つながろう北の医療~北海道地域医療研究会~

北海道地域医療研究会の運営委員一同が交代執筆します。 日々の診療やケアの中で感じていること 医療と離れた生活での一コマなど  北の暮らしと 医療福祉保健に関することならなんでも・・

訂正

すみません訂正です

官邸の犯罪X 検察の犯罪Oです

過労自殺

先ごろ日本のマスコミ、広告業の総元締め?と言われる電通の長時間労働の実態がマスコミをにぎわせており

これは自分のことだと気が付いたという人の声が伝えられてくる

自殺した女性社員のツイートに涙した女性タレントの話も伝え聞く

まさにひとごとではないのだ

一方女性研修医の過労自殺の話はあまり報じられないような気がするのはひがみ?だろうか

日本中ブラック企業にあふれている


稲田防衛大臣は白紙領収書問題もどこ吹く風、もちろん検察も動かず、はてまた軍需産業の株を買い込んでいるとのこと
安倍のお友達ならば何をしてもおとがめなしなんですね

1億総活躍社会は現代版国家総動員法ということでありすでに日本は十二分に暗黒世界です

秘密保護法もありますよね

TPPも強行採決?
ほとんど黒塗りの資料のままで?
TPPは国の主権を売り渡す(ISD条項)中身です、日本の医療が狙われているといいます

そういえば明らかな証拠、証言がありながら不起訴になった甘利さんも安倍のお友達でした

検察が官邸、権力側となったのは裏金の問題で官邸に借りを作ったのがきっかけだと思っていましたが
「官邸の犯罪」はもっと昔にさかのぼるようです

ーー検察は田中角栄逮捕のために大量のわいろをばらまくという違法行為を繰り返した外国人犯罪者に対しては三顧の礼をもってそのトップが「不起訴」を約束する。その一方で日本人の証人には本来なら罪に問えないはずの法律を適用して犯罪者に「でっち上げようとした」のである。--

平野貞夫さんの「田中角栄を葬ったのは誰だ」の中の一節です

石原慎太郎の「天才」がベストセラーという現実にくやしい思いをしている私からのおすすめ本です

セルシン、フェノバールを児玉誉士夫に注射した大学教授も登場します

                                          由仁町立病院 斎藤有







当事者同士が語り合う意味

北海道医療大学
キタライフ
鈴木英樹

 
今年、今の職場に就職して5年目を迎えた。
そして、理学療法学科の学生が初めて、1年から4年まで
全学年が揃った。
1学年80人以上が在籍するため、全員が一堂に会することは難しい。

そんな状況の中、この時期は
4月に入学した1年生が、初めての臨床実習に臨むための
ガイダンスに腐心する。

なんせ、数ヶ月間までは高校生な訳で、
実習といっても、ピンと来ない訳である。
そんな状況の中で、先方に迷惑を掛けまいと、
そして学生達が少しでも有意義に実習を行えるようにと、
実習の目的や心構え、さらには実習あるあるについて毎年力説するのであるが、
自分がイメージする感じにはならないのである。

今年もこの時期になったか…と思案していたら
一つ妙案を思いついた。

先輩方に、「しくじり先生」ではないけれど、
自分たちの時に味わった緊張感や、不安、そして実習を通じて
培われた安心や達成感などを
語らせる、ということを。

先輩の話を聞いた後での感想で、
「不安が減った」
「楽しみになった」
という声が多く聞かれたことは言うまでもない。

「オレの今までの講義って…」と、少し思ったが、
大事な事は、学生達に良い実習をしてもらう事。


心理的距離感の近い者が語る説得力。

感服である。



選挙、追加

阿修羅掲示板に選管へのお願いとしてのっていました
参考にしてください

●予備票のチェックをしてほしい。

予備票が不正に絡んでいる可能性があります。
大阪の堺市選管の例では、予備票として納入された票のうち、10万票が盗難にあい、その票が期日前投票数と同じ数になっていた。そして堺市選管の職員は、堺市長から刑事告発をうけて逮捕されている。
全国で、期日前投票の票が入れ替えられている疑いがあるということで、100件以上の選挙訴訟になっている。
貴選管においても、予備票が抜き取られていないかチェックしてください。かなり重要なことです。
今回納入された票数と実際の在庫を把握していてください。


●パソコン画面と実際の票の確認(突き合わせ)をしてほしい。

現在の集票システムは、200票束~500票束にバーコードを貼り、コンピュータに取り込む。このバーコード票とバーコードリーダーを導入してから数々の不自然な結果が起こり、それを再チェックできたところは、ことごとく不正もしくは誤作動が見つかっています。

ちなみにアメリカの不正選挙の例では、選挙直前の保守点検時に謎のパッチインストール(修正ソフトのインストール)を行っていました。
デジタルデータにはそういう死角があります。可能なら修正ソフトのコピーを取り、専門の方のチェックをお願いします。
開票時、コンピュータ画面の数字の推移については注意を払ってください。気を抜かないでください。
あり得ない動きをしている可能性があります。

実際に投票数と結果の数字が合わない、ある候補者の得票が(投票した人の証言があるのに)ゼロになっていたなど、あってはならない選挙結果がすでに多々あるのです。

実際のバーコード票で読み込む前の数字と(現物:実際の票の束)
そのあと、PC選挙ソフトが出した数字の照合をしてほしい。
画面上の数字だけではなく、実際の票の束との整合性を人間の目で確認して欲しいのです。
きちんと観察、確認してほしい。


あらかじめ、いくつかの確認作業がしっかりしていれば、
不正であるという疑いはなくなっていきます。何より「疑われない選挙」であるべきだと思うのです。
厳密な管理をよろしくお願いします。

以上引用です


                            由仁町立病院 斎藤有

        

選挙

先の5区補選、千歳の開票状況変だったそうです

PM10時開票率60%超まではイケマキさんが勝っていたそうです

そのあと15000票あまりが急転直下ひっくりかえって僅差でイケマキさん落選となったと

自衛隊の方たちの票がその時間帯に集中した?

あるいは自衛隊の方たちはみんな期日前投票だった?

 

自衛隊員も任官の際には憲法にのっとり専守防衛に徹する覚悟だったはずです

心の中では集団的自衛権を認めた閣議決定は納得できるものではないと思うのです

 

あとBSのどこかの局の出口調査ではイケマキさんのほうが上回っていたそうです

もっと出口調査を広範囲にきっちりとやれば不正があるかないかはわかると思うのですが

 

あと政党支持率、大手マスコミと地方の調査の差がありすぎのようです

内閣支持率、地方の調査ではどこも不支持が上回っているようですね

 

今度の選挙、選挙区では野党統一候補、比例区では生活の党と山本太郎と仲間たちに投票したいと思っています

 

不正選挙の疑いがぬぐえないので憂鬱ですが

 

由仁町立病院 斎藤有

記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ