北空知新聞 WEB NEWS

北空知管内1市4町(深川市、妹背牛町、秩父別町、沼田町、北竜町)と上川管内幌加内町の話題をお届けします。更新は毎週水、土曜日です。

北空知新聞 WEB NEWS イメージ画像

更新情報

 第74回秋季北海道高校野球空知支部予選は17日、深川市民球場でAブロック準決勝の1試合を行い、初めての全道優勝、センバツ出場を狙うクラーク記念国際が深川西を4―0で破って、滝川工との代表決定戦に進んだ。Aブロックの代表決定戦は19日午前10時から、同球

 【沼田】プロ野球のナイター中継ならぬ「ナイター議会」が、16日招集の定例会で採用され、午後6時から議員3人が一般質問、仕事帰りの会社員らが鋭い直球の質問をぶつける議員と、答弁する理事者側の応酬を“観戦”した。 北空知の自治体で唯一のナイター議会は、昨年

「深川市 ふるさと納税 前年同期比24・8%増 好評の定期便を拡充へ」「桂枝光さん独演会 10月8日『み・らい』で 寺内組の創業50周年事業」「四国遍路体感記 最終回のタイトルは『お四国病』 深川市の森田さん」

 東急電鉄とJR北海道が道内の優雅な旅を演出する観光列車「ザ・ロイヤルエクスプレス」が13日に深川市内を通過し、多くの“撮り鉄”たちが豪華列車をカメラに収めようと、シャッターを切った。 「ザ・ロイヤルエクスプレス」は2017年夏、横浜駅―伊豆急行下田駅間

 着物の生地を掛け軸に見立てた作品や、詩と絵を組み合わせた詩画など、枠にとらわれない自由な作風を楽しむ鈴木ひでこさん=深川市在住=の作品展が14日から、市5ノ5の私設ギャラリー「さんぽ道」で始まった。深まる秋にちなんだ哀愁を誘う作品が、見る人の心を和ませ

 【秩父別】10月3日の定期演奏会で引退する秩父別中吹奏楽部(髙鶴真央部長)の3年生9人が、後輩の指導に力を入れている。昨年から続くコロナ禍で、バラ園の演奏会やお祭りなど町内イベントへの出演経験がない1、2年生にとって、自分たちが主役になる貴重なステージ

 記録的な今夏の少雨により、大量発生するカラスのふん害で道路の景観を乱すとの苦情が増加し、深川市の職員が対応に苦慮している。8月中旬から連日、夕方に集まるカラスの群れにLEDライトを照射する“追い払い作戦”に乗り出し、被害の軽減につながるか調査している。

「夜間集団接種・高校生もOK! 深川市の新型コロナワクチン」「深川市 障がい者相談支援専門員募集」「10月3日 明日萌・ほたるの里ウォーキング JR利用者に特典も」

「チーズ入りのソーセージステーキ! ふかがわポークの新商品きょうから販売」「秩父別中の1年生がPRチラシ制作 10月に特産品の販売実習」「13日の給食は麻婆豆腐 黒千石大豆ミート 北竜・黒千石組合が給食組合に寄贈」

 【幌加内】10月3日、そう、令和3(サン)年10(トー)月3(ザン)日の語呂合わせよろしく、おらが郷土・幌加内のふるさと富士・三頭山(1009・1㍍)に、みんなで登ろうよ!――。そんな文脈の記念登山会がある。 本文は11日付紙面で

↑このページのトップヘ