2011年12月08日

舘神 龍彦 「手帳カスタマイズ術 最強の「マイ手帳」を作る58のヒント」

最近、テレビで良くお見かけする川越達也シェフ。
「ちょい足しクッキング」で人気だ。


「ちょい足しクッキング」とは、市販の食材や料理に、ほんの一手間かける(ちょい足しする)だけで、元の食材や料理が、一層おいしく食べられるというもの。

このようなことは、クッキングの世界に限らず、私たちの身の回りにもある。




手帳の世界の「ちょい足し」技の数々を披露しているのが、今回ご紹介する手帳王子こと舘神 龍彦さんの著書 「手帳カスタマイズ術 最強の「マイ手帳」を作る58のヒント」だ。


青い鳥を探し求めるかのように、理想の手帳を探し続けるのではなく、すでにある手帳に、一手間かけるだけで、「マイ手帳」を作り上げてしまう。

ベースとなる手帳は市販のどんなタイプでも大丈夫。そこに、これまた市販の文具(付箋、マスキングテープ、メモ帳、カバー、バンド、ペンホルダーなど)や、ポケットやメモ帳などの増設パーツを「ちょい足し」して、理想の手帳を作り上げるヒントの数々がこの本の中にある。



手帳カスタマイズ術 最強の「マイ手帳」を作る58のヒント
手帳カスタマイズ術 最強の「マイ手帳」を作る58のヒント
クチコミを見る



個人的に早速使えるなと思った「ちょい足し」技は、ふせん関係の技(たとえば、ふせんにふせんを貼り込み、そのふせんを手帳に貼る、とか)だ。ほかにも使えそうな「ちょい足し」技もあり、徐々に取り込んでいきたい。


・・・・・



kitaharahiroyuki at 06:38│Comments(0)TrackBack(1)手帳 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 『手帳カスタマイズ術』  [ ventus 〜風のごとく〜 ]   2011年12月10日 11:59
舘神龍彦さんの主催する「手帳オフ会」に集まったシステム手帳のヘビーユーザー・キタハラヒロユキさんや、紙を自分で選んでオリジナル手帳を作る永井さんなど、手帳愛好家たちのこだわりの手帳も紹介されている。 やはり、他人の手帳の使い方は参考になることが多い。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔