長野県安曇野市在住 KITAZAWAのブログ

NHK朝の連続テレビ小説「おひさま」の舞台
長野県安曇野・松本の自然文化を中心にした写真と日記を公開しています。
春の訪れを彩る桜、夏の清涼たる田園風景、
秋の鮮やかな紅葉、冬の雪化粧した北アルプス
四季折々の風景をお楽しみください。

鷹狩山のササユリ開花、池田クラフトパークから夕焼け。

今季鷹狩山のササユリが開花が始まり、7月中旬までご
覧になれます。
2輪咲いたササユリを発見した時には感動しました。

DSC_3572
ここからは1輪咲いたササユリです。
DSC_3549

DSC_3551

DSC_3553

DSC_3555
鷹狩山展望台から白馬三山を望みます。
DSC_3583
鹿島槍ヶ岳の雪形も崩れて右側の下り獅子は何とか見ら
れます。

DSC_3591

DSC_3586
今季の残雪は、降雪量が少ないので融けてしまい寂しい
残雪風景になっています。

DSC_3594
池田町のあづみ野池田クラフトパークから餓鬼岳(2647
m)夕陽が沈み、夕焼けに期待しながら構えます。

DSC_3606

DSC_3607
池には蓮が大きくなり、淵にはあやめが咲いているのを
撮り入れながら夕陽を捉えます。

DSC_3610
あやめを撮りいれています。
DSC_3612

DSC_3613

DSC_3614



鉢伏山からレンゲツツジと富士山、サラサドウダン。

駐車場に戻りながらレンゲツツジをご覧にながら、唐
松の枝が枯れているのが気にながら散策して、車に戻り
小休止し、砂利道なので登山靴に履き替えて鉢伏山に登
り始めます〜〜〜

DSC_3222
レンゲツツジはニホンジカの食害にあいませんので、今
回はニホンジカ一頭も見られませんでした。

DSC_3223

DSC_3224

DSC_3225

DSC_3229

DSC_3230
鉢伏山荘の駐車場と右側が前鉢伏山の散策道、左側が上
り道路の湾曲が絵になります。

DSC_3231

DSC_3233
残雪が大部融けてしまう右側から爺ヶ岳の雪形種蒔き爺
ちゃん、鹿島槍ヶ岳の雪形鶴は消えて、下り獅子は崩れ
て変形し、五竜岳.唐松岳が正面に望めました。

7月1日から白馬村黒菱林道が開通しますから八方尾根
自然研究路の高山植物が楽しみです。

DSC_3234

DSC_3236
鉢伏山頂に着くとレンゲツツジと富士山が同時に写る場
所を探しながら散策していると、男性がいい場所ですネ
と撮影した後帰っていきました。

残念なのは霞が掛かっていたので富士山全体が望めない
のがいけませんでした。

DSC_3245
サラサドウダンに出合いができ高収穫で満足しました。
DSC_3324



前鉢伏山のレンゲツツジとサラサドウダン。

天気予報晴れなので、早朝に松本市寿小赤501−1 
鉢伏山荘事務所に500円駐車料金を支払うと、気温9度
と涼しく、弱風で直に薄いジャンバーを着ました。

前鉢伏山頂に向かうと、散策道に入ると露が草に降りて
おり、松本市と安曇野市を望みましたが、霞んでおりハ
ッキリと見えませんでした。槍ヶ岳と前常念岳.常念岳
は、正三角形に見えました。

DSC_3193

DSC_3180
鉢伏山に登るにはこの尾根を歩いて行きます〜〜〜
DSC_3181

DSC_3182

DSC_3184

DSC_3187
前鉢伏山のレンゲツツジの方が濃赤に感じました。
DSC_3190

DSC_3199

DSC_3208
       |中岳3084m  |槍ヶ岳3180m       |    |常念岳.前常念岳
DSC_3209

DSC_3212

DSC_3218

DSC_3220

DSC_3222
サラサドウダンが終盤で、花弁が地面に落下して咲いて
いないかと思い、奥に入って見ると高い位置に花弁が付
いていました。
DSC_3321


スポンサードリンク
記事検索
スポンサードリンク

伝統美とモダンな感性が融合した八種十三通りの湯浴みが魅力の宿
【限定2室】恋人の聖地 幸せカップルに♪個室夕食「信州金熊温泉 明日香荘」
洗練されたもてなし、、、癒しを求めて人が訪れる安曇野の隠れ宿。「にし屋別荘」

QRコード
QRコード
プロフィール

kitazawa_hotaka

  • ライブドアブログ