キッチン織姫

夫婦二人ご飯の記録と日々の雑記。

《MESSAGE》
『キッチン織姫・旧blog』はコチラ→http://blog.livedoor.jp/kitchin_orihime-kyuublog/
(ゆるゆると、ちょっとずつ再現しています)

今月~来月末まで土曜日or日曜日毎に開催される研修に参加中で、1/6の開講式のあと
先週土曜日に続き、明日の現地視察に同行するために、講師の方がまた大分から10時間
かけて来てくれて、講師の方を囲む親睦会が開かれたので、市の職員さんや専門員さん
地元のボランティアガイドさんに混じって参加させていただきました。 

それぞれが持ち寄りで、地元の食材で作ったメニューを食べていただきました。
深層水青のり入り卵焼き、スリ身揚げ、五目寿司、スパゲティサラダ、ポテトフライ等々の
手作りのものが並ぶ中、私はあいにく仕事だったため作ることが出来ず、テイクアウト(^^;;
高知の自慢“鰹のタタキ”を食べていただきたくて、『駒季』さんに注文しました。
オリジナルのポン酢付きでしたが、高知では“塩タタキ”として食べる文化も紹介がてら
室戸海洋深層水塩をふり、柑橘をキュッと搾って食べていただきました。
すごく感動され「美味しい、美味しい」とニコニコ顔(^ー゚)v

お喋りも弾み、とても楽しい会でした。

ごちそうさまでした。

今日は日中ポカポカ陽気、このまま春になるんじゃないかと思うくらいだったけど
来週にはまた寒波が襲ってくるみたいねっ(*v.v)。

そんな中、早くも今年の桜の開花予想が発表され、高知は3月22日頃で、
全国の中でも
トップクラスの早さのようです!
まだまだ寒さが続くというのに、春の訪れの話題はワクワクしますねぇー\(*^^*)/

さて、昨日大型量販店に出向いた際、産直コーナーの白菜が1玉¥280だったので
コレ、コレ、ミルフィーユ蒸し!

 
前回の“豚肉と白菜のミルフィーユ”の鍋料理のメニューの記事はコチラです。
豚肉と白菜のミルフィーユ蒸し&白芋サラダ etc. (2017.1.11)
豚肉と白菜のミルフィーユ鍋 etc. (2016.1.6)

過去の“豚肉と白菜のミルフィーユ”の蒸し料理・鍋料理のメニュー日の記事も更新しました。
豚肉と白菜のミルフィーユ蒸し&サーモンのカルパッチョ etc. (2014.12.20)
豚肉と白菜のミルフィーユ蒸し&ネイリのカルパッチョ etc. (2013.12.4)
豚肉と白菜のミルフィーユ蒸し&ネイリのカルパッチョ etc. (2012.12.8)
豚肉と白菜のミルフィーユ蒸し&鰤のにぎり寿司 etc. (2012.2.7)
豚肉と白菜のミルフィーユ蒸し&ツムブリのタタキ etc. (2011.11.25)
豚肉と白菜のミルフィーユ鍋&ウルメ鰯の酢物 etc. (2011.10.27)
豚肉と白菜のミルフィーユ蒸し&鰹のタタキ etc. (2010.11.29)

全体
《本日のメニュー》
豚肉と白菜のミルフィーユ蒸し
ポテトサラダ
野菜サラダ
キャベツ&人参のコンソメスープ
一人全体

豚肉と白菜のミルフィーユ蒸し
   豚バラ肉・白菜・青ネギ・生姜・白ダシ・白ワイン・黒コショウ
   馬路村ポン酢・舳倉島の塩・柚子玉・緑果搾りオリーブオイル(小豆島『井上誠耕園』さん)
ミルフィーユ蒸し-準備①
白菜on豚肉(塩・コショウ)on白菜on豚肉(塩・コショウ)...を繰り返して層を作ります(^^)
ミルフィーユ蒸し-準備②
千切りの生姜をのせます。
ミルフィーユ蒸し-準備③
味付けはお肉にふった塩・コショウ、白ワインと白ダシをちょろっと入れ蓋をして蒸し煮に。
ミルフィーユ蒸し
柚子をキュッと搾って塩とオリーブオイルをかけていただくもヨシ、ポン酢でもヨシ!
ミルフィーユ蒸し-アップ
クッタリとなった白菜が美味しーーー\(*^¬^*)/

ポテトサラダ
   西山金時芋(友達から)・きゅうり・リンゴ・柚子の酢・マヨネーズ・ナツメグ・黒コショウ
ポテトサラダ
具材は、さつま芋ときゅうりとリンゴだけのシンプルなサラダ。

キャベツ&人参のコンソメスープ
   人参・キャベツの芯・一昨日残った千切りキャベツ・コンソメの素
キャベツ&人参のコンソメスープ
冷蔵庫に残ったキャベツの芯や人参の切れ端を煮て、一昨日残ったキャベツの千切りも
加えたスープ。

ごちそうさまでした。

昨夜から降り出した雨が止まないままの一日。

月に一度、高知市内の整体医院に通っているオット、予約制で出向く日が、今月もまた偶然
にも私の休みと重なったので同行した。
出発が朝早いので辛いけど、助手席でウトウト出来る(^^;;
みっちり1時間余の施術中は待合室でスマホいじってるから、アッと言う間に過ぎて大丈夫。

そのあとショッピングを楽しみ、お昼は手打ちのお蕎麦屋さんで。

お店全体
店内装飾②店内装飾①
店内
以前に前を通った時から気になっていたお店なんですよ、蕎麦を打つ者としてはねー(笑)

鴨南蛮つけ蕎麦
 《昼食メニュー》 
 鴨南蛮つけそば
天婦羅かけ蕎麦
蕎麦餅入ぜんざい 
 天婦羅蕎麦
さすがプロは違うなーと感じる美味しさだったんだけど、私が習っていた先生が使う蕎麦粉
のほうが香りや味が良かったように思った(*^^*) 
蕎麦餅入ぜんざい
ちゃっかりデザートも!

晩ご飯は、帰り道にお鮨、お昼ご飯とともにオットのお財布から(^^)v

ごちそうさまでした。

今日はポカポカ陽気、3月下旬並みだったらしい。
明日はさらに気温が上がるそうだけど、お天気は崩れるみたい…ヤダなっщ(´□`)щ

後日の取材に対応しなくちゃいけなくなって、自習したり日程・時間調整したりてんてこ舞い
午後からは、課長&担当職員さんと打ち合わせ
を兼ねたシュミレーションしたんだけど
キャパオーバー(^^;; 何だかドッと疲れた一日。

晩ご飯は、冷食使って簡単に! 

全体
《本日のメニュー》
牡蠣フライ
野菜サラダ
昨日残ったほうれん草の胡麻和え
お味噌汁
イチゴ(紅ほっぺ)
一人全体

*牡蠣フライ
 
   牡蠣フライ用冷凍食品(お義姉さんから)・キャベツ・人参・地物レモン
牡蠣フライ
牡蠣フライが大好きなオットのため、お義姉さんがいつも生協で注文してくれる冷凍牡蠣は
この日消費したあと、また買ってくれていたんです\(≧∇≦)/
牡蠣フライ-アップ
小粒だけど、しっかり牡蠣の味がして美味しーーー\(*^¬^*)/
牡蠣フライ-ソースかけたところ
タルタルよりソースの気分だと言われて…(^^;;


野菜サラダ
   ベビーリーフ(ほうれん草)・カラープチトマト・ブロッコリー

野菜サラダ

昨日残ったほうれん草の胡麻和え

昨日残ったほうれん草の胡麻和え
二人で分けるには少なかったから、トースターでカリッと焼いた厚揚げを入れてみた。

*お味噌汁

   茄子・青ネギ・自家製味噌

お味噌汁

イチゴ(紅ほっぺ)

イチゴ

ごちそうさまでした。

早くも一ヵ月の半分が過ぎるよーーー(。>0<。)
気温は少し上昇して2ケタに戻り、風もなく暖かく感じたのでコートなしで良かった週明け。

アレコレあった引き継ぎ事項でバタバタと忙しかった(〃´o`)=3 フゥ~

海も凪いでいたように見えたので、地元獲れのお魚を期待して、帰り道に少し足を延ばし

港近くにあるお魚やさんに寄ってみた。
お刺身も食べたかったけど、キレイなオレンジ色の肝付で売られていたマンボウに決定!
きっと驚かれていると思いますが、こちら地元ではマンボウを食します(*^^*) 
ブヨブヨした身は茹でてから使いますが、透通った白色から真っ白になる身は、見た目や
食感はイカのような感じ、
今日は味噌炊きにしたけど衣を付けて天婦羅にしても美味しい。

前回の“マンボウの味噌炊き”メニューの記事はコチラです。
*鰹のタタキ&マンボウの味噌炊き etc. (2017.3.11)
 
過去の“マンボウの味噌炊き”メニューの日の記事も更新しました。
*鰤のお刺身&マンボウの味噌炊き etc. (2015.4.29)
*鰤のお刺身&マンボウの味噌炊き etc. (2014.3.15) ※春のテーブル
*マンボウの味噌炊き&白和え etc. (2014.1.10)
鰤のお刺身マンボウの味噌炊き etc. (2013.1.10)
マンボウの味噌炊ききゅうりの酢物 etc. (2012.2.24)
*鰤のお刺身&マンボウの味噌炊き etc. (2011.2.25)
*にぎり鮨&マンボウの味噌炊き etc. (2009.12.4)
*本鮪のお刺身&マンボウ味噌煮 etc. (2010.9.11)

今日は、マンボウの味噌炊きがメインの晩ご飯。
 
全体
《本日のメニュー》
マンボウの味噌炊き
ほうれん草の胡麻和え
きゅうりの酢物
お味噌汁
イチゴ(紅ほっぺ)
一人全体

【マンボウの味噌炊きのレシピ】
マンボウの味噌炊き-材料
※材料/マンボウ(肝)
・生姜(炒め用・トッピング用)・青ネギ
※調味料/
自家製味噌・白ダシ・砂糖・酒・みりん
茹でたマンボウ
 水分が多いマンボウは、洗ってから茹で、一口大に手で割き
  腸の部分は包丁で切っておきます。
マンボウの味噌炊き①
 肝から脂が出るので、お鍋に油は引かず、生姜と一緒に火にかけます。
マンボウの味噌炊き②
 お酒と味噌も入れて肝に火を通します。
マンボウの味噌炊き③
 ネギの白い部分をザクザク入れ、あらかじめ合せておいた調味料も入れる。
  (ここで美味しく味を決めておくとバッチリ!)

マンボウの味噌炊き④
 茹でたマンボウを入れ、炊き合わせたら出来上がりです。
※マンボウから水分がでるので、お水は入れないように。
※マンボウは煮過ぎないように。
 
マンボウの味噌炊き
   地元獲れマンボウ(肝付き)・生姜・青ネギ・自家製味噌 
マンボウの味噌炊き
肝が溶け込んだ味噌が絡まって美味しーーー\(*^¬^*)/
マンボウの味噌炊き-アップ
プリプリッとした身が旨いです(*´¬`*)

ほうれん草の胡麻和え
   
ほうれん・白ゴマ・和え衣(白ダシ・白ゴマ・塩・砂糖・みりん)
ほうれん草の胡麻和え
お野菜が高い中、地元の農家さんは頑張ってくれて、産直で¥178でゲット!

きゅうりの酢物
   きゅうり(いただきもの)・鳴門若布・作り置き甘酢・柚子の酢・白ゴマ
きゅうりの酢物

*お味噌汁
   絹ごし厚揚げ・白菜・椎茸の軸・青ネギ・自家製味噌
お味噌汁

イチゴ(紅ほっぺ)
イチゴ

ごちそうさまでした。

風はピッタリと止んで、絶好の駅伝日和、『第36回 室戸岬一周駅伝競走』が行われました。
市役所前を出発し、室戸岬一周15.7kmのコースを7人がたすきでつないで走ります。

職場の職員さんや友達、知り合いが出場しているため、友達オットさんの運転で
各ポイントで駐車してもらって、それぞれ応援した(*゚▽゚)ノ


チョコがけドライフルーツ
いただきもののチョコがけドラーフルーツはコーヒータイムに食べ、晩ご飯は冷蔵庫の
残り物で済ませたので、画像はコレだけ(^^;;

ごちそうさまでした。

ダウンジャケットにマフラーと手袋、ロングブーツをはいた今日はまた、一段と寒く
水たまりには氷が張っていた(((´=д=`))))) ブルブル・・

そんな今日は、ハードスケジュールでフル回転の一日だった(^^;;
仕事はお休みだったけど、先週開講式のあった研修で現地視察。
講師の方は大分から10時間かけて毎週通ってくれて、参加者21名、担当職員さん2名と
ともにでフィールドにGO!

《吉良川町まちなみお散歩ガイド》
良質な土佐備長炭の積み出し港として栄えた町。
海岸に近い下町には回船問屋や米穀商、炭屋など商家も多く、その頃の商家や建物が

今も残され、一歩足を踏み入れると、まるで当時にタイムスリップしたかのようなレトロな
町並みなんですよ。

説明を聞いているところ
この町並みは高知県で初めて、国の重要伝統建造物群保存地区に選定されていて
保存会によるボランティアガイド案内もあります。(要予約)
ガイドを受けながら
吉良川の町並みを散策した様子にお付き合い下さーい(*゚▽゚)ノ
 
*水切り瓦
水切り瓦②
水切り瓦③水切り瓦①
土佐独特の強い雨風などから家屋を守るため、幾重ものひさしが壁面に直接雨がかかるのを
防ぎ、漆喰の白壁を保護しています。

いしぐろ
いしぐろ①
いしぐろ②いしぐろ③
台風などの強風から家を守る暴風石垣塀は、浜石や河原石を丸のまま又は半割にして
空積みにしたり、練り積みにしたりと家々で微妙に異なっているようです。

 *理髪店
理髪店
中居正広と仲間由紀恵出演の映画『私は貝になりたい』でセットのモデルになった床屋さん。

*郵便局
郵便局
大正11~12年に建てられた洋風建築で、昭和40年頃まで郵便局として使用されていた建物。
郵便局の鬼瓦
 鬼瓦には、郵便局であることを示す「〒」マークが施されてました。
 
 *消防署
消防
レトロな雰囲気が素敵ですよねー(^^)v

 *御田八幡宮
八幡宮の鳥居
八幡宮
ここで、隔年5月に『御田祭り』、毎年10月に『秋の礼祭』が行われています。

 吉良川まちなみ館
まちなみ館
準備してくれていたお弁当&コーヒーをいただき、歓談しながら、しばしの休憩。

《炭窯見学》
室戸市にはウバメガシという木が群生していて、この原木を利用して土佐備長炭の生産が
行われているため、吉良川町の町並みの近くで土佐備長炭を生産している窯へと午後から
移動し、窯元『炭玄』代表の黒岩辰徳さんにお話をお伺いした。
 
炭窯①
「室戸には仕事がない」という周囲の声を聞き「それなら作ってしまおう!」と考え、10年前に
土佐備長炭窯元「炭玄」を立ち上げ日々「室戸市を元気する為」「室戸で働けるように」と
活動していて、ここから独立して窯を持った仲間もいるんですよ。
炭窯②
頼もしくがっちりした体格と優しい笑顔がとても印象的な黒岩さんは、出来上がりが毎回違い
より良い炭を作れるよう常に挑戦していける所がこの仕事の魅力だと語った。
工程の写真とともに作業の説明をしてもらいましたが、室戸市と仲間を大切にしているカレの
魅力にに引き込まれ、アッと言う間の一時間でした。

ここはオット生まれ育った町でもあり、今まで以上に深く知ることが出来た実りある散策でした。
来週は室戸岬と室津港周辺をガイドさんと一緒に散策するスケジュールです(^^)
 
------------------------------------------------------------------------------------------------

チーズケーキ
一度解散、夜の懇親会まで時間があったので、差し入れにチーズケーキ2枚焼きました。
チーズケーキ-アップ
去年の秋にもらった西山金時芋をグラッセにしてトッピングしたもの、もう1枚はプレーンに
この日いただいた『フクちゃんファーム』“ぽんかんピール”を刻んで入れてみた。

------------------------------------------------------------------------------------------------

懇親会には課長も加わり、講師の方がお泊まりの『岬観光ホテル』にて。

岬観光ホテル全景
(この全景画像はHPよりお借りしました)
岬観光ホテル
 大広間で地元の食材を使った数々のお料理を囲み親睦を深めました。
 
全体
《本日のメニュー》
鶏団子鍋
グレの姿焼きあんかけ
鯛の姿焼きあんかけ
かき揚げと天婦羅の盛り合わせ
魚と大根の煮付け
 
炊き込みご飯
フルーツ盛り合わせ
他、差し入れ色々 
グレの姿焼きあんかけ鯛の姿焼きあんかけ

お疲れさま&ごちそうさまでした。

風はおさまり、深々と冷え込んだ日でした。

昨日“鏡開き”でお餅を下げたので、お休みだった今日、大納言でおぜんざいを炊いた。
仲良しチームの妻4人、みーんな大好きなの“ランチ&おぜんざいを食べる会”を提案し
ウチに招集したものの、一人はあいにく風邪をひいて欠席、3人で楽しみました(^ー゚)♪
(去年同日のブログによると、この友達はちょうど去年もインフルエンザに罹ってた ^^;;)

おぜんざいテーブル
(2015.1.11画像より)
これは以前4人でウチに集まった時のようす。

おぜんざい準備
《昼食メニュー》
お餅入りおぜんざい
イチゴ(紅ほっぺ) 
おぜんざい
1袋300gの大納言に対して、きび砂糖200gと海洋深層水塩・醤油少々で味付け。
皆な、いつも美味しいと言って食べてくれます(*^^)v

------------------------------------------------------------------------------------------------

去年の夏に仕込んだ自家製味噌は、お仲間たちは秋の終わりには食べ始めたようだけど
その前の年に仕込んだものがまだ残っていたので年を越してしまった。

お味噌
まだお裾分けも出来てなかったので、本日お土産として持ち帰ってもらった+.(*'v`*)+
お味噌-アップ
('-'*)(,_,*)ウンウン 今年も上出来っ\(^^)/

------------------------------------------------------------------------------------------------
 
さて、晩ご飯。
昨日のキムチ鍋用のスープや具材が残っていたので、茹でた麺を加えてキムチラーメンに。

全体
《本日のメニュー》
キムチラーメン
キムチラーメン
ガツンと辛くて美味しーーー\(*^¬^*)/
キムチラーメン-アップ
半熟の卵でマイルドな味に(^^)v

ごちそうさまでした。

県内でも、冬型の気圧配置が停滞し、西部では平野でも積雪を観測したらしい。
朝から冷え込んだもんなぁ~(*v.v)。

こんな日はお鍋がいいんだけど、どこもお野菜が高騰している中、お鍋に欠かせない
葉野菜が特に家計を直撃!
少しでも安いものと代替えし、年末にお取り寄せした韓国キムチでキムチ鍋。
 
取り分けると、ついつい何杯もお代わりして食べ過ぎてしまうので、しまうので、一人鍋を
使うアイデアを
お友達ブロガーさんからいただいて、このスタイルでキムチ鍋。

以前の“キムチ鍋”メニューの記事を更新したのはコチラです。
*キムチ鍋&酢かぶ etc. (2016.12.12)
*キムチ鍋&寒鰤の塩和え etc. (2016.3.9)
*キムチ鍋 etc. (2016.1.19) ※スープのレシピあり
*キムチ鍋 etc. (2015.12.18)
 
全体
《本日のメニュー》
キムチ鍋
酢かぶ
イチゴ(紅ほっぺ)
一人全体

キムチ鍋
   
豚バラ肉・
白菜
・人参・えのき茸・白ネギ・小松菜
絹ごし厚揚げ・油揚げ・西山大根(友達から)

   
佐喜浜しいたけ(海洋深層水育ち)
白菜キムチ(お取り寄せ)
   スープ(白ダシ
・自家製味噌・豆板醤・ニンニク・生姜・キムチの汁・醤油)
・出し昆布
キムチ鍋-盛り付け
ニラは1束¥258もするので、産直で¥158だった小松菜使用。
厚揚げと油揚げは湯通し、人参と大根は茹でて火を通して準備しておきます。
キムチ鍋-盛り付けアップ
ここに、別に作ったスープを注いでグツグツ煮ます。

【キムチ鍋スープのレシピ】
※材料/
ニンニク・生姜・キムチ・出し昆布
※調味料/
白ダシ・鶏ガラスープの素・自家製味噌・豆板醤・醤油
スープの作り方①
 ニンニクと生姜をゴマ油で炒めます。
スープの作り方②
 そこに白菜キムチの一部を入れて
一緒に炒めます。
  (豆板醤を足して辛味を調整して下さい)
スープの作り方③
 お湯又はお水を入れ、旨味の素(鶏ガラスープの素・白ダシ等)と出し昆布を入れ
  沸いてきたらお味噌も入れて、醤油で味を調えます。
  (お味噌は濾さずに使っています)
 
キムチ鍋
豚肉に火が通り、具材に味が染みたら出来上がり!
キムチ鍋-取り分け
ガツンとしたキムチの辛みで身体はポッカポカ!

*酢かぶ
   
蕪(お義姉さんから)・出し昆布・鷹の爪・柚子の皮・調味料(ダシ汁・酢・砂糖・塩・柚子の酢)
酢かぶ

イチゴ(紅ほっぺ)
イチゴ(紅ほっぺ)
1パック¥498、年末に¥1,280の値段を見てたから、スッゴクお安く感じて買っちゃった(^^;;

ごちそうさまでした。

予報ほど風は強くなくカラッと青空広がる良いお天気でしたが、気温は一桁で寒かった。

「今年はお世話になりました、来年も宜しくお願いします」と課長の挨拶のあと、課長補佐が
乾杯の音頭をとり乾杯した『駒季』さんでの忘年会から、ちょうど2週間経った今夜、今度は
中華料理『玲花』さんにて新年会でした。
新しい年の抱負や取り組みへの意気込み共有した宴でした。

ただ、とても良い環境の中で仕事が出来ている幸せも、年度変わりにには一部の職員さんは
異動がある現実を前に、何だか寂しい気持ちにもなったり…(*v.v)。

------------------------------------------------------------------------------------------------

 ↓ は、ご馳走してもらった併設のカフェの日替わりランチ、今日は持ち帰らずカフェで。
晩ご飯の写真は撮れなかったので、ランチ画像だけでも載せておきます(^^;;
 
カフェランチ
《昼食メニュー》 
豚の生姜焼き
茄子&ピーマンの炒め物
菊花の酢かぶ
茹で卵
プチトマト
ポンカン
スジ青のり粉ご飯
油揚げ&大根のお味噌汁

豚の生姜焼き

このカフェのおかずの味付けは私好みなのよねぇー、美味しー\(*^¬^*)/
 
ごちそうさまでした。

↑このページのトップヘ