食生活日記

手作りパン、料理、インテリアの話題。

らでぃっしゅぼーやの箱「ぱれっと」の料理法 2018.10.15

今週の野菜です。
レタス、葉葱、ほうれん草、春菊、かぶ、玉ねぎ、じゃがいも、ミディトマト、ベビーリーフ、枝豆
レタス、セロリ、ベビーリーフ、ミディトマト、枝豆、ゆで卵 でサラダを作りました。

IMG_4807

鶏もも肉、白菜、玉ねぎ、にんじん、かぶ でチキンフリカッセ も作りました。

電気IH圧力なべにセットしてタイマーをかけて遊びに出かけ、帰ってきてから煮汁を使って小鍋でホワイトソースを作って戻して完成しました。

IMG_4792

久しぶりにおいしいミートソースのパスタが食べたくなって作りました。

ミルポワ(玉ねぎ、にんじん、セロリ)を炒めて角切りの牛肉を入れ、なす、有機トマトピューレで煮込みました。

10分くらいで煮汁が詰まってきたら、お肉を取り出してフードプロセッサーで挽き、戻しました。こうすると、固いお肉が柔らかくなるまで延々と煮込まなくてもよく、時短にもなります。

IMG_4788
IMG_4789

また、最初から挽肉になっているものを入れると、つぶつぶした食感になりますが、火入れしてから挽くとふんわりとなめらかな食感になり、心地よいのです。
IMG_4790
IMG_4791

パスタは糖質50%OFFの「ポポロパスタ カーボフ」にしました。すごくおいしかったです。
IMG_4801

牛肉、春菊、ほうれん草、かぶ葉、かぶの皮、れんこん、にんじん、うり でキムチ炒めも作りました。炒めるのは息子がやってくれました。

IMG_4834

私は、かぶの実よりも、独特の香味がある、葉や皮が好きなんです。むいた皮は大事にとっておいて、必ず炒め物に入れます。変ですか?

余っていた南瓜を蒸してゴマ、酢、マヨネーズの和え衣でサラダにしました。酢水でさっと茹でたスライスれんこんも加えました。

IMG_4842

南瓜って、個人的におかずとして食べるのがあんまり好きではありません。なぜかって、甘いからです。北関東出身なので、甘い味付けのおかずをそれほど食べずに育ったせいだからかもしれません。

らでぃっしゅから南瓜のハーフカットが届くたびに正直、げっとなります 汗。

だからこれまで、ベーコン炒め、そぼろあんかけ、炊き合わせ、揚げ・おかか醤油和え、塩蒸し、ポタージュ など、どれも甘さを打ち消すような料理ばかりを作ってきましたがそしてどれもこれだ!という決め手はそれほどなく。

モチベーションがわかないのに、火入れが難しくて気を使うので、ますますおっくうになります。

しかし今回のサラダは結構お気に入りかもしれません。酸味のある和え衣が甘さと合ってます。あの後、ハムも加えて、サラダの上にのせて盛りだくさんサラダにして食べました。

IMG_4848
さわやかな味わいですごくおいしかったです。

今週は、息子がいっぱい食べてくれたから、野菜があらかたなくなって冷蔵庫内がスッキリしました。

励みになります。
応援のクリックお願いします<(_ _)>

鎌倉散歩

先日、久しぶりに鎌倉散歩に出かけました。
時間がなく急いでいたので、ゆっくりできなかったのが残念ですが。

鎌倉市農協連即売所の構内にある、「デイリー バイ ロングトラックカフェ」に行きました。

IMG_4811

ここにぶら下がっているリネンのエプロン、前からずっと気になっていたんです。真っ白くて胸元に赤い刺繍が入っているものを買っちゃいました。
IMG_4812

ランチは「ブラッスリー 雪ノ下」へ行きました。窓辺の席からの眺めが気に入りました。
IMG_4814

ランチにはすべて前菜が付きます。本日のはにんじんサラダ、ラタトゥイユ、じゃがいもの温かいスープ でした。
IMG_4816

ローストビーフ丼を頼みました。

食べてみて、上にかかっているソースの味はもう少し薄味にして、ソースの量自体も少なくていいのに、と思いました。

なぜなら、お肉の火入れが申し分なく、うまみも十分に感じられたからです。
IMG_4818

他のお料理も味わってみたいと思いました。また絶対行くと思います。

時間がなかったのでお気に入りのおやつもカフェもお預けでした。またゆっくりお散歩しに行きたいです。

励みになります。
応援のクリックお願いします<(_ _)>

私の木工道具

私の使っている木工道具をあらためてご紹介します。

鋸(のこぎり)
細工用の精密なもので、胴付き(横引き)、縦引き があります。
それまで私の中で、鋸は大きな音が出てまっすぐ切れなくて苦手でした。
しかし、この鋸で正しい使い方を教わってやってみたら、静かにスーッと精密に切れ、驚きました。
鋸に対する印象が全く変わり、大好きになりました。

IMG_4588

玄能(げんのう)
いわゆる、皆がトンカチと呼んでいるものです。叩く面が、平らな面と少し盛り上がった面と両方にあり、目的によって選びます。主に、鑿(のみ)を叩くのに使っています。


追い入れ鑿(のみ)
主に、ほぞ組みなどの穴掘り作業に使います。玄能で叩いても木の柄が壊れないように、端に金属製の輪「かつら」が付いてます。私は、三分(約9mm)と八分(約24mm)の鑿を使っています。

F型クランプ
材料や治具を固定する道具です。主に台に対して水平方向の固定に使います。接着の留め具としても使います。

IMG_4844

バイス
作業台などに材料を固定するための道具です。主に台に対して垂直方向の固定に使います。これがないと作業になりません。重くてかさばるけど好きな道具です。

IMG_4586

これまでは、教材を習った通りに加工するのが精一杯でしたが、これからは少しずつDIYしていきたいと思います。

励みになります。
応援のクリックお願いします<(_ _)>

包丁の鞘のDIY その1

久々に、包丁の鞘を作っております。

前回作った時の記事
→「包丁の鞘を手作りする

刃の長さが九寸(27cm)の柳刃包丁を持っておりますが、鞘が無いため、持ち運びや保管に困っていました。

教室で、朴の木を取り寄せ、一枚の木を厚さ方向に2枚に割ってもらい、作り始めました。

包丁を当てて、加工線を引きました。
IMG_4793
IMG_4794

彫刻刀で彫りました。
IMG_4796
IMG_4797

1時間ほどで、彫り終わりました。
IMG_4800

続きは、教室のDIY オープンデーでやりました。

励みになります。
応援のクリックお願いします<(_ _)>


記事検索
訪問者数

    Profile

    シトラス

    問い合わせ先

    ブログ主へ直接連絡を取りたい方は下記フォームにご記入下さい。

    名前
    メール
    本文
    タグクラウド
    Recent Comments
    ギャラリー
    • らでぃっしゅぼーやの箱「ぱれっと」の料理法 2018.10.15
    • らでぃっしゅぼーやの箱「ぱれっと」の料理法 2018.10.15
    • らでぃっしゅぼーやの箱「ぱれっと」の料理法 2018.10.15
    • らでぃっしゅぼーやの箱「ぱれっと」の料理法 2018.10.15
    • らでぃっしゅぼーやの箱「ぱれっと」の料理法 2018.10.15
    • らでぃっしゅぼーやの箱「ぱれっと」の料理法 2018.10.15
    • らでぃっしゅぼーやの箱「ぱれっと」の料理法 2018.10.15
    • らでぃっしゅぼーやの箱「ぱれっと」の料理法 2018.10.15
    • らでぃっしゅぼーやの箱「ぱれっと」の料理法 2018.10.15
    • らでぃっしゅぼーやの箱「ぱれっと」の料理法 2018.10.15
    • 鎌倉散歩
    • 鎌倉散歩
    • 鎌倉散歩
    • 鎌倉散歩
    • 鎌倉散歩
    • 私の木工道具
    Archives