2008年03月05日

杉並区の小学校へ行き、自分の本業についてのお話をしました。
原稿読み体験などもしつつ、早口言葉の練習などもしつつ・・・。

20人ぐらいの子どもに3回、同じ話をします。
最近、私の周りで主流になってきつつある
ギャラリーウォーク形式というのでしょうか?


小学校5年生が対象。

小学校5年生の私っていったいどんな子だったかな〜。

中学生の前では何度も話しているから、中学校のときのことは
だいたい思い出してきています。

小学校5年生・・・・・・。

私は、超遅熟というか、アイドルにもファッションにも何にも
興味がない5年生でした。

で、思い出したのが、放送委員。
あこがれていました。でも、なんか、
「私、放送委員やります!!」って
直球で手を挙げられない子でした。

そんな話をしながら、

「放送委員になって、お昼の番組や下校放送やるのが夢でした。」
っていいました。

もちろん、そんなに積極的じゃなくても、こういう仕事につけるよって
いう意味もこめて、話しました。

原稿読み体験、ディレクター役になってくれた子もいたりして、
すごく楽しかった。
みんな笑顔笑顔!!

楽しく学校を後にしました。


そうしたら、

あとから、コーディネーターのOさんからメールをいただき、

あの日、私が帰った後、私たちが控え室にしていた校長室に

放送委員の子がたずねて来たそうです。

私が、下校放送やりたいって言ってたのを聞いて、


「ぜひ、その夢をかなえてください」

って言いに来てくれたんだって。


なんてステキな子でしょうか?

親の顔がみたいです。
お聞きしたいです。

どうやって育てたのですか??

と。


キャリア教育・・・・・・・


はやってます。

生き方教育だとか、
夢をかなえるとか、
職業観を育てるだとか
なんだとか、いろいろ言ってます。


でも、本当はこういうこと。

お互いに相手のことを思いやって生きていくこと。

お互いにかかわりながら生きていくこと。


こっちが与えることもあり、与えられることもあり、

お互い様で生きていくこと。

そんな経験をたくさんしながら、

大きくなってほしい。


久しぶりに、あったかい気分になりました。


ありがとう。

5年生の放送委員のあなた!!






(23:00)