あのミスターの息子、長嶋一茂が、ミスターの記念品の数々

約5000点を現金に換えているそうです。

しかもその額は、総額100億円近くという大金。

ミスターの品といえば、マニアにとってはどんなものでも

垂涎の的でしょうが、それにしても家の中を

もぬけの空になるくらいに、ミスター記念品を売ってしまうなんて

なんて親不孝なバカ息子なんでしょうか。