9月16日から税理士法人AIO(アイオー)に加わった森岡さん(後列左から2人目)の歓迎会を行いました。
お客様のお役に立てるよう力を合わせてがんばっていきます。

歓送迎会_20150917

7月5日に続いて、9月20日に放送された「アッコにおまかせ」の番組内クイズの監修を税理士法人AIO(アイオー)が行いました。

競馬のWIN5で手に入れた約4億円の払戻金に対してかかる税金はいくら?
さて、みなさん、わかりますか???

アッコにおまかせ_20150924

8月22日 梅田クリスタルホールで開催された西日本最大級の会計学習者のための合同就職説明会に税理士法人AIOが参加しました。先日、税理士試験が終わったばかりというのに、たくさんの受験生の方が税理士法人AIOのブースを訪れてくれました。たくさんの出会いをありがとうございました。!!


就職説明会001
 就職説明会002

~事務所報「TAX NEWS LETTER」バックナンバーより~

イエローハット創業者で、トイレ掃除の伝道師でも有名な鍵山秀三郎氏が、故人・先人が語った「心に宿る言葉」をまとめた『人間を磨く言葉』(PHP研究所)という文庫本の中に「箸よく盥水を回す」という言葉が紹介されています。

「盥」とは「たらい」ともよみます。つまり「盥水」とは盥(たらい)の中の水のことです。箸一本で盥水を回しても、箸しか回りません。ところが、その箸を根気よく熱心に回し続けていると、周囲の水が少しずつ回るようになります。さらに、諦めずに回し続けると、一段と輪が広がります。

我々は何事も箸一本で盥水を回し始めて直ぐに諦めてしがいがちです。大きな波を起こすには、根気よく熱心に行う努力が必要だということを、この言葉は教えてくれます。

鍵山氏も掃除を続けて三十年。誰でも出来る小さなことでも、「10年偉大なり、20年畏るべし、30年歴史に残る。」との自身の言葉の通り、こつこつと続けることにより歴史となりました。「こつこつと続けること、益はないが、意味はある」(鍵山氏)。続ければ本物になるのです。

~こんなコラムが読める「TAX NEWS LETTER」の最新号がもうすぐ完成します。興味がある方はこちらからお申し込みください。無料でお届けします。~

税理士法人みんなの会計事務所が協賛しております
『スタートアップエンジン2014』が今年も開催されることになりました!

日本、特に関西は、起業家や新事業がなかなか生まれません。
その原因の一つとして、身近に起業家や、成功した経営者が
少ないことが挙げられると思います。
そこで、「次世代起業家、新事業を生み出す知識・人・気持ちが集まる場の創造」を
目的とした『スタートアップエンジン』を3年前から大阪で開催しております。

4年目となる今回は、『新規株式上場(IPO)』を主たるテーマとして、
IPOの第一線で大活躍されている多彩なスピーカー陣を迎えした基調講演・
パネルディスカッションを行い、また、そのパネラーなどとの交流の場である
「ネットワーキングディナー」(懇親会)も行います。

同じ志の方が一同に集まり、交流することができる、関西では余り類のないイベントです。

株式上場(IPO)を目指す方、起業を目指す方など、
是非この機会に『スタートアップエンジン2014』にお越しください!

なお、当事務所の無料招待枠があります(ネットワーキングディナーは有料)。
興味がある方は当事務所担当までお気軽にご連絡ください。

▼『スタートアップエンジン2014』開催概要
日時 2014年6月13日(金)13:30~ (13:00受付開始)
会場 大阪イノベーションハブ
大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪 ナレッジキャピタルタワーC 7階
会場地図はこちら 案内図(PDF:約627KB)
参加費 一般:4,000円(税込) / 学生(50名先着):無料
※ネットワーキングディナー(40名先着):2,000円(税込)
http://startup-engine.com/event/663

★★★ お願い ★★★★★★★★★★★★
参加のお申し込みは、上記サイトからお願いします!
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

先日、事務所で全体撮影を行いました。
初めは緊張からかみんな表情が硬く、カメラマンさんも苦労されていました。
ようやくみんなの自然な笑顔も出てくるようになってきたと思えば、大田代表パートナーが気付かないうちにカメラの前でやってはいけないポーズを取ってしまい、ボツになるという裏話も・・・
しかし、さすがプロのカメラマンさんです。よい写真が撮れました。

最前列 左から武田パートナー、松本代表パートナー、大田代表パートナーとなっています。

病欠や出勤日の都合で全員は揃いませんでしたが、
こんな個性豊かなメンバーが揃っている事務所です


みんなのじむしょさま(8)

代表パートナー松本佳之が共著者となっている新刊書「決算効率化を実現する会計監査対応の実務」が出版されました。松本が関与しているアルテ監査法人で名物セミナーとなっているものを本にしたものです。上場会社、これから上場を目指す会社で経理を担当されているみなさまにオススメ!

決算効率化を実現する 会計監査対応の実務


税理士法人みんなの会計事務所が運営する「みんなの相続」ホームページを公開しました。
豊富な経験と専門家としての知識を活かし、みんなが幸せになる最適な形の相続ができるように一緒に取り組みます。皆様の相続に関するお悩みを解決いたしますので、お気軽にご相談ください。


みんなの相続

税理士法人みんなの会計事務所パートナー武田雄治の新刊書「社長のための 1年で売上が急上昇する『黒字シート』」が1月25日に発売されました。前作「社長のための 1年で会社を黒字にする方法」の続編になります。

前作『社長のための1年で黒字にする方法』は、「理詰めで黒字にする」ことにフォーカスして書きましたが、本作は「理詰めで売上を上げる」ことにフォーカスして書きました。

①ビジネスシナリオ(ビジネスプラン)、②ビジネスモデル、③マーケティング、④タイムマネジメント、⑤人事マネジメント、を1冊にまとめた、他に類のない書籍だと思います。今後の実務の参考にして頂ければ幸いです。


 

資格の学校TACの情報誌「TAC NEWS」2月号の『税理士とちょっと立ち話』というコーナーに代表社員 松本佳之の記事が掲載されました。読者は税理士受験生のはずですが・・・なぜか税理士事務所の営業方法などについて語っています。

Evernote Camera Roll 20131231 161205

「税理士法人みんなの会計事務所」のお客様であり、私武田の行きつけ店でもある、神戸市東灘区のイタリア料理店「ファーベル」が、今月24日に発売した「ミシュランガイド関西2014」のビブグルマンに掲載されました。
 
イタリアとイタリア料理をこよなく愛する親友から、「地元に美味しいイタリア料理店がある」と数年前に紹介されたお店がこの「ファーベル」。神戸の方なら「田中町の交差点」といえば分かると思いますが、あの交差点の真ん前にあるお店。

初めて行った時に、「これはうまい!」と思い、それから何度も足を運んでます。行く度にメニューは変わりますし、何を食べても驚かされます。ワインもオーナー兼シェフがすべてセレクトしており、美味しいものを出してくれます。

今ではシェフとプライベートでも飲みに行く仲になり、税務顧問までさせて頂き、大切な友達であり、クライアントです。
神戸にお住まいの方は、是非一度、美味しい料理を食べに行ってみてください。

▼「ミシュランガイド関西2014」発売日翌日にたまたま予約を入れてました。
左から松本、オーナー兼シェフ纐纈さん、武田
231bde55-s

代表社員 松本佳之の記事が月刊総務10月号に掲載されました。

「まだまだできる!総務のコスト削減」という特集で、専門家の観点から消耗品・備品の効率的な管理方法、購入の仕組みについて提言しています。

 是非ご覧ください!

Evernote Camera Roll 20130909 180139


今回は備品・消耗品の効率的な管理によるコスト削減について考えてみます。

まず、実施すべきことは現状、どのような備品・消耗品を使用しているかの確認でしょう。
その際には「本当に必要なのか」という観点をもつことが大切です。
例えば、5色のペンを用意しているのであれば、5色も使っているのか、2色ではどのような弊害があるのか、という観点を持って、実際の利用者に直接聞いてみることも必要です。

次は必要なものを効率的に購入することを検討します。
集中購買、ネットでの価格比較、相見積もりはもはや当たり前でしょう。
部門ごとに備品等を購入している会社では部門間の疑似購買の仕組みを持つことも考えられます。

【疑似購買の仕組み】
各部門が使用する備品を総務が一括してストックし、他部門は少量のストックを持つのみ。
自部門のストックがなければ総務に取りに行く。
総務内のストックが少なくなれば総務が追加発注する。

総務部門に集中することで発注業務の時間も大幅に削減できますし、他部門はなくなっても総務に取りに行くだけなので、在庫の余裕も必要ありません。支払いの際の請求書チェックの手間も省けるでしょう。

最後に使えるものは使うという発想です。中古だけをストックしておく場所を設けるのもよいでしょうし、換金できるものは換金するという発想も必要です。

もはや経費をジャブジャブと使っているような会社はないとは思いますが、今一度できることはないか検討してみてはどうでしょうか。
 

TAX NEWSLETTER 2013年8月号ができあがりました。

当法人の幹部のご紹介と特集記事は「経費削減に取り組む!」です。
当事務所のお客様以外にも無料配布していますので、ご希望される方は下記よりお気軽にお申込みください。

▼今回のみのお申込みはこちらから
税理士法人みんなの会計事務所お問合せページ

▼継続してのお申込みはこちらから
無料お試し顧問登録


08)

「みんなの会計事務所」という名称は商標登録をしました。

商標登録をすると商標権が発生し、指定商品・指定役務の範囲でその名称を独占使用することができ、類似範囲での使用を排除することができます。「みんなのゴルフ」「みんなの党」など「みんなの◯◯」はすでに多く使われていますし、今回事務所名称として第一候補で考えていたものは既に商標登録されていて使用できませんでした。今後のトラブル防止の目的で行ったものです。

日本の商標登録は先願主義といって「早く出願(商標登録の申請)した者が勝ち」という制度です。
広く使われそうな名称を使ってサービスを提供している場合は、トラブル防止として商標登録を検討されてはどうでしょうか。

こんな商標登録証が届きます。

商標登録証

みなさま、経営革新等支援機関をご存知でしょうか?

中小企業を巡る経営課題が多様化・複雑化する中、中小企業支援を行う支援事業の担い手の多様化・活性化を図るため、平成24年8月30日に「中小企業経営力強化支援法」が施行され、中小企業に対して専門性の高い支援事業を行う経営革新等支援機関を認定する制度が創設されました。

認定制度は、税務、金融及び企業財務に関する専門的知識や支援に係る実務経験が一定レベル以上の者を、経営革新等支援機関として認定することにより、中小企業に対して専門性の高い支援を行うための体制を整備するものです。


▼経営革新等支援機関による支援を受けることで、次のようなメリットがあります。

・中小企業が経営革新等支援機関の力を借りながら、経営改善に取り組む場合に保証料を減免(概ね△0.2%)されます。なお、四半期ごとに策定した事業計画の実行と進捗の報告を金融機関に対して行うことが求められます。(経営力強化保証制度)

・卸売業、小売業、サービス業、農林水産業を営む中小企業と個人事業者が一定の設備投資を行った際に、特別償却または税額控除の税制優遇措置を受けることができます。たとえば、「レジを入れ替える」「古くなった看板など店の外装をきれいにする」「新しい陳列棚を購入する」などのケースが想定されます。

当事務所の代表松本は経営革新等支援機関として認定を受けていますので、活用する制度の利用を検討される際は、お気軽にご相談ください。

平成25年7月、北浜総合会計事務所を法人組織化し、名称を「税理士法人みんなの会計事務所」としました。
従来の体制のまま、法人組織へ移行し、新たに公認会計士大田章裕がメンバーに加わりました。スタッフなどに変わりはありません。

新名称の「みんな」は、今のお客様、新しいお客様、そして事務所メンバーのすべてを指しています。みんなに喜ばれ、愛される会計事務所を目指して今後もよりよいサービスの提供を心掛けて参ります。引き続きのご声援をどうぞよろしくお願いいたします。


logo_tate





↑このページのトップヘ