クラクラブログ オヤジと姫の紅魂

クランメンバー(仲間)が気持ちよく、楽しんで遊べるクランを目指してます😃
最強より!最高に👍
オヤジとお姫様たちが、まったり楽しんでます🎵
クラクラWiki・クラクラプロフをご覧になってお越しください。 一緒に楽しみましょう!

紅の騎士団メンバーブログに お越し頂きありがとうございますm(__)m

クランメンバー(仲間)が気持ちよく、楽しんで遊べるクランを目指してます😃
最強より!最高に👍
ルール1 援軍貰ったら、お礼と挨拶
ルール2 参戦したら、2回攻撃

オヤジとお姫様たちが、まったり楽しんでます🎵

🏠 【 紅の騎士団 】 #88Q2LRP0
クランプロフ http://coc-clan.info/753
クラクラwiki  http://coc.game-k2.net/clan/20433

ご興味を持っていただいた方、↑詳細をご確認の上お越しください♪

tinytags


皆さん、お久しぶりです♪
かげはるです♪

この紅のブログももう半年以上更新されてませんね♪

きっと、紅のみんなも、黙ってたら私のこの更新に気づかないかも…(笑)

私もいろいろあって、現在、「かげはる」アカは2っちぇさんでお世話になっております♪

ですので、紅は永遠のTH8「ぼんちゃん」アカで頑張っています♪


たまには、ブログも書かなきゃなぁ…って思ってたんで、今回は両ヒーローにスポットを当てた小噺集をどうぞ―♪

※登場人物
馬場金…バーバリアンキング
ケメコ…アーチャークイーン
アチャ子…アーチャー
馬場金とケメコは夫婦、アチャ子はその子どもって設定です♪



【男と女どっちが賢い?】


ケメコ「男と女ってどっちが賢いのかしら?」

馬場金「そんなの女に決まってるだろう!」
ケメコ「あら♪悪い気はしないけどなぜ?」

馬場金「女は男と結婚するだろ、実に賢明な判断だ。しかし男は女と結婚するだろう、実に愚かで馬鹿な判断だよ」




【ねぇママ、天使ってお空を飛べるの?】


アチャ子「ねぇママ、天使ってホントにお空を飛べるの?」
ケメコ 「えぇ、そうよ。ヒーラーもいつも飛んでるでしょ。」
アチャ子「じゃあ、いつか村娘も飛べるようになるの?」
ケメコ 「えっ?どういうこと?」
アチャ子「この前、タウンホールに遊びに行ったら、パパと村娘が裸でくっついてて、パパが『君は天使だよ』って言ってたの。」
ケメコ 「そうだったの、知らなかったわ。ママについていらっしゃい。今から村娘が飛ぶところを見せてあげる。」




【冷蔵庫】


急死したケメコとこれまた急死した村娘が天国の入り口で出会って話し始めた。

ケメコ「あなたなぜ死んだの?」
村娘 「凍死よ」

ケメコ「それはひどいわね、凍死ってどんな感じだったの?」
村娘 「とても気分は悪いわ。最初震え始めて、指先とかが痛くなるの。そのうち感覚が無くなって最後には眠ったようになるわ。ところであなたは?」

ケメコ「転落死よ。うちの馬場金が浮気してると思ってタウンホールに踏み込んでみたの。ベッドルームには馬場金がいたわ。でも女はいなかった。女が隠れてると思って、急いで2階へ駆けあがって、次は屋根裏。屋上まで走って上がって探して回ったの。その時、足を滑らせて落ちちゃったってわけ。きっと怒りのせいで回りが見えてなかったのね。」

村娘 「皮肉なものね」
ケメコ「なにが?」

村娘 「あなたが最初にタウンホールの冷蔵庫を探してくれてたら2人とも死ななくてよかったのに…」




【処方箋】


ケメコが薬局に入っていった。

ケメコ:「ヒ素を頂戴。」
薬剤師:「何に使うのですか?」
ケメコ:「夫を殺したいの。」
薬剤師:「そんな理由で売れませんよ。あなた何言ってるんですか!」


ケメコは懐から一枚の写真を取り出し、薬剤師に渡した。
その写真には、馬場金と薬剤師の妻がベッドインしている姿が写っていた。


薬剤師:「あ、処方箋があるんだったら、先に出してくださいよ。」




【最期の願い】


日曜日の礼拝の後、神父がいつものように人々を見送っていると、
ケメコが泣きながらやってきた。

「ケメコ、どうしたんだね?」神父が尋ねた。
「ああ、神父さま、ひどいことが起こったんです。」
「何が起こったんだね、ケメコ?」
「神父さま。夫が、ゆうべ亡くなったんです。」

「おおケメコ、それは大変なことだ。彼はどんな壮絶な戦いからも生還する偉大な馬場金だったのに…。それで、彼は最期に何か願いを言ったかね?偉大な彼のためにも、もし、最期の願いがあったのならぜひ叶えてあげないといけない!」


「え、ええ…」

「彼は何と言ったのだね、ケメコ?」

「ええと…。夫はこう言ったんです」ケメコが答えた。
 
「た…頼む、ケメコ!浮気したのは悪かった!あ…ちょっ…そのクロスボウを撃たないでく・・・」




【守護神】


馬場金がアタックしていると、突然叫ぶ声が聞こえてきた。

 「その壁は越えちゃダメ!インフェルノの集中砲火を受けるわよ!隣の区画へ向かって!!」

 言われたとおりに隣の区画へ向かいながら振り返ると、馬場金がさっき入ろうとした区画にラヴァが入っていって瞬殺されていた。

 馬場金はそれからまた闘い始めた。
しばらくして違う区画に入ろうとすると、またあの叫び声が聞こえてきた。

 「止まって! 動かないで! 敵援軍の餌食になるわ!」

 言われたとおりに立ち止まると、反対側からその区画に入っていったゴレが敵援軍のバルキリ隊に瞬殺されていた。
 

 彼は聞いた。

 「お前は誰なんだ?お前はどこにいるんだ?」

 「あなたには見えないだろうけど、あたしはあなたの守護神よ。これまでもずっと、予期された悪い未来からあなたを守ってきたのよ。」と声が返ってきた。

 「予期された悪い未来から?ずっと?マジかよ?」


 彼は聞いた。

 「じゃあ、俺がケメコにプロポーズしようとした時、いったい君はどこで何してたんだ?」




【診断結果】


ケメコは体調不良を訴える馬場金に付き添って病院を訪れていた。

馬場金の検査が終わったあと、医者はケメコを一人で診察室に呼んだ。

「あなたのご主人は酷いストレスでとても重い病気にかかっています。もしあなたがこれから言う事を守らなければご主人は間違いなく命を落とすでしょう。とはいえ、それほど難しいことではありませんから大丈夫ですよ。」

医者は続けた。

「毎日、ご主人に愛情を込めた健康的な食事を三度三度作ってあげること。彼はたぶん対戦でいつも大変な苦労をしているだろうから、そういう時は特に優しくしてあげること。また、ご主人のストレスを増やさないために、あなたの愚痴を彼に聞かせないこと。たったこれだけです。もしあなたが1年程度の間、これだけの事ができたら、あなたのご主人は完全に健康を取り戻せると思いますよ。」


ケメコは「先生のおっしゃることは、よくわかりました」と答え、診察は終了した。

帰り道で馬場金はケメコに「医者は何て言っていたんだい?」と聞いた。


「もう手遅れですって」 彼女は答えた。




【ランプの精】


馬場金が戦いから戻ってきた。

村に入った時、彼は誤ってケメコの愛犬を踏んづけてしまい、巨体の馬場金に踏まれたイヌはかわいそうにペチャンコになって死んでしまった。

馬場金はケメコになんと言い訳をしようかと頭を悩ませながら墓を掘ろうとすると、地面の中から古ぼけたランプが現れたのであった。

なんの気なしにそれを拾い上げて袖でランプを拭いてみた・・・


「ボカン!」皆さんご想像のとおり、現れたのはランプの精。
そして、やっぱりこう言った。

「ご主人さま。私をランプから出してくださったお礼に、ひとつだけ願いを叶えて差し上げましょう」

「ふむ」馬場金は考えた。

 
馬場金はもうカンストしていて、ダクエリにも不自由していない。
 
「じゃあ、このイヌを生き返らせてくれないか?」

ランプの精は、ペチャンコになったイヌを調べてから、こう言った。
「さすがの私も、ここまでペチャンコになって死んでしまった犬を元どおりに生き返らせるのは非常に困難です。違う願い事にしてくれませんか?」


馬場金は再び考えてこう言った。
「それじゃあ、俺の妻を気立てのいい美人にしてくれ」


「………奥様を?」 ランプの精が慌てた。
「ちょ…ちょっと待ってください…ね………ええと、イヌをもう一度よく調べてみましょう」




【オウム】


馬場金は真面目一途の男という評判であった。
酒も煙草もやらず、生き甲斐と言えば村のために闘うことばかり。
家族と一緒に過ごすことすらめったにない彼に、ケメコは寂しさを覚えていたが、遊び呆ける男より村のために闘い続ける男の方がカッコイイと思って、オウムを飼って気をまぎらわせていた。

ある日、そのオウムが死んでしまい、ケメコは悲しみながらも新しいオウムを飼おうとペットショップに出かけた。


そのショップには、たまたまオウムが一羽しかなかった。
しかもそのオウムは、場末のいかがわしい店が飼っていたものの店が倒産して引き取られてきたもので、下品な言葉ばかりしゃべるとの説明であった。

しかし、ケメコは 「それでいいわ。言葉はまた訓練し直すから」と買って帰った。

すると、めずらしく家族が全員家に揃っていた。

さっそく、馬場金やアチャ子のいる前で、彼女は鳥かごの覆いを取った。
オウムは、びっくりした様子で目をパチパチさせたが、やおらしゃべり出した。


「おんや。新しい店じゃねぇか・・・フム。新顔のマダムに新しいねえちゃんだな・・・。ありゃ?なんでェどっかで見た顔だと思ったら、馬場金じゃねえか!久しぶりだな、オイ!あいかわらずお盛んだな、何軒なじみの店があるんだい?このスケベ野郎♪」




【老夫婦】


ある村で結婚50周年を迎えた馬場金とケメコに地元の新聞社がインタビューした。

記者 「50年間も結婚生活を続けてこられた秘訣は?」

馬場金「秘訣と言えるのかどうか…あのことがあったから今まで無事にやってこれたんじゃろうな…」

記者 「どんなことですか?」

すると馬場金が昔を振り返って懐かしそうに答えた。

馬場金「わしらは新婚旅行でメキシコへ行ったんじゃ。そしてロバを借りて二人で砂漠をのんびりと歩き回った。すると妻の乗ったロバが急にガクンと膝を折り、妻は落ちてしまったんじゃ。妻は『1』と言うと何事も無かったようにロバに乗り、再び散策を続けた。するとまたそのロバが急に膝を折ってな、妻はまた落ちてしまった。妻は『2』と言うとまた何事も無かったようにロバに乗った。そして三度目に落とされたとき、荷物の中からクロスボウを取りだして、いきなりロバを撃ち殺してしまったのじゃ。」

記者 「えっ!?」

馬場金「ワシもびっくりしてな。いくらなんでも撃ち殺すことはなかろうと妻をひどく叱ったんじゃ。そうしたら妻が言ったんじゃよ」

記者 「何とおっしゃったのですか?」


馬場金「『1』と…」


おもしろ画像-50

こんにちは♪

かげはるです♪

今年度はマジ忙しいです…対戦はちゃんと出てますけどね…(笑)

なかなかブログも書けてません…

クラメン持ち回りの対戦結果報告すらビミョーに遅れ気味ですねぇ…

とりあえず、書き溜めた小噺をどうぞ♪



【射程距離】
アーチャーが何もいない空に向かって弓を射っている。

不思議に思ったAQが尋ねると、太陽を射ち落としたいのだと言う。
呆れたAQが一言。


「なんて鈍いヤツ!そんな弓で太陽に届くはずないでしょ!タウンホールの屋根の上から射ちなさい!」



【夢】

かげはる「番長、昨日の夢は楽しかったですね♪」
番長「???…どんな夢ですか?聞きましたっけ?」

かげはる「夢の中であんだけフレンド対戦したじゃないですか…まさか忘れたんですか?」



【結婚式】

AQと馬場金が結婚した。

その結婚式に参列してたベビドラがドラゴンに聞いている。

「ねぇ、ママ? どうしてAQは今日、あんな白い服を着てるの?」

ママドラゴンが答えます。

「結婚式に着るドレスが白いのは、幸福の色だからよ。白は人生で一番幸せな日に着ることになっているのよ。」

「フーン」ベビドラはしばらく考えて、また聞いた。


「じゃ、なんで隣の馬場金は黒い服を着てるの?」



【移動速度】

足の速さが自慢のゴブリンが「バーバリアン、待てぇ」と言いながら走ってきた。

それを見たWizが「あんたに追いかけられたら、バーバリアンもたまったもんじゃないな。ところで、さっきから俺はここにいるがバーバリアンなんか逃げてこなかったよ。道を間違えてないかい?」

と声をかけると、そのゴブリンは得意げに…


「もう、とっくに追い抜いたんだ!後から来るだろうよ(^^♪」



【人違い】

夜中に隣の村から資源泥棒のゴブリンがやってきた。

物音に気づいたAQは、浮気性の馬場金が夜遊びから戻ってきたものと勘違い。

真っ暗だったので首根っこを押さえて、「この浮気モン!」と締めあげたところ…


「く…くるしい…人違いです。私は何の罪もないただの泥棒です!」



【天下の大泥棒】

ゴブリン盗賊団のボスが、子分のゴブリンを多数引き連れ獲物を物色している場面…(人によっては「虫眼鏡を回す」とか「資源狩りをする」とも言うようですね)。

墨汁がパンパンに詰まったダクエリタンクのある村にやってきました。

ボスが子分に問います。

「あのクラスのダクエリタンクだったら5000はあるだろうな。よし!誰でもいい。たった一人で墨汁5000を抜いてくる根性のあるヤツはいないか?」

子分は答えます。

「ボス、あのタンクは無理っすよ!XBにアチャ塔、wiz塔に大砲、4施設の射程内です。束になってかかっても瞬殺されますよ」

「おめえら、頭は生きてるうちに使え。手段は問わねえ!誰か5000のダクエリを分捕ってくる知恵のあるヤツいねえか?」


ボスにハッパかけられても、子分たちは防衛設備にビビって誰も動こうとしません。


「よし、俺が手本を見せてやる!ついてこい!」

ボスがそう言って歩き出したので、子分たちは怖々ついていきます…


と…

やってきたのは「ショップ」

ボスはポケットからエメラルドを取り出し、いそいそと5000の墨汁を買っています。

「?」

今度は子分が問います。

「ボ…ボス…。買うんだったら私らにもできますけど…」


ボスが答えます。

「バカ野郎!このエメは切り株や木立に隠されてた少量のエメを何度も盗んで貯めたもんだ。ということは、この盗んだエメで買ったのなら、墨汁5000を俺一人で盗んだのと同じことじゃねえか!」



【AQも女性だから…】

苦労して苦労して、やっとたどり着いたTH9でのAQカンスト!

しばらくは「やっぱ30歳になったAQは一味違うな!クイヒーの破壊力、クロークのキレ!苦労した甲斐があった♪」と喜んでいたものの…

しかし…最近、なんかおかしい…

クイヒースタートしてもあっという間に瞬殺されるし、クロークしてもすぐに弱くなるし…

「これじゃ、20歳の頃と変わらんじゃないか?アプデでAQが弱体化したって話も聞かないのになぁ…」

なぜ弱体化したのかワケわからんまま、あれこれ悩んで村を眺めていると…

AQの寝床に読みかけの本が伏せてあるのに気がついた。


「なんだあれは?」

拡大してタイトルを見ると…


「自宅でできる!10歳は若返るヨガ!」


何読んどるんじゃ!おんどりゃあ!




みなさん、クラクラ楽しんでますか?

私も細く長く続けていきます♪

あ、あと、紅は猛者、女性、ルーキー、だれでも…クラクラを愛する方なら常時募集中です。


じゃ、次の記事がいつになるかわかりませんが…ふふふ♪

おはようございます!


空攻めが好きだけどなかなか上手くいかないmayです。


ブログアップをためてしまい申し訳ありません💦

前回の対戦結果と先週の対戦結果ををご報告します!



🔥先週の対戦🔥


今回の定期対戦のお相手はクランレベル11のPhilippinesクラン。


開戦して紅アタックが続く中、朝になっても、昼になっても、攻めてこない…

終盤に一気に攻めてくる作戦!?とドキドキしていたら…






勝っちゃいました!w

勝利は嬉しいけれど、物足りない紅メンバーは連戦へ~!!



↓↓↓↓



🔥前回の対戦🔥


練習対戦のお相手はクランレベル12のPhilippinesクラン。

またまたPhilippinesさんです。


いつもの初戦紅アタックからはじまり、お相手もアタックが続きちょっと一安心。

その後紅のチームプレーアタックが続きましたが、残念ながら敗北💦







台風が過ぎ、今日は各地で猛暑のようです。

体調を崩さないようにお仕事、学校、家事、遊び、クラクラ、頑張りましょう~(о´∀`о)





↑このページのトップヘ