せっかく君といるんだし

40代高度治療歴1年です。 結婚が遅かった事、直後に家族の闘病が始まり最後まで見届け、落ち着いてからの妊活スタートでした。 流産(HCG110台) 化学流産(HCG40台) 次は卵3つ戻し!という治療に違和感を感じての転院後、不育症発覚! ヘパリン対応となる為、ただでさえハイリスクなのに超ハイリスクとなってしまう可能性あり。 カテゴリを妊活にするのは勇気がいりました。 40代で第一子を望む事に賛否両論がある事、リスクが伴う事・・・ それでも、我が子を抱きたい夫婦です。

流産2回を経て不育症発覚。ヘパリン必須。超ハイリスク。 それでも我が子に会いたい!治療健忘録

MRI後にお昼ご飯をささっと食べました。

IMG_2454

酢豚定食うまし!
食欲旺盛、中の人もご飯食べると大暴れ(食いしん坊)

お腹も満たされ、疲れもあまり無く、不育症等で血液取られた時も問題なく、、、

余裕で貯血センター?へ。


産科の医師
産科の看護師(NST)
貯血の看護師

3人体制で貯血開始。

中の人が動いたら、押してくださいとスイッチを渡されるものの、、、


キタレレ「あのぉ、ずっと暴れてるんですけどずっとお押しとけばいいですか?」

産科看護師「本当に良く動くね、えっと、、、適当でいいです」

何か体がだるくなってきたなぁ。
何か汗出てきたなぁ。
すこしクラクラするなぁ。


貯血看護師「ご気分いかがですか」
キタレレ「すこしクラクラします。」

頭を下げて、足をあげてもらう。


一時的にクラクラ解消したものの、なんとも言えない違和感と滝のような汗が冷たい。

キタレレ「すみません調子悪いかもです。カナリクラクラします」


産科医師「血圧みて」
貯血看護師「60以上触れません。脈も、、、(聞き取れず)」
産科看護師「わかりますか?大丈夫ですか?」

キタレレ「分かります、クラクラします」

産科医師「貯血止めて、点滴最大!二本!」
貯血看護師「もう血は止めましたからね!大丈夫ですよすぐ良くなりますから」

ここでモニターのボタンを手放す(ちゃんと赤ちゃん動いたら押してた私凄い)

肩で息をして、目を閉じないといられない倦怠感とクラクラ感。


5分ぐらい最大で点滴入れてもらったら、回復してきた。

産科医師「340ml取れました。びっくりしましたね、赤ちゃんは元気ですよ。お昼食べた?緊張しちゃったかな?」

キタレレ「お昼はがっつり食べたのと、そんなに緊張していなかったのですが、何だったんでしょうね。みんなやっている事ですよね。」

貯血看護師「そうなの、高齢者も若い人も普通に20分くらいで400ml引くのよ。皆さん普通に終わる方が多いけど、赤ちゃんの影響で血流が悪かったかなぁ?
でも点滴したから大丈夫よ!」

キタレレ「十分取れませんでしたが、もう一度貯血ってやりますか?」

産科医師「いや、一回だけです」


血。足りるかなあ。


その後ベットに運ばれて「点滴二本なので2時間ねー」

11時に病院→帰ったのは18時過ぎでした。。。


長かったなー。


夫に話をしたら、、、
「血圧60て死にかけじゃん!!」と、改めてびっくりされました笑笑


本来の出産日より1ヶ月早い37週で、生まれることになりました。
後少し、怖いけどカイザー頑張ります!








この日は長丁場とは聞いていたものの、、、
まさか7時間滞在となるとは、思っていませんでした。

赤ちゃんはボコボコ動いて元気!
2000gを超えたのでホッと安心しました。
ほぼ週数どおりと大きさです。

帝王切開の話。
辺縁前置胎盤の診断。

羊水が血管に詰まって死ぬリスク
1.5リットルの出血予想
血が止まらなければ子宮摘出や血管結束。
ようは、子供をこれ以上望めなくなる(卵凍結延長したのだが)


まぁ、最悪の事態のお話で、ほとんどは無事出産されてるとは言うものの、、、



前置胎盤になるのって、全体の数パーセント。
すでに悪運を引いてる気がするんだけど、、、

出産日決定。
考えていたより一週間早くて、心の準備が。
しかもそれより更に一週間早い管理入院。

きいてないよー!
まだ赤ちゃんの肌着とか、水通ししてないよ!


そしてMRIへ。
MRI検査も当日知ったが、ピーピーゴーゴーうるさいけど、撮影時以外は静かだったし、息を止めて吐いてを20回くらいやらされ、仰向けきついなーとか思っている間に終了。。。

結果は管理入院時に聞かされるらしい。

次は貯血へ、、、

つづく 

ご飯を食べるたびに、足けりけりと、膀胱パンチに見舞われ、頻尿と痛みに耐えております。

この子は間違いなく、食に貪欲だ、、、


後1ヶ月で帝王の子を取り出すのですが、、、
私たち夫婦、頭で分かっていても実感がありません。


私は30代後半まで独身で、20歳からずっと少ないお給料で親を扶養しつつ、、、

自立したくても、やりたい事があっても、金銭面で折り合わず我慢して生きて来て。

夫も仕事に打ち込み、仕事が生きがいのような生活。


ひょんな事から出会い、結婚して。
すぐに義家族の壮絶な闘病を支える事になり。
闘病に関して夫は大きな心の傷を負い。
義弟夫婦に振り回され。


そんな中、、、
なかなか妊娠せず、病院を転々。

辛い治療。
稼いでも消えていくお金。
2度の流産。
妊娠後も不育症治療。
私は未だに親扶養 笑
会社上司のパワハラセクハラ。


次から次へといろんな事が起き過ぎた人生。

子供を授かる事が出来た。
これから、子育てができるであろう未来。


お腹で、こんなにも生きて動いてくれているのに、赤ちゃんがいる生活が、まるで夢のようでピンと来ないです。

最後まで気を抜かず、必ず子供を産んで、夫と育てたいです!!


里帰りは親の強い希望で、1ヶ月だけ。
早く夫と育てたいな。

因みに義弟お嫁さんは、出産前後合わせて1年間里帰り中です。長くない?!笑

残り少なくなって来た妊婦生活も、気を抜かずに頑張ります。

↑このページのトップヘ