2005年03月24日

一人で悲しい時は

修行なんていらない。
感謝だけでいい。
南無阿弥陀仏と唱えた親鸞。

今日はその親鸞の名言です。
これにはしびれたよ。

「一人いて悲しい時は二人いると思え。その一人は親鸞なり」

こういわれたらグッと来るよね。
これが親鸞の口説き文句だったりして(笑)

今日は親鸞の僕の好きなエピソードを書きますね。

親鸞には唯円という弟子がいました。

弟子が親鸞にこうたずねるのです。

「往生ー浄土に行くことーが素晴らしいことは
頭ではよくわかっているのですが、
私の心はすこしも喜ばないのです。
これはどうしたことでしょう?」

親鸞はそれに対してどう答えたのか。

僕はその答えを聞いて1秒で親鸞の大ファンに
なってしまった。

そのひとこととは

「往生ー浄土に行くことーが素晴らしいことは
頭ではよくわかっているのですが、
私の心はすこしも喜ばないのです。
これはどうしたことでしょう?」

と聞かれて親鸞はこう答えたのです。

「唯円さん、あんたもそうか。実はわたしも」

=============================================================
●というわけで今日の名言セラピー♪
正直に生きようぜ!
=============================================================

親鸞、あなたは正直すぎる!(笑)

まあ、そう言ったあと、いい話をするのですが
ここでは省略。

<業務連絡>
今日メルマガ出るので登録まだの方はよろしく。
タイトルは「モテる人の裏の顔

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kissei888/17089398
この記事へのコメント
かわいー!

かわいすぎる親鸞と、
それに心が響くひすいさん、
素敵です!
Posted by みほ at 2005年03月26日 08:12
PS 

思ったんですけど、
ひすいさんて天才コピーライターというよりも、
本当に幸せそうな人生の成功者ですね。

敬服しています。

これからも読ませてください。
心の底より、毎日有難うございます。
Posted by みほ at 2005年03月26日 08:32
3
親鸞のような偉大な方がいないというか、このご時世には誕生する土壌がないよね。頭でしか親鸞のような方と出会えないとは悲しきことよ。
と思いきや、側に親鸞さんが!笑
Posted by 正鸞 at 2013年02月14日 00:07