2018年12月16日、除雪したばかりの玄関前には薄っすらと雪が積もっていたが
わずかに気温が高かったので所々が解けていた。

その雪の上を泥んこの足跡が点々と、道路から玄関前を横切り
除雪した玄関前アプローチをぐるりと一周して、再び道路の方へと消えていた。

玄関の横には、アライグマを捕獲するために箱罠を合い掛けてあるが
この時、捕獲のための餌は入れていなかった。

翌日17日に、大きめの蒸しパンを作ったので、その欠片を入れてみたのだが、深夜になって箱罠が閉じる音がした。

ここら辺は、炭鉱閉山に伴い過疎化し、置き去りにされた多くの犬猫が問題になっていた。

犬に関しては市議会でも検討され、保護活動も行われたことから野良犬になるものもおらず、数年後には解決したものの
猫に関してはボランティアに頼る以外のことはせず放置したために、未だに多くの去勢されていない猫が、野良猫となって徘徊している。

家の周りでも多くの野良猫が徘徊しているので、足跡は、この野良猫か?アライグマか?それともまた別の動物か?と
少しワクワクもしたが、足跡の大きさや歩幅などから
今年の春に箱罠にかかったキタキツネだろうと予測していた。

そして、予測は見事に当たったw

DSC_7487


箱罠の中では「まただよー><」と言わんばかりの顔でこちらに目を向け、「早く出してよー!」とばかりに
閉じた箱罠の蓋を引っ掻いていた。

翌18日、再び箱罠をセットし、蒸しパンの欠片を入れておいた。

夕方6時を過ぎたころ、箱罠の蓋が閉じた音がした。

そしてまた、同じキタキツネが入っていたw

よほど蒸しパンが気に入ったらしいwww


DSC_7510
 

このキタキツネは、解き放ったときに必ず、一度足元まで戻ってきてから山へと帰っていく。

実は、箱罠に入っている間に、冷凍してある鶏肉を数切れ、解凍して食べさせていたので、そのお礼でもあるのだろう。

ちなみに、このキタキツネは黒いソックスを履いていない。

そして今夜、19日夜7時過ぎに、また外で箱罠の蓋が閉じる音が聞こえた。

「またかよー」と、半ば呆れた気持で見に行くと、そこには色の違う獣がいた。

「あ、アライグマ!?・・・???」何か違った。

アライグマのようでもあり、アライグマではないようでもあった。

尻尾を見れば一目瞭然なのだが、怯えて奥の方に引っ込んでおり尻尾が見えない。

しかし、何かが違う。

鼻筋に黒い筋がない。


DSC_7532
 

この周辺には多くのアライグマが野生化し生息しているため、生活環境や習慣に共通性のあるタヌキは生息していないものと思い込んでたのだが
箱罠の中にいるのは、紛れもないエゾタヌキだった。

アライグマ、野良猫、キタキツネなど、生活圏を脅かす動物が多くいる環境下でエゾタヌキが生息していることが意外に思えた。

キタキツネは私に慣れたのか、解き放つと、互いの姿が見えなくなるまで何度も振り返るが
エゾタヌキは、今日が初対面だったこともあり、解き放つとすぐに
振り返ることもなく、脱兎のごとく走り去って行った。

どちらも、よそで悪さをして痛い目を見るぐらいなら、また何度でも遊びに来てくれればと思うのであった。

これまで捕獲した動物は
野良猫2頭
キタキツネ2頭3回w
アライグマ1頭
エゾタヌキ1頭

次は何が入るのだろう?

ヒグマの子供だけは入らないでほしいものだが・・・

あ!
ひょっとして、何度も訪問することに気が引けたキタキツネが
エゾタヌキに化けたのかもw

だとしたら
エゾオコジョ、キタイイズナ、エゾミンク、エゾテン、ホンドイタチ、エゾユキウサギ、エゾリス、エゾモモンガってのもありかなw

毎日決まった時間に、玄関前にちょこんと座って
私が出てくるのを待っていてくれるようになったら楽しいなっ♪

願わくば「狐の恩返し」とばかりに
玄関先にネズミを置いて行くのだけは勘弁してもらいたいw

そのうち、「ピンポーン♪」とチャイムを鳴らしてくれるようになったら上出来だなwww

私の家「陶芸工房ほたる窯」から直線距離で1キロも離れていない月光池周辺には
これらの動物たちの他、エゾシカやヒグマたちの営みがある。

それを考えた時、過疎地はそのまま自然に戻し、彼らに返還するべきではないのか?

「町おこし」などというのは人間中心のエゴでしかないのでは?

そんな思いが心をざわつかせる。

彼らとてバカではないので、極限状態になるまで民家には近づかないが、雪面に残された足跡を観察していると、確実に
目の前までは迫ってきている。

お互いに傷つくことなく、程よい距離間でいるためにはどうしたらいいのか?
こんな過疎地の山奥に住まわなければ考えもしなかったことで日々の時間が消費されていく。