2007年03月06日

障害のある児童・生徒に対する教育財政措置について

 先般の学校教育法等の改正において、小中学校に在籍する教育上特別の支援を必要とする障害のある児童生徒に対して、障害を克服するための教育を行うことが明確に位置づけられました。
 このうち、小学校及び中学校には、学校教育法施行令第5条に定める認定就学者をはじめ、様々な障害を持つ児童生徒が在学しており、特に、通常の学級においては、LD、ADHD、高機能自閉症等の児童生徒がやく6パーセントの割合で在籍している可能性が示されています。
 このような状況を踏まえ、小学校及び中学校において、様々な障害をもつ児童生徒に対する学校生活上の介助や学習活動上の支援を行う「特別支援教育支援員」の計画的配置が可能となるよう、地方財政措置される予定となっていますので、その措置分を明確に分配するように要求するものであります。

答弁は交付税措置された場合は確実に分配しますという事でした。良かった!

これは信頼する先輩より情報が入りまして質問しております。
佐々町のMさん有り難うございましたm(_ _)m

kitamura1971 at 17:25│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

kitamura1971

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: