借金や未払いの携帯代、滞納している奨学金…

時効になったら払わなくていいって!?
それなら時効まで滞納したまま待っていればいいの!?

時効と聞くと、その日が過ぎれば成立すると思うかもしれません。

実は
借金などの時効は、期日を過ぎても自動的には成立しません。
成立させるには時効の援用という手続きをしなければなりません。
でも、この手続きは、時効期間を過ぎてから行わないと意味がありません。

時効を考えるときに一番引っかかるのは、「時効日がいつなのか」というところです。

未払いの携帯代は、支払日が決まっているので、その支払日の翌日から5年間と思っていいのですが
借金は、返済について、それぞれ契約で決めていると思うので、いつから5年間になるかは人それぞれです。

5年ギリギリなら、焦って援用をする前に、冷静に判断することです。

最後に支払った日の記録など、借金に関する情報はそろえて専門家へ相談をすると判断もしやすいです。