北の主腐から

北国に生息する主腐わにこ。 独断と偏見によって、愛するBLを語ります。 アラ腐ォーだけど気にしない。 生涯BL宣言!

連動コミック企画・マンガしりとり『い』 いつも上天気/聖 千秋5

◆マンガしりとり・ルール
・マンガのタイトルでひたすらしりとる。
・必ず自分が読んだマンガとする。ジャンルは不問(雑誌・同人は不可)
・続けることが目的なので最後が「ん」でもよし。(例:「ドラえもん」⇒次回「も」)
・同上理由で 濁音・拗音はあるなしどちらもOK。(例:「しょうこうじょ」⇒次回「しょ」か「じょ」か「よ」)
・同作家の作品は各人1回ずつ。2回目は罰ゲーム

◆前回までの流れ
真空融接→
月に狼ミルキーウェイイティハーササラディナーサ櫻狩りリターン探偵青猫この手でよければパパがも一度恋をした太陽と月人とめはねっ!鈴里高校書道部ファンタジウムムーン・ライティングクロノクルセイドトラ兄さんとワンコさんサバス・カフェエマまっすぐにいこう。兎オトコ虎オトコご主人様とよくできた執事失恋ショコラティエ永遠のボーフレンドとなりの怪物くん空中庭園equusSUPER LOVERSスケバン刑事渇望の眼差し執事の分際

お馴染みの連動企画、BLイメージソング!聴いてより萌えBL読書日記miru-haさんとのガチンコしりとり勝負。
長らく続いたこの企画もついに30回! 私のお当番はこれが最終回となります…。
最後だけに作品選びは悩みに悩みました。 最後だからBLにするのか、それとも一般作品を選ぶのか。
結局、今よりもずっとずっと少女マンガが好きだった頃、雑誌でリアルタイムで追いかけて毎月一喜一憂していた思い出の作品を…。

いつも上天気 2 (マーガレットコミックス)いつも上天気 2 (マーガレットコミックス)
著者:聖 千秋
販売元:集英社
(1992-12)



音楽学校に通う宝は、明るくひょうきんな人気者。しかしそんな宝の家には父親がいなかった…複雑な家庭環境に置かれながらも、人知れず頑張る宝。そんな彼女の本当の姿を、潮崎くんはずっと見つめていてくれて―。

現在は文庫版が出ていますが、そちらの表紙は写真が使用されていてあまり好きではないので、マーガレットコミックス版のリンクを貼ってみました。 これでもあまり良い状態の画像ではないけれど、全3巻の中で2巻の表紙をチョイス。(文庫は全2巻)


宝と潮崎くんが小学校6年生から25歳まで、長い長い恋物語です。
有名作家の母を持ち、いつも明るくて友達も沢山いる宝は、人から見れば幸せそうに見える。
けれど彼女が心の底から欲しいと思っているもの…母が自分を愛してくれること、父が傍にいてくれること、こんなささやかな願いがどんなに努力しても一向に手に入らないのです。
ただ一人それに気づいてくれた潮崎くんなのに、宝がいつも好きになるのは違う人ばかり。
この潮崎くんが良いんですよ〜。
少女マンガのヒーローといっても、最初から最後まで主人公だけを想い続けて、全くよそ見をすることが無いというのは意外と少なかったりするのですが、潮崎くんの一途さといったら小6からですよ!
一旦は想いが通じて付き合ったりプロポーズまでしたのに、両親や祖母の呪縛にとらわれた宝に逃げられちゃったり、年単位でお預けをくらっても全くブレないその愛。
普通は、潮崎くんみたいに家柄が良くてイケメンでバイオリンの才能があって誰よりも愛してくれる人がいるなら、もう両親の事は諦めて自分だけでも幸せになればいいじゃないか、と宝にイライラしそうなものですけど、彼女の健気さや本当は無意識の時も含めて長い間とても潮崎くんを愛しているのが分ってしまうから、宝が愛すべき主人公だというのはずっと変わらないんですね。
そんな二人が10年以上もすれ違いまくりなんですから、そりゃあ気をもむなんてものじゃないです。
切なさの涙で溺れ死ねるレベルなのでした。

私は長年マンガを読み続けていてもういい歳だし、この時代の普通の少女マンガならラストはハッピーエンドになると分りきってます。
それなのに「どうせ最後には…」と冷静に読むことが出来ないんですね。
登場人物の感情がリアルで、その切なさに引きずられるように本当に最後の1ページまで緊張感が持続してしまう。
その繊細さが、聖さんの凄いところです。
ラストページの潮崎くんのモノローグは、もう最高に良かった〜。
正直言うと、ドラマ化された有名作品とかはあまり好きではなく…ここ数年、聖さんのマンガに心動かされる事は無くなってしまったのですが、十代の頃から読み続けた作品の数々は、20年以上経った今でも色あせる事がなく心の片隅に存在しています。

主人公に好意的ではないキャラクターにも、作者の優しさを感じられる。
そんな聖作品が大好きです。

□■□■□■□■□

私の場合は1年と8ヶ月続いた企画でした。
お付き合いいただいたmiru-haさん、ありがとうございました。
とても楽しかったです。
そして、更新の少ないこのブログを読んでくださった皆さん、本当にありがとうございました。

最後なのでネタバレって訳じゃないですけど、私が「と」のお題を欲しがっていたのは、この作品について熱く語ってみたかったからでした。
Dr.汞 (1) (講談社漫画文庫)Dr.汞 (1) (講談社漫画文庫)
著者:能条 純一
講談社(2004-03)


う〜ん、今では文庫版も売ってないとは、なんとも悲しいです。 医者モノ多しといえど、私が真っ先に思い浮かべるのはこれ。 Dr.汞が妙に色っぽくて眼福なのですよ〜(笑)
能條さんは結構気に入ってて、全然有名じゃないけど「無力の王」とか好きです。

□■□■□■□■□

miru-haさん、最終回のお題は「き」です。
楽しみにしていますね!

連動コミック企画・マンガしりとり『か』 渇望の眼差し/宝井さき

◆マンガしりとり・ルール
・マンガのタイトルでひたすらしりとる。
・必ず自分が読んだマンガとする。ジャンルは不問(雑誌・同人は不可)
・続けることが目的なので最後が「ん」でもよし。(例:「ドラえもん」⇒次回「も」)
・同上理由で 濁音・拗音はあるなしどちらもOK。(例:「しょうこうじょ」⇒次回「しょ」か「じょ」か「よ」)
・同作家の作品は各人1回ずつ。2回目は罰ゲーム

◆前回までの流れ
真空融接→
月に狼ミルキーウェイイティハーササラディナーサ櫻狩りリターン探偵青猫この手でよければパパがも一度恋をした太陽と月人とめはねっ!鈴里高校書道部ファンタジウムムーン・ライティングクロノクルセイドトラ兄さんとワンコさんサバス・カフェエマまっすぐにいこう。兎オトコ虎オトコご主人様とよくできた執事失恋ショコラティエ永遠のボーフレンドとなりの怪物くん空中庭園equusSUPER LOVERSスケバン刑事

お馴染みの連動企画、BLイメージソング!聴いてより萌えBL読書日記miru-haさんとのガチンコしりとり勝負です。

今回のお題は『か』ということで、久々の更新はオヤジ攻めの美味しいこの1冊。

渇望の眼差し (バーズコミックス リンクスコレクション)渇望の眼差し (バーズコミックス リンクスコレクション)
著者:宝井 さき
販売元:幻冬舎
(2009-02-24)



高校生の玲央は、母親とその恋人の無口で強面なおじさんの三人で、幸せな暮らしをしていた。しかし二ヵ月前、友達と寄り道をして帰った晩、玲央は突如意識が混濁し、気がつくとおじさんに抱かれていた。その日以来、おじさんに身体を求められ、苦悩する玲央は、親友の健太に相談するのだったが…。

冒頭3ページくらい、なんだかわからないけど良い話っぽいエピソードで始まるのですが、4ページ目ではいきなり受けがヒゲで強面でガタイがよくてむさい“おじさん”からご無体を…(゚ω゚ノ)ノ この展開の速さに驚くばかり
母親の男から性的虐待を受けてる可哀相なコが親友に助けられる、という個人的には地雷でありきたりな展開かと思っていたら…後編で物語は「そうくるか!」という意外な方向に行くのです。 これはさすがに予想外でした。 そして面白い!

この作品の良さを説明しようとすると激しくネタバレになってしまうので困るのですが、特におススメの点はやっぱりエロシーンにおける受の「おじさん」呼びですね!(*゚∀゚)=3 ひらがなの「おじさん」って妙にエロさが増幅される気がします。 しかし、登場人物たち大真面目な物語にもかかわらず、ご無体シーンで受けが「おじさんっ 駄目っ」とか言うと、そこはかとなくにっかつロマンポルノの趣になるので、読者的にはなんだかエロ可笑しいコメディに見えてきてしまうから、あら不思議。 この不思議なノリのおかげで、設定は終盤まで結構ドロドロしているのに、ダメージを受ける事無くするっと読めてしまうのもありがたい。

強面おっさんの純愛物語。 おっさん好き、年の差好きにはとっても楽しめると思います


同時収録の「プリティーアフター」も、小動物系な可愛らしい受けが恋人と離れ離れになっていた2年の間にすっかり男らしく成長してしまい、いざ恋人と再会したものの苦悩する…というちょっと変わった可愛らしいコメディ。 描き下ろしの後日談が面白くって好きです

□■□■□■□■□

次回のお題は『し』。 二回目でスミマセンがよろしくお願いします。

砂漠に咲く花/いとう由貴3

砂漠に咲く花 (ショコラ文庫)砂漠に咲く花 (ショコラ文庫)
著者:いとう 由貴
販売元:心交社
(2011-03-10)


父の会社に融資してもらう交換条件として、倉橋佳紀は中東アルディビルの王子、マリクに嫁ぐことになった。しかし迎えた初夜、佳紀は隣国マシュハディの王族であるファハドに後宮から攫われ凌辱されてしまう。佳紀はゲームの駒として扱われることに心を軋ませながらも、父の会社のためにマリクの元へ帰してほしいとファハドに懇願するが、砂漠の離宮に監禁されてしまい―。

砂漠シリーズ3作目。

続きを読む

砂漠の月に抱かれて/いとう由貴3

砂漠の月に抱かれて (ショコラ文庫)砂漠の月に抱かれて (ショコラ文庫)
著者:いとう 由貴
販売元:心交社
(2011-02-05)


中東アルディビル王国日本大使館に赴任した藤崎玲一は、訪れたカジノで王族のナーディルにその美貌を見初められ、伽を申しつけられた。礼一は無礼極まりないナーディルをきっぱりと拒絶するが、その冷ややかな態度が逆に欲望を煽ってしまう。次々と巧妙な罠を仕掛けてくるナーディルに決して屈しないと誓う玲一だったが、緊急を要する日本輸出用の石油を楯にナーディルの屋敷に捕らえられてしまい―。

砂漠シリーズ2作目。

続きを読む
Twitter
2010年マイベスト作品
BL小説売上ランキング
カテゴリー
Links
BL×B.L.People
プロフィール
  • ライブドアブログ