2016年11月26日

秋の作品展開催中です

ibara0m
せっかくの紅葉の季節もばたばたと慌ただしくしていてすっかり告知が遅れてしまいましたが、東京都国立市で作品展に出品中です。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

絹本着彩日本画 喜翔×伽楽 銀游飾師
+Atelier Lefas新鋭作家展

会期:11月24日(木)〜29日(火)12:00〜18:00※最終日17:00まで
会場:国立市アートスペース88
詳細はこちら→http://ohimesamashop.ocnk.net/data/ohimesamashop/image/tokusyu/16DM.jpg

追記◆12/6(火)まで佐藤ルイ展に追加展示中です◆SHOPとiichiでの販売は12/10からとなります

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

長々と気取ったタイトルになっておりますがその実態は・・
シルバーアクセサリー作家の弟「伽楽」と主催する彫金教室アトリエ ルフェの新鋭の作家さんたちの販売を兼ねた作品展に「壁面が空くから・・」という理由で、喜翔が参加するという企画です。

2016年の新作おひめさま「いばら姫」を中心に「囚われの王子」小品「アネモネ」他に美人画カレンダーの原画5点合わせて8点ほどの展示ですがこの土日、近郊の方は晩秋の国立市の散策をかねてぜひお立ち寄りくださいませ。

さて、いばら姫。
ずいぶん前から顔の下図だけできていて温めていたというか放置していたというか・・・
徐々に出来上がってきたイメージは、野茨絡まり生い茂る(中には姫を救おうと挑んだものの朽ちはてた王子たちの屍が・・怖)お城の塔のてっぺんの小部屋で棺(ひつぎ)のような黒い糸箱の中で眠る15歳のままの姫君。

お話は
長く子のなかった王と妃の元にカニのお告げで生まれた待望の姫君。
1歳の誕生日の祝いの席に金の食器が12枚しかなかったために一人だけ呼ばれなかった仙女(魔女?)がひがんで宴の終わりに放った呪いによって15歳の死を宣告されるも、12人の仙女のうち一人残っていた仙女の魔法の救済により死ぬのではなく100年眠ることに・・。
グリム童話に収録された昔話なのでいろいろつっこみどころは満載ですが、大好きなエロール・ル・カインの絵本を改めて開いてみると15年後、たったひとりお城を散策する姫が好奇心にかられのぼった塔のてっぺんの小部屋に麻糸を紡ぐ魔女がいて、糸車のくるくる回る錘(つむ)に指をさされてそこにあったベッドに倒れこんだ・・・ん?・・あ〜?やっぱりベッドが置いてあったのか〜・・・

ということで、出来上がっていた「紡いだ亜麻糸を保存する棺のような箱」のイメージを手放すかどうか散々まよったあげく、ま・いいか!ということで「糸箱の中のいばら姫」になってしまいました。

黒い糸箱の少し開いた蓋の隙間から金髪がのぞき、開けると中から遺体のように眠る15歳の姫君・・ちょうど100年めに訪れた王子の目の前でみるみるほほが桜色に色付き・・という妄想です。

いつもながら思い通りに仕上がったとはとても言い難いのですが・・。
ちなみにバレーシューズのような靴はエリザベス1世の寓意画の一枚からデザインを参考にしました。処女王と呼ばれたやや硬いイメージの彼女がフェミニンなかわいらしい靴(室内および庭履き?)を履いているのが意外で記憶に残っていたのです。

ouzi-gaku
geane
hshanafu3ss
kami3ss
dokusyo1s
bitatutahime-s
sira3ss囚われの王子
アネモネ
花ふぶき
洗い髪
読書
竜田姫
しらさぎ


kishol3 at 00:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年10月06日

台風一過

1610nizi

台風17号に続き18号が九州に接近した10月5日。

ここ八代は午前9時ごろやや強い風(風速10km前後)があったものの昼過ぎには通過。

そして台風一過の午後3時頃の空にはきれいな弧を描く虹が・・

グレーの曇り空をバックに稲刈り前後の田んぼに日がさして・・
いつも見ている仕事場窓からの景色とはまるで違ったメルヘンチックなムードが漂いました。

1610kumo
10/3夕方絵画のような空が
1610sora
10/4台風前日夕焼けに浮かぶ雲仙普賢岳
cosmo2
これから見頃だったコスモスだけが天候不順で伸びすぎていたせいか残念なことに

kishol3 at 23:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年09月26日

空がドラマチックなんですけど・・??

kumo2-3
北海道浦河沖震度4、沖縄本島近海5弱と続けて強い地震があった今日
散歩に出て見た夕暮れの空がなんだかすさまじくも不穏な色合い・・。

ここ九州八代市とは距離があるものの、西に向かっている台風17号の影響があるのかもしれません。
見とれているうちにあたりは真っ暗・・のパターンでした。
kumo5
kumo3-4
kumo3-3
kumo3-2
kumo0
kumo4-2
kumo4









kishol3 at 22:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年07月29日

まさかのポケストップ!

ganendo

なんの興味もなかったポケモンGO

「田舎はポケストップもジムもなくてポケモンもほとんど出ない・・」とのYAHOOニュースを見てやっぱりここでも都市部と地方の格差がね〜・・・この町だとJRの駅くらいか??と何気なくアプリを入れてみたら

なんと自宅兼仕事場すぐ近くの、地域の鎮守様的小さな社「がねん堂」が、まさかのポケストップになっていてびっくり!
ganen2
なんだかいつもよりご立派なお姿に・・案外ポケモンの世界観にピッタリかも。


小さい頃は子供の遊び場、お年寄りの井戸端会議場、そして家の田んぼがすぐ裏にあるので農作業中の両親におやつ(この地域の方言では小昼→こびる→こびり?)を届けていっしょにお茶をする憩いの場だったのが、今はお年寄りは介護施設にマイクロバスで通所、子供の数が少なくて9月24日の祭りの子供相撲大会も寂しい限りなのでもしや夏休みの子供たちがやってきて賑うのか??と思いきや

アプリ入れて3日・・平日夕方とは言えお堂の前でスマホかざしてるのは私だけ・・(寂し&恥ずかし)でした。
(その後一度も他の人を見かけたことがないので今のところ私専用ストップ状態。たまに出てくる卵をもらって2日で5K歩いて孵す地味な楽しみ方をしてます。8/6追記)

因みにいつものウォーキングコースを5〜6分歩いたところにある小さい神社がジム、その鳥居がポケストップと思いがけなく、音楽聞くだけでは飽きていた夕方の散歩の退屈しのぎができて喜んでいます。昨日(ポケモンをおびき寄せる)お香をたいて農道を歩いた結果は30分で8体GET。ただしお香なしでは出現率悪そう。しかも農道だけにほぼ草系。

でも、ふだんから雉を探したり、カワセミをおっかけたり、すっぽんの産卵現場に遭遇したりしているわけで・・・ほとんど同じことしてる??と思いつつもGET感がビジュアル化されていて楽しい手ごたえがあります。

喜翔おひめさまSHOPではお盆を前に、作品入れ替えのため
2016年度版「美人画カレンダー喜翔」の原画4点を半額販売中!!ぜひお立ち寄りください。

喜翔おひめさまSHOPはこちら→



kishol3 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年06月07日

雉(キジ)がお散歩中!

kizi3
一昨年はつがいで・・、昨年は雄一羽を散歩コースの川沿いの土手や田んぼで見かけていたもののすぐ逃げて写真に取れなかったのが・・今年5月は、田んぼをゆうゆうと歩く2羽のオスの姿をスマホのビデオに収めることができました。

近付いても全然逃げない??と思っていたところ
近所の花農家さんによると、家族で花のハウスに入り込んで出荷直前の花芽を食べるので困っているとのこと・・

桃太郎のお話ではきび団子を食べてたくらいなので雑食なのでしょうか?
稲刈後の田んぼは蓮華の種をまいて田植え前までそのままなので、餌はたっぷりあるし、若い雄らしいのが2羽いたので、川沿いで繁殖しているのでしょう。
検索すると国鳥のキジを増やそうと毎年各地で放鳥しているようなので、成功例といえるのでしょうが・・・・農家にとってはやっかいな害鳥が増えたという結果に・・。

bara67
5月の連休明けから下旬まで次々に咲いてくれたお姫様のような薔薇、ピエールドロンサールとお転婆娘のようなかわいいアンジェラ。

根負けしてベランダから追っ払うのをあきらめてしまったせいで、今年も数匹住み着いたアマガエルのぜいたくなベッドになってしまい・・・正直、ちょっとイラっとしました。

bara67-2
bara67-4

kishol3 at 14:47|PermalinkComments(1)TrackBack(0)