底板の表面を鉋がけしました。

IMG_5106

側板の内側をサンドペーパーで磨きました。

IMG_5107

内側だけ、ワックスで塗装しました。

IMG_5223
IMG_5224
IMG_5225
IMG_5226

この後、三枚組の継手に木工用ボンドを塗ってから組み上げて、ビスを打ちました。

IMG_5228

ビス打ちには、インパクトドライバーを使いました。そもそも、インパクトと電動ドライバーの違いすらよくわかっていなかった私ですが、先生に詳しく説明してもらって目からウロコが落ちました。
IMG_5230

次に、5枚組の継手にも木工用ボンドを塗って組み上げ、歪みが出ないように治具と端金(はたがね)で締め上げました。

IMG_5276

この、和のクランプともいうべき、「端金(はたがね)」は強力でして、手でネジを締めるだけで、継手にできた隙間をキュッとなくしてくれます。
IMG_5281

ボンドが乾く間に、ビス埋め用のダボを作りました。

IMG_5283

ダボを埋めました。
IMG_5286

アサリなし(刃の厚みより外側に刃が飛び出していない)鋸で、ダボの飛び出した部分を落としました。
IMG_5287

ようやく枡が組めました。しかし、完成にはまだまだです。

IMG_5288
IMG_5290

表面を仕上げるために、鉋の調整を始めました。鉋調整用の鉋も出してきて、下端調整もしました。

IMG_5285

次回に続きます。

励みになります。
応援のクリックお願いします<(_ _)>