11796de0.jpg 青森りんご100%のりんごジュース、やっぱり本物は美味しいですね。そう思いながら売ってるリンゴジュースをみると濁りタイプと透明タイプがあることに気がつきました。

 そういえばアップルジュースとして普段飲んでいるものは透明のものが多いですね。外国からの輸入のものはほとんどが透明タイプのようです。
 逆に国産のりんごジュースは濁りタイプが多い気がします。
 味は濁りタイプの方がりんごのフレッシュジュースの感じですよね。透明タイプはすっきりした精製ジュース感じかな。透明タイプの方が濃縮して保存もしやすく大量生産もしやすいようなので大工場向きなのかもしれません。濁りタイプの方が地域特産の感じがします。

 この違いは作り方からくるようです。まるごと搾ったままだと濁りタイプ、果汁を濾過して繊維分を取り除くと透明タイプになるようです。日本ではジュースの主流のふじが酸度が低いため甘さが強く、透明タイプにはあまり向いていないようですね。

 もちろんもとのリンゴが美味しい地域のりんごジュースは格別です。みかんジュースでも産地のものが美味しいと思ったのですが、りんごも同じようですね。どんな果物でもその本場で食べるのがやっぱり美味しいんでしょうね。
 秋の味覚、本場で味わいたいですね!


 おいしい食べ物や料理の情報とレシピがいっぱいの『食は幸せ☆こころんのキッチン』のホームページにもぜひお越しください。料理の質問なども気軽にぜひどうぞ。個人でやっているサイトですので、ご安心してぜひお越しください!