借金や携帯料金の未納分、滞納した家賃などにも時効があることは知っているけど

その時効を勘違いしていませんか?

聞いて驚いた勘違いは
「5年で時効だから、時効まで督促状は捨てるし、5年間払わなかったら未払いは勝手に消えるよね♪」
というものです

未払いや滞納は勝手に消えません!

借金や未払いの時効は消滅時効というもので、時効を成立させるには、条件をクリアしていることと時効の援用という手続きが滞りなく終わっていることが必要です。

待っていても延滞金が増えていくだけで、何の解決にもなりません。

勘違いをしたまま、「5年経ったから大丈夫♪」と未払いのままの携帯ショップへ新規の申し込みに行って、「未払いがあるので払ってください」と断わられて帰ってきた人、実際にいます。

もしも、時効を考えているなら、正しい知識を持ちましょう。