【妹背牛】日本政策金融公庫(日本公庫)は、北いぶき農協妹背牛支所、深川市の税理士法人小島会計と連携し、町内の有限会社「妹背牛牧場」の取締役・佐々木亮太さんに株式取得資金の融資を行った。
 妹背牛牧場は、2001年に設立した農業法人で、経産牛70頭を含む約120頭の乳牛を飼育する町内唯一の牧場。北いぶき農協の職員だった佐々木さんは13年4月、結婚を機に、妻の父親が営む同牧場に入社した。17年には義父から経営を引き継ぎ、取締役に就いたが、株式の移転手続きは未了となっていた。
 佐々木さんは、株式取得の資金について、日本公庫の業務委託機関である北いぶき農協に相談。取得株式の評価は、顧問税理士を担う小島会計に依頼した。
 


 本文は13日付紙面で