おれんぢ猫のひとり言・・・それから

古巣を離れて旅に出たおれんぢ猫。ココに落ち着きました:)

アメリカでの高額医療に対する戦い方(タイトルが大げさすぎです)

RIMG0001
半額だったので2パック購入。
二つで$3です。
たぶんココらのアメリカの人には、ヤクルトって何?って感じで売れないのでしょう。
儲けた!



こんにちは



すっかり夏模様なココ、ウェナッチ、毎日ガーガー風が吹き、嵐っぽい雲がやって来ながらも、通り過ぎるばかりでお湿りはありません。


ちょっとくらいは来てほしい感じがありますが、ここは半砂漠気候と言われる乾いた土地。
わがままは言えません。
(え?)




RIMG0011
ちょっと期待してたのに、あっという間に行ってしまいましたとさ。



さて、言いましたっけ?先月のとある日の夜に、パジャマに着替えるべく着ていたジーンズをクロゼットにしまっていたところ、チクッと右手の手のひら、親指の付け根あたりに何かを感じました。


「え?」と見ると、何やらぷっくりと膨れているじゃないですか!



とっさに思ったのは、『たぶんクモが隠れていて、それに噛まれた・・・!』




ひゃあ~~~~~~、毒グモ~~~~!! 。・゚(゚`Д)゙




しかし、あら、不思議。痒くありません。




(`・ω・´) ふん・・・。




痒くないし、痛くもないし、ちょっと違和感はあるけれど、それだけ。



それから何となく気づいたのは、ひじから腕にかけての違和感。
(違和感だらけ!)
鋭い痛みではなく、筋肉痛がいきなりやってきました!みたいな?



で、よーく考えて、



「昨日庭仕事で大きなシャベルを使ったなあ・・・それで捻ったかなあ?・・・たぶんそれだなあ・・・。」と、結論に達する。


いや、でも急に来るか??
パジャマに着替える前には感じなかったけど???


少し疑問に思いながらも、他に思いつく事がないまま、そう思うことに。
(単純・・・)



RIMG0014
近づくとこんな感じ。
この雲、マンモって言うらしいですよ。



その後、症状が続くので、ググると・・・日本だとすぐに「じゃあ、お医者さんに診てもらおう!」と、保険証を持ってサッと出かける。しかし、アメリカでは自分で出来るだけ症状を把握し、自分で治せるものなら治してしまうのがお決まり。風邪くらいでドクターに診てもらうのはご法度!何故なら、医療費が気絶するほど高額な為。・・・テニス肘!(たぶん)と言う事がわかる。


ぷっくりとしたものは、ガングリオンと呼ばれるもののようです。
(たぶん)



そのウェブサイトでは、「こうやって、こう腕を動かしたら痛いか?痛かったらそれはテニス肘!」と書いていた。


例に従い腕をイラストのように動かすと、やはり痛い。
そうか、きっと私はテニス肘なのだ。
そうに違いない。
タイプのし過ぎ・・・という事も考えられる。
(もしかしたら、ブログを書いている事自体も良くないのかも知れない・・・。)

(だから更新が滞っていたわけではありませんが。)


そう(勝手に)理解して、湿布をしたり、腕のストレッチをゆるりと試みたりするが、何しろ私は医者じゃない!自分で正しい事をしているのかわからない!!


「とにかく休めるのが一番です。」と、見るサイト見るサイトで言っているので、なるべく休めることを心がけるが、何しろ利き腕だし・・・。


「休めるってったって・・・。」



その上、「治るまで時間がかかるものです。」と。




。゜゜(´□`。)°゜。




頑張って、夜には塗り薬を塗り、洋服やソファーにつかないように、レッグウォーマーを腕にしてカバーしていましたが、暑い日にはそれが暑くて・・・



お店でサロンパスを買い(そう、売ってるんですよー。久光~♪ってCMもやってます。)それを貼って寝ていました。



ーしかしーーーー!!



RIMG0003
んがーーーーっ!



粘着剤?が肌に残り、石鹸で洗ってもアルコールで拭いても取れなくて、お天気なある日そのまま散歩に出てしまい、その部分の肌がカサカサに・・・


現在は日焼けの後に皮が剥けてきてます!・・・な感じになってしまいました。



(ノ◇≦。) ビェーン!!



ち!散々だわ。



もしかしたら『テニス肘』・・・かも知れないし、日本の友達に相談したら、「過去に同じような痛みがあって、それは腱鞘炎だった!うン、ちゃんと医者に診てもらったよ!」というので、『腱鞘炎』かもしれません。「お医者さんに診てもらった・・・!」ならば、その可能性の方が高いかもしれません。



(たぶん



でも、アメリカなので。



想像だけで、これからも湿布で頑張ろうと思います。
(注:粘着剤の付いた腕は、太陽にさらさぬ事!!)



素人判断で、ついに腕がもげた・・・!!となったら、お医者さんに駆け込むことにします。




RIMG0015
Safewayで、レイニアーチェリー購入。
セール価格、1ポンドで、$2.99で売られていました。
で、買ってみた。



気分を変えて!


うちは夫のでいびさんの実家がりんごとチェリーの農園・・・運営はお隣の方にお願いしていますが・・・なので、収穫直前とか収穫後に取り残したチェリーを少量タダで取らせてもらう事がよくあります。


レイニアーチェリーは植えていないので、今日は久しぶりで食べましたが、私は甘いだけでなく、もう少し酢っぱみのあるチェリーのが好みかなあ・・・?


例えば、もっと色の濃いBingや、義父さんの畑に沢山植わっているSweetheartですね。


レイニアは、日本の方には一番好まれていると聞きましたが。


何はともあれ、果物がおいしい季節になりました。




うれしいっす(*´∇`*)


ちなみに今年はチェリーは、大量節を唄うほどの収穫ではないようですよ。
(大漁節を捩る)
あまり食べ過ぎるとお腹が緩くなるので、良いですけど。




RIMG0008
お花もきれいな季節です。
(この花、臭いんですけどね・・・。何故でしょうね?)





では、また





☆☆今日も読んでくださりありがたく思います。
またお寄りくださいね。
おいしい猫コーヒーでほっこりいたしませう:)

ちゃんと生きてます

RIMG0019
野生のルピナス



皆さん、お久。



お元気ですか? 私は何だかんだとわけわからぬ忙しい春を過ごしています。




春~夏は毎年お決まりで庭仕事で忙しいのですが、今年はそれに加えて何かと考える事があり(思わせぶり?)、考えるだけならば、ただボーーーっとしている暇人のように見えて、『忙しいなんてウソじゃん!?』なんて言われちゃいそうですが、そういうことでもなく、今はまだ説明する時期でもないので言いません!





ε=ε=(;´Д`)なんやそれ?





まあ、そのうち言うかもしれません。





(つд⊂)ゴシゴシ ぜんぜんわかんないし・・・





でいびさんと秘かに目論んでいる事があるっていうお話です・・・




(ますます思わせぶりで、すみません・・・)







( ̄ー ̄)ニヤリッ ・・・☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚ !?







RIMG0018
野生のルピナス・・・ぇ?もう言ったって?



さて、先週土曜日に、ココから1時間ほどドライブすれば到着!な、レイクシェラン沿いの町、Mansonへ、毎年この時期に行われているApple Bloosom Festivalへ行って来ましたのでご報告。



・・・って、報告するまでのことでもありませんが。



RIMG0002
ドラゴン風味。



RIMG0004
お日様の光の関係で、後姿ですが・・・。
ユニフォームの色から、たぶんWenatchee High School のバンドかなあ~?
(いい加減ですみません)


RIMG0007
こちらもウェナッチから参加のアップルブロッサムクイーンとプリンセスたち。
ええ、ウェナッチでもアップルブロッサムのパレードやりますよ。
何せリンゴの本場ですから。
(とはいえ、最近はそうも言えなくなっているんですが・・・)


RIMG0010
お決まりの馬さんたちもパレード参加。



RIMG0012
チアリーダーさんたちも、お決まりの登場です。



RIMG0015
ああ、終わりましたの図。
小さな町のパレードには、結構知ってる人が沢山来ています。



シアトルのような都会のパレードとは違い、どこに陣取ってもお金を取られる事はありませんし(ダウンタウンの、特設された段々のスタジアム席は有料ですよね?)、見に来た誰もが本当に楽しんでいるのが伝わる規模なので、見に行く価値があるのです。



あ!忘れたけど、パレードの前には 、すぐそばにあるManson Grange Hall で"Manson Apple Blossom Pancake Breakfast"で腹ごしらえしました。大人お一人様$8也で、パンケーキ、目玉焼き、ハムにジュースかコーヒーまたはボトル入りのお水が頂けます。



そして上階では、ローカルな人達が作成したキルト・ショーが開かれていて、大人$3で入場できます。



なんと言うか、パレードの出来がプロ並みに素晴らしい!とか、朝食はこれが超おいしい!!と言う事ではなく、ぴかぴかのお日様の下で、日頃の不満を忘れて家族とわいわいと雰囲気を、お祭りの『空気』を楽しみに行く・・・ということだと思いますね。



うん。それだけのことなのよね。



と言うか、それが楽しいのよ!と言うか、ね。



日常から離れて、日頃練習に頑張ってきた高校生達のバンドの音楽や、良く訓練されたロデオの馬たちのパレードを、清々しい空の下でのんびり楽しめるって、ちょっとしたウキウキ感だと思います。



もちろん「えー?そんなローカルな素朴なパレードなんて、超つまんなそう・・・」って思う人もいますよね、きっと。





人それぞれだけど、私はそんな田舎のパレードが結構好きです。





RIMG0025
でいびさんの家の近くで見た鹿さん。



RIMG0036
でいびさんの実家の松の木に作られてた、ハミングバードの巣。
直径5センチくらい?
写真を撮っていたら、ハミママが近くで「プライバシーの侵害よ・・・」と言う顔をしていました。






何はともあれ平和な良い週末を過ごしました。



そんな感じで、私は相変わらずです。





☆☆今日も読んでくださりありがたく思います。
またお寄りくださいね。
おいしい猫コーヒーでほっこりいたしませう:)

Worst Case Scenario...Willのお話

RIMG0005
雲があったり、なかったりな日々。



”心置きなく死ぬために”




Σ('◇'*)エェッ!?




初っ端から驚かせてしまいましたか? 
いやいや、誰も死ぬ予定はありませんから。大丈夫です。


木曜日に今まで延び延びにして来たWill(遺言状)を作成してもらう為、やっと重い腰を上げてChelanにオフィスを持っている弁護士さんに会いに行ってきました。


日本の方には、「えっ!?遺言状ですか??まだ死ぬ予定もつもりもないですよね?健康ですよね?今からそんなこと言って、縁起悪くないですか??」と思う方も多々いらっさるでしょう。


日本じゃあ、生きている間に死ぬ話をするなんて、タブーーーなことでございましょう。でも、ここはアメリカ。そんな気持ち的な事はまるで無視して、はっきりときっぱりとそういう取り決めをしておかないと、後で困るのです。アメリカって、そういう国なんです。
(いや、どこもそうかも)


あ、困るのは自分では無いですよ。


困るのは、後に残される子供や親戚達ですね。



RIMG0004
最近の午後のお決まりドリンク、抹茶入りグリーンミルクティー・・・とでも言いましょうか?
お砂糖も入ってます。邪道ですか?日本人には恐怖でしょうかね。んまいですよ。



では、何故Willの作成をしようと考えたか?



例え話で説明いたしませう。



・・・春!日本へ桜を見に行こう!!と、楽しい帰国のプランを練り、ご夫婦でるんるん♪(死語!)と飛行機に乗り旅立ったAさん夫妻。運悪く、飛行機に乗る前に、一緒に黒い影が乗り込むのを見てしまったものの、せっかく買ったチケットをそこであきらめるのも何だよなあ・・・と、Aさん夫妻も黒い影入りの飛行機にエイッ!と乗り込み、案の上、飛行機は墜落・・・残念でした・・・黒い影は死神さんだったんです。
(って、怖い話で聞いた事無いですか?)(え?縁起でもないって??)


さて、Aさん夫妻の旦那様はアメリカ人。結婚してアメリカに住み、一番多額な財産として自分の家を持っていました。その他にも車や家具や、数々の宝石にアート、沢山の本や何やかにや、家は沢山のお宝で一杯です。


でも・・・Aさんご夫婦ともに亡き後、それらのものは一体どうなるのでしょう
(((( ;゚д゚)))?




アメリカの場合、もし故人が生前にWillを作成していなかった場合、これからのモノたちをどうするか?まず一番大きな財産である「家」は、誰の物になるのか?そして家族が勝手に売り払っても良いのか?売ったらそのお金はどうなるのか?誰が何を引き取るのか?誰が先に立って家の中の物たち整理するのか、なんだよー!どーするんだよー!!、云々・・・というとても面倒な問題が発生してしまいます。


故人であるご夫婦が、そんな先の将来を考えて予め誰かに「何をどうしてほしいのか」をお願いしていたら、残された家族や親戚達が後で頭を抱えることなく、法律的にもスムーズに事は済む筈なのですね。




だから、です。



Willを作っておくというのは、自分達の物を守る・・・ではなくて、後に残された人達のためです。



実はシアトルに住んでいた時に、うちのでいびさんの伯母が亡くなり、その時に家族で一騒動ありましたからね~。


大事な書類はどこ??とか、家は売っちゃう??いや、貸し出したらどうだ?いや、それは反対だ!あれはどうする?これはどうする???それは誰がやるんだ??と、家族同士で喧嘩にもなり、一時大変な事になりました。



それを防ぐ意味でも、大切な事なんです。



「私が死んだら~残った物なんて~捨ててもらって~別にいいわ~・・・」て、のんきに言われても、


「捨ててもらっていいわ・・・ってさ、誰がその作業するのさ?」と言う事になるんです。



『自分が生きているうちに、どうやったら責任もって死んでいけるか?を考える・・・』



生前にWillを作成して弁護士さんに託しておくと言うのは、そういうことです。



RIMG0006
かわいくないですか?このカップ。




RIMG0008
反対側も。
ロンドンがいっぱいです。



そんなことで、Willの作成に取り掛かりました。弁護士さんに今ざっくりと書いてもらっているところですが、これからいろいろと詳細を埋め込んでいく予定です。



これで心置きなく・・・いやいや、まだまだしっかり元気に生きる予定ですが、とりあえずは自分達を整理して行く一歩を踏み出せた事は良い事です。



あ、Willを作成する前に、Willと、その他に Living Trustなるものがあると知りました。



どっちだ???



アメリカ在住の方たちのブログで、何人かは、このLiving Trust(生前信託)というものを作成された・・・という記事を書かれていて、ふーん・・・どっちが良いのだ??と迷いました。



ここの近所に住む日本のお友達は、Willを作った。



うちのでいびさんの家族は、皆Willみたい・・・



うーーーむ・・・では、うちは~??



弁護士さんに会いに行った際には、どちらを作りますか?を聞かれもせず、その弁護士さんお勧めの5種目1パックはいかがですか?と聞かれ、ではそれで・・・と決めましたが、話を聞きながらも質問すると、



「ワシントン州では、プロベートの仕組みが他の州よりもシンプルで優しいので、ビジネス取引のような難しい(更に費用が高い)トラストはいらないですよ~。」と、言ってもらえました。
(プロベートってね、故人の財産を受ける人が、裁判所で本当に私ですよ~というのを証明しないといけないという手続きで、時間がかかるんですって。ワシントン州は厳しくないけど、例えばカリフォルニア州などは1年~2年とかかかったりすると聞きました。)(読んだブログの人もカリフォルニアにお住み!)


そんなら、お勧めのパッケージでいきましょうや!ってね。



ちなみにその5科目1パックって、どんなのなの?かというと、結構細かい項目もあるんです。例えば、本人が脳死の場合には延命をするかしないか?なんていう医療健康関係や、大切にしているダイヤモンドの指輪は誰にもらってほしい・・・とか、お金や品物に関することです。



後は、死んだ後にお墓には入るのか?など。



それから今のうちに大切な書類はどこにあるのか、貯金はどの銀行にあるのか?なども、リストを作っておきたいところです。



後であちこち家の中を探してもらわずに済むから。




こんまりさんじゃないけど、出来る時にいろいろな整理整頓をしておくと、本当に悔いなく生活できますよね。


特に、私達には子供がいないので、後を頼む親戚や兄弟に面倒をかけないように・・・という気持ちですね。



何と言うか、人の運命?命なんて、いつどこで何が起きるかわかりませんから。



うん。



念のためって奴です。




今日は、そんな話でした。





RIMG0002
先日グッドウィルで偶然見つけた白雪ふきん!もちろん買ってしまいました!!




(実は!)話し変わりますが、今日は私の誕生日です。
(どーでもいい??)


もう祝っちゃいけない歳なのかもしれませんが、いいんです。ケーキも食べます。



~7年前の今日、今も思い出します。


自分が何をしていたかどんな気持ちでいたか、しっかり覚えています。


天気まで覚えてるし。


たぶんこれからも毎年誕生日になると、まず思い出すのはテレビで観たあの大きな津波の信じられないような画像なのでしょう。


そして何度も何度も実家へかけた、つながらない電話・・・


自分では何も出来ないことを知っていながらも、眠れずに家族に友人にメールを書き続け、やっと返って来た実家の隣町に住む元・同級生からのメールに、どれだけホッとしたことか・・・



あの時の恐怖感は一生忘れないですね。



忘れちゃいけないけど。




今年も合掌





☆☆今日も読んでくださりありがたく思います。
またお寄りくださいね。
おいしい猫コーヒーでほっこりいたしませう:)
おれんぢ猫は・・・
アメリカの田舎に住む、
気ままな猫である。

流行物にはのらない主義である。

アンティークが好きである。

曲がった事が大嫌いである。

(壁に飾られた絵が曲がっているのも我慢できない。)

空の雲や季節の草花の写真を
好んで撮る。

野鳥を愛でるのが好きである。

一番美しいと思う動物は、
スノーレパードだと思っている。

カメラはRicoh CX-4とPentax XG-1の2機を愛用している。

そして…

このブログの写真の無断転用を
禁止している。

ではよろしく!



ランキングに参加しています。

応援してくださるとうれしいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
にほんブログ村



にほんブログ村 写真ブログ コンデジ写真へ
にほんブログ村





メッセージ