レシピ

January 16, 2011

蓮根入りふわふわ鶏団子と根菜の味噌鍋

寒いですね。
寒いと食べたくなる鍋があります。実家の母が冬によく作ってた鍋なんですが今回作り方を教えてもらって自分でやってみました。
ついでに鶏団子を蓮根入りにしてみました。
DSCF1824
〈蓮根入り鶏団子〉
鶏ひき肉(胸肉)……150g
木綿豆腐……100g
蓮根……70g(小さめのを半本くらい)
長ネギ……3センチくらい
以下の材料をAとします。
 生姜……一かけ(すりおろす)
 片栗粉……大さじ1
 ごま油……大さじ1
 塩と胡椒……少々

ひき肉に材料A(塩、胡椒、ごま油、片栗粉、生姜のすりおろし)を入れてよく混ぜておく。
木綿豆腐は電子レンジに1分かけて水切り。
蓮根はみじん切りにして塩を振ってキッチンペーパーで水気を絞る。
長ネギもみじん切り。
肉、豆腐、蓮根、長ネギを混ぜる。
鍋に湯を沸かして、スプーンで適当にすくって湯に放り込む。
浮いてきたら網ですくう。

〈味噌鍋〉
上記の鶏団子
お好きな根菜(大根、ごぼう、里芋、鶏団子で余った蓮根など)……好きなだけ
まいたけ、長ネギ……食べたいだけ
だし……適量
みそ……適量
万能ネギ、七味唐辛子……お好みで

土鍋に湯を沸かして和風だしを入れる。(私はインスタントのほんだしですが、本格的にだしを取りたい人はどうぞお好きに)
お好きな根菜を適当に皮をむくなり切るなりして、鍋に放り込む。
煮立ってあくが浮いてきたらすくう。
まいたけは適当に分けて長ネギは適当にぶつ切り。
根菜に火が通ったらまいたけ、長ネギ、鶏団子を入れて煮る。
あとちょっとで全部煮えるかなーってところで味噌を投入。これも適当。好みの濃さにしてください。
小口切りにした万能ネギや七味唐辛子をトッピングしていただきます。
DSCF1831

「適当」ばかりでごめんなさい。だって鍋だし。適当で失敗しないし。
 鶏団子だけ少し凝りました(?)が、これも別に蓮根も豆腐も入れないただの鶏団子でもいいんです。
 生姜も長ネギも入れないで、鶏肉と塩こしょう、片栗粉とごま油でオケです。ごま油の風味だけで十分いけます。
 私はふわふわ豆腐とカリカリ蓮根の食感が好きなので入れましたけど、入れなければもっと食べ応えのあるがっつりとした鶏団子になるんで、そっちのほうが好みって人も多いのではないでしょうか。
 あと、シンプルな鶏団子のメリットはもう一つあって、冷凍できるということです。豆腐や蓮根を入れると冷凍できないんですよ。水分が出てスカスカになっちゃう。(高野豆腐と同じですね)なので冷凍保存したい場合は余計なものを入れないほうがいいです。

 ごちゃごちゃ申しましたが、要するに鍋なので。
 気軽に作ってあったまればいいんじゃないかなと。
 思う次第です。

一緒に呑んだお酒。
博多吟醸酒「翔福」
DSCF1832

去年の夏の九州行きで入手したもの。きりっと辛口で、すっきりしていてお鍋には最高でした〜。

kitano25 at 23:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

June 20, 2010

トルティーヤ、サルサソースその他

(これはダイエットレシピではありません。)

トルティーヤを焼いてみました。
近所のパン屋さんで売ってて、すごいおいしそうだったので。
トルティーヤ2
ここのレシピを参考にしました。
本格メキシカン!トルティーヤラップサンド
ほとんど変更無しなので、リンク先参照と申し上げたいところですが、適当に変更したところもあるので覚書として書いておきます。ハラペーニョペッパーなかったから一味唐辛子にしちゃったりとか。

・トルティーヤ生地(10枚)
薄力粉……125g
強力粉……125g
ベーキングパウダー……小さじ1
水……140cc〜150cc
オリーブ油……大さじ1
〈作り方〉
1.薄力粉、強力粉、ベーキングパウダーを、ボールに入れて手でぐるぐる混ぜて、水を入れて更に混ぜる。
2.少しまとまったら、オリーブ油を入れて更に捏ねる。
3.ラップに包んで30分くらい放置する。
4.生地を十等分して、打ち粉をして薄く伸ばす。
5.フライパンで焼いて出来上がり。

・ワカモーレ
アボカド……1個
レモン汁……小さじ1
トマト……1/2個
玉ねぎ……1/3個〈残りをサルサソースに使った)
香菜……一本くらい
一味唐辛子……少々
塩……小さじ1/4
〈作り方〉
1.アボカドは、皮と種を取り、レモン汁を混ぜて大体潰しておく。
2.トマト、玉ねぎ、香菜をみじん切りにして塩を振っておく。水分が出てきたら、キッチンペーパーに包んで水気を絞る。
3.、1と2、一味唐辛子を混ぜて出来上がり。

・サルサソース
トマト(中)……1個
玉ねぎ……2/3個
おろしにんにく……小さじ1/2
オレガノ……小さじ1/2
一味唐辛子……少々
塩……小さじ1/4
こしょう……少々
香菜……一本
〈作り方〉
1.材料を全てみじん切りにして混ぜる。以上。
(オールアバウトのレシピだとトマトを湯剥きします。まめな人や、皮が気になる人ははしてください。)

・鶏のハーブグリル
鶏腿肉……1枚(約200g)
塩・こしょう……適宜
ハーブ〈ローズマリーとかタイムとか)……適当に
ワイン……大さじ1
〈作り方〉
1.鶏肉は、塩、こしょう、みじん切りにしたハーブをすりつけてしばらく置く。
2.フライパンに投入、ワインを振りかけて蒸し焼きにする。

トルティーヤ
できたソースやハーブグリルを、トルティーヤに巻いて食べました。
鶏の代わりにソーセージ巻いてもおいしかったです。
美味しい美味しいって言いながら5枚食べました。残りは冷凍。

さて。
ダイエットレシピじゃないとは言ったものの、一応カロリー計算してみました。
えーと。

トルティーヤが1枚104.8キロカロリー。5枚食べたので524キロカロリー。
ウィンナー192.6kcal ハーブグリル139.2kcal
ワカモーレ244.7kcal サルサソース55kcal
合計1155.97kcal

うわー。
一食としては多すぎる気がする……気がするじゃなくて明らかに多いですね。
そもそもトルティーヤを5枚食べてる時点でね。このレシピ、10枚で4人前って書いてあったので、2人分食べてることになります。

いいや。だって私、まだ助走段階だもの。カロリー計算でさえ時期尚早のはず。
それにおいしかったから、いいんだ。

kitano25 at 17:25|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

June 19, 2010

こんにゃくとアスパラの炒め煮

さっそくカロリー計算レシピを。

こんにゃくとアスパラの炒め煮

こんにゃくとアスパラの炒め煮材料(2食分:1食分60kcal)
こんにゃく……一枚(250g)
アスパラガス……一束(120g)
ごま油……小さじ2(8g)
醤油……小さじ2(12g)
ラカント(普通なら砂糖)……小さじ2
顆粒だし……少々


作り方
・こんにゃくは、両面に切れ込みを入れ、サイコロ状に切る。(今回、あく抜き済みのこんにゃくを使いましたが、匂いが気になる人は、1分ほどゆでてあく抜きをしてください。)
・アスパラも、適当な長さに切る。
・鍋にごま油を熱し、こんにゃくとアスパラを投入。
・アスパラに7割がた火が通ってきたら、調味料(醤油、ラカント、顆粒だしを水少々で溶いたもの)を加え、材料に絡めながら煮る。
・煮汁が少なくなり、味がしみたら出来上がり。

 これで一食分60キロカロリーです。
 ここのサイトを参考に、カロリー計算しました。
食品のカロリー − グラムのわかる写真館

 おいしかったです。和食の副菜として適当かと思われます。油を使ってますが、油を吸いにくい素材なので、控え目にしても満足感があります。

 この日の献立は、「ゴーヤチャンプルー、こんにゃくとアスパラの炒め煮、ミニトマト」でした。
 これで、ビールを飲まなけりゃいいんだけど……飲んじゃうんだよねえ。


kitano25 at 15:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

February 23, 2010

石焼ビビンバ

牛肉切り落としが安かったので、ビビンバにしました。
DSCF0061材料(3人分くらい)・牛切り落とし肉……300g

・〈肉の下味用タレ〉
 しょうゆ……大さじ3、
 みりん……大さじ2、
 酒……大さじ1、
 砂糖……大さじ1
 しょうが、にんにく……それぞれ一欠
 玉葱……4分の1くらい

・〈もやしのナムル〉
 もやし……一袋
 醤油……大さじ1 
 ごま油……大さじ1 
 豆板醤……少し
 すりごま……好きなだけ

・〈ほうれんそうのナムル〉
 ほうれんそう……一把
 醤油……大さじ1 
 ごま油……大さじ1 
 豆板醤……少し
 すりごま……好きなだけ

・キムチ……好きなだけ(他の材料とのバランスを考えて)

・卵黄……人数分

・ごはん……一人分

・コチュジャン……適量

・サンチュなど

作り方
1.肉のタレを全て混ぜ合わせ、肉に混ぜ、フライパンで焼く。
2.もやしのナムルを作る。もやしはさっと茹でてザルにあげ、調味料と和えておく。
3.ほうれん草のナムルも同様に作る。
4.石焼鍋にごま油を敷き、ごはんを盛って上に1の肉、2、3のナムル、キムチをのせ、コチュジャンを投入して最後に卵黄を乗せる。
5.焼けてきたら、全体をよく混ぜ合わせ、サンチュで巻いて食べる。

 今回、好きな焼肉のタレがスーパーに無かったので作りましたが、肉の下味のタレは市販の焼肉のタレで結構です。
 よく混ぜ合わせた方がおいしいです。見栄えがしないので、写真は混ぜ合わせる前のものですが……サンチュで巻くと、おいしさが五割り増しになると思います。サンチュがなければサラダ菜でいいです。というか今回はサラダ菜でした。
 石焼鍋がなければ、フライパンでもホットプレートでも。大人数ならホットプレートが便利です。

kitano25 at 23:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

February 22, 2010

キャベツとハムのスパゲッティ(レシピブログにトライ)

 カメラを新しくしたのをいいことに、レシピブログっぽくしてみようかと。
 ふと思いました。

 なんか今、キャベツ高いですよね。大概が200円越えのなか、198円でがんばっているところを見つけたので、買ってきました。大好きなキャベツのパスタ。定番メニューですがですが、検索してみるとレシピはいろいろあるようです。
 これはうちでいつも作っているやり方です。簡単なわりに美味しいので。

DSCF0010
●キャベツとハムのパスタ
材料(1人分)
キャベツ……8分の1くらい 
ベーコン……50gくらい 
パスタ……一人分(私は80g 今回はスパゲティーニにしました)
オリーブオイル……大さじ1
鷹のつめ……2本
にんにく……一欠
塩とこしょう……適量

作り方
・鍋に水を入れてボイル準備。
・キャベツは適当にザク切り、ベーコンも適当に切る。にんにくはみじん切り。
・鍋の湯が沸いたら塩を入れて(ちょっとしょっぱいかなくらい)パスタを投入。表示時間通りに茹でる。
・茹でている間に、フライパンにオリーブオイルを熱し、鷹の爪とにんにくを投入。更にベーコンを入れてカリカリに炒める。
・茹で時間の1分前に、キャベツをパスタの鍋に投入。茹で汁をおたまに1杯、フライパンの中に入れておく。
・時間が来たら、パスタとキャベツをザルにあけ、フライパンの中に投入。
・塩コショウで仕上げしてできあがり。

 写真だとあまりおいしそうには見えませんが。
 おいしかったですよ。

 しかし、今回ね。ふと「レシピブログってあるみたいだから私も書いてみよう」と思ってやってみたのですが。
 むずかしいです。
 いや、以前もここにレシピを書いたことあるんですけど、あれはあくまで自分用メモなんです。自分が後で「あれってどうやったけ」って思ったときのための、覚書みたいなもんです。
 でも、人に伝えるためのレシピとなると。
 どう書けばいいのでしょう。困ることばかりで。
 例えばね。材料一つとっても。
 「キャベツ……8分の1くらい」って書きましたが、キャベツの大きさによると思うのですよ。大きなのだったら8分の1じゃ多すぎますし、小さいのだったら足りない。今回、計量してみたら200gだったので、それを書こうかとも思いましたが、グラムで書かれても、ねえ。困りますよねえ。
 ハムは、パッケージに(多分)重さが書いてあるので大丈夫だと思ってgで書きましたが。一枚とか二枚とかで書いたほうが良かったかしら。でも1枚の大きさって違いますよね。

自分用メモならねー。
自分で分かればいいので、こんなこと考えたことなかったです。

 鷹の爪もね。
 私は辛いのが好きなので2本にしましたが、一般的には1本だと思うのですよ。ここで一般的な分量をとるか、あくまで自分流を貫くか。一般的な分量にするのが親切な気もしますが、でも一般的な分量なら、検索すればいくらでも出てくるわけで、わざわざ私のブログに書く必要はない。

 世のレシピブロガー様方は、ここらへんどのように乗り越えてらっしゃるのでしょう。これまでなーんの気もなくよそさまのレシピブログを見てきましたが、すごいと思います。尊敬します。私ももう少しよく考えながら拝見しなくてはと思いましたです。


あ、そうだ。
パスタの向こうにあるのは、
「大根のバーニャカウダソース和え」
「カボチャのサラダ」
です。レシピを書くほどのものでは無いので書きませんでした。

kitano25 at 00:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

October 19, 2009

電子レンジでプリン

 なんかプリンを食べたくなりまして。
 でもうちのオーブンレンジにはスチーム機能がついておりません。
 シャトルシェフ使うって手もあるのですが、電子レンジでできないかなあと検索しましたら、ありました。
 電子レンジでプリンのレシピ


pudding
 
 プリンを入れた容器ごと、大きいタッパーに入れて、プリン液と同じ高さまでお湯を満たしてレンジで加熱。
 今回は7分加熱しました。
 少しすが入ってしまいましたが、ちゃんとできました。
 おいしかったです。
 次はもうすこし加熱時間を短くすればいいな。

kitano25 at 23:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

June 10, 2008

くるみパン

これもまた「パーフェクト・パン」のレシピで、くるみパン。今回はわりとうまくいった。DSCF1595
混ぜ、オートリーズ20分、こね10分、一次発酵1時間、パンチ、ベンチタイム30分、成型、二次発酵1時間 焼成200度で20分。
中はこんな感じ。思ったとおりの味になった。DSCF1597そのままでも、クリームチーズを塗ってもおいしい。

kitano25 at 00:01|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

June 09, 2008

フランスパン

フランスパンに挑戦。「今日の料理・パーフェクト・パン」のレシピで焼いているのだが、なかなかうまくいかない。DSCF1558DSCF1559
左が1回目、右が2回目
二回焼いたがクープがうまく開かない。うーむ。難しいとは聞いていたが、ここまでうまくいかないとは。リスドオルとか、フランスパン専用粉を使うべきかしら。
DSCF1563DSCF1565
2回目はまあそこそこフランスパンの味はしたですよ。気泡も大きくできていたし。フランスパンには見えないし表面焦げてますけどね。水菜とトマトソースのペンネに副えて食べました。



kitano25 at 00:49|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!

June 01, 2008

バター

 おひさしぶりっす。なんか忙しくてしばらくアップできなかったですよ。でもちょこちょこ何かしら作ったり、魚兵行ったりしたので、また少しずつ報告するですよ。
 さて。
 生クリームが処分価格だったのでバターを作ってみた。DSCF1526
材料:生クリーム……200cc(タカナシの47%を使用) 塩……少々
作り方:
生クリームをパックのままシャカシャカ振る。
音が変わってきたら、ボールに空け、塩を加えてホイッパーで混ぜる。
乳清とバターが分離したら出来上がり。
 最初にパックを振っておくと、ホイッパーの時間が短くて済む。というかあっという間に分離する。乳清はソーダブレッドやスコーンに使う。

 200ccの生クリームから、100gぐらいのバターができた。コストから考えると普通に買ったほうが安い。しかしこのコストでもおつりがくると思えるくらい、すごくおいしいバターができた。舌ですっと溶けるのだ。
DSCF1555
ソーダブレッドと一緒に。うむ、美味。

kitano25 at 22:53|PermalinkComments(3)TrackBack(0)clip!

April 23, 2008

基本の丸パン(二度目)とミニ食パン

「パーフェクト・パン」のレシピで丸パンを作った。DSCF1537
強力粉……300g
ドライイースト……5
砂糖……5
塩……5
ぬるま湯(40度前後)……190g
オリーブオイル……小さじ2
オートリーズ20分、捏ね10分、一次発酵室温で2時間、ベンチタイム20分、二次発酵1時間、210度オーブンで15分。
前よりもふわふわになった。
DSCF1539

 同じ生地をパウンド型で焼いてミニ食パンも作ってみた。DSCF1540
リーンな生地でフランスパンに近い、素朴な味の食パンになった。ベーコンサンドやチーズトーストにしておいしかった。

kitano25 at 20:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!