c8ffe7f7.jpg ライチがたくさん売られるようになりました。5月から7月が収穫期のようなのでライチは今が旬の果物なんですね。

 以前にマンゴスチンのことを果物の女王と書きましたが、このライチも果物の女王と呼ばれているようです。女王が二人。どっちが本物なのでしょう?
 知ってるライチをそんなに美味しいと思ったことがなかった私は、圧倒的にマンゴスチンの勝ちだと思っていました。でも、いただいた台湾産の完熟ライチを食べてみて少し考え直しました。完熟のライチは甘くてほんと美味しいです。
 そういえば、マンゴスチンはタイで食べた味を基準にしていました。完熟マンゴスチンなんですね。で、ライチは日本でしか食べたことがない。これでは勝負にならないですよね。完熟同士で比べなきゃ!

 ライチは中国原産の果物で茘枝(レイシ)と呼ばれることも多く、楊貴妃が好物だったようで、唐の玄宗皇帝が楊貴妃のために8日8晩かけて馬で運ばせたという話は有名ですね。でもライチは、1日めには色が変わって、2日めには香りが少なくなり、3日めには味が落ちてくると言われているように鮮度が落ちやすいそうなので、楊貴妃はどんな味のものを食べられたのでしょうね。

 ところで、完熟の竜眼(ロンガン)はライチよりも美味しいよという話を聞きました。竜眼といえば八宝菊花茶のときに書いたドライフルーツのイメージなのですが、そんなに美味しいのなら、ぜひ一度食べてみたいなと思ってきました!


 おいしい食べ物や料理の情報とレシピがいっぱいの『食は幸せ☆こころんのキッチン』のサイトにもぜひお越しください。料理の質問なども気軽にぜひどうぞ。個人でやっているサイトですので、ご安心してぜひお越しください!