DSC_2917


工房周辺の空いている土地を無理やり耕し
裏山から土やら枯葉やらを運び入れ作った畑が機能しています。

裏山の土は、陶芸に使っているものと同じながら
まだ粘土になる前の、脆い小石状態なので水捌けも良く
元々あった草地の土と混ぜることで、畑っぽくしていますw

とはいえ、数十年も手入れしていない場所でもあり
土の酸性度が高まっており、酸っぱい土になっているので、苦土石灰を漉き込み
また、元肥を入れていないため栄養分も不足しているので
周辺の空き地で行われた草刈りの、刈られた草を畝に敷き詰め
鶏糞と油粕で追肥してきました。

かぼちゃは、荒れ地でも育つ作物なので、肥料は無くてもいいのですが
多少の鶏糞と油粕が入ったことで、その育成の勢いが止まらず、地を這わせていてはスペースが不足することもあり
棚を作ってぶら下げ、全体が緑色になるようにしました^^

DSC_2920
 

DSC_2921
 

定番の、ナスとトマトも順調^^

この他に、トウモロコシ、メークイン、スナップエンドウ、ズッキーニを植えていますが
7月には気温が高くなり過ぎて、ズッキーニの収量が少ないまま夏休みに入ってしまった><
なんとか秋まで苗を持たせて、収穫倍増計画中w

メークインは、花期に土寄せして、大きくなった芋が日に当たらないようにしなくてはならないのですが
畑には土が無いため、仕方が無く、刈られた草を大量に被せておきました。
収穫はまだ先ですが、農家さん並の早さで植え付けしたので
収穫期は一般より早そうです^^

トウモロコシは、数回に分けてポットで発芽させて植えたのですが
遅い時期に植えたものは育成が悪く、早い時期に植えたものは
雑草と間違えて抜いてしまったこともあり、収穫は少なそう^^;

スナップエンドウは、つるなしなので、支柱を立てても絡んでくれることも無く
雑草取りをしていないこともあり、雑草の中に埋もれたまま
たくさん実をつけてくれていますw

雑草をかき分けて実を探すのが大変>< www

この他にも、小松菜や夏大根も植えていましたが
小松菜は気温が高くなり過ぎてダメ><

夏大根は、発育中に気温が不安定だったため花芽がついてしまってダメ><



DSC_2924
 

さて、玄関前には、鳥の餌用のヒマワリを撒いておいたので
賑やかすぎるほど満開になってくれました^^

このヒマワリは、種を採取した後、畑の土に漉き込み
来年の肥料となります^^

玄関前には乗用車一台分のスペースがあるので
来年は「箱水田」でも作ってしまいそうな勢いですwww


あれ?陶芸してないや^^;