その未納の携帯料金、時効かも!?

何年も未納の携帯料金や借金、時効かもしれません。 時効かどうかの判断は専門家へ。

払えなくなった借金、そろそろ解決しませんか?

借金から逃げようと思ったら、住んでいるところや仕事を捨てて逃げることになります。

住民票を移すと、新しい住所がばれてしまうので、住民票がないままアルバイトなどで暮らしていくことになります・・・。

不便ではないかもしれませんが、将来住民票がないと困ることが起こります。

借金さえなければ・・・と思っているなら、その借金を解決する方法をとりましょう。

解決には、払うことですが
それができないなら、債務整理や時効の援用といった方法があります。

何とかしたいと思ったら、その気持ちにこたえてくれる専門家がいます!
小さなことでも、相談してみてください。

払っていないお金があるって、なんだか落ち着きません。

たいていの人がそう思うのではないでしょうか?

真面目というより、自分が使った使用料金などの支払いは払って当然のこと。
それができないなら、手を出せなければいいのです。

携帯料金を払えなくなって滞納している人、払えなくなった理由は人それぞれだと思いますが、滞納したまま見て見ぬふりが一番情けない姿です。

払えないなら、払えないなりに解決策はあると思います。
一括が無理なら、支払いのためにコツコツ貯めることはできるでしょう。

どうしても払えずに何年もたってしまったなら、時効という方法もあります。
時効は、結局は支払いの踏み倒しですが、手続きなどをきちんとすれば法的に認められているものですから
支払いから逃げているよりずっとマシだと思います。

心のどこかに、未払いが引っかかっているなら、相談に行ってみてください。

機種代を最初に一括で払っていないなら、分割払いになっていると思います。
この、毎月分割で払っている機種代を滞納すると、ローン返済を払っていないのと同じことなのでブラックになってしまうんです。

携帯料金の支払いを1回払い忘れたくらいではブラックにはなりません。
たいてい3ヶ月の滞納で、俗に言うブラックになるそうです。

先月分、滞納しているならできるだけ早く払いましょう。

滞納分を払えればいいですが、何ヶ月、何年も滞納していたら…
そうなると、延滞料金とともに支払うか、または時効という方法もあります。

何年も滞納してブラックになったら、そのままにしていてもずっとブラックのままです。
きちんと支払うか、時効にすることで、それから5~7年後にはブラックではなくなります。

信用を取り戻すためにも、滞納はそのままにしないで時効の援用などを考えてみてください。

↑このページのトップヘ