前回の記事でお尋ねがありましたので
今日は塗装の塗り替えサインについて書いてみます。
心当たりがある場合は検討時期と思って間違いないでしょう。

1.壁に触ると手に白い粉がつく
これは「チョーキング現象」といわれるものです。
紫外線などで劣化した塗料の表層樹脂が劣化してしまい
中の顔料が粉状になって表れ触ると手につくようになります。
コーティングが剥げてきたイメージですかね。
こうなると雨が滲み込みやすくなってきて躯体の木部が
腐る原因になります。

(ちなみに腐ると異臭がしてきてシロアリが発生します。
うちがそうでしたから。苦笑)

2.外壁がもとの色と変わってきた
これは雨水の侵入のせいで、その部分が黒ずんだりして
変色していると思います。
濡れるとシミになるイメージですかね。
一度シミになると晴れて乾燥してもシミのままになっています。

3.塗膜が浮いたり剥がれたりしている
これはもう見たまんまでパリパリしています。
人間で言うところのカサブタみたいでピリッと剥がせそうに
なっています。
これは塗料が密着できなくなっているのできれいに剥がして
塗り直すしかありません。

4.塗膜や壁にヒビが入っている
塗膜のところに髪の毛位の浅く細かいヒビを
「ヘアークラック」といいます。
そうではなくてもっと太いはっきりしたヒビは完全に
躯体のモルタルにクラック(ヒビ)が入っています。
ヘアークラックはフィラー(パテ効果のある下塗り材)
でカバーできるのですがクラックの場合はしっかりと
コーキングやパテ埋め補修をしないと雨水の侵入を
防ぐことが出来ません。

5.鉄部にサビが生じている
古い鉄製のベランダや門扉などがそうなのですが
塗装が剥げるとサビが進んでボロボロになります。
ボロボロになるということは崩れ落ちるということです。
大変危険ですし、そもそもこまめに塗装をすることで
寿命が長くなるわけですから鉄部の塗装は進んで
積極的に行うべきですね。

6.カビ、藻、苔が生えている
これは美観が良くないのはもとより、防水性が劣って
きている証拠で繁殖しているわけです。
日当たりが悪く風通しもよくないような北側に多く見られます。
これはチョーキングやヘアークラックの前兆になるので
他のところの状況もよく確認してみてください。

7.目地のシーリング剤にヒビが入っている
サッシ周りやサイディングの縦継ぎ目などがそうなのですが
シーリング材が劣化してくると裂け目が出来たような状態に
なるのでそこから雨水が侵入してしまいます。
そのため古いシーリング材を取り除いて新しいシーリング材
を打つ必要があります。

以上こんなところでしょうか。
塗装を検討する方はただ塗ってもらうことだけでなく
クラック処理やシーリングの劣化などを業者に現調に来て
もらった際にしっかり確認して見積してもらってください。

塗装は見た目をきれいにするだけでなく雨水から
建物の躯体を守る方が重要なのです。

励みになります。応援クリックお願いします

人気ブログランキングへ