北午木材(キタウマモクザイ)のblog

北午木材代表の日常を綴ったブログです

「和束の森探検隊」の事業で「京都府地域力再生プロジェクト支援事業」
の助成を受けて「ゴッホの椅子づくり」を行いました。

11月27日、28日と12月2日、3日の4日間を通して一つの椅子を作る
というけっこうヘビーな事業でした。参加者は木工好きな方ばかりで、現
在木工の学校に通っている方や自分で木工関係の事業をされている方
など手慣れた方が多かったです。

さすがに4日間をかけて作った椅子が完成したときは皆さんかなり感激
されていました。そりゃそうですよね。

地元の間伐材利用の一環としての可能性が広がった気がします。
(実際に町内産丸太を使用しました。)

今回探検隊は設営側となりましたが、一度「ゴッホの椅子づくり」にチャレ
ンジしなきゃです。参加いただいた皆様ごくろうさまでした。

1


2



3

京都新聞にも取り上げていただきました。

去る11月26日に京都府主催の「やましろのタカラフェスティバル」
が南山城村のやまなみホールで開催されました。

「和束の森探検隊」もメンバーさんが製作した椅子やランプシェード
の販売を行いました。

私は所用で行けなかったので、午後から陣中見舞いに行きました。
当日は野外でテントを張っての販売だったのでとても寒かったです。

そこで抹茶の臼挽き体験や火起こし体験をしてきました。
特に火起こし体験は童心に戻る楽しさがあり、これは探検隊でも
やってみようかなと思いました。
簡単な装置で火が起こせるんですね。


DSC_0258

うちの猫の手(足?)の上にいただいた「火起こし名人」の認定証を置いてみました。


11月25日の大安吉日に上棟があり材料を納品させていただ
きました。

延べ面積が45坪以上ある大きなおうちです。
以前この場所には小屋が建っていました。
写真ではわかりにくいですが、その小屋に使われていた地松
の梁が2本ダイニングに使用されました。

代々使われてきた材を再利用されることになんだか嬉しくなり
ました。ここのおうちは今の施主さんで5代目、息子さんで6代
目になるそうです。歴史がありますね。

おめでとうございます。


1



2

11月11日、12日に綴喜木材組合の旅行で愛媛県に行ってきました。
毎年この時期に色んな場所に連れて行ってもらえる楽しい旅行です。
なんとこの旅行は30年近く続いているらしいと聞いてびっくりしました。
景気のいい時期は海外旅行もあったとか。

私も相楽郡木材組合が解散してから、綴喜郡のお仲間に入れていただ
くことができて仲良くさせてもらってます。
旅行があるから組合間の仲もたいへんよろしいようです。

今回は道後温泉に行ってきました。マッサージ気持ち良かったなあ。
松山城もたいへん良かったです。
来年はどこに行けるか楽しみです。

1

サロンカーで行ってきました。


2

鳴門の渦潮を見ながらのランチでした。


3

城を見るのは大好きなので、とても楽しかったです。


4

大山祇神社の楠。樹齢2600年。とガイドさんは言ってました。

台風21号の影響でどうなることかと思っていましたが、10月23日~
25日まで中国の安徽省という所まで行ってきました。

和束町内において榊を植えたいとおっしゃる方が一度中国の産地を
見て欲しいと言うことで訪問することとなりました。
榊は薄暗い場所に植えるのが好ましく、間伐した山に植えられないか
ということでした。

予想通り中国の国土は広く、高速道路網が整備され雑然としていまし
た。中国人って対向しても道を譲らないんですね^^;

食事が心配でしたが、いただいたものはほとんど美味しく食べることが
できました。

この経験がビジネスにうまく繋がるようにしたいです。

1

台風の影響で飛行機は5時間遅れで飛びました。長蛇の列です。


2

榊の畑。お茶畑のように寒冷紗のようなもので覆えるようになっています。



3

収穫された榊です。


4

職泊場所。中国らしいのかな?

5


6



7

どれも美味しかったです。

↑このページのトップヘ