで徒歩3分の立地が夢のように便利です。

暮らしの細々を整えるのに時間を取られて、いつものように告知が大幅に遅れましたが、弟の銀細工師「伽楽」との春の作品展をお彼岸の休日を挟んだ3月20日(水)〜24日(日)まで東京自由が丘の「ギャラリーコア自由が丘」で開催いたします。

2019年版美人画カレンダーの原画を中心に昨年11月の秋の作品展と似た内容になっておりますが、見ていただけなかった方はぜひお彼岸の外出ついでにお立ち寄りください。

◆◆今回は少し異質な植物画を1点展示します。
よく美人画やその他のカレンダーの原画制作の合間にスケッチを元にした植物画を描いています。美人画や童女画と違いなかなか結論が出ないと言うか?どこまで描いたらいいかわからないところがあって、完成作が少ないのですが「朱夏」と名付けたこの作品は一応・・・完成作。
5年前まで住んでいた大阪郊外のマンション1階の部屋に日当たりの悪い小さな庭があって、金網で仕切られた御隣の庭には日当たりを求めて上へ上へと伸びて茂った楠の木やひょろひょろと丈だけ3mほどに伸びた南天があって林のなかにいるような環境でした。

夏になると、窓辺のソファに寝転んで広い窓の外を見上げると楠の木漏れ日の中から長いつるを下げ鮮やかな若緑の葉を背景にしたノウゼンカズラの房咲きの朱の花が、たくさん風にゆれていて・・・夢のような光景でした。美しさを再現できなくてもどかしいまま仕舞い込んだ作品ですが、、、引越し整理中に出てきた懐かしさから展示してみます。


syuka-moto3sss
bi19hyaku-hpb
bi19hanani-dmb
bi19sode-dmb
bi19hitaru-hpb
bi19nusubi-hpb
biennoato-s
18taanem-s







kishol3 at 22:03|PermalinkComments(0)