時効には、決められた期間があります。

携帯料金の時効は5年です。
この5年というのは、支払わなくなって、携帯電話会社からの督促にも対応せず支払いを無視した期間が5年です。
途中で少しでも支払っていたり、滞納を認めるようなことをしていたら時効は中断しています。
また、携帯電話会社が裁判所に申し立てをしていたら、そこでも時効はストップしています。

携帯料金の時効というのは、単に5年経過しただけでは成立するかどうか分からないものです。
そして、時効期間を中断もなしに過ぎていたとしても、時効の援用という手続きをする必要があります。

時効の手続きは個人でもできますが、心配なら専門家に相談して詳しく聞くこともできます。
専門家に相談することで、時効期間がまだ過ぎていないのに援用をしてしまうといったミスを防ぐこともできます。