長野県安曇野市在住 KITAZAWAのブログ

NHK朝の連続テレビ小説「おひさま」の舞台
長野県安曇野・松本の自然文化を中心にした写真と日記を公開しています。
春の訪れを彩る桜、夏の清涼たる田園風景、
秋の鮮やかな紅葉、冬の雪化粧した北アルプス
四季折々の風景をお楽しみください。

農具川の芝桜、観光道路の桜並木満開、シラネアオイ開花。

大町市白塩町河川公園愛護会の皆さんが管理する芝桜が見
頃になり、朝会員さんと出合い赤の芝桜の芽吹が遅れてい
る状態になっていますと悩んでいました。

DSC_1592
観光道路のソメイヨシノは28日現在満開です。
DSC_1593

DSC_1595

DSC_1598

DSC_1599
代掻きが済んだ田圃にソメイヨシノと畦の草の緑が映り込
む場所なので好きなカ所です。

DSC_1601

DSC_1602
朝の冷え込みで北アルプス峰の雲が動かずに、28日白馬
岳では降雪30cmあり、大雪渓上部で雪崩があり、日帰り
登山者が巻き込まれて,一人は脱出しましたが、一人は行
方不明になりました。

DSC_1605
市民の森には山野草の宝庫なので足元に気を配り、立ち入
り禁止は三脚を立てないようにして、保護して下さい。

手前はシラネアオイが開花が始まっていますので楽しみた
いと思います。

DSC_1610

DSC_1613

DSC_1617

DSC_1623

DSC_1626

DSC_1627

DSC_1637
庭先のシラネアオイが咲き始めて春爛漫が続きます〜
DSC_1671

DSC_1672



北アルプス国際芸術祭作品工程、菜の花と幻の池、大黒天.西小学校.高根町エドヒガン。

北アルプス国際芸術祭6月4日〜7月30日 開催します


DSC_1336
ニコライ.ポリスキーさん(ロシア在住)が孟宗竹で葛飾北斎
の富嶽三十六景(風景画.浮世絵)波を表現します。

DSC_1495
大町市八坂支所駐車場で多数の孟宗竹を加工していきます
DSC_1499

DSC_1501
作業効率を高める為に作業台を手ずくりして、孟宗竹を丸
く加工します。

DSC_1502
出来上がった作品です。
DSC_1503

中山高原の菜の花が漸く開花が始まり高原に春の便りが伝
わります。
DSC_1325
まぼろしの池の水位が長く保って欲しいです、一本の桜が
開花と菜の花と残雪の爺ヶ岳.鹿島槍ヶ岳を望みたいです

DSC_1327
大町市大黒町の大黒天のシダレザクラ
DSC_1328

DSC_1329

DSC_1330

DSC_1331
西小学校は昭和5年に現在の場所に移転した記念に、地元
の方によってソメイヨシノが植えられた桜です。

DSC_1333

DSC_1334

DSC_1332
高根町エドヒガン
DSC_1337

DSC_1338

DSC_1340
西日が当りソメイヨシノが田圃に水が張った所に映ってい
ます。

DSC_1346

DSC_1347
松川村神戸のオープンガーデンが彩ります。
DSC_1350

DSC_1357

DSC_1354

DSC_1358

DSC_1355



番所の桜と鈴木家さん、二反田の桜.鯉のぼり、宮本地区の桜。

番所の桜は色濃いベニシダレザクラで彩ります。
DSC_1241

DSC_1222
立屋口留番所跡

鈴木家は、旧立屋口留番所跡の由緒

当家は、慶応2年(1649年)松代藩の重臣鈴木家より椿峰村
立屋口留番所役人として当地に派遣され、明治5年(1872
年)の番所制度廃止まで、6代に亘る役人を勤めた。

その後、土着し農業を営み今日に至る。当家はこの地の名
門として栄え、ことに8代荘治は村長を勤めた家柄である
当代守雄で10代目に当り、現在居住している家屋(旧立屋
口留番所)は宝暦4年(1754年)に新築したものである。
この地は大町街道の要衝として中世から近世にかけて栄え
た。糸魚川街道との分岐点で新鮮な魚介類等も運ばれまし
た。また、戸隠、仁科(大町)、牧之島(信州新町)、善光寺へ
も出やすい場所であり、大勢の旅人やポッカ(荷背)などが
往来した。

近くには古来より立屋城があり立屋氏という有力な武士が
居城していて、旅籠屋(旅館)賑わっていた。
(当家の分家は旅籠屋を営んでいた)

番所の仕事は、人改め(女改めも含む)のほか、麻、穀物、
酒、漆の実や馬など調べた。当時の3つ道具である刺股、
突棒、ソデガラミも保管している。更には、数多い古文書
や、本家である松代の鈴木家で、真田信之に仕えた家老鈴
木右近から贈られた太刀も大切に守っている。
(これらの貴重品には現在、県の歴史館に預けている)

鉄道で敷かれて県道も沢沿いに開通し、荷馬車が通るよう
に、なってからは人の往来もなくなり、最後の店が長野へ
下がったのは、昭和28年である。

現当主守雄.雪江夫婦は農業の傍ら、この旧番所でを護りな
がら、桜の巨木で、立屋で、立屋の有名な枝垂れ桜を保護
し、実から木を育て数百本にも増やして、春には見事な花
を咲かせいる。近年、多方面から有名人が史跡を訪ねて来
るようになり、夫婦の温かいもてなしや交流に心を癒され
再度訪れる人々が増えている。

時代の変革と高齢になり、この地と史跡が忘れ去られぬよ
うに永く後世に残されることを願い、碑文を刻んでここに
石碑を建立した。
DSC_1242
鈴木家さんが提供された駐車場から、白馬三山の頂上が雲
がとれて望めています。

DSC_1243

DSC_1244

DSC_1250
北側に来ていますので、大町市から観る鹿島槍ヶ岳と違い
ます。

DSC_1253

DSC_1254

DSC_1260
立屋から南の方面に下りて菅沼周りながら、二反田の桜を
正面に観ながら、3カ所で撮影しながら、狭い道を二反田
の桜を観ながら、柏土展望台に向かいます〜

DSC_1264

DSC_1265
オリンピック道路(長野大町線)の高架道路から北アルプス
を眺望した場面です。

DSC_1269
風が吹いていたので鯉のぼりが横に泳ぐのを待ちながら捉
えました。
鯉のぼりをご覧になると新録な時期だと思います。

DSC_1281

DSC_1287

DSC_1287
遠くから見たられんげ草に見えたので、近くに寄るとホト
ケノザが田圃一面に生えてピンク色に染まっています。

DSC_1298

DSC_1302
柏土展望台から爺ヶ岳と鹿島槍ヶ岳を観ています。
DSC_1303
今季のソメイヨシノは順次咲き誇っていきますので、大町
市宮本地区で代掻き後に桜が映り込んでいました。

DSC_1573

DSC_1571
朝松川村地籍で熱気球で空中散歩を楽しんでいるようです
DSC_1173



スポンサードリンク
記事検索
スポンサードリンク

伝統美とモダンな感性が融合した八種十三通りの湯浴みが魅力の宿
【限定2室】恋人の聖地 幸せカップルに♪個室夕食「信州金熊温泉 明日香荘」
洗練されたもてなし、、、癒しを求めて人が訪れる安曇野の隠れ宿。「にし屋別荘」

QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ