北午木材(キタウマモクザイ)のblog

北午木材代表の日常を綴ったブログです

2014年08月

本日「木工体験&和束川満喫イベント」が開催されました。
今回、初めて和束で活動されるNPO団体の「You and Village」さんとの
協働企画でのイベントでした。http://youandvillage.jp/
「ゆうあん」さんには、昼食の流しそうめんとおにぎり作りと、川遊び、木工
船競争を担当していただきました。

天候にも恵まれ、最後まで雨がもってくれて何よりでした。
5組の家族が参加してくださり、終始集中して木工船つくりを楽しんでいた
だけたものと思います。
和束川の水量も比較的多かったのですが、作った船を流して遊ぶことが
できました。

杉を焼いて、切り抜いた文字を貼りつけ、アクリル絵の具で色付けをする
作業も親子で楽しみながら、いい思い出づくりができたと思っております。

アンケートでも「大変満足」「満足」とお答えいただけた方が圧倒的に多く
主催者側としても、やって良かったと思えることができました。

終わってやれやれですわ。


20140831_130725




いよいよ明日「木工体験&和束川満喫イベント」が開催されます。
結局、参加していただける親子は5組。
なんとかノルマを達成しました。

今日は午後から、明日のイベントの準備を行いました。
雨の場合や川の増水時には川遊びや船の競争ができないので、
違うプログラムを考えています。
先日、このブログでも少し紹介しましたが、杉板を焼いて、その上
に糸鋸で切った文字を貼りつけ、アクリル絵の具で更に装飾する
というものです。
今日は、最後の追い込みで文字だけでなく、犬や猫を切り抜きま
した。犬は宮村先生が、猫は私が切り抜きました。

さて、明日はどうなることやら。
満足して帰ってもらえるように頑張ります。


20140830_181323

猫を切り抜いた後の板です。

先日、近所の独居老人の方から雨漏りがしている箇所を見てほしい
との連絡があり、さっそくご自宅を訪問しました。

この家は、もともと料亭だったこともあり、立派な庭があり、そのまわり
を廊下で歩くようになっていて、その廊下がかなり長くなっています。
従って、その分の軒樋も長くなり、かなり勾配を取らなければなりません。
どうやら軒樋の途中で勾配がなくなってしまって、そこに雨水がたまり
流せなくなったものが、下に落ちているようでした。
今度、雨が降った日にもう一度寄せていただき、現場を確認させていた
だきます。

元大きな料亭におひとりで住まわれてるおばさんは、年齢が90歳を超え
られています。体の調子が悪い日もあると言われていますが、まだまだし
っかりされています。昔からお世話になった方なので、元気で長生きして
いただきたいです。

20140826_085823


親父が中古の機械を引き取ってきました。
今も同じようなものがあるのですが、サイズがひとまわり大きく
モーターも少し大きめで馬力があります。

差し込みの線がかなり長く、さらに途中で切れていたので、途中
で切って、再度差し込み口の所をつなぎなおしました。
これって前と同じようにつながなきゃ、動かなかったり、反対まわ
りするんで予め書いとかなきゃならんのですよね。当たりのことで
すが。
無事動いたので一安心です。

天板の板が痛んでいるので交換し、できれば塗装もやりかえられ
ればいいなと思っています。
少しベルトも緩んでいたので、交換しなきゃな。

20140827_155322


20140827_141908

今日、配達した現場の方から工場にかける看板を作ってもらえないか
という依頼がありました。
早速、いつもお世話になっている「宮さんの木工房」へ。

耳付きの板でかっこいいものをという依頼です。
さて、どんな板がいいものか。
ネットで色々売ってるんですねぇ。よりどりみどりです。
しかも、わかりやすく、寸法はもちろんのこと形や特徴まで書かれてい
ます。材木屋としても大変勉強になりますね。

WEBに掲載されている中で、めぼしい板を見つけ、その画面をカメラで
撮って、ラインで送り確認してもらいました。明日、返事するとのこと、
いい看板ができるといいなぁ。


20140826_173923



20140826_173734

これは栃の木です。






↑このページのトップヘ