排卵日と基礎体温

基礎体温は女性ホルモンの分泌に影響され変化するため妊娠する上では重要な手がかりです。毎日つけていることで曲線の形から、排卵日を予測することができます。排卵日を予測して妊娠の効率を上げることに役立ちます。

どの基礎体温表がいい?

基礎体温 表は、ノート型のものではなく、4 か月くらいがひと目で目に入る横長のものを使うようにとおすすめです。

基礎体温をつけることは、体温を毎朝測るモチベーションをキープすることにもつながり ます。

基礎体温表をつけるのでは なく、基礎体温表を活用するという意識が本当に大切なのです。

基礎体温は、ストレスで乱れる

基礎体温は、生理周期をつかさどる種々のホルモンのバランスによって調節されているわけですが、その司令塔とも言えるのが、脳の視床下部 というところなのです。

そして、この視床下部は、とてもストレスに敏感なことが知られています。

ですから、婦人科系の病気が存在していなくても、職場で強いストレスを感じたり、人間関係などでも同様なことがあれば、生理周期が乱れてしまうのです。

基礎体温とは

基礎体温とは朝、目が覚める前に、舌下で測る体温のことを言います。通常、2週間前後の低温期 と、その後 の排卵を境に体温が上昇し、二週間前後の高温期 となります。そして、低温期と高温期を毎月繰り返します。 そしてこの基礎体温は、卵巣の状態を映し出す鏡でも あるのです。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ