2016年11月06日

練習用解答用紙を作りました。

練習用に色々なパターンで解答用紙を作りました。ファイルをダウンロードしプリントして色々な過去問などで練習してください。1マス5mmで設定していますが、プリントすると少し大きくなりますので、定規の長さと合いませんのでご注意ください。
詳しくはこちらです。

kitchen_s at 15:16|PermalinkComments(0)clip!

試験戦略 時間配分

合格するには、時間配分が非常に大切です。
常に時間配分を考えながら練習してください。
詳しくはこちらです。

kitchen_s at 09:51|PermalinkComments(0)clip!

平面図の作成 手書きで作成3 メリハリを付けます。

採点者に綺麗に見せるため、図面にメリハリを付けます。
詳しくはこちらです。

kitchen_s at 08:15|PermalinkComments(0)clip!

2016年11月05日

平面図の作成 手書きで作成2 ほぼ完成です。

平面図がほぼ完成しました。合格するためには、これだけを30分で仕上げるテクニックを習得する必要があります。平面図は展開図の内容も含んでいますし、立体的表現等のイメージもこれで決定しますので、平面図を30分で仕上げられれば合格まちがいなしと思っています。何回も繰り返し練習すれば必ず30分で完成できます!
詳しくはこちらです。

kitchen_s at 20:45|PermalinkComments(0)clip!

2016年11月03日

平面図の作成 手書きで作成1

この平面図を15分で仕上げるスキルをつけなくてはいけません。
これにリビングの図面と寸法などを追加して合計30分で平面図を仕上げれば合格圏内です。
詳しくはこちらです。


kitchen_s at 16:50|PermalinkComments(0)clip!

2016年11月02日

平面図の作成 造作カウンター・壁などの書き込み

1.壁を描きます。
2.造作カウンターを描きます。
3.天井からの垂れ壁のラインを破線で描きます。
ここまで、出来れば合格ラインは近いです。ただし短時間に仕上げられた場合ですが・・・
詳しくはこちらです。


kitchen_s at 07:17|PermalinkComments(0)clip!実技対策 

2016年11月01日

平面図の作成 ウオールキャビネットの書き込み

次は、平面図に天井からのキャビネット(ウオールキャビネット)のラインを一点鎖線で描きます。
レンジフードのところの出っ張りもキッチリ描きましょう!
詳しくはこちらです。

kitchen_s at 20:40|PermalinkComments(0)clip!

平面図の作成 熱源・シンク・冷蔵庫 NO2

万一L型の寸法を間違えた場合リカバリーするのに時間がかかりますので、平面図の書き順を変更します。
詳しくはこちらです。

kitchen_s at 17:12|PermalinkComments(0)clip!

平面図の作成  熱源・シンク・冷蔵庫等 NO1

いよいよ平面図のレッスンスタートです。まずは下記の基本手順をご確認下さい。万一L型の寸法を間違えた場合リカバリーするのに時間がかかりますので、その手順は順次UPします。
詳しくはこちらです。

kitchen_s at 16:54|PermalinkComments(0)clip!実技対策 

2016年10月31日

ゾーニング検討の続きです。

平面図の作成をします。キッチン・リビング・ダイニングのゾーンを決定することから始まります。これによりL型キッチンの長さを決定し組み合わせる部材の長さも決定します。
☆パイプスペースのある場所を把握します。水回り、ガス配管工事コスト削減を図ります。
☆窓と戸の位置と種類を確認し、図面にある方位図から採光とおおまかな動線を検討します。
下記のゾーニングに決定しました。図面に理由を示しています。じっくりご覧ください。
詳しくはこちらです。

kitchen_s at 21:04|PermalinkComments(0)clip!実技対策