2017年11月19日(日)、北浦自然観察会17名は午前8時に萩市中央公園に集合し、塔の岩に向かった。実はこの前にNHKの「さわやか自然百景」で長門峡が取材の対象となり、10月20日には下見で、11月9日には本番で、私は取材に協力し、塔の岩は案内していたのである。放送は12月17日(日)の朝7:45〜8:00まで行われた。NHKの取材の日は10月20日、11月9日とも好天で霧が出て良かった。
 まず塔の岩の位置を地図で紹介しよう。
IMG
 萩市中央公園を出発し、阿武川ダムを通過して大藤大橋を渡ると間もなく高瀬隧道がある。ここを過ぎてすぐ左右に舗装された道が見える。ここで車を駐めた。萩市中央公園を出て約30分である。ここからは林道を南に登っていく。丁度1時間くらい歩くと林道と塔の岩へ行く登山道が分かれ、「塔の岩ハイキングコース」と書かれた標識がある。ここから約40分、道案内やテープを目印に歩いていくと塔の岩に着く。10時20には塔の岩に着いた。風が強いので落ち着いて紅葉を楽しむ雰囲気ではない。少し観察して間もなく昼食にした。
 NHKが取材した9日には霧が出ていて、初めは霧と紅葉撮影していたが、間もなくニホンザルが出てきて、それから2時間余り猿ばかりをカメラが追っかけた。しかし、この日は風が強かったせいか、それとも食べるものを食べ尽くしてどこかへ移動したかは分からないが、猿が木を揺する様子はまるでなかった。昼食後記念写真をスマートフォンで撮った(下の写真)。この日もカメラを忘れたのである。そう言うわけで写真が少ない。そこで、NHKの取材に同行したとき(9日)の写真を代わりにお見せしよう。
IMG_0374
 上の写真は11月19日(日)のものだが、これ以下は11月9日のものである。まずは霧の写真を数枚。
DSCF9217
萩市方面である。次も、少し位置を変えて萩市方面を撮ったものである。
DSCF9218
 次は西の佐々並ダム方面である。
DSCF9220
 次はNHKの取材班2人とそのお手伝いの1人が取材しているところである。
DSCF9219
 次は岩のすぐ西にあるリュウキュウマメガキ(シナノガキ)である。まだ熟れていないので猿が食べていない。
DSCF9221
左の上の方に見える紫がかった実はカラスザンショウの実である。
次は霧が晴れた後のほぼ正面の写真である。
DSCF9224
次は少し右側から真下を撮った写真である。
DSCF9229
次は佐々並ダム方面である。
DSCF9225
次は東北の方面である。
DSCF9228
 この日(9日)は更に、NHKの取材陣を江毛九郎堰をゴムボートで渡って猿景瀑布に案内した。次はその時の写真である。これも12月17には放映された。
DSCF9233
 11月12日(日)には湯ノ瀬の希少植物ツルマンリョウも案内した(下の2枚)。これも放映された。
DSCF9248
DSCF9235
 観察会は午後2時には終わり、解散した。