食生活日記

手作りパン、料理、インテリアの話題。

らでぃっしゅぼーやの箱「ぱれっと」の料理法 2017.4.17

インフルエンザもすっかり良くなり、昨日から元気に職場に復帰しました。
皆様、ありがとうございます(^^)

この週は、「10選プチ」でした。

たまねぎ、 にんじん、 さつまいも、 かぶ、 レタス、 水菜、 にら、 トマト、 なす、 しいたけ


インフルエンザB型にかかって寝込んでいた週でした。起き上がれるようになってから少しずつ料理してました。

残り野菜もいっぱいあったので使っていきました。

まず、ポテトサラダを作り、レタスの上に、このポテトサラダ、トマト、ゆで卵をのせ、亜麻仁油とチアシードが入った自家製ドレッシングをたっぷりかけてスペシャルサラダを作りました。回復食として。

DSC_6729


「ポテトサラダ」
【材料・ 4人分】
  • じゃがいも 中5個
  • 玉ねぎ 中1/2個
  • きゅうり 2本
  • マヨネーズ 50ml
  • 酢 30ml
  • 塩 約小さじ1
  • 胡椒 少々
【作り方】
  1. きゅうりと玉ねぎは薄くスライスして、分量外の塩をまぶしてしんなりさせます。
  2. じゃがいもの皮をむいて、タッパーに入れてフタをして、竹串が通る柔らかさになるまでレンジで蒸します。
  3. あたり鉢でじゃがいもをつぶし、塩、胡椒、酢を加えて、上から氷水を入れたボウルをのせて冷まします。
  4. きゅうりと玉ねぎは水洗いしてからさらしに取り、水気をよく絞ります。
  5. じゃがいもが冷めたら、きゅうり、玉ねぎ、マヨネーズを加えてよく混ぜます。


お次はキッシュ。インフルエンザになる前に作って寝かせてあったパートを焼き、具材は、バターソテーしたほうれん草、ベーコン、生クリームたっぷりのアパレイユを入れて焼き上げました。絶品でした。

DSC_6730


余ったパートで甘くないクッキーも焼きました。
DSC_6732


残り野菜でチャンプルーも作りました。菜花、かぶ葉、かぶの皮、ピーマン、にんじん、しいたけ、豚肉、卵、本枯節削り節 を使いました。栄養満点です。

DSC_6731


そして、ようやく熱が下がってやっと食事が取れるってなった時に、無性ににら玉汁が食べたくなったので作りました。
DSC_6738


本枯節を削って昆布とかつおの混合出汁を取り、しいたけをスライスして入れて、薄口醤油と塩でごく薄味に味をつけました。

細かく刻んだニラを入れたら溶き卵を穴あきおたまで加えました。

これがおいしくておいしくて、お代わりしちゃうくらいでした。

今回の療養中、食生活面でびっくりしたことがあります。それは、好物の甘いものが全然おいしく感じられなかったことです。だから、ずっとやめてました。

そうしたら、食べたいものが頭の中に浮かんできたとき、それは甘いものでは全然なく、にら玉汁 でした。自分のことをすごい甘党だと思っていたから意外でした。

だから今も甘いものを食べずに過ごしてます。食べ過ぎは良くないから、これをきっかけに量を減らせたらよいなと思っています。

励みになります。応援のクリックお願いします<(_ _)>

インフルエンザB型罹患

久しぶりの更新となります。

先日、インフルエンザB型に感染してしまい、自宅療養中です。

体調がイマイチだなーと思っていた数日前、帰宅途上でぞくっと寒気がしました。
「あ、風邪引いたかも。」と思って帰宅してすぐ寝たのですが、翌日は37℃台の微熱だったので、出勤しました。
その翌日は休みだったので、「一日寝てれば治るだろう。」と判断して安静にしていたのに、朝から熱がどんどん上がっていって、身体もしんどくなっていって、午前11時には39.6℃、そろりそろりと動くのがやっとの状態まで悪化していました。

「これはやばい。」とあせって近所の内科医を受診したところ、即隔離され、検査してインフルエンザB型と判明し、イナビルを処方されました。隣の調剤薬局ですぐに吸わせてもらい、そろりそろりと歩いてやっとの思いで帰宅し、ずっと寝てました。

翌日、熱は一旦37℃台まで下がったのですが、再度38℃後半までぶり返してきてすんなりとは治りませんでした。

身体は寝過ぎて背中の痛みがひどく、咳もたくさん出たので肋骨がすごく痛むようになりました。

何より出勤停止になって職場の皆さんに迷惑をかけたのが申し訳なくつらいです。
それと、全然料理ができてなくて、冷蔵庫の中のらでぃっしゅぼーやの野菜を早く料理せねば、とあせっています。

現状は、熱は37℃台まで下がり、アタマがハッキリして気分もだいぶ良くなりました。

早く治るといいなと思います。

新しいコンシーラー

新しいコンシーラーを買いました。すごく気に入ってます。

NARS ラディアント クリーミーコンシーラー
同 プレシジョン ブレンディングブラシ
image


これまでは、DHCのアクネケアコンシーラー というのを5,6年使っていました。問題なく使ってましたが、2本目を使い切ったところで別のものを試したくなってNARSに変えました。

NARSのコンシーラーは、ブラシを使うとすばやく薄く均一に伸ばせて本当に便利です。

私の顔は目の彫りが深く、クマが目立ちます。また、目立つシミも1か所あります。私がメイクをする一番の目的はそれらを隠すことなので、コンシーラーは一番大事な道具と言えます。

メイクをする上で反面教師にしているのが、顔全体をベッタリ均一に厚塗りしてシミからクマから全てをカバーしようとしているおばさん!通勤電車の中でよく見かけます。

それだと肌全体に負担がかかる反面、隠したい部分は思ったほど隠しきれてなくて中途半端だと思います。

クマやシミの面積はすごく小さいのでそこだけを徹底的に塗り潰し、それ以外はできるだけ省いて素肌の透明感や質感を見せることが大事だと考えています。

そういった場合、コンシーラーはすごく使える道具だと思ってます。NARSのは薄塗りで自然なのにカバー力があるのですごく満足しています。変えてよかったです!

励みになります。応援のクリックお願いします<(_ _)>

自家製カンパーニュ

久しぶりにカンパーニュを焼きました。

粉は、準強力粉「Type ER」90%, 国産全粒粉 10%, 酵母は サフ ドライイースト青缶 を1%使いました。水は75%くらいです。

image


1次発酵は十分に、2次発酵は早めに切り上げて、オーブンの中で窯伸びさせました。クープが開いておいしそうに焼きあがりました。

image


粗熱が取れたらすぐ、スライスして冷凍します。食べる時には、温めた「けむらん亭」に凍ったパンを入れて数分解凍してから、中火で一気に5分ほどトーストします。こうすると、焼きたてのおいしさがいつでも楽しめます。

パンを食べる時には、小さな一切れの上にバターやチーズなど(糖質以外)をたっぷりのせて、摂取カロリーに占める糖質の割合を下げるように気をつけてます。


励みになります。応援のクリックお願いします<(_ _)>
記事検索
訪問者数

    Profile
    問い合わせ先

    ブログ主へ直接連絡を取りたい方は下記フォームにご記入下さい。

    名前
    メール
    本文
    タグクラウド
    Recent Comments
    ギャラリー
    • らでぃっしゅぼーやの箱「ぱれっと」の料理法 2017.4.17
    • らでぃっしゅぼーやの箱「ぱれっと」の料理法 2017.4.17
    • らでぃっしゅぼーやの箱「ぱれっと」の料理法 2017.4.17
    • らでぃっしゅぼーやの箱「ぱれっと」の料理法 2017.4.17
    • らでぃっしゅぼーやの箱「ぱれっと」の料理法 2017.4.17
    • 新しいコンシーラー
    • 自家製カンパーニュ
    • 自家製カンパーニュ
    • らでぃっしゅぼーやの箱「ぱれっと」の料理法 2017.3.20
    • らでぃっしゅぼーやの箱「ぱれっと」の料理法 2017.3.20
    • らでぃっしゅぼーやの箱「ぱれっと」の料理法 2017.3.20
    • らでぃっしゅぼーやの箱「ぱれっと」の料理法 2017.3.20
    • らでぃっしゅぼーやの箱「ぱれっと」の料理法 2017.3.20
    • 見つけたっ!特大サイズの Anylock エニーロック 1号
    • 見つけたっ!特大サイズの Anylock エニーロック 1号
    • 九州縦断旅行の旅装とおみやげ
    Archives